マルチ 商法 ネズミ 講。 アリックス(ARIIX)に勧誘された話 マルチ商法 ネットワークビジネス

【ネットの三大悪者】アフィリエイト、マルチ商法、ネズミ講は全て違法か?

マルチ 商法 ネズミ 講

概説 [ ] 無限連鎖講は人口が有限である以上、いずれかの時点で破綻し加入者の相当数に損失を与える性質のものであることから、では で禁止されている。 親会員から子・孫会員へと会員が的に増殖していくシステムから、一般的には と呼ばれる。 第33条で定義される販売形態に沿ったであると主張したとしても、内容によっては無限連鎖講と判断された判例が多数ある。 またピラミッド商法という呼ばれ方をされる場合もある。 なお、についても「ネズミ講」という言葉が使われる場合があるが、無限連鎖講としての違法性の判断は、それぞれの事案の内容による。 概要 [ ] 典型的な仕組みは、参加者が金品を上位会員に支払う一方で、自分より下位の会員を募ることで金品を徴収し、その下位会員が更に会員を募り金品を徴収して…というものである。 また徴収された金品は、参加者が属する階層や、勧誘し集めた参加者の数等により、配当の形で還元されるという仕組みを謳っているものも多い。 昨今では• 開設権と抱き合わせで会員を募る(参照)• ある有限の範疇内でしか会費の上納義務が無いから「 無限連鎖ではない」と主張する• 物品(債権や美術品・工芸品など)の譲渡を担保にして、会費や利益が還元されるとした物• 無価値なサービスや債券などを名目上の商品として偽装する物 などの手口の巧妙化が見られ、社会現象としては流行に周期性を挙げる識者も多い。 なお、上納義務の有限制限を設けても、無制限に参加者が増えることを前提としているため、結果的に破綻するであろうために「無限連鎖講の防止に関する法律」が適用される。 手口が巧妙化しており、一見して無限連鎖講かどうかの判断が付きにくい仕組みを作り上げているケースもある。 そうした団体では、加入することによって得られる特典を強調する一方で、違法性が無いという説明を再三にわたって行っている場合があり、被害者及び加害者とも騙され被害が深刻になるケースがある。 例えば、新規加入者がそれぞれ会員5名を勧誘するネズミ講において、世代ごとの会員総数は以下のようになる。 1代目:講設置者1名+会員5名=計6名 2代目:講設置者1名+親会員5名+新会員25名=計31名 3代目:講設置者1名+親会員30名+新会員125名=計156名 4代目:講設置者1名+親会員155名+新会員625名=計781名 5代目:講設置者1名+親会員780名+新会員3,125名=計3,906名 6代目:講設置者1名+親会員3,905名+新会員15,625名=計19,531名 7代目:講設置者1名+親会員19,530名+新会員78,125名=計97,656名 8代目:講設置者1名+親会員97,655名+新会員390,625名=計488,281名 ・ ・ ・ 代を重ねるごとに会員の総数はおよそ5倍となる。 12代目で会員総数は計305,175,781名となり、日本の総人口よりも多くなる。 初期の参加者だけが多額の配当に与る一方で、後に加入した者ほど新会員を探すのが困難になる。 問題 [ ] 単純計算では、配当金額が出資金額よりも多くなるはずだが、実質的には無制限に下位会員が増えることはないため、出資金額を回収することは困難である。 このような成長限界を「無限連鎖講の防止に関する法律」上では「 破綻する」と表現される。 この他にも、上記の巧妙化に拠る真意の隠蔽でネズミ講では無いと自称する物も後を絶たない。 マネーゲームや ニュービジネスなどを自称して、を送り付けてくる手合はこれらの団体によるものが多い。 類似したものには、連鎖販売取引(「マルチ商法」ということも多い)がある。 連鎖販売取引は、特定商取引法で厳しい規制があるものの違法なものではない。 連鎖販売取引を行なう業者の中には、違法な無限連鎖講との差異を強調したり、悪徳商法のイメージが強いマルチ商法という言葉を嫌ってのことであろうが、組織の拡大に一定の制約(子会員の勧誘に制限を設けたり、活動地域を制約する等)を設け、これを「有限連鎖制度」と呼称したり、「有限連鎖制度」下での連鎖販売取引を「マルチ紛い商法」と呼称する場合もある (なお、「マルチ商法」、「マルチ紛い商法」という言葉は、人により定義が異なるかもしれないが、の下ではどちらも()となる)。 しかし、どう呼称しようと、企業の方針や販売行為に不慣れな各会員が様々な商品を扱う関係上で、• 強引な勧誘• 商品説明などの際に両脇を会員や社員で固めて席を外し難い状態に置き、長時間引き止める• 制度に定められた説明を怠ったり、担当者の不在を理由に解約の応答を遅らせたりしたり、解約可能な期間が過ぎたので無効だと一方的に返金を拒否する• 各会員に半ば強制的に物品を卸して買い取らせる• 商品を巧言を弄して販売させる• 商品の性能や特徴を誇張する• 上で認められない表現を使う• 「必ず儲かる」「多くの人が成功している」等の事実と異なる説明をする 等の傾向が強く、社会問題として取り沙汰されることもしばしばある。 国際的にもネズミ講を法律で禁じている国は多い。 一方で、昨今ではの普及により、国境をまたいで活動するような組織も多く見られる。 「海外が本拠地であるから日本国内で勧誘しても違法では無い」と謳う団体もあるが、そうした主張には法的な根拠が無い点には注意が必要である。 なお、マルチ商法にも同様の問題が指摘されている。 参加者は勧誘者となり新たに加入した加入者から搾取するという構図が続いていくという所から「被害者が加害者になる」というケースも多く、問題を深刻化させている。 こうした構造は、金銭的な被害の他にも人間関係の破綻や悪化を招きかねず、金銭以上に社会的な被害も深刻であるのは同様である。 これらの行為に関する罰則 [ ] 日本では• 無限連鎖講を開設し、又は運営した場合は3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金 又はこれを併科• 業(一定の目的をもって同種の行為を反復継続的に行うこと)として無限連鎖講に加入することを勧誘した場合は1年以下の懲役または30万円以下の罰金 又はこれを併科• に発足者の所得税法違反で摘発を受ける。 、開設申請など、紆余曲折を経た後に同講の終了を宣言。 詳細は「」を参照 ハッピーバンク事件 [ ] に中高生の間で流行、小遣い銭稼ぎ感覚で参加者を募り、同種の行為が犯罪であることを知らない青少年を巻き込んで社会問題と成り、破綻。 スカイビズ事件 [ ] にのスカイビズ社が、1年間開設権付きウェブサイト作成ソフトウェアの代金110ドルで会員を募集、開設したウェブサイトへ人を集めさせ、ミーティングへ呼んで入会者が特定数出る毎にキャッシュバックを支払い、多く集める程キャッシュバックが高額に成るとしていた。 解約は72時間以内とする制度を無視(日本の特定商取引法の規定では20日)した契約などの問題点も多く、にスカイビズ社が経営破綻に陥り、各会員は下位会員を募集するために購入したウェブサイト作成ソフトウェアの代金分や、自分の募集する予定の加入者の会員加入金として予め振り込んだ分だけ余計に損をしたことになる。 破綻後、米国(FTC)が介入して2000万ドルを回収し、債権者への分配を行うなどして対応している。 アルバニア暴動 [ ].

次の

【注意】マルチ商法の仕組みの解説。いろいろなMLMを調査したまとめ!

マルチ 商法 ネズミ 講

組織の会員になるには、(紹介者への)金品の支払いが必要であり、自分が会員になると次は、一人会員を増やすごとに、紹介料として「一部の金品」を得ることができる。 そうやって、親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、一番上の親が最も儲かるシステムのことです。 具体的な「例」を出してみましょう。 例えば、Aさんが創始者となって2人のメンバー(Bさん、Cさん)を勧誘します。 Bさん、Cさんには、入会金をそれぞれ2万円ずつ支払わせ、さらにそれぞれに「会員」を勧誘するように指示します。 そして、Bさん・Cさんは同じように、勧誘した人に対して入会金の2万円を請求し、新たな「会員」を勧誘するよう指示していきます。 このように上から下へ、どんどん「会員」を増やしていき、入会金として徴収したお金は、半分は紹介者へ・もう半分は「創始者や初期のメンバー」で山分けするといった分配方式をとってます。 ただ、ピラミッドの一番上が儲かり、下にいけばいくほど儲からないことは共通しています。 このようなシステムが、「ネズミ講」であり「無限連鎖講」です。 ただ、世間ではこの「無限連鎖講」としての意味以外でも、「ネズミ講」という言葉を使っています(下記、例)• マルチ商法や、及びそれらに類似したもの• 組織が「ねずみ算的」に拡大してゆき、上の階層の人が下の階層の人より儲かるようなシステム(場合によっては、「無限連鎖講」に当てはまる) これらは、本来の「ネズミ講として意味」とは異なった意味になりますが、ほとんどの方が気にせず用いているのが実情です。 特に、「ネズミ講をマルチ商法と一緒にしている」人が多い気がします。 今回の記事では、この「ネズミ講」が犯罪(違法)であることと、「マルチ商法やMLM」との違いについて。 また、ネズミ講の有名な事件についても、順に解説していきます。 以下、目次になります。 ネズミ講は、完全に犯罪(違法)である• ネズミ講と「マルチ商法やMLM」の違いについて• ネズミ講として、有名な事件一覧 何人(なんぴと)も、無限連鎖講を開設し、若しくは運営し、無限連鎖講に加入し、若しくは無限連鎖講に加入することを勧誘し、又はこれらの行為を助長すること(行為)をしてはならない。 罰則内容としては、下記のように記述があります。 無限連鎖講を開設、又は運営した場合は「3年」以下の懲役もしくは「300万円」以下の罰金になる• 反復継続的に、無限連鎖講に加入することを勧誘した場合は、「1年」以下の懲役または「30万円」以下の罰金になる• 無限連鎖講に加入することを勧誘した場合は「20万円」以下の罰金(1回勧誘しても違反が成立する) 参考元: ネズミ講と「マルチ商法やMLM」の違いについて 上述している通り、ネズミ講と「マルチ商法やMLM」は違ったものになります。 では、まず「ネズミ講の特徴」についてまとめてみます(下記)• 組織は、ねずみ算的に拡大してゆくシステムになっている• 上の階層の人が、下の階層の人より儲かるシステムになっている• 商品の販売が目的ではなく、金品の受け渡しが目的となっている• 法律で禁止されている 「マルチ商法やMLM」との大きな違いは、上記の赤文字部分である「2項目」が該当します。 一方、「ネズミ講」は、商品は一切介さず「金品のみの受け渡し」が目的となります。 これが、大きな違いの1つです。 次に、法律的な観点です。 「ネズミ講」は法律的には完全に違法となるのですが、「マルチ商法やMLM」というのは、実は「合法」なのです。 法律的に、「マルチ商法やMLM」は『連鎖販売取引』と言われています。 連鎖販売取引は、「の第33条」で定義される販売形態のことで、こちらに沿っている場合は「違法」にはならないのです。 ということになります。 ただ、基本的に「マルチ商法やMLM」は、連鎖販売取引と定義されるので、無限連鎖講である「ねずみ講」とは、法律的な扱いが違うわけですね。 この2点が、ネズミ講と「マルチ商法やMLM」の主な違いになります。 ネズミ講として、有名な事件一覧 当章では、ネズミ講として有名な事件を「4つ」にまとめてみました。 【天下一家の会】 内村健一氏による無限連鎖講事件で、同氏の「第一相互経済研究所」が主宰するものでした。 日本最大規模のねずみ講事件であり、大きな社会問題となったそうです。 【グランドキャピタル】 宝石販売会社である「グランドキャピタル」 経営者は矢吹寿雄氏で、当事件(出資法違反容疑)で逮捕されています。 「ペルーインカ帝国 3千年記念の金貨コイン」を購入すれば、関連会社が1年後に買い上げ、2倍以上の配当が得られる。 など「元本保証」や「高配当」を謳っていたと言います。 その中には、デヴィ夫人、ペルーのフジモリ元大統領、長嶋茂雄夫人。 また安倍晋三氏も居たとのことです。 【年金たまご(ライフ・アップ)】 健康食品の販売会社である「ライフ・アップ」(被告は、元社長の田沢吉美氏) 月額14、000円の食品代などを支払えば、一部が「年金たまご」として登録され、翌年には約283万円、3年目は約609万円がボーナスとして配当されるという「業界初の究極プラン」を謳い、ねずみ講を運営したとされています。 公的年金の先行き不安につけこむ巧みな勧誘で、高齢者を中心に会員数約4万8000人から計110億円を集めたとされます。 時期:2011年11月30日• 【国利民福の会】 「天下一家の会」の元理事である平松重雄らによって、「国利民福の会」が設立されます。 当時の無限連鎖講の防止に関する法律が「金銭の授受」のみを罰則対象に挙げていたことに着目し、国債30万円分を購入して、それを加入権利として授受し、会が指定する上位会員2人に15万円ずつ郵送するというシステムだったといいます。 また、入会に際しては上位会員に送る国債とは別に、6万円の収入印紙を購入したうえで、それを会の本部に送ることも要件としていたそうです。 規模:1万人、36億円 時期:1988年 以上、ネズミ講として有名な4つの事件でした。 また、六本木ヒルズやミッドタウンといった家賃が数百万のタワーマンションに住み、高級車や高級ブランドを所有しているのが特徴で、TVや週刊誌でも多数紹介されています。 昨今では、この「ネオヒルズ族」の人達にたいして、• を、販売サイトやブログ・オークションなどで売りつける• ここで、特に問題になっているのが「塾の運営内容」です。 表向きには、ネオヒルズ族の人々が講師となって、アフィリエイトや情報商材を使って稼ぐための講義や、生徒一人一人に対してのコンサルティングなどが主な内容になっています。 ですが、実際には入会金として「何十万」といったお金を徴収するだけしといて、入会者に対しては、さらに別の人を勧誘するように指示するそうです。 下記のような事例もあるそうです。 また入会したら、「認定コンサルタント」という者になれて、一人紹介することで5万円が報酬としてもらえる仕組みになっている。 要は、紹介すればするほど報酬がもらえるという事になります。 もちろん、その分入会費として「親玉」であるピラミッドの上層部には、ガッポガッポお金が入ってくる仕組みになっています。 要は、「ねずみ講」なんです。 また、こちらの塾は、クレームが多発しているが、役員の手によって揉み消されているみたいです。 「ネズミ講」と呼ばれる理由も納得できます。 一見、情報商材やコンサルティングといった「商品」があるので、こちらは「ネズミ講」に該当しないように思えますが、 入会金の金額に対して、塾の価値が著しく低かったり、コンサルティングと謳っていたにも関わらず、実際にはコンサルなどしていないという事であれば、 「ネズミ講」として該当する場合もありますし、少なくとも「特定商取引法」からは逸脱しているため、完全に違法となります。

次の

アリックス(ARIIX)に勧誘された話 マルチ商法 ネットワークビジネス

マルチ 商法 ネズミ 講

結論 結論から先に言うとアフィリエイトは、 「法律的には合法。 でも情報商材は内容によってアウトになるものがある。 」です。 マルチ商法は、 「現在の日本の法律では合法。 国によってはダメなところもあり、実際中国では完全にアウトとなっている。 今後の業界の動向によっては日本でもアウトになる可能性はある。 」です。 ただネズミ講だけは、「 法律的に完全にアウト」です。 名指しで禁止されてます(笑) ビジネス三大悪のように語られるこの「アフィリエイト」「マルチ商法」「ネズミ講」ですが、これらを比較していこうと思います。 法律の観点から見た場合 まず、この「アフィリエイト」「マルチ商法」「ネズミ講」をどの法律で見るか、ですがこれは「 特定商取引法」という法律でみます。 特定商取引法とは簡単に言うと、「消費者と事業者の間でトラブルが起きやすい商取引に関する規定」です。 に厳密な定義がありますのでご覧ください。 で、これら3者を比較する際に見るべきポイントは、「通信販売」の項と「連鎖販売取引」の項、「特定継続的役務提供」の項が主に関係してきます。 特定商取引法(特商法) 小見出しをクリックすると詳しい説明が見れます。 超簡単に説明すると、 「消費者が誤解を生みやすい商取引について(消費者に著しい不利な契約を一方的に迫れないように)、最低限この法律で定めた項目はしっかり明記・説明しなさいよ」 という法律です。 また、この特商法だけでは無限連鎖講(ネズミ講)は連鎖販売取引に分類され、違法ではないのですが、1978年11月11日に公布された「無限連鎖講の防止に関する法律(ネズミ講防止法)」によって違法となりました。 ネズミ講の定義については第二条に明記されています。 第二条 無限連鎖講とは 第二条 この法律において「無限連鎖講」とは、金品(財産権を表彰する証券又は証書を含む。 以下この条において同じ。 )を出えんする加入者が無限に増加するものであるとして、先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれの段階に応じた後順位者となり、順次先順位者が後順位者の出えんする金品から自己の出えんした金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品を受領することを内容とする金品の配当組織をいう。 抜粋に出したことを要約すると、ポイントは3点。 組織として、親が紹介した加入者を子とする• 加入時の出えん金を親同士で分配する• 子の加入が連鎖する この時、子は新たな子を作ることで親となり、もともとの親は子の子を孫とします。 これらのポイントから、加入金を分配することで一番上位に位置する親玉が最も儲かり、一番下位に位置する子が最も損します。 で、 人類の個体数は有限なので、絶対に損しないということはありえないこともわかりますね。 だから必ず被害者が生まれるので、ダメですよ。 ということです。 もう一つは商取引と言いつつ「もともと価値のないもの(つまりこの場合は会員権ということですね。 )」を金銭の受け渡しによって売買していますね。 これがダメなポイントです。 次に、「連鎖販売取引」と「アフィリエイト」に関わる法律上の定義と重要な禁止事項を抜粋・引用します。 共通項目 【行政規制】 1 誇大広告などの禁止 特定商取引法は、誇大広告や著しく事実と相違する内容の広告による消費者トラブルを未然に防止するために、役務の内容などについて、「著しく事実に相違する表示」や「実際のものより著しく優良であり、もしくは有利であると人を誤認させるような表示」を禁止しています。 2 未承諾者に対する電子メール広告の提供の禁止(通信販売, 連鎖販売取引) 消費者があらかじめ承諾しない限り、事業者は電子メール広告を送信することを、原則禁止しています。 オプトイン規制 この規制は、通信販売 提供 事業者のみならず、通信販売電子メール広告受託事業者も対象となります。 したがって、当該電子メール広告の提供について、消費者から承諾や請求を受けた場合は、最後に電子メール広告を送信した日から3年間、その承諾や請求があった記録を保存することが必要です。 以下のような場合は、規制の対象外となります。 1 「契約の成立」「注文確認」「発送通知」などに付随した広告 契約内容や契約履行に関する通知など「重要な事項」を通知するメールの一部に広告が含まれる場合 2 メルマガに付随した広告 消費者からの請求や承諾を得て送信する電子メール広告の一部に広告を記載する場合 3 フリーメール等に付随した広告 インターネット上で、無料でメールアドレスを取得できるサービスで、無料の条件として、利用者がそのアドレスからメールを送ると、当該メールに広告が記載されるものなどの一部に広告を記載する場合。 3 禁止行為(特定継続的役務提供, 連鎖販売取引) 特定商取引法は、統括者または勧誘者が契約の締結についての勧誘を行う際、取引の相手方に契約を解除させないようにするために嘘をつくことや威迫して困惑させるなどの不当な行為を禁止しております。 具体的には以下のようなことが禁じられています。 勧誘の際、または契約の締結後、その解除を妨げるために、商品の品質・性能など、特定利益、特定負担、契約解除の条件、そのほかの重要事項について事実を告げないこと、あるいは事実と違うことを告げること。 勧誘の際、または契約の締結後、その解除を妨げるために、相手方を威迫して困惑させること。 勧誘目的を告げない誘引方法(いわゆるキャッチセールスやアポイントメントセールスと同様の方法)によって誘った消費者に対して、公衆の出入りする場所以外の場所で、特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘を行うこと。 【民事ルール】 1 契約の申込みまたはその承諾の意思表示の取消し(特定継続的役務提供, 連鎖販売取引) 平成16年11月11日以降の契約については、連鎖販売業を行う者が、契約の締結について勧誘をする際、以下の行為をしたことにより、消費者がそれぞれ以下の誤認をし、それによって契約の申込みまたはその承諾の意思表示をしたときには、その意思表示を取り消すことができます。 事実と違うことを告げられた場合であって、その告げられた内容が事実であると誤認した場合 2. 故意に事実を告げられなかった場合であって、その事実が存在しないと誤認した場合 2 事業者の行為の差止請求 役務提供事業者または販売業者が以下の行為を不特定かつ多数の者に、現に行い、または行うおそれがあるときは、適格消費者団体は、各事業者に対し、行為の停止もしくは予防、その他の必要な措置をとることを請求できます。 誇大な広告等を表示する行為 2. 契約を締結するため、勧誘するときに、事実と違うことを告げる行為 3. 契約を締結するため、勧誘するときに、故意に事実を告げない行為 4. 契約を締結するため、または解除を妨げるため、威迫して困惑させる行為 5. 消費者に不利な特約、契約解除に伴う損害賠償額の制限に反する特約を含む契約の締結行為(関連商品販売契約については、関連商品の販売を行うものによる行為) 通信販売 1 販売形態(法第2条) 「通信販売」とは、販売業者または役務提供事業者が「郵便等」によって売買契約または役務提供契約の申込みを受けて行う商品、権利の販売または役務の提供のことをいいます。 【行政規制】 1 前払式通信販売の承諾等の通知(法第13条) 消費者が商品の引渡し(権利の移転、役務の提供)を受ける前に、代金(対価)の全部あるいは一部を支払う「前払式」の通信販売の場合、事業者は、代金を受け取り、その後, 商品の引渡しに時間がかかるときには、その申込みの諾否等、以下の事項を記載した書面を渡さなければなりません。 申込みの承諾の有無(承諾しないときには、受け取ったお金をすぐに返すことと、その方法を明らかにしなければならない) 2. 代金(対価)を受け取る前に申込みの承諾の有無を通知しているときには、その旨 3. 事業者の氏名(名称)、住所、電話番号 4. 受領した金銭の額(それ以前にも金銭を受け取っているときには、その合計額) 5. 当該金銭を受け取った年月日 6. 申込みを受けた商品とその数量(権利、役務の種類) 7. 承諾するときには、商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)(期間または期限を明らかにすることにより行わなければならない) 2 顧客の意に反して契約の申込みをさせようとする行為の禁止(法第14条) 特定商取引法では、たとえばインターネット通販において、 1. あるボタンをクリックすれば、それが有料の申込みとなることを、消費者が容易に認識できるように表示していないこと 2. 申込みをするさい、消費者が申込み内容を容易に確認し、かつ、訂正できるように措置していないこと を「顧客の意に反して売買契約等の申込みをさせようとする行為」として禁止し、行政処分の対象としています。 【民事ルール】 1 契約の申込みの撤回または契約の解除(法第15条の2) 通信販売の際、消費者が契約を申し込んだり、契約をしたりした場合でも、その契約にかかる商品の引渡し(指定権利の移転)を受けた日から数えて8日間以内であれば、消費者は事業者に対して、契約申込みの撤回や解除ができ、消費者の送料負担で返品ができます。 もっとも、事業者が広告であらかじめ、この契約申込みの撤回や解除につき、特約を表示していた場合は、特約によります。 2 事業者の行為の差止請求(法第58条の19) 事業者が、通信販売における広告について、不特定かつ多数の者に誇大広告などを行い、または行うおそれがあるときは、適格消費者団体は、事業者に対し、行為の停止もしくは予防、その他の必要な措置をとることを請求できます。 連鎖販売取引 1 特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」(法第33条) 特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。 物品の販売(または役務の提供など)の事業であって 2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を 3. 特定利益が得られると誘引し 4. 特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。 )をするもの 【行政規制】 1 氏名などの明示(法第33条の2) 統括者(連鎖販売業を実質的に掌握している者)、勧誘者(統括者が勧誘を行わせる者)または一般連鎖販売業者(統括者または勧誘者以外の連鎖販売業を行う者)は、連鎖販売取引を行うときには、勧誘に先立って、消費者に対して、次のような事項を告げなければなりません。 統括者、勧誘者または一般連鎖販売業者の氏名(名称)(勧誘者、一般連鎖販売業者にあっては統括者の氏名(名称)を含む) 2. 特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘をする目的である旨 3. その勧誘にかかわる商品または役務の種類 【民事ルール】 1 契約の解除(クーリング・オフ制度)(法第40条) 連鎖販売取引の際、消費者(無店舗個人)が契約をした場合でも、法律で決められた書面を受け取った日(商品の引渡しの方が後である場合には、その日)から数えて 20日間以内であれば、消費者は連鎖販売業を行う者に対して、書面により契約の解除(クーリング・オフ)をすることができます。 なお、平成16年11月11日以降の契約については、連鎖販売業を行う者が、事実と違うことを言ったり威迫したりすることにより、消費者が誤認・困惑してクーリング・オフしなかった場合には、上記期間を経過していても、消費者はクーリング・オフをできます(クーリング・オフを行う際には、後々のトラブルをさけるためにも特定記録郵便、書留、内容証明郵便などで行うことが薦められます)。 なお、この場合、業者は契約の解除に伴う損害賠償や違約金の支払いを請求できず、商品の引取り費用も業者の負担となります。 ただし、原状回復義務については、契約を解除する双方が負うことになります。 業者は支払われた代金、取引料を返還するとともに、消費者は引渡しを受けた商品を業者に返還しなければなりません。 2 中途解約・返品ルール(法第40条の2) 平成16年11月11日以降の契約については、連鎖販売契約を結んで組織に入会した消費者(無店舗個人)は、クーリング・オフ期間の経過後も、将来に向かって連鎖販売契約を解除できます。 そのようにして退会した消費者は、以下の条件をすべて満たせば、商品販売契約を解除することができます。 入会後1年を経過していないこと 2. 引渡しを受けてから90日を経過してない商品であること 3. 商品を再販売していないこと 4. 商品を使用または消費していないこと(商品の販売を行ったものがその商品を使用または消費させた場合を除く) 5. 自らの責任で商品を滅失またはき損していないこと なお、本条の概略を図示すると以下の通りになります。 これには役務提供を受ける権利の販売も含まれ、「特定権利販売」と呼ばれます。 上記要件に該当すれば、店頭契約も規制対象となります。 現在、 エステティック、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相手紹介サービス、パソコン教室の6つの役務が対象とされています。 ・「家庭教師」および「学習塾」には、小学校または幼稚園に入学するためのいわゆる「お受験」対策は含まれません。 「学習塾」には、浪人生のみを対象にした役務(コース)は対象になりません(高校生と浪人生が両方含まれるコースは全体として対象になります)。 ・入学金、受講料、教材費、関連商品の販売など、契約金の総額が5万円を超えていると対象になります。 ・役務の内容がファックスや電話、インターネット、郵便等を用いて行われる場合も広く含まれます。 なお、平成16年11月11日以降の契約については、事業者が、事実と違うことを告げたり威迫したりすることにより、消費者が誤認・困惑してクーリング・オフをしなかった場合には、上記期間を経過していても、消費者はクーリング・オフをできます(クーリング・オフを行う際には、後々のトラブルをさけるためにも特定記録郵便、書留、内容証明郵便などで行うことが薦められます)。 2 中途解約(法第49条) 消費者は、クーリング・オフ期間の経過後においても、将来に向かって特定継続的役務提供など契約(関連商品の販売契約を含む)を解除(中途解約)することができます。 その際、事業者が消費者に対して請求し得る損害賠償などの額には上限があります。 ネズミ講(無限連鎖講)とマルチ商法(連鎖販売取引)との違い 結構微妙なラインなのですが、「マルチ商法(連鎖販売取引)」が「ネズミ講(無限連鎖講)」と異なる点は2つあって、 商品の販売を主目的にしているかどうかと 法律で禁止されているかどうかです。 法律で禁止されている以外の違いが、商品の販売を主目的にしているかどうかだけってのには少し驚きでした。 ただ、商品があってその対価として金銭を授受すれば全てマルチ商法となるのかというとそんなことはなく、 商品の一般の価値から異常にかけ離れた価格設定のものはネズミ講に分類されるようです。 ただ、価値については主観的である場合が多いので、その人が価値を感じて満足しているのであれば問題なさそうです。 「10円チョコを価値を感じていない人に100万円で販売する」みたいなことはアウトってことですね。 アフィリエイトとマルチ商法(連鎖販売取引)との違い 「マルチ商法(連鎖販売取引)」と「アフィリエイト」には決定的な違いがあります。 それは商品を紹介するにあたって、属する組織が存在しないということ。 当然ながら親と子の関係も存在しないため、親が子よりも得するという状況は発生しません。 親が2ティアを取り扱うASPの2ティア用広告を掲載し、その広告からASPに会員登録することで親子関係が結ばれます。 親が受け取る報酬は一般に、子が販売した商品価格の数%です。 補足: 商品を紹介する時は、販売元と業務提携を結び直接販売を代行します。 その際個人が参入しやすいよう、販売元との仲介役として業務提携を代行するASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)が存在します。 と言ったようにアフィリエイトの中にも危険なものもあるので、ジャンルによっては注意すべきです。 そのジャンルとは、情報商材です。 情報商材とは「 自分の持っている知識・ノウハウなどを商品とすること」です。 まだまだ情報商材は健全化の余地があり、ノウハウや販売者などによっては商品購入前にあまり内容がわからないように販売されている場合もままあります。 そんな中、1歩踏み出したあなたは賞賛に値します。 30万円のこの教材の価値を存分に感じてください^^ さて、この商材をアフィリエイトしてください。 これでは誰にも価値を提供していません。 さらに商品の額も高額である場合が多く、アフィリエイトすることによって連鎖的に被害者が生まれます。 これじゃアフィリの皮を被ったネズミ講と言われても仕方がありませんね。 とはいえ現在は2016年。 その頃できた商材でも、今でも淘汰されず残っているような情報商材は優良である可能性が高いです。 (鵜呑みにしてはダメですよ。 ) さらに言えば、インフォトップやインフォカートといった、 販売前に厳しく商材を審査する情報商材専門ASPなども出てきました。 これらから出ている情報商材はある程度信用してもいいのでは? …と、思うかどうかはあなた次第ですが(笑) それくらい玉石混交だからこそ、厳しく審査するASPが出てきました。 まとめ ということで、今回は「アフィリエイト」と「マルチ商法」と「ネズミ講」の違いを法律的な観点から説明しました。 具体的には、 ネズミ講は、組織を運営し組織への入会を主目的とした金銭の受け渡しを行うことで麓が最も損する仕組み。 法律で禁止されている。 マルチ商法は、組織を運営し入会することで商品が購入できる。 また、組織を紹介することで報酬がもらえ、親へ分配される。 これも麓が最も損するが、価値に見合った商品の販売が主目的のため価値は提供している。 現状日本では合法。 アフィリエイトは、そもそも属する組織が存在しない。 親子関係も限定的なため基本的に子が損することはない。 法律的にも真っ白。 ただし、ASPを介さない販売元直売の情報商材には十分気をつける必要がある。 ということです。 各人いろいろと意見はあるでしょうが、明確にこの3者は扱いが全然違うということをわかっていただけたでしょうか? 追伸 実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。 「初心者でも!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、もしくはそれ以上のお金を感謝されながら稼ぐことができます。 今やインターネットビジネスは普通の稼ぎ方の1つとなりました。 「9-17時 + 残業」とか、 「上司から誘われる半ば強引な付き合い呑み」とか… 嫌なことを嫌と言えない、生殺与奪を会社に握られた社会人になりたくない人だけ画像をクリックして、インターネットを最大限利用した管理・経営の世界を覗いてみてください。 もちろん今いる会社に満足していてスキルアップのために管理・経営について学びたいという人にもお勧めできます。 インスタグラムのアカウント alohasurferr RYOサーフスタイル 友人がアフィリエイトの情報商材販売に勧誘されています。 MacBookひとつで稼いで3カ月に一回ハワイに行く ノマドライフ 自由生活 など、初心者でも簡単に儲ける事ができるように勧誘しています。 メールマガジンで自己アフィリエイトで稼ぐ方法を教えて実績を作り、その方法を3万円で販売して儲けるというものです。 3万円の情報を10人に売ったら30万円! あとはあなたの頑張り次第! こんな感じです。 小出しにするメルマガの最後にアンケートに答えて、最終選考があり、選ばれた者をラインやスカイプに誘い、特別講座があるようです。 これは怪しいですよね? 友人がここまで進んだ時点で、私が止めました。 コメントありがとうございます。 少し返信が遅れてしまいましたがお返事したいと思います。 結論から申し上げると「得られる情報のみを考慮すると、止めて正解」だと個人的には感じます。 理由は簡単で、「自己アフィリのノウハウ自体は既に多くの媒体で公開されていて検索ワード次第でいくらでも情報が出てくるから」です。 なので、わざわざお金を払ってまで手に入れる情報ではないかなと。 ただ、その情報のみで3万円を取れるかと言うと少し厳しんじゃないかなと思います。 気になるのであれば「a8ネット 自己アフィリ」等とggってもらえればセルフバックというものにたどり着きます。 (因みに私も過去に自己アフィリの解説をメルマガでやっていました。 そういった点でも自己アフィリの手法解説のみで生計を立てられるかというと少し厳しいんじゃないかなと思います。

次の