ポンレヴェック 秋田。 バール&ビストロ ポンレヴェック(地図/秋田市/イタリアン(イタリア料理))

バール&ビストロ ポンレヴェック

ポンレヴェック 秋田

こんにちは。 キング・ブログ・スライムです。 フランスの「美しい村」とは• 人口が2000人以下であること• 2カ所以上の保護建築物件があること• コミューン議会で同意があること などの要件を満たす村を「フランスの最も美しい村(仏:Les plus beaux villages de France)」として定義されています。 この基準はフランスの美しい伝統的な村を維持し、観光資源として生かすために1982年に設立された協会によって設定されたもの。 少し古いですが2009年の時点では、「フランスの最も美しい村」は151カ所あります。 人口が少ないなどの条件があるため、パリなどの都心部からは遠いところにあり、電車やバスなどの交通機関は当然のごとく通っていません。 あののどかな田舎町に行ってみたい!と思っていたのです。 今回はこんな内容• ポンレヴェック村に行ってみた 移動途中のバスの車窓です。 ここからもザ・フランスの農村の風景を楽しめます パリからツアーバスに乗って高速道路を進むこと約2時間。 ツアーはモンサンミッシェルがメインディッシュの目的地なのですが、おまけの観光地としてフランスの美しい村を経由します。 時期や日程によって訪れる村は変化しますが、今回はポンレヴェック村というノルマンディーにある小さな村でした。  ・Eglise Saint-Michel 教会 カトリックの国・フランスにある街だけあって、ひとつの街に必ず1つは教会があります。 フランス語でEglise Saint-Michelという教会です。 ツアー担当者の情報によると、開いている時と閉まっている時があるそうです。 少し分かりづらいですが、写真にある紫色の扉を進んで右側にある扉を強く押すと、教会内に入ることができます。 今日(土曜日)は開いていました。 入場料は無料で、写真撮影も可能でした。 シャルトル大聖堂のような大きな教会ほどの華やかさはないですが、小さな教会の素朴なステンドグラスも素敵です。 祭壇です。 人が少なく静寂な雰囲気が漂う教会。 席に座って数分ほど教会独特の空気に入り浸っていました。 スポンサーリンク ポン=レヴェックの様子 今日はあいにくの雨でしたが、街並みはフランスの農村という感じで素敵です。 ヨーロッパの普通の家は上の写真のようなレンガ造りですが、ノルマンディー地方にあるこの村は木組みの家ということで少し特殊。 写真のように木組み構造になっています。 日本のように1階と2階を統一的に建てるのではなく、各フロアをブロックのように積み上げて作るそうです。 村の中でも特に古い(16世紀以前だったはず?)家は、上の写真のように2階が外に競り出すように作られています。 1階のフロア面積を少なくして税金を安くするという当時の人々の工夫たったと言われています。 因みに街中には、普通にレストランやパン屋があるので、必要なものはここでも買えそうです。 午後からはモンサンミッシェルに行くということで、事前に必要なパンやサンドイッチを購入しました。 モンサンミッシェルのツアーと一緒に行けます フランスにある美しい村はもれなくアクセスが悪く、観光客が使うような路線バスや鉄道がとおっていないところがほとんど。 まあそれだけアクセスが悪いから、人口が2000人以下であるなど美しい村が掲げる基準を守れているのですが 笑 ということでレンタカーなどを借りない限り、私が行ったような美しい村に行くのは難しいですよね。 ですが今回私が参加したモンサンミッシェルに行くツアーでは、ノルマンディー地方にある美しい村(ポンレヴェック村とは限りません)を経由します。 つまり、レンタカーを借りる手間もなく、簡単にフランスの美しい村に行けるということ! 『 』 学割や早割が設定されていることが多いので、よく確認してみて下さい。

次の

Pont

ポンレヴェック 秋田

クリスマスのディナーはお店に出かける派?それともお家でまったり派?どちらのシーンにも利用できるのが、秋田市南通にある 「ポンレヴェック」です。 アミューズから始まり、前菜、魚料理、肉料理、パスタ、デザートが楽しめます。 また、ディナーコースを食べているかのようなクリスマスオードブル5人前10,800円も人気です。 おうちにいながらお店の味が楽しめるのは贅沢ですね。 目利きのシェフが仕入れる厳選素材で調理 「ただ単純においしいものを食べてもらいたい。 」とオーナーの角田淳さん。 旬の新鮮な食材を毎日市場で選び仕入れているほか、全国各地、あるいは世界各国の厳選食材を使用しているのだとか。 そこにはかなりの頻度で、秋田県産食材も登場します。 例えば、スパイスとハーブでマリネした東由利産バルバリー鴨 牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、男鹿産クロカラ ブールヴェールと帆立貝のプディングなどなど。 「秋田県産のものに特にこだわって作っているわけではないんです。 日本各地のもの、海外のものも取り入れながら、自分たちにできる最高のお料理をお客様に提供したいと考えています。 」と角田さん。 そして、我らが秋田県産のものは一番身近で新鮮でなおかつ質のよいものが多いのだとか。 他にも、なかなか食べる機会のないエゾ鹿、お客さんからの紹介で仕入れているという三陸産うになど気になる厳選素材ばかりが揃います。 仕入れの状況などはInstagramなどをチェックしてみてください。 (華やかなディナー料理の数々。 旬の食材がおいしく生まれ変わります。 ) ディナーは特別な日に。 ランチは普段使いに。 また、ソムリエがいるのもこのお店の特徴の一つ。 料理とワインのコラボレーションが楽しめるディナーはポンレヴェック最大のパフォーマンスタイムと言えるでしょう。 大切な方とぜひ一緒に味わって頂きたい時間です。 ディナーになかなか足を運べないという方には、昨年10月から始まったランチがおすすめです。 ランチタイムに気軽に本格洋食が食べられると人気が広がっているそうです。 日替わりで変わるメイン料理を中心に、副菜、パン、スープなどが一皿になった ランチプレートは女性客に。 濃厚なルーとエビの食感が楽しめる特製 エビカレーは男性客に人気のメニューです。 最近登場した半熟卵が魅力的な オムライスも人気急上昇中なんだとか。 (ちょこっと食べが嬉しい、ランチプレート 1,300円) (まかない料理から生まれた、特製エビカレー〈サラダ・スープ付き〉1,200円) 洋食おせちも人気 ポンレヴェックでは洋食おせちの予約も受付中です。 お店で提供されている前菜、煮込み、肉料理や魚料理などワインに合う約20種類の料理が詰め込まれた豪華なおせち。 和のおせちはもちろんのこと、一味違った洋の雰囲気で迎えるお正月も華やかではないでしょうか。 数量に達し次第受付終了です。 ) 「お店で磨いた技術で新たな商品開発に力を入れていきたいです。 ポンレヴェックのおいしさをさらに広めて行けたらいいですね。 」と角田さん。 お店で人気の特製エビカレーなどが食べられるキッチンカー、シェフの知恵と技術が凝縮された新商品の構想など新たな試みが水面下で次々に動き出しているそうです。 来年は、ポンレヴェックの活躍があちこちでみられるかもしれません。 20日までのご予約をお願いします。 三段重おせち 3〜4人前 21,600円(税込) お引き渡し12月31日.

次の

〈秋田市〉クリスマスは気軽においしく「ポンレヴェック」の味をおうちでも!お店でも!

ポンレヴェック 秋田

クリスマスのディナーはお店に出かける派?それともお家でまったり派?どちらのシーンにも利用できるのが、秋田市南通にある 「ポンレヴェック」です。 アミューズから始まり、前菜、魚料理、肉料理、パスタ、デザートが楽しめます。 また、ディナーコースを食べているかのようなクリスマスオードブル5人前10,800円も人気です。 おうちにいながらお店の味が楽しめるのは贅沢ですね。 目利きのシェフが仕入れる厳選素材で調理 「ただ単純においしいものを食べてもらいたい。 」とオーナーの角田淳さん。 旬の新鮮な食材を毎日市場で選び仕入れているほか、全国各地、あるいは世界各国の厳選食材を使用しているのだとか。 そこにはかなりの頻度で、秋田県産食材も登場します。 例えば、スパイスとハーブでマリネした東由利産バルバリー鴨 牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、男鹿産クロカラ ブールヴェールと帆立貝のプディングなどなど。 「秋田県産のものに特にこだわって作っているわけではないんです。 日本各地のもの、海外のものも取り入れながら、自分たちにできる最高のお料理をお客様に提供したいと考えています。 」と角田さん。 そして、我らが秋田県産のものは一番身近で新鮮でなおかつ質のよいものが多いのだとか。 他にも、なかなか食べる機会のないエゾ鹿、お客さんからの紹介で仕入れているという三陸産うになど気になる厳選素材ばかりが揃います。 仕入れの状況などはInstagramなどをチェックしてみてください。 (華やかなディナー料理の数々。 旬の食材がおいしく生まれ変わります。 ) ディナーは特別な日に。 ランチは普段使いに。 また、ソムリエがいるのもこのお店の特徴の一つ。 料理とワインのコラボレーションが楽しめるディナーはポンレヴェック最大のパフォーマンスタイムと言えるでしょう。 大切な方とぜひ一緒に味わって頂きたい時間です。 ディナーになかなか足を運べないという方には、昨年10月から始まったランチがおすすめです。 ランチタイムに気軽に本格洋食が食べられると人気が広がっているそうです。 日替わりで変わるメイン料理を中心に、副菜、パン、スープなどが一皿になった ランチプレートは女性客に。 濃厚なルーとエビの食感が楽しめる特製 エビカレーは男性客に人気のメニューです。 最近登場した半熟卵が魅力的な オムライスも人気急上昇中なんだとか。 (ちょこっと食べが嬉しい、ランチプレート 1,300円) (まかない料理から生まれた、特製エビカレー〈サラダ・スープ付き〉1,200円) 洋食おせちも人気 ポンレヴェックでは洋食おせちの予約も受付中です。 お店で提供されている前菜、煮込み、肉料理や魚料理などワインに合う約20種類の料理が詰め込まれた豪華なおせち。 和のおせちはもちろんのこと、一味違った洋の雰囲気で迎えるお正月も華やかではないでしょうか。 数量に達し次第受付終了です。 ) 「お店で磨いた技術で新たな商品開発に力を入れていきたいです。 ポンレヴェックのおいしさをさらに広めて行けたらいいですね。 」と角田さん。 お店で人気の特製エビカレーなどが食べられるキッチンカー、シェフの知恵と技術が凝縮された新商品の構想など新たな試みが水面下で次々に動き出しているそうです。 来年は、ポンレヴェックの活躍があちこちでみられるかもしれません。 20日までのご予約をお願いします。 三段重おせち 3〜4人前 21,600円(税込) お引き渡し12月31日.

次の