妊娠8ヶ月 貧血。 貧血を防ぎましょう

妊婦の貧血症状は?妊娠後期や臨月はなりやすいの?妊娠中の対策は?

妊娠8ヶ月 貧血

妊娠8ヶ月の赤ちゃんはどんな様子? 妊娠8ヶ月の赤ちゃんの平均身長、体重は? 妊娠8ヶ月(28週~31週)の赤ちゃんはどのくらいまで成長しているのでしょうか?この時期の胎児の身長は40㎝ほどと言われていますが、胎児の身長を正確に測定するのは難しいので目安として知っておきましょう。 体重については、超音波検査で測定される頭の横幅(BPD)、大腿骨の長さ(FL)、腹囲(AC)を計算式に入れ、推定体重を出してします。 あくまでも推定体重なので誤差が生じることがあります。 およそ300gくらいの差があることもあります。 28週の赤ちゃんは850g~1470gくらい、31週の赤ちゃんになると1650g~2030gくらいの体重になると言われていますが、小さめ、大きめの赤ちゃんがいるので平均値に拘らず、発育に不安があるようなら主治医に相談しましょう。 身体の機能はどこまで成長しているの? 身体のほとんどの器官が完成します。 また、脳の中枢神経が発達し、自分自身で身体をコントロールできるようになります。 聴覚も発達してくるので、胎教の効果も期待できそうです。 肺と鼻の穴も出来上がり、呼吸器官が完成するのもこの時期です。 しかし肺の呼吸は横隔膜を上下させることで機能するので、まだ完璧ではありません。 肺呼吸に向けて横隔膜を動かす練習をしていると言ってもよい動きをしているようです。 28週と言えば、仮に早産になってしまったとしてもNICU(新生児特別集中治療室)でのケアを受ければほぼ後遺症を残さずに成長できると言われている目安の週数です。 しかし、赤ちゃんのためには少しでも長くお腹の中で過ごさせてあげて、正期産(37週以降)で出産することを目指しましょう。 エコー写真ではどう映る? この時期になるとエコー写真で 性別がはっきりわかるようになると言われています。 また身体の様子は赤ちゃんとしてほぼ出来上がり、しゃっくりをしている様子などが見られることがあります。 ママが感じる胎動は? 妊娠8ヶ月になると赤ちゃんは自分で自分の身体をコントロールすることができるようになるため、 胎動にも個性が出てくるようです。 静かな子、元気に動き回る子などさまざまですが、出産後の性格とは関係はなさそうです。 また身体が大きくなったことで動き回るスペースが足りなくなり、頭を下に向け出産に向けたポーズに近い恰好になると言われています。 妊娠8ヶ月のママの様子と起きやすいトラブルについて知ろう お腹の大きさ、子宮底長、体重増加は? 妊娠8ヶ月になるとママの身体にも見た目にはっきりわかるさまざまな変化が起こります。 お腹の出方には個人差がありますが、 腹囲は80~90㎝ほどになり、かなり目立ってくるようです。 この時期の子宮底長はおよそ24~28㎝で、子宮の上端はみぞおちからへその真ん中あたりにまで大きくなります。 体重増加については最も注意が必要な時期と言えます。 検診での主治医の指示に従い、バランスのよい食事に留意し、食べ過ぎないこと、適度な運動が必要と指示された方はしっかりと行いましょう。 妊娠8ヶ月のママが気をつけたい8つのトラブル 切迫早産 37週以降の正期産の前に子宮収縮が頻繁に起こる、子宮口が開く、子宮頸管長が短くなる、破水するなど早産の兆候がある状態が切迫早産です。 妊娠8ヶ月になると切迫早産になる危険性が高くなるので注意が必要です。 もし切迫早産と診断されたら、自宅安静や管理入院をして経口薬や点滴などを使い、子宮の収縮を抑え、安静にする治療が行われます。 足の付け根痛 妊娠8ヶ月なると足の付け根が痛むという症状を訴える妊婦さんがたくさんいます。 これは ホルモンの影響で靭帯や骨盤が緩むこと、また 赤ちゃんが成長し子宮が大きく、重くなることで恥骨や股関節が圧迫され負荷がかかりやすくなることが原因のようです。 骨盤ベルトや腹帯などを使用してできるだけ骨盤をサポートしてあげることで症状が軽減されるでしょう。 胃痛 赤ちゃんが大きくなり子宮の上部がみぞおちあたりまで大きくなることで 胃が圧迫されて痛みを覚えたり、ムカムカしたり、食欲がなくなることがあるようです。 食事は1度に食べようとせず、少量を数回に分けて食べる分割食にするとよいでしょう。 臨月に入り、赤ちゃんが下へ降りていくことで症状が治まるという方が多いのであまり心配はありませんが、我慢できないほどの痛みや食事がまったく摂れないような場合には早めに受診しましょう。 下腹部痛 この時期には 下腹部痛が起きやすくなるので注意が必要です。 まずは子宮が大きくなることで他の臓器を圧迫することによる痛みや、妊婦さんがなりやすい便秘による下腹部痛があります。 また 前駆陣痛という陣痛の予行練習のようなものが起きやすく、不規則なお腹の張りや痛みが出る場合もあります。 これらは症状がすぐに治まればあまり心配はありません。 しかし、出血を伴うような痛みや激痛、規則的な子宮の収縮などがある場合は、すぐに受診しましょう。 逆流性食道炎 妊娠するとホルモンバランスが変化し、 黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され続けますが、このプロゲステロンは胃の消化を弱めてしまいます。 それによって消化に時間がかかり、胃酸の分泌を活発にして食道に逆流してしまうことがあるようです。 また、子宮が大きくなり胃を圧迫することで胃酸を食道に逆流させてしまうことがあります。 これらの要因により、 妊娠後期には逆流性食道炎になりやすいと言われているようです。 対策としては、胃に優しい料理をゆっくりと、よく噛んで食べることが大切です。 氷食症 中毒症のように氷を欲して1日に製氷皿一皿以上も食べてしまうような症状が 氷食症です。 原因はストレスなどの精神的な要因の場合と鉄欠乏性貧血の場合があります。 妊娠後期には鉄分が足りず貧血になる妊婦さんが多いので、気になる兆候があればすぐに受診しましょう。 高位破水 子宮口付近から破水する通常の破水とは異なり子宮口から離れた卵膜の上部が破れ、羊水が漏れてしまうことを 高位破水と言います。 お腹に力が加わった場合などに起きやすいようです。 少量であることが多いのでおりものや尿漏れなどと勘違いしてしまうことがありますが、無色、無臭のため自分で止めようと思っても止められないことがないのが特徴のようです。 感染症対策などのために管理入院が必要になることもあるのですぐに受診しましょう。 ケトン体 私たちの身体はエネルギー源として糖を消費していますが、糖が欠乏すると代わりに脂肪を分解して糖を作り出そうとします。 この脂肪を分解する過程で発生する有害物質が ケトン体と呼ばれるものです。 もし尿中にケトン体が検出されると糖が足りていない栄養障害であるということになります。 妊婦さんの中にはつわりや、胃痛などで食事が十分に摂れず、糖欠乏状態になってしまう場合もあるので食事が摂れないような状態が続くときは早めに受診しましょう。 普段と違う環境下では突然体調が変化することもあるからです。 どうしてもという場合、旅先で何かあったときのために 医療機関を調べておく、母子手帳を携帯するなど入念な準備が必要です。 現地でのスケジュールもゆるやかに設定しましょう。 海外旅行に関してはより慎重に判断しなければなりません。 また、飛行機の搭乗に関しては 各航空会社に事前に問い合わせて確認する必要があります。 妊娠週数により搭乗できない場合、また医師の診断書が必要な場合があるからです。 温泉や岩盤浴に入りたい! 温泉や岩盤浴が妊婦の身体によくないというはっきりした理由はありません。 しかし、温泉、岩盤浴では転倒、脱水、のぼせ、感染などの危険があるので十分注意が必要になります。 長時間の入浴、一人での入浴も避けた方がよさそうです。 上の子の遠足に行ってもいい? 上の子が幼稚園・保育園に通っていて親子遠足などのイベントが催されるという方も多いと思います。 行先、移動手段、現地での活動内容、スケジュールなどがすべて 無理のないものなのかどうかを確認しておくことが大切です。 最終的には自己判断、自己責任になりますので、病院の連絡先や、母子手帳の携帯など、いざという場合のことも想定して準備をしておきましょう。 車の運転はしてもいい? 妊娠中はホルモンの影響で注意力が散漫になることがあります。 また眠気が強くなることもありますので、すべての週数において特に気をつけなくてはなりません。 妊娠後期にどうしても車を運転しなければならない場合は、 長時間の運転は避ける、休憩をとる、すぐに家族や医療機関に連絡がとれるようにしましょう。 お腹を圧迫しないマタニティ用の安全ベルトの補助アイテムなども発売されているので、チェックしてみましょう。 極力運転は避け、 妊婦タクシーなどの公共交通機関を利用するようにしましょう。 風邪をひいてしまった!葛根湯などの薬は飲める? 妊娠中の薬の服用は注意が必要です。 特に 妊娠初期は胎児の身体のさまざまな器官が形成させる大切な時期です。 また、後期においてもできるだけ主治医に相談してから服用するようにしましょう。 葛根湯などの漢方薬は問題がないと言われていますが、自己判断せずに受診しましょう。 まずは、うがい、手洗い、生活習慣、食生活の見直しを徹底し、感染症にかからないようにすることが重要です。 花粉症はどうする? 花粉症の妊婦さんは花粉の時期をどう乗り切るかを悩んでいるかと思います。 妊娠中であっても服用できる花粉症の薬はあるようです。 市販の薬を自己判断で服用するのは避け、 産婦人科医に相談してから使用しましょう。 花粉症はつらく、ストレスになるものなので、妊娠中でも無理はせず、安全に薬や、マスク・ゴーグルなどの花粉防御具を使って乗り切りましょう。 気管支炎になってしまった! 風邪をこじらせて気管支炎になってしまったという妊婦さんはどうすばよいでしょうか? 妊娠中は免疫力も低下しているので気管支炎になりやすいと言われています。 つらい症状を我慢することはたいへんなストレスとなってしまいますので、できるだけ産婦人科医に相談して、妊娠中でも飲める気管支炎の薬を出してもらいましょう。 妊婦さんが服用でき、気管支炎に効くとされている漢方薬もあります。 おめでた婚で結婚式を挙げたい!友人の結婚式に呼ばれたら? おめでた婚の方は挙式をいつにするか悩むと思いますが、出産後は育児に忙しく現実的ではありません。 ほとんど方は 妊娠5ヶ月から7ヶ月の安定期に行うようです。 妊娠後期に結婚式を考えている方は主治医に相談し、妊娠が順調で体調に問題はないかを確認することが大切です。 結婚式は会場の手配から招待状の送付、衣装選びなどを含めると最短でも1ヶ月以上は準備期間を要しますので、準備中に切迫早産になり入院というような事態も起こり得ます。 結婚式に招待された場合もできるだけ安定期に参加し、後期に入ったら体調の急変があることを先方に伝えておきましょう。 いずれの場合も安全に出産を迎えることを最優先するプランニング、心づもりで臨みましょう。 双子の場合はどう過ごす? 双子を妊娠している方はこの時期はかなりお腹が大きくなり、安静にしなければならない場合が多いと思います。 多胎妊娠の法定産休は出産予定日の14週間前と定められているので、妊娠8ヶ月ではすでに産休に入っています。 管理入院をしている方も多く、検診の回数も頻繁になります。 早産のリスクがかなり高いのでいつ出産になってもいいように準備は早めに行い、お腹の張りを感じたらすぐに安静にするなど厳重な注意を心がけましょう。 主治医の指示を守り、家族に協力してもらいながらできるだけ長く赤ちゃんがお腹の中で育つことができる環境を整えることが大切です。 看護師や飲食店勤務の仕事は続けられる? 勤務先によっては妊婦さんへ配慮した業務変更などがある場合もありますが、定められた産休に入るまで、他のスタッフと変わらずに業務をこなさなくてはならない場合もあります。 また、妊娠した女性が働き続けることが困難な職場もあるようです。 妊娠、出産の経験がある同僚に相談するなど一人で悩まず周囲に話すことで解決策が見つかることもあります。 また、 母親と赤ちゃんの健康を守るのは自分だという強い信念をもち、決断することが重要になってきます。 胃腸炎になってしまった! 妊婦さんは妊娠ホルモンの影響で免疫力が落ち、 胃腸炎にかかりやすいと言われています。 胃腸炎になってしまうと下痢や嘔吐のため、脱水症状や栄養不足になりお腹の赤ちゃんの発育に影響する危険もあるので注意が必要です。 すぐに受診をしましょう。 感染性の胃腸炎の場合、他の妊婦さんへの配慮が必要です。 医療機関に連絡をして指示を仰ぎましょう。 また、自己判断で市販薬を飲むのも危険です。 風邪と同様にうがい、手洗いを徹底して、予防に努めましょう。 この時期の子宮頸管長はどのくらい? 子宮口と膣をつなぐ管状の部分を子宮頚管と言います。 出産時に赤ちゃんが通るところなので分娩が近づいていると短く、開きやすくなってきます。 しかし、正期産の前には子宮口は閉じて子宮頸管もある程度の長さを保ち子宮をしっかり支えなくてはなりません。 通常は3. 5~4. 5㎝の長さがありますが、 3. 5㎝以下になると早産の兆候として安静にするよう指示されるようです。 また 3. 0~2. 5㎝以下になると自宅安静、管理入院などの治療が必要になるようです。 検診の際に計測するので、医師の指示に従いましょう。 子宮頚管無力症と診断されたら? 子宮頚管無力症とは体質的に子宮頸管の強度が低いことや、子宮頚管が短いことにより、 流産や早産を引き起こしてしまう症状です。 妊娠中の経腟超音波検査で診断できます。 もし、子宮頸管無力症の疑いがある場合は、症状によって 手術が行われることがあります。 子宮頸管を糸やテープで縛って閉じてしまい、出産時には抜糸するという方法です。 また手術を行わずに 自宅安静や入院で赤ちゃんの在胎期間を延ばして出産可能な週数になってから分娩に踏み切るという処置がとられることもあります。 逆子は戻る? 子宮の中で自由に動き回っていた赤ちゃんも徐々に頭が重くなり、また身体も大きくなることでスペースが足りなくなるので、頭を下にした分娩時のスタイルになります。 赤ちゃんの発育上は何ら問題はないようですが、分娩時に危険が伴うため、36週までに戻らない場合は帝王切開を検討するという病院が多いようです。 逆子を治すための体操などもあるようですが、安全を第一に医師に相談してから行うようにしましょう。 妊娠8ヶ月までにしておきたい3つのこと 母親学級・両親学級への参加 病院、産院主催、またはお住まいの市区町村主催の母親学級、両親学級などがあります。 母親学級では主に、栄養指導、出産の心構え、産後の赤ちゃんのお世話についてなどを数回に分けて指導されます。 両親学級では夫にも参加してもらい主に出産について学びます。 病院主催の両親学級では立ち合い出産を予定している父親には参加を義務づけているところもあるので確認しておきましょう。 臨月に入る前の妊娠8ヶ月から遅くとも9ヶ月くらいまでに参加しておくと安心です。 出産準備に必要なものを母親学級で確認してから揃えたりできる時間の余裕があるとよいかもしれません。 バースプラン バースプランとは 出産直前から退院するまでの過ごし方の計画です。 どんな分娩スタイルを希望するのか、夫は立ち会うのか、出産後はカンガルーケアを望むか、母子同室にしたいかなどを具体的に決めることをこの時期に始めておくとよいでしょう。 母子の安全が第一なのですべてが希望通りになるわけではありませんが、医師、助産師に相談して理想に近づけるようにしてみましょう。 入院準備 妊娠8ヶ月になると出産まであとわずかです。 お腹が大きくなり自由に動ける時間もあまりないかもしれません。 また、切迫早産で入院という事態や出産が始まってしまう可能性も高くなるので、いつ入院してもいいように 最低限の入院準備をしておいた方がよさそうです。 新生児の肌着やオムツ、自分の着替えや洗面道具などをバッグやスーツケースに入れて家族だれでもがわかるようにしておくとよさそうです。 入院にかかる費用や手続きに必要な書類、印鑑類も確認しましょう。 出産までラストスパート!妊娠8ヶ月を健やかに過ごしましょう 妊娠8ヶ月に入るといよいよ出産を具体的にイメージする時期になります。 準備も忙しくなりますが、母親である自分自身と赤ちゃんの健康を一番大切に考えて行動することが、お母さんとしての最初のお仕事かもしれません。 不安や心配がある場合は専門家に頼るのが安心です。 また家族や友人の精神的なサポートも欠かせない時期なので、思い切って甘えてみましょう。

次の

【体験談】妊娠中に息苦しくなる原因と対処法

妊娠8ヶ月 貧血

妊娠をすると女性の身体にはさまざまな変化が現れます。 血液量が妊娠前の最大1. 5倍にまで増えることで、心臓のドキドキ(動悸)を感じやすくなります。 また、血液量の増加に比べて血球成分はさほど増加しないため、妊娠前と比べて血液が薄まって酸欠状態になったり、お腹の赤ちゃんを育てるために鉄分が不足し鉄欠乏性貧血になったりすることがあります。 これらの要因により妊婦の方は「貧血」になりやすいといわれています。 妊娠中に妊婦さんが貧血気味になるのは決して珍しいことではありません。 なかでも妊婦さんの貧血の多くが「鉄欠乏性貧血」です。 めまい・動悸・息苦しいといった症状が代表的です。 妊婦さんの貧血は、分娩時の出血増加や微弱陣痛、流産・早産の原因になる恐れがあります。 ひどい貧血を感じたり貧血が続いていたりする場合には、病院に相談しましょう。 妊娠中に息苦しいと感じる原因には血圧が関係する場合や不安・ストレスといった心理的なものが関係している場合もあります。 妊娠中には、女性ホルモンの影響で妊娠初期から中期にかけては血圧が低く、妊娠後期には血圧が高くなる場合があります。 血圧の変化によって起こる症状のひとつである動悸によって息苦しいと感じる人もいます。 妊娠は身体だけでなく心にも変化を引き起こす場合があります。 第一子の場合には親になるという新たな社会的役割に直面したり、出産後のお金・仕事・家族関係に悩んだり、程度に差はあれど妊婦は不安になることが多いといわれています。 出産や妊娠における変化に対する強い不安やストレスが「不安障害」に発展し、息苦しいと感じたり、過呼吸になったりする妊婦も少なくありません。 他にも風邪や花粉症などで鼻づまりになって息苦しさを感じるといった人や双子を妊娠しているため身体に負担がかかり息苦しいといった人もいるようです。 息苦しいという症状だけで原因を特定するのは難しいかもしれません。 妊娠は身体だけでなく、心にも変化を引き起こす場合があります。 特に第一子の妊娠の場合には親になるという新たな社会的役割に直面したり、出産後のお金・仕事・家族関係に悩んだりするのは珍しくありません。 程度に差はあれども、妊婦さんはストレスや不安を抱えることが多いといわれています。 なかには「不安障害」に発展し、息苦しいと感じるだけでなく、パニックや過呼吸になる妊婦さんもいます。 妊娠中の不安は、ひとりで抱え込まずに誰かに相談することが大切です。 夫やパートナー、家族、友人、地域や企業の専門窓口への相談でも良いでしょう。 パニックや過呼吸といった強い症状が出ている場合には、かかりつけの産婦人科医にも対処法を相談しましょう。 妊娠中は身体の血流量が増えるために、妊娠前よりも水分が必要となります。 頻尿や足のむくみを気にして、妊娠中に水分をなるべくとらないようにする妊婦さんもいますが、妊娠貧血や血栓症などの予防のためにも水分は積極的にとることが推奨されています。 吐き気などを引き起こすつわりの治療としても水分補給は重要な役目を果たすため、意識的に水分摂取を行うようにしましょう。 赤ちゃんに影響をおよぼす飲み物もあるため、妊娠中にとれる水分は限られています。 カフェインは妊娠中も禁止はされていませんが、大量に摂取するのはやめましょう。 カフェインはコーヒー以外にも、緑茶や紅茶、チョコなどにも含まれているため注意が必要です。 夏の暑い日には冷たいものが飲みたくなってしまいますが、なるべく常温の水分を摂取し、身体を冷やさないように気をつけてくださいね。 息苦しくて眠れないという妊婦さんは少なくありません。 妊娠中期以降にはお腹が大きくなるにつれてお腹の圧迫感で睡眠不足になる人もいます。 寝ているときに息苦しいと感じることがあれば、寝方を工夫してみましょう。 仰向けではなく、横向きになってやや身体を起こすと重力で子宮が少し下がり、胃や肺の圧迫がとれていくらか呼吸が楽になる人もいます。 慣れない姿勢で寝ていると、腰や背中、胸の筋肉に負担がかかり、痛みを訴える人もいます。 片膝もしくは両膝を軽く曲げて左を下にして横向きに寝る「シムス位(シムス体位)」を試してみても良いかもしれません。 寝るときの息苦しさがシムス位によって解消される人もいます。 足のあいだにクッションを挟めば、より身体の力が抜けて楽になります。 妊娠後期の息苦しさは多くの人が経験しますが、赤ちゃんが生まれればこの症状は必ずなくなります。 自分なりの楽な姿勢を見つけられると良いですね。 妊娠中に息苦しいと感じたことがある妊婦さんは多いといわれています。 息苦しさは日常生活に大きな影響を与えるものなので、大変な日々を過ごしている方もいるかもしれません。 原因によっては妊娠初期から息苦しいと感じる場合があり、妊娠後期には子宮による肺の圧迫があるため、妊娠中からいつからいつまで影響が出やすいと断言することができない症状である点もつらいと感じる人が多い理由のひとつなのかもしれません。 仕事や家庭の忙しさにより、携帯用の酸素吸入器(酸素ボンベ)などを使用して息苦しさに対処する方もいるようですが、酸素中毒になる可能性もあるため、使用する際には必ず医師に相談しましょう。 息苦しさにより胸焼けを感じたり冷や汗が出たりする人もいるため、可能な限りは異常を感じたら無理せず安静にしましょう。 自分なりの対処法を見つけられると良いですね。

次の

妊婦の貧血症状は?妊娠後期や臨月はなりやすいの?妊娠中の対策は?

妊娠8ヶ月 貧血

鉄分を多く含む食品に関しては何人もの方が回答しているとおりなので、ここでは書きませんが、それ以外で注意してもらいたいことを・・ 鉄は体に吸収しづらいという特徴をもっています。 さらに、たんぱく質、ビタミンCと一緒にとると吸収がよくなり、お茶やコーヒー(タンニン)と一緒にとると吸収が悪くなるという特徴もあるので、食事の時に気をつけてください。 お茶やコーヒーは食後すぐではなく、しばらく時間をあけてとるようにすると吸収のさまたげにはなりません。 理想はお茶(緑茶)とコーヒーを少なくして、麦茶やほうじ茶にする。 くだものを意識してとる。 ことでしょうか? あと、鉄分を多く含む食品の中には脂肪分、カロリーの高いものもあります(レバーや卵、などたんぱく質のもの)吸収がいいので、多くとってもらいたいところなんですが、妊娠後期になってくると体重管理もあり、なかなかむずかしいところですよね。 ですので、そういった場合にはサプリも併用するといいと思います。 もちろん果物などのビタミンと一緒に・・ サプリの過信は困りますが、補助として飲むのも手だと思います。 長文失礼しました。 こんにちは。 鉄分を多く含む食材と言うことですが、私が参考にしているレシピから列挙しますと、 ・ほうれん草、小松菜 ・干しひじき ・切り干し大根 ・大豆、きな粉、油揚げ、納豆 ・ワカサギ、スズキ、マグロ、カツオ ・あさり、しじみ、カキ ・牛、豚、鶏レバー とあります。 私も妊娠中は貧血で鉄剤を服用しましたが、同時に食生活も見直しました。 授乳中の今も毎日、お魚、青菜 ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、ダイコン菜など 、大豆食品は欠かしません。 レバニラもよく作って食べています。 水で戻したひじき・ちりめんじゃこ・千切りしたニンジンを、お米と昆布と一緒に炊き上げます。 水はお米1カップに対し1. 25カップ 炊き上がったものに、ゆでて細かき刻んだ小松菜を混ぜれば、栄養たっぷりのご飯の出来上がりです。 お昼におにぎりにして食べるのも良いですよ。 貧血で鉄剤を2週間分処方されました。 2つお聞きしたいのですが、 胃のムカムカは飲んですぐになりますか? 処方時にムカムカが出ることがあるので強いときは連絡下さい といわれました。 飲んで2日ぐらいはなんともなかったのですが、 昨日から服用後1時間半から2時間後、胃のムカムカが強く気持ち悪いです。 お腹が大きくなったためか、鉄剤によるのか良くわかりません。 また、飲みきって受診したらまた血液検査をするのでしょうか? 産婦人科には主人が休みの曜日に車を出してもらい通っていますが、ちょうど薬がなくなる2週間目が臨時休診で、3週目に予約を取りました。 よく考えたら、鉄材の再評価をするかもしれないので、 タクシーででもその週の内に行ったほうがいいのか気になってきました。 経験者の方どうかアドバイスお願いします。 A ベストアンサー 同じ時期に処方されましたよ。 (今39週です) 1、胃のムカムカは私の場合、赤ちゃんに胃を圧迫されまくっていたので8ヶ月辺りからツワリの様に続いてました。 薬を飲んでも特に変わらなかったです。 時期もあるのではないでしょうか。 下がるまでずーっと苦しかったです。 2、その後検査は受けていません。 もらって終わりでした。 そもそも。 薬嫌いで飲んでなかったんです。 ホウレン草やらひじきやら『鉄分』を取りまくってました。 が、看護婦の叔母に聞いたら 『出産の時に血液が止まらなくなるからのんでおいたほうがよい。 その時期に処方される人、多いから大丈夫』 と教えてもらい、飲むようにしました。 唯一、気になったのは便が黒っぽくなる事。 でしたよ。 あと、お茶と飲まない様にと言われてたのですが麦茶と飲んだ・・。 出産もうすぐですね。 赤ちゃんを信じてがんばりましょうね。 A ベストアンサー こんにちは。 9ヶ月に入った妊婦です。 私の場合、それほどひどい貧血ではなく、薬を飲むほどではなかったのですが、 立ちくらみなどがひどく、出先で立ちくらみになると周りに心配をかけるし辛かったです。 そこで、サプリにも手を出しましたが、食べ物をいろいろ考えました。 プルーン、レバー、ひじき、青菜類など取り入れています。 鉄分はタンパク質と一緒にとると吸収がいいそうで、 ・ひじきと大豆の煮物 ・春菊の白和え ・プルーンとヨーグルト など、組み合わせて摂っています。 また、レバーは元々タンパク質も一緒ですよね。 スーパーで焼き鳥になっているレバーを良く買いますが、 特にお気に入りなのは、朝の情報番組を見て作ったレバーペーストでした。 レバーが苦手でなければ試してみてください。 Q 疲れやすいのか、怠け癖がついたのか・・・ こんにちは。 私はもうすぐ妊娠5ヶ月に入る妊婦です。 初めての妊娠です。 仕事はフルタイムで朝9時~夜7時までです。 そのときの怠け癖がついてしまっているのか、単に疲れやすいのかわかりませんが、仕事から帰ってきても食事を作るのが本当に億劫です。 食器を洗うのも、お風呂に入るのも、何でこんなにだるいんだろうと思います。 ちなみに朝はちゃんと起きられますし、朝食・洗濯物干しなど割とテキパキします。 仕事中もキビキビ動けます。 でも、仕事から帰ってくるともう体が重たくてたまりません。 妊娠すると疲れやすいとか、眠くなりやすいとか聞くことがありますが、私の場合ずーっと一日中疲れているわけでもないので自分ではその判断がしづらく、単に甘えているのではないかと思うこともあります。 つわりは終わったのに、夕食はお惣菜率が高くて夫にも申し訳ないです。 お惣菜が多くても文句言わずに食べてくれるので、ますます悪いなぁと。 全く動けないほどだるいわけではないので、単に甘えて怠けているだけなのかもしれません。 夫に、家事を手伝ってとか、自分の出したものは片付けてとか言いたいときもありますが、私が怠けているだけかもしれないと思うと言えません。 皆さんはどうでしたか? 疲れやすいというのはやはりあるのでしょうか? 体験談など聞かせていただけると嬉しいです。 疲れやすいのか、怠け癖がついたのか・・・ こんにちは。 私はもうすぐ妊娠5ヶ月に入る妊婦です。 初めての妊娠です。 仕事はフルタイムで朝9時~夜7時までです。 そのときの怠け癖がついてしまっているのか、単に疲れやすいのかわかりませんが、仕事から帰ってきても食事を作るのが本当に億劫です。 食器を洗うのも、お風呂に入るのも、何でこんなにだるいんだろうと思います。 ちなみに朝はちゃんと起きられますし、朝食・洗濯物干し... A ベストアンサー 現在妊娠8ヶ月、フルタイム勤務主婦です。 私も質問者様と同じく、朝起きて普通に会社に行き、 仕事も普通にしていましたが夕方になるとなぜか言いようのない 倦怠感におそわれ、食事の準備などが本当に億劫でした。 周囲に妊娠報告をしてからは何かとちやほやされていたので 私も「ちょっと怠け癖がついたかな~やろうと思えばできなくもないんだし」 と思っていましたが、 妊娠6ヶ月のある日、突然出血。 病院に行ったら「切迫早産」と診断されました。。。 現在は絶対安静で仕事を休んでいます。 もうすぐ産休に入るのに引継ぎとかどうしよう。。。 と焦る日々ですが。 質問者様の場合、すでに切迫流産を経験されていることから 決して甘くみてはいけないと思います! 何かのシグナルではないですか?お腹の張りとか感じませんか? おりものとか多くないですか?? 私も始めての妊娠なので「倦怠感」・「お腹の張り」・「おりものの状態」が 異常なのか、妊婦にはよくあることなのかの区別がつきませんでした><。。。 妊娠なんて一生でそう何回もあることではないですし 大切な命に関わることなんだから甘えるだけ甘えちゃっていいと思いますよ!! 絶対に無理しちゃだめです。。 現在妊娠8ヶ月、フルタイム勤務主婦です。 私も質問者様と同じく、朝起きて普通に会社に行き、 仕事も普通にしていましたが夕方になるとなぜか言いようのない 倦怠感におそわれ、食事の準備などが本当に億劫でした。 周囲に妊娠報告をしてからは何かとちやほやされていたので 私も「ちょっと怠け癖がついたかな~やろうと思えばできなくもないんだし」 と思っていましたが、 妊娠6ヶ月のある日、突然出血。 病院に行ったら「切迫早産」と診断されました。。。 現在は絶対安静で仕事を休んでいます。 もうすぐ... A ベストアンサー 現在、予定日を目前に控えた妊婦です。 たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。 まさに膣が刺さるような痛み。 膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。 そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。 妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。 先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。 まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。 診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。 donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら? お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。 A ベストアンサー 現在臨月の2人目妊婦です。 1人目のときも吸っていましたし、2人目の現在も吸っています。 よくタバコが早産に繋がるといいますが、1人目のときは早産どころか予定日を1週間以上過ぎても出てこず、誘発で出産しました。 体重はごく普通。 現在3歳を過ぎましたが、私の病気の遺伝以外は元気元気です。 2人目は、明日で37wですが順調そのものです。 推定体重もごく普通といったところ。 タバコの量は、1人目の時はマイルドセブンを1日1箱、2人目はマイルドセブンのスーパーライトを1日1箱です。 私が通っていた産院では、「タバコはやめろとは言わないけど本数は減らしてね」という感じでしたので、1人目のときは1日2~3箱から1箱に減らしました。 そのため、1人目を産んだ産院では喫煙している妊婦さんを結構見かけました。 妊娠中に限らず吸わない方がいいのは判っているんですが・・・。 やめられるならやめた方がいいとは思います。 せめて本数を減らすよう心がけるとか・・・。 私自身が吸っているので説得力はないと思いますが(汗) A ベストアンサー 私も規則的な張りが陣痛の始まりでした。 初めに気づいたのが10分間隔。 もしかして、と思ったのでお風呂入ってシャンプーしてました 笑 それが朝の4時半頃で、とりあえず病院に行こうと思ったのが7時半。 その頃には5分間隔で、痛みはお腹を壊した時のような感じだったと思います。 実際、汚い話で恐縮ですが下痢気味だったのもあったのかも知れませんが^^; 病院に着いたのが8時で、その頃には間隔は3分無かったです。 お腹が痛いと言うよりは腰が酷くて・・・ 苦しいって感じだったと思います。 でもそこから生まれるまで9時間半掛かりました。 初産婦ですぐ生まれると言うことはあまりありませんが、 病院に一度電話してみた方が良いと思いますよ! いよいよですもんね! 焦る気持ち、よく分かります。 妊娠8ヶ月のものです。 私も初期のつわりでは点滴を受けたりしましたが、「安定期」といわれる頃から楽になり、友達とのランチやプチ旅行も楽しんでいました。 ところが、妊娠17週の頃から再びムカムカする様になり、次第に吐いたり胃が痛くなったりするようになり……(汗)。 お医者さまには、子宮が大きくなるに連れて、今度は胃腸が圧迫されるための消化不良がおこると言われました(臨月になると赤ちゃんが下がって来て再び食べられるようになるそうです)。 一回の食事量を控えめにして回数を増やすと良いと言われ、私は消化の良いものを少なめずつで1日4食にすることで少し楽になりました。 また、疲労がたまると吐き気も強く感じるので、大事な用事の後には敢えて「休養日」を設定したりしています。 他の皆さんもおっしゃる通り、気がまぎれることをしているとつわりを意識せずにすむ気がするので、負担にならない程度の楽しい予定は良いかもしれませんね。 などが挙げられます。 Q 生後1ヶ月半の赤ちゃんを連れての外食について。 新米ママです。 相談させて下さい。 私達夫婦は旦那の両親とすごく近所に住んでいて毎週の様に一緒に外食しています。 赤ちゃんが産まれたらせめて3ヶ月位は外食は無理かな と私は思っていました。 ですが先日1ヶ月検診も無事終わり、お宮参りに義両親たちと行ったのですがその帰りに個室の懐石料理を予約してくれていたので行きました。 まぁお宮参りの帰りだしお祝いだし、と思ったので。 ですか先週も個室のお寿司やさんに誘われて、戸惑いつつも断りきれず行ってしまいました。 その時は2回ともオムツを替えてお腹いっぱいにして出掛けて、一応ミルクも持参しましたが泣くことは無くずっとおとなしく寝ていて迷惑はかけていなかったと思います。 まぁよく行く郊外の住宅地にある個人店で、高級住宅地でもないのに高い店なので他のお客さんはいつもほとんどいませんが。。 このことを実母に話したらかなり怒られました。。 外は色んなウイルスや菌がいるのにいくら個室でも外食は早すぎる!と。 正直私もそう思うのですが旦那の両親なので断りずらいです。 今まで毎週の様に外食していたのでこれからもお誘いがあると思います。 やはり断るべきでしょうか? 生後1ヶ月半の赤ちゃんを連れての外食について。 新米ママです。 相談させて下さい。 私達夫婦は旦那の両親とすごく近所に住んでいて毎週の様に一緒に外食しています。 赤ちゃんが産まれたらせめて3ヶ月位は外食は無理かな と私は思っていました。 ですが先日1ヶ月検診も無事終わり、お宮参りに義両親たちと行ったのですがその帰りに個室の懐石料理を予約してくれていたので行きました。 まぁお宮参りの帰りだしお祝いだし、と思ったので。 ですか先週も個室のお寿司やさんに誘われて、戸惑いつつも断りきれ... そんなこと言ったら外出だって出来ませんよね。 実母さんが神経質なんだと思います。 食べたらダラダラお酒飲んでいないでさっさと帰るんでしょ? 周りに迷惑かからないように、寝かせておける個室で配慮してくれてるんでしょ? 実母さんは心配する気持ちより、娘が旦那の両親と仲がいいのに嫉妬してるんじゃないの? 私だって一緒に食事に行きたいのに!お宮参りだって連れて行ってもらいたかった!って。 初めての外食を向こうの両親に奪われて気に入らないんでしょう。 何かにつけて文句言ってきそうだから、なるべく義両親と何かした、って話はしないほうがいいと思いますよ。 義両親さんは、育児に行き詰まらないようにあなたを気分転換でせめて週末くらいは外食で、って 思ってるのかもしれませんしね。 これで、あなたは赤ちゃんとお留守番ね、ってダンナだけ誘われたら気分悪いでしょう? Q 一昨日の夜、夕飯の後にすごいお腹が張り出したんです。 最初は「食べ過ぎたかな?」くらいに呑気に思っていたんですが、だんだん痛みが増して下痢しそうな痛みに。 のたうち回るような痛みではありませんでしたが、無視できるほどの痛みでもなく、眠れませんでした。 そして一晩で3回ほど下しました。 痛みは一定で、下っても便意はおさまるものの、痛みには変化がありませんでした。 出血はしていません。 朝になると痛みがおさまり昼過ぎまで眠れたのですが、目が覚めても痛みがあったので急遽かかりつけの産婦人科で受診することに。 子宮が降りてきたり子宮口が開いたりの早産の症状はなく、便秘が悪化したものでは?と言うことで整腸剤だけ出されて終わりました。 そして昨晩帰宅して夜になるにつれ、また腹痛がひどくなってきました。 前日と同じく、数時間おきに下りました。 しかも今回は痛みがひどく、じっとしていられないほどに。 「助けて」と旦那を起こし、病院に電話しました。 そして、「昨日の診察で婦人科的な異常はなかったから胃腸から来る痛みだと思う。 そんなに痛いのならブスコパンと言う薬を出しましょうか?」と言われたのですが、幸い妊娠前にその薬をもらったことがあり、家にあったのでそれを飲みました。 すると、腹痛はだんだんおさまり救われました。 私のような経験がある方、いらっしゃいますか? 便秘から来る下痢とのことでしたが、妊娠前にも同じような感じになった事はあるものの、痛みがあっても何回か下ればおさまったし、眠れないほどの痛みになったり何日にも渡って痛みが続いたことなどなかったので驚いています。 大した症状じゃない割には本気で辛かったので、もう起こらないようにしたいですが、地道に食物繊維が多い食事をしたりお腹に良い食品をとるようにするしかないですかね? 一昨日の夜、夕飯の後にすごいお腹が張り出したんです。 最初は「食べ過ぎたかな?」くらいに呑気に思っていたんですが、だんだん痛みが増して下痢しそうな痛みに。 のたうち回るような痛みではありませんでしたが、無視できるほどの痛みでもなく、眠れませんでした。 そして一晩で3回ほど下しました。 痛みは一定で、下っても便意はおさまるものの、痛みには変化がありませんでした。 出血はしていません。 朝になると痛みがおさまり昼過ぎまで眠れたのですが、目が覚めても痛みがあったので急遽かかりつけの産婦人科... A ベストアンサー 胃腸の風邪ではないかと思います。 毎年冬になると、嘔吐と下痢の風邪がはやりますよね。 嘔吐と下痢は、同時に起こるとは限りません。 嘔吐だけの人もいるし、下痢だけの人もいます。 もし胃腸風邪にかかったら、無理に下痢を止めてはいけません。 ブスコパンは、痙攣を沈めて痛みを和らげる薬で、下痢止めではありません。 整腸剤は、腸の働きを整えるだけで、こちらも下痢止めではありません。 素人の私が言うのは変ですが、どちらも正しかったと思います。 便秘から来る下痢という診断が正しいのなら、便秘予防に努めれば防げると思います。 胃腸風邪でしたら、こまめな手洗いうがいで予防できます。 私は、6年前にノロが大流行した年に、子供からうつりました。 嘔吐も下痢もなかったのですが、激しい胃の痛みにジッと寝ていられませんでした。 当時上の子が2歳で、私自身寝てばかりもいられないので、胃を麻酔する薬を処方してもらい、 ようやく胃痛は治まりましたが、薬が切れると痛くてたまらなかったです。 そして去年の11月にも下の子(4歳)から胃腸風邪をもらって(今回はノロかどうか不明) 何度も嘔吐して、嘔吐が治まった翌日は激しい下痢でトイレから出られず・・ 汚い話で申し訳ないですが、そんな感じでした。 辛かったですが、3日間で回復しました。 胃腸がやられても、大抵の人は詳しく検査するまでもなく、数日で回復します。 そのために、正確な原因を特定することは難しいといわれています。 今回の本当の原因が何であれ、食物繊維の多い食事は健康的なので、 妊娠に関わらず、たくさん食べるのが良いと思います。 赤ちゃんが大丈夫で良かったですね。 お大事になさってください。 胃腸の風邪ではないかと思います。 毎年冬になると、嘔吐と下痢の風邪がはやりますよね。 嘔吐と下痢は、同時に起こるとは限りません。 嘔吐だけの人もいるし、下痢だけの人もいます。 もし胃腸風邪にかかったら、無理に下痢を止めてはいけません。 ブスコパンは、痙攣を沈めて痛みを和らげる薬で、下痢止めではありません。 整腸剤は、腸の働きを整えるだけで、こちらも下痢止めではありません。 素人の私が言うのは変ですが、どちらも正しかったと思います。 便秘から来る下痢という診断が正しいのなら、便秘...

次の