胸 キュン キスシーン。 【かぐや様は告らせたい】胸がキュンとなる名シーンの数々!これは本当に青年漫画なのか!?独断で選んだ名シーン10選!

女子の憧れ! 胸キュンが止まらない少女漫画のキスシーン10選

胸 キュン キスシーン

1話:公園でのキスシーン 1話目から飛ばしてきます。 根島くんの期待薄な告白が…まさかの両想い。 そして初々しくも濃厚なキス。 その後に根島くんの政府通知の相手が美咲ではないことが通達されるのですが、 (美咲)「今日、30分の思い出だけで、あと70年は生きていける気がする。 」 このセリフは来た!胸が苦しい…。 10話:もしも根島くんの政府通知の相手が美咲だったら… 夕暮れの公園、美咲と五十嵐柊の会話シーン。 (柊)「美咲が根島由佳吏の政府通知の相手だったら、どうすんの?」 (美咲)「……泣いちゃう」 柊の質問から少し間があるのですが、美咲は何て答えるのだろうとドキドキしていたら…、超ド級のズキューンいただきました! 24話:みのりんの告白シーン 廊下を走りながらの実乃梨の告白が目を引きますが、個人的には保健室で実乃梨が拳を突き出しての「ジャイアントさらば」にキュンときました。 そして拳を口元に当てて切ない表情。 普段は元気いっぱいの実乃梨があんな表情見せたら流石に堪りませんわ。 25話:キスシーン 全般を通して大河の言動や行動がいちいちキュンとくるのですが、やはり最終話(25話)のキスシーンはグッとくるものがありますね。 身長差を埋めるために背伸びする典型的な描写さえもキュルンときます。 25話:卒業式後の教室での再会 最終話のED後も見逃し厳禁です。 教室で大河との再会シーンがあるのですが、竜児の「好きだよ」の一言に顔を赤らめてもじもじする大河。 普段は冷静であまり感情を出さない高木さん。 最終話ではそんな高木さんが、西片くんからの手紙を見てからの…ベッドで足バタバタ!キタコレ!! これはいきなり最終話だけを観ても伝わらないかと思いますが、高木さんの性格を知ったうえで観ると確実にズキューンですわ…ありがとうございます。 最後に 今回は恋愛アニメにおける胸キュンシーンをまとめました。 やはり告白やキスシーンは胸キュン要素が高いかと思いますが、何気ない一コマに隠れた猛烈な胸キュンを探すのも面白いですよね。 新たな胸キュンシーンを見つけたら随時追加していきたいと思います。

次の

韓国ドラマで思わず胸キュン!濃厚なキスシーンの特徴とは?

胸 キュン キスシーン

大学生のみなさんは、どんな少女漫画が好きですか? 少女漫画には、キュンとするシーンや台詞が多々描かれていますよね。 その中でもキスシーンは特別読者をキュンキュンさせてくれるものです。 「爽子」という名前に反して、ロングの黒髪で、クラスにも馴染めない暗い女の子が、自分とは対照的は明るく、クラスの人気者である風早と話したことをきっかけに恋に落ちていきます。 この二人だけでなく、二人を取り巻くキャラクターもそれぞれ個性的なキャラクターばかりで、それぞれが甘酸っぱい恋を成長させていきます。 漫画だけでなく、テレビアニメ化、実写映画化、ゲーム化された人気漫画です。 おすすめキスシーン:主人公爽子に対する気持ちを押し殺すように少し距離をとっていた風早に不安を覚え、風早の自分への気持ちを確認するために、5秒間目を閉じていた爽子。 でも風早は、爽子にキスをしませんでした。 女子からキスアピールしたにもかかわらず、何もされないというのはかなりのトラウマになりますよね。 そこで、爽子が「もう好きじゃない? こんな私好きじゃない?」と泣きながら訴えたところ、爽子の言葉を塞ぐように風早からキス。 奥手な風早の男らしさが垣間見えたところと、爽子の純粋すぎる気持ちにキュンとなるキスシーンです。 二人の悶々とした関係が少しスッキリしたシーンでもあります。 「クローバー」の主人公だった沙耶が務めていたホテル会社の同僚である妃女子が主人公の作品です。 沙耶の同期のなかで最後の独身として社内で有名な妃女子。 30歳という結婚適齢期を過ぎようとしている中で、結婚に焦り始める妃女子が、出会ったのがプレイボーイ、社内一のイケメンとして有名な国際部の細谷でした。 相反する二人が純粋に恋に落ちていくラブストーリーです。 妹たちとの関係クローバーに登場した同僚たちとの関係も見どころです。 おすすめキスシーン:「俺は一対一では付き合わない主義なんだ」とプレイボーイらしい発言で妃女子を振った細谷でしたが、突然、妃女子が参加していた合コン場所に現れ、妃女子を連れだす細谷。 プレイボーイな細谷には、キスなんて序の口のはずですが、「してもいいかな?」と妃女子にフっと聞いてしまう細谷。 そこに彼の妃女子に対する想いが詰まっていて、とてもキュンとします。 その後、二人で顔を真っ赤にしながらキスする微笑ましいキスシーン。 「プレイボーイのはずなのに」というのが、キュン度を高めてくれます。 好きだった中学時代とは別人のようになってしまった洸が気になる双葉。 洸が変わってしまった原因の解明を二人の空白の3年間を埋めるようにストーリーは進みます。 双葉と洸それぞれにライバルとなる存在が登場したり、二人の友人同士が恋に落ちたり、とハラハラとドキドキ、ほのぼのなどいろんな感情を交えながら読める漫画です。 おすすめキスシーン:良い感じになったと思ったら気まずくなったり、突き放されたりとなかなか上手く本当の気持ちをお互いに言えない双葉と洸。 双葉に想いを寄せる冬馬が参加しているライブに誘われた双葉、そして冬馬の気持ちに気付いていて、双葉の動向が気になる洸。 そんな二人がライブ会場で出会います。 バンドの演奏中で、耳打ちをしないと声が聞こえない中、双葉に耳打ちしようとした洸と、洸に話しかけようと振り向いた双葉がパプニング的にキスしてしまいます。 漫画ならではのハプニングですが、二人の様子をドキドキしながら見守る読者にとっては、キュンとするキスシーンです。 作者:咲坂伊緒 出版社:集英社 連載誌:別冊マーガレット.

次の

【胸キュンアニメ】男性目線でキュン死確定シーンをまとめてみた!

胸 キュン キスシーン

【アンアン総研リサーチ】vol. 58 文・伊東茉冬 胸キュンは少女マンガや映画作品、恋愛ゲームの特権? いやいやそんなことはありません。 総研メンバーの皆さんの、実録・胸キュンエピソードを集めました!女子のときめきを勝ち取りたい男子も必見です! かわいすぎて悶絶 「2人でいる時にほっぺにちゅーされて恥ずかしがってたら『なんでよー、やなの?』とハニカミながら言われてキュン」(24歳・事務) 「私が家で仕事しているときに隣に来て肩にあごのせてみたり、はぐしてみたりしてくるので、やめてっていうと『ちょっとまって、今充電してるんだから!』って」(35歳・マーケティング) 男の人が心を許して甘えてくる姿、母性がくすぐられるというかなんというか。 包み込むようにしてくれて胸キュンでした」(33歳・事務職) ちょっと強引だったり、ふとしたシーンで見せてくれる男らしさ。 たまらないです! 公開告白もキュンとしますよね。 奥手男子もやるときはやります! 「彼はほんとに奥手で、付き合っても全く手を出してこないタイプでしたが、突然車運転しながら頭なでなで。 多分彼の精一杯のスキンシップだったのでしょう。 キュンとしました」(27歳・その他) 「『髪になんかついてるよ』と、取ってくれたついでにキスしてくれた時。 びっくりして目を開くとすごいドヤ顔でした」(29歳・営業) 「『こんな可愛い子としたことない』といってもらえたこと。 幸せな気持ちになりました」(28歳・事務職) 普段はなかなか言えないことも、エッチのときなら言えちゃったりしますよね。 ただでさえドキドキなのに、さらにとどめを刺されてしまいそう。

次の