ダーク ソウル 2 考察。 #1 今更ながらダークソウル2 の考察をしてみる。

絶望を焚べる者

ダーク ソウル 2 考察

そんな世界にある日、火が灯った。 火は差異を産み、光と闇が生まれ、生き物が生まれた。 火から生まれた者たちは、その始まりの火の中に光や死や、炎の力 王のソウル を見出し、名もない小人 人間の祖 が火の暗がりの中から闇の力を見出した。 その力で古竜たちに戦いを挑み、結果石の古竜たちを滅ぼして火の時代が始まった。 それから長い間、火から生まれた者たちの子孫で世界は反映したが、火はやがて消える運命にあった。 王の眷属たちは火が弱まるにつれて衰え、人間たちは火に照らされ見えなくなっていた闇のソウルが顕在化して不死が出現し始めた。 火が消えれば、後は闇だけが残る。 〜前作〜 プレイヤーは不死となって不死の使命 王の領域アノール・ロンドへの巡礼 を果たす為、あるいは別の思惑の為、ロードランを探索する。 そしてたどり着いたアノール・ロンドで不死の本当の使命を理解する。 それは王のソウルを集め、そのソウルと不死自ら すなわち王を倒すほどに強大になった闇のソウル を薪とすることで始まりの火を継ぎ、世界を照らし続けることだった。 以前に火が絶えそうになったとき、自ら薪となった王グウィンは不死でなかった為既に燃え尽きようとしていた。 プレイヤーはグウィンを倒し、火を継ぐことで火の時代は永遠に続くかに思われた。 〜2の背景〜 ロードランという国は既に滅び様々な国が興っては滅びていったらしい。 そんな中、ヴァンクラッドという男が竜騎兵を引き連れて1代で4つの大いなるものを打ち倒し新たにドラングレイグという国を興した。 ドラングレイグが栄える中、ヴァンクラッドは王妃とともに北の巨人の領域に攻め入り、巨人の力 具体的に何かは言及されず を持ち帰った。 その巨人から奪った物を使いゴーレムや様々な物が生まれ、更にドラングレイグは繁栄したが、奪われた者の恨みを晴らすため北から巨人の軍勢がドラングレイグに侵攻を始めた。 巨人たちの熾烈な攻撃に国は疲弊し、次第に力を失っていった。 ヴァンクラッドは表舞台から姿を消し、ドラングレイグは滅亡した。 存在そのものが前作の最初の火と同等のようだ。 プレイヤーが継ぐ者になったときシャナロットが希望が尽きるまでプレイヤーの傍らに居る的なことを言い出すので、最初の火の火守女として作られた彼女の役割として正しい。 (渇望の弓、渇望の鎌、渇望の聖鈴)おそらく前作の深淵の主マヌスの力の一端が人の有り様(力の渇望)を表す存在になったと考えられる。 デュナシャンドラは継ぐ者たりえるヴァンクラッドに近づき、火継ぎを乗っ取って 継ぐ者を殺して 自分が闇の王となろうとした。 兄アンディールは、自分の力で火継ぎの輪廻と闇から抜け出す為、古の竜を創りだした。 しかし古の竜が存在しても灰色の世界は生まれず、今度は最初の火そのものを絶やさぬ為、火守女を創りだしたが、人工的に生み出された火守女では最初の火は守れなかった。 最後の火守女を作り出し、アンディールはこの世を去った 亡者となった?。 残された古の竜は最後の火守女にシャナロットと名付けた。 作られた古の竜は火継ぎで輪廻するこの世界を傍観している。

次の

ヴァンクラッド

ダーク ソウル 2 考察

2020-06-20• 2020-06-16• by 名無し ID:6SQzqLfsAw• by 名無し ID:6SQzqLfsAw• 2020-04-20• 2020-04-17• 2020-04-12• by オスシ• 2020-03-28• 2020-03-17• by 名無し ID:CroA739z2A• 2020-03-04• by 名無し ID:TwE1s1iC1g• 2020-02-08• by 名無し ID:J3Tr1BlOOQ.

次の

#1 今更ながらダークソウル2 の考察をしてみる。

ダーク ソウル 2 考察

そんな世界にある日、火が灯った。 火は差異を産み、光と闇が生まれ、生き物が生まれた。 火から生まれた者たちは、その始まりの火の中に光や死や、炎の力 王のソウル を見出し、名もない小人 人間の祖 が火の暗がりの中から闇の力を見出した。 その力で古竜たちに戦いを挑み、結果石の古竜たちを滅ぼして火の時代が始まった。 それから長い間、火から生まれた者たちの子孫で世界は反映したが、火はやがて消える運命にあった。 王の眷属たちは火が弱まるにつれて衰え、人間たちは火に照らされ見えなくなっていた闇のソウルが顕在化して不死が出現し始めた。 火が消えれば、後は闇だけが残る。 〜前作〜 プレイヤーは不死となって不死の使命 王の領域アノール・ロンドへの巡礼 を果たす為、あるいは別の思惑の為、ロードランを探索する。 そしてたどり着いたアノール・ロンドで不死の本当の使命を理解する。 それは王のソウルを集め、そのソウルと不死自ら すなわち王を倒すほどに強大になった闇のソウル を薪とすることで始まりの火を継ぎ、世界を照らし続けることだった。 以前に火が絶えそうになったとき、自ら薪となった王グウィンは不死でなかった為既に燃え尽きようとしていた。 プレイヤーはグウィンを倒し、火を継ぐことで火の時代は永遠に続くかに思われた。 〜2の背景〜 ロードランという国は既に滅び様々な国が興っては滅びていったらしい。 そんな中、ヴァンクラッドという男が竜騎兵を引き連れて1代で4つの大いなるものを打ち倒し新たにドラングレイグという国を興した。 ドラングレイグが栄える中、ヴァンクラッドは王妃とともに北の巨人の領域に攻め入り、巨人の力 具体的に何かは言及されず を持ち帰った。 その巨人から奪った物を使いゴーレムや様々な物が生まれ、更にドラングレイグは繁栄したが、奪われた者の恨みを晴らすため北から巨人の軍勢がドラングレイグに侵攻を始めた。 巨人たちの熾烈な攻撃に国は疲弊し、次第に力を失っていった。 ヴァンクラッドは表舞台から姿を消し、ドラングレイグは滅亡した。 存在そのものが前作の最初の火と同等のようだ。 プレイヤーが継ぐ者になったときシャナロットが希望が尽きるまでプレイヤーの傍らに居る的なことを言い出すので、最初の火の火守女として作られた彼女の役割として正しい。 (渇望の弓、渇望の鎌、渇望の聖鈴)おそらく前作の深淵の主マヌスの力の一端が人の有り様(力の渇望)を表す存在になったと考えられる。 デュナシャンドラは継ぐ者たりえるヴァンクラッドに近づき、火継ぎを乗っ取って 継ぐ者を殺して 自分が闇の王となろうとした。 兄アンディールは、自分の力で火継ぎの輪廻と闇から抜け出す為、古の竜を創りだした。 しかし古の竜が存在しても灰色の世界は生まれず、今度は最初の火そのものを絶やさぬ為、火守女を創りだしたが、人工的に生み出された火守女では最初の火は守れなかった。 最後の火守女を作り出し、アンディールはこの世を去った 亡者となった?。 残された古の竜は最後の火守女にシャナロットと名付けた。 作られた古の竜は火継ぎで輪廻するこの世界を傍観している。

次の