マイクラ 地図 使い方。 探検家の地図

探検家の地図

マイクラ 地図 使い方

製図台とは 製図台とは、 地図のコピーや拡張などの編集ができるブロックです。 以前は主に作業台で地図の編集をしていましたが、この製図台の登場によって簡単に行えるようになりました。 【関連記事】 製図台の作り方 製図台は 「紙」2個と各種「木材」4個をクラフトすることで作ることができます。 木材はどんな種類のものでも大丈夫で、複数の種類が混ざってもOKです。 また紙はサトウキビをクラフトすることで入手できます。 製図台を使って地図を編集する 製図台を使うには、まず作業台と同じように一度どこかに置きましょう。 置かれた製図台に向かって道具を使うボタン(右クリックやZLボタンなど)を押すことで製図台のメニューを開けます。 左上の枠には 編集したい地図。 左下には紙などの 各種アイテムを入れることによって、編集できる内容が変わります。 製図台で行える地図の編集はこの通りです。 地図の拡張• 地図のコピー• 地図のロック• 地図に名前をつける(統合版のみ) それぞれについて詳しく解説していきますね。 地図を拡張する 左上の枠に 地図を、左下の枠に 「紙」1個を入れることによって、 地図で見える範囲を広くすることができます。 また地図を拡張した場合、これまで見つけてきた場所が見えなくなってしまうので注意しましょう。 統合版ではコピーする素材に「空っぽの地図」を使った方が「コンパス」を使わない分お得ブヒ! 地図をロックする 左上の枠には 地図を、左下の枠に 「ガラス板」1個を入れることによって、 地図をロックすることができます。 (ガラス板は、砂をかまどで焼いて手に入る「ガラス」を6個並べてクラフトでの作成。 ) ロックについて少し補足をしておきます。 通常地図を使っている間は、自分の近くにある地形をリアルタイムに記録されるのが特徴です。 例えば建物を作ったり整地をしていると、平らになった部分や建物が出来上がったところがしっかり地図に反映されます。 ですがロックされた地図はそういった影響はなく、 ロックした時点のまま内容が変化することはありません。 左がロックされた地図です。 地形が変化しても地図の内容に影響はありません。 作業台で空っぽの地図を作ろうとすると9枚もの紙が必要ブヒ… 地図上にプレイヤーを表示させる(統合版のみ) 左上の枠に「空っぽの地図」を、左下の枠に「コンパス」を入れることによって地図上にプレイヤーを表示させることができます。 (まっさらな地図に変化) ただし この方法を使う必要はなく、その場でカバンを開いて「空っぽの地図+コンパス」をクラフトすれば良いだけです。 村人を製図家にすることができる 製図台を村の近くに置くことで、無職の村人の職業を「 製図家」にすることができます。 製図家は地図に関するアイテムや、「森林探検家の地図」など特殊なダンジョンの場所を記したアイテムと取引することが可能です。 【関連記事】.

次の

【マイクラ】地図の使い方、拡張方法、作り方などを解説!#383

マイクラ 地図 使い方

ずっと分からなかった地図の生成法則 マイクラを始めてまもない頃に地図を作ったことがあったのですが、 「ちょっと何言ってるか分からないな…」という感じで諦めてしまっていました。 大げさなんだから~ スポーン地点近くに村がないので、探しに行くためには地図が必要だと思っていたけれど、 コンパスがあればとりあえず帰る方向は分かるので、地図のことはすっかり諦めて遠出したり していました。 世界地図に感動 でも、ある時こちらのサイトで世界地図を見たんです。 レベル3の地図を額縁に入れて並べたものなのですが、見た瞬間感動しました。 「すごい!!私のマイクラでも作ってみたい!!」と興奮して、苦い思い出をすっかり忘れて 地図作りに再チャレンジすることにしました。 (単純なんだから〜 今まで作った地図は無かった事にして、紙と鉄とレッドストーンがもったいないと思う気持ちを抑えて色々と試してみたところ、やっと地図生成の法則を理解することができました。 (きっとね~私の理解力が足らないだけなので、わざわざ記事にする事ではないんだと思うのですがお付き合いくださいませ) 地図の作り方 「まっさらな地図」や「空っぽの地図」の作り方は、いろいろなサイト様で紹介されているので割愛します。 下記の地図は、スポーン地点の近くで作ったレベル3の地図です。 (うす茶色の部分はまだ行ったことがないところです スポーン地点は、地図上では左下の赤丸の辺りです。 下記の図形は、上記の地図を模型化したものです。 最初、地図は生成する場所によって作られる位置が変わるんだと思っていました。 たとえば、生成する地点が地図の中央になるとか。 でも、全然違うんですね。 上記の地図の範囲内であれば、どこで生成しても同じ地図が出来上がるんです。 なので、この地図 A 以外の地図を生成するためには、この地図 A の範囲外に出るしかない。 (そういう仕様じゃないと後で繋ぎ合わせられないですよね) 例えば、拠点の東側の地図 B を作るためには、Aの範囲から出てBの範囲に移動してから作る。 そして、今度は拠点の南側の地図 C を作るためには、Aの範囲から出てCの範囲に移動してから作る。 これを繰り返していくんですね。 そして最後に繋ぎ合わせて「世界地図」が出来上がるというわけです。 陸の孤島じゃなかった まだスポーン地点の周りを一周も出来ていないのですが、地図を作ってみて知ったことは、 思っていたよりも陸の孤島じゃなかったということでした。 私のマイクラのスポーン地点は、南東西側が海で、北側には少しの荒野とあとは広大な砂漠が広がっています。 なので、とても狭くバイオームの乏しい世界に感じていました。 でも、地図を作るために今まで行かなかった南側や東側に行ってみたら、思っていたよりも近くに草原はあるし、山地もある、氷の世界もある、なかなか豊かな世界だったことを知りました。 残念ながらまだジャングルには出会えていませんが、閉鎖的に感じていた時よりも楽しみが増えたように思います。 今回、比較的大きな壁がある地下室に地図を並べてみたのですが、高さがギリギリでした。 めざせ!!世界地図!!!! はやくエリトラが欲しい 参考にさせていただいたサイト•

次の

【統合版マイクラ】空っぽの地図とまっさらな地図の使い方と違い、複製と拡張の仕方!!

マイクラ 地図 使い方

JourneyMapのダウンロード方法 公式サイトに行くと分かりやすく「Download」というボタンがあると思うので、そこをクリックします。 JourneyMapは頻繁にアップデートがされていて、最新版(2017年3月時点)である1. 2に対応したバージョンも利用可能。 「Download for 1. 2」という黄色のボタンをクリックしてください。 別のサイトに飛んで「3秒後にダウンロードは始まります」という表示が出てくる。 3秒待ったら勝手に ダウンロードするかどうかの表示が出てきます。 ぼくはブラウザにGoogle Chromeを使っているので「危険なファイルですが大丈夫ですか?」という警告が出るものの、危険なファイルでは無いので気にせずにダウンロード(保存)しましょう。 保存したら「journeymap-1. 2-5. jar」というJava形式のファイルがあるはずです。 このファイルをコピーして、自分のマイクラのフォルダーの「Mods」に貼り付けます。 貼り付けたら、あとはマインクラフト(Forge版)を起動すればすぐに使えるようになっています。 次は、その使い方について順番に解説していきますね。 JourneyMap: JourneyMapが起動しました。 と表示されているはず。 ここまでで、JourneyMapの起動は完了しているので「使い方」を見ていこう。 「J」で全画面マップ J 「J」キーを押すと 全画面マップが展開される。 方向キーを押すことでマップを動かすこともできるし、マウスでドラッグすることでもマップを動かせます。 昼夜切り替え JourneyMap全画面モードの左上にあるボタンから、昼夜の切り替えなどが可能。 昼モードだと明るい感じ。 夜モードだと真っ暗になるが... レッドストーンランプや松明など光源がある場合は、その部分だけちゃんと明るく表示されます。 「Topography」モードはいわゆる地形モードという感じで、地形の変化を分かりやすく表示してくれます。 マップから高低差などが手によるように分かるのが特徴だ。 洞窟にも対応 この記事で紹介したような「洞窟」に入ると、JourneyMapは勝手に洞窟モードに切り替わります。 洞窟は基本的に真っ暗ですが、松明(光源)や溶岩などは見えるようになっている。 どこに溶岩があるのか分かりやすいので、が捗りますね。 死亡した場所も分かる 洞窟探検や、や森の洋館を探しに行っている途中に死んでしまった場合、場所が分からない... ということはよくある。 JourneyMapは死亡した場所もちゃんと記録してくれるので安心して、冒険ができる。 JourneyMap上だけでなく、実際に目視でも分かりやすいように光柱を表示してくれるのも親切でありがたい...。 その生き物の種類がひと目で分かるようになっている。 灰色:動物(ブタやウシ)• 青色:ペット(いないと動物扱い)• 緑色:村人• 赤色:Mob(ゾンビやクリーパー) ウェイポイントの使い方 ウェイポイントはこのMODの非常に強力な機能。 ウェイポイント(WayPoint)は簡単に言えば、ワープの登録先みたいなもので、何かを見つけた時(ジャングル寺院など)に、またその場所へ行きやすいように場所を登録できるんだよ。 例として「イグルー」をウェイポイントとして登録してみる。 イグルーの近くでJourneyMapを開いて、ウェイポイントの管理を開く。 「新規作成... 名前には日本語も使えるので「イグルー」にしました。 色は見やすいように黄色っぽいのを選んだ。 あとは保存して完了。 全画面マップを見てみよう。 マップ上に分かりやすく黄色の字でイグルーと表示されている。 サバイバルモードで長旅をする時に、これは便利かもしれない。 マップに表示されるだけでなく、ウェイポイントの管理から「探す」を有効化することで。 遠くから見えやすいように光柱が表示される。 この「探す」モードは重宝すると思う、ホント。 特に視界が悪いジャングルなどで寺院を探す時は非常に有効かと。 自力で歩いて行くのが面倒くさい場合は「テレポート」を選べばいい。 そのウェイポイントまでワープしてくれます。 もっと便利にウェブマップ JourneyMapは、そのままでも十分に使えます。 しかし、ウェブマップ機能が用意されていて、これがかなり使いやすいのでせっかくJourneyMapを使うならウェブマップ機能も使ってみたいところ。 まず、右側のメニューから「設定」を開きます。 「ウェブマップ」の項目を開いて「ウェブマップを有効化」にチェックを入れてください。 あとは特に設定しなくて大丈夫。 そして、また右側のメニューから今度は「各種機能」を開く。 「ブラウザでマップを表示」というボタンがあると思うので、クリックしてみよう。 普段使っているブラウザが展開され、ブラウザからJourneyMapの全画面マップが見れるようになった。 こちらのほうが表示がキレイになっていて、マインクラフトをプレイしながら全画面マップを見れるので更に便利なんですよ。 マインクラフト内で動くと、ウェブマップ側も同時に動いてくれる。 割りと真面目に使えるのでオススメです。 ウェブマップの更新スピード 高度な設定にある「ブラウザのウェブマップの表示の遅延」から設定可能。 初期だと2000で「2秒毎」なんだけど、ちょっと遅い。 ということで1000にして「1秒毎」の更新しました。 PCのスペックが良ければ1000でも問題なく動くと思いますが、もし重たい場合は2000~3000などを設定しておこう。 マップをすべて読み込む シングルプレイ限定だが、自分でマップを埋めるのが面倒な場合は自動で埋めてくれる機能が使える。 各種機能から「自動マップ生成... 」を選ぶ。 今回は「全て生成」を選びました。 可能な範囲でほとんどすべての地表マップを、自動で読み込んでマップを見やすくしてくれます。 大部分が表示されていなかったマップが...。 1分ほど待って、このように全部見れるようになりました。 マルチモードでの使い方 公開サーバーやLANサーバーなどのマルチプレイでも、そのまま使えます。 ただし、「自動マップ生成」は使えないので注意。 マルチプレイはシングルプレイと違って、マップデータが自分のパソコンに保存されていないので自動読み込みが出来ないのです。 マルチプレイのデータを入手して、それを自分のパソコンに持ってくることで自動読み込みが使えるようになるらしい... ですが面倒くさいので自力で埋めて良いと思います。 それにマルチプレイの場合は他にも良いMODがあるので。 JourneyMapまとめ• 全画面マップ• 昼夜切り替え• 地形モード• 洞窟モード• 死亡場所の記録• Mobや動物などをマップ上から確認• ウェイポイント• ウェブマップ機能• マップ自動読み込み• マルチプレイでの利用 ここまで、 JourneyMapに多数あるモードの8割は解説できた。 あとは「高度な設定」に細か~い項目が大量にあるものの、紹介するとキリが無かったので気になる人は自分で見てみてください。 とりあえずJourneyMapの主要な機能は解説できたと思うのでこのへんで終わります。 マイクラ初心者です。 さらにパソコンも苦手です。 こちらのサイトは説明が丁寧で画像もあり助かります。 こちらでのmod導入方法を見て、最新(1. 私はド初心者のためマインクラフト(Forge版)って何・・・???となってしまいました。 色々と検索をかけ、今回はなんとかForgeを導入することが出来ましたがこちらでも説明を載せてほしいなぁと・・・ 基本が分かれば応用も出来る(気がする)と思うので、ぜひご検討ください。 mod導入時の用語集とかもありがたいです。 本当に私無知なんです。 ランチャーって何?プロファイルって何?状態です。 マイクラを購入できただけでも奇跡なんです。 もうすでに解説があったら申し訳ありません。

次の