すき焼き の タレレシピ。 すき焼きのたれレシピ!肉じゃが・牛丼・肉豆腐・カツ丼や生姜焼きに活用する方法!

すき焼きのたれレシピ!肉じゃが・牛丼・肉豆腐・カツ丼や生姜焼きに活用する方法!

すき焼き の タレレシピ

すき焼きのタレでできる「ピリ辛こんにゃく」 まず、おかずにも酒のアテにもぴったりな「ピリ辛こんにゃく」の紹介です。 こんにゃくは、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」が豊富な食材です。 不溶性食物繊維とは、水分を吸収して、便のカサを増す働きを持つセンイのこと。 つまり、健康状態の良いお通じが期待できます。 ピリ辛こんにゃくは、食物繊維が不足気味の人、便の量が少ない人におすすめの作り置きレシピです。 【 材料10~15人前】 ・こんにゃく…400g 3枚 ・かつお節…5-10g ・鷹の爪…2本 ・ごま油…大さじ2 ・すき焼きのタレ(割り下)…200ml ・白ごま…適量 【 作り方】 1. こんにゃくをスプーンで一口大にちぎる。 ちぎったこんにゃくに塩を小さじ1~2かけて塩もみをし、鍋にたっぷりの湯を沸かして、塩がついたままのこんにゃく入れ2~3分茹でるザルにあげておく。 鍋にこんにゃくを入れ、中火で炒める。 すき焼きのタレでできる「手作りなめたけ」 えのき茸とナメコの「手作りなめたけ」の紹介です。 基本的に、えのき茸などのキノコ類は「不溶性食物繊維」を多く含みます。 しかしナメコは、キノコ界の激レアくんで「水溶性食物繊維」も豊富なのが特徴です。 水溶性食物繊維とは、便を柔らかくする働きを持つので、便秘気味の人におすすめ。 【 材料10~15人前】 ・えのき茸…300g 3袋 ・なめこ…300g 3袋 ・すき焼きのタレ(割り下)…200ml ・鷹の爪…2本(無くてもOK) 【 作り方】 1. 鷹の爪を輪切りに、えのき茸を2cm程度の長さに切る。 鍋にえのき茸、なめたけ、鷹の爪、すき焼きのタレを入れる。

次の

ZIP:業務スーパーすき焼きのたれのレシピまとめ!炊き込みご飯、ローストビーフ、酢豚

すき焼き の タレレシピ

生姜焼き 生姜焼きはお子さんから大人まで大好きなメニューですよね。 すき焼きのタレで生姜焼きが出来ちゃうの?と思われるかもしれません。 けれど本当にとっても簡単に作れます。 すき焼きのタレで生姜焼きレシピ その他 その他にもこんな変わり種アレンジ方法があります。 すき焼きのタレできんぴら• すき焼きのタレでごぼうのカリカリおつまみ ごぼうがカリカリのおつまみに!ぜひ試してみたいレシピです。 ここまで色々なレシピがあると、すき焼きのタレがとっても万能で味が決まる事、間違い無しですね! まとめ 定番料理の肉じゃがや牛丼、肉豆腐、カツ丼、生姜焼きのレシピを紹介しました。 このメニュー以外にも、まだまだすき焼きのタレで出来るメニューがたくさんあります。 すき焼きの後にちょこっと残っちゃうすき焼きのタレもこんなに活用できるなら常備しておきたい万能調味料です。 すき焼きのタレと言っても様々なメーカーから販売されていますよね。 そのメーカーによっても、甘口だったり濃口だったりと味もそれぞれです。 自分の好みのすき焼きのタレですき焼き意外にもちょこっとアレンジするだけで、今夜のもう一品が作れちゃいそうですね。

次の

【みんなが作ってる】 すき焼きのたれ 手作りのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

すき焼き の タレレシピ

SPONSORED LINK 「すき焼きのタレって便利だなあ!」っと思わせるレシピ 今回は鶏もも肉を使って 『鶏肉の照りかけ』を作ってみました。 見た目の通りの 照り焼き風ですが、 すき焼きのタレに 水溶き片栗粉でとろみを効かせたタレの中に 揚げ焼きにした鶏もも肉をつけるだけの簡単丼メニューです。 簡単にできますが、 味の方はかなりのモノ! 丼メニューとしての紹介ですが、 皿盛りにしたって通用する一品です。 味自体ははすき焼きですから、大人から子供まで喜んでもらえること間違いなしです。 袋に鶏モモ肉、醤油、酒を入れて軽く揉み込んで下味をつけたら、片栗粉を加えて全体になじませる。 フライパンにサラダ油を引き、1を中火で片面6分、返して8分揚げ焼きにしたら、一度フランパンを空ける。 空けたフライパンにすき焼きのタレを入れてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。 重さは同じということで、 他の材料の分量や手順に関しては動画元レシピのままとしました。 それでは 実際の手順を追っていきましょう。 鶏もも肉は 余分な筋や脂肪を取り除き、ボリ袋に 醤油、 酒とともに入れて 軽く揉み込んで下味をつけます。 下味をつけたら 片栗粉を加えて 全体になじませます。 フライパンに サラダ油を引き、 下味をつけて片栗粉をまぶした鶏もも肉を 中火で 片面6分、 返して8分を目安に揚げ焼きにしたら、一旦フライパンから鶏もも肉を他の皿に移して、フライパンを空けます。 鶏もも肉を焼いたフライパンの 油を軽く拭き取って、 すき焼きのタレを入れて ひと煮立ちさせた後、 水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 揚げ焼きにして一旦他の皿に移した鶏モモ肉をタレを作ったフライパンに戻して、タレに絡またらご飯の上にのせ、お好みで 白ごま、 青ねぎをかけて完成です。 「漢飯はこうでなきゃ!」って感じです。 さて、味の方ですが、 期待通りです。 美味い!!! 甘辛のすき焼きだれが肉厚の鶏もも肉に良く絡んでいます。 すき焼きのタレにとろみをつけているだけでなく、鶏もも肉も片栗粉で衣をつけて揚げ焼きにしてますから、 タレの絡みの良さが半端ないですね。 あまりに絡みがよいので 人によっては少しくどいと感じることがあるかもしれません。 もっとも、 ご飯を口に運び始めると丁度良い味加減に感じてもらえるとは思いますが・・・。 肉もしっかり火が通っており、外は 「カリッ!」、中は 「モッチリ!」と食べ応えある焼きあがりです。 鶏肉に火を通すと縮んでしまうのですが、 筋に対してしっかりと 隠し包丁を入れておけば、 大幅に縮むことはないと思います。 今回は 余分な脂肪と筋を取り除き、肉の厚さを均等にする為に肉厚の部分を観音開きにし、細かい筋には隠し包丁を入れてみました。 さすがに縮みは少なかったですよ。 もしトッピングをされるならば、やっぱり 温玉や 卵黄は外せないでしょうね。 後は マヨネーズも合いそうです。 まろやかさをお求めの方は是非お試しを! まとめ 今回はすき焼きのタレと鶏もも肉を使って 『鶏肉の照りかけ』を作ってみました。 鶏もも肉を焼きa揚げるのが面倒な方は、 市販の鶏の唐揚げを使ってもよいと思います。 タレの絡みの良さは折り紙付きですので、きっとおいしく仕上がりますよ。 是非試してみてくださいね。

次の