東海 大学 箱根 駅伝 2020 メンバー。 箱根駅伝2020優勝予想 東海大学の戦力分析

【箱根駅伝2020】東海大学のエントリーメンバーや選手のベストタイム!区間と当日の変更も!|オリンピック日本代表応援サイト

東海 大学 箱根 駅伝 2020 メンバー

2020年シーズンの東海大学駅伝メンバーを予想してみました! 昨シーズンは黄金世代最後の年で三冠も期待されましたが、優勝できたのは全日本大学駅伝のみ。 今年は黄金世代の穴を埋める必要があるため、厳しい戦いを強いられるでしょう。 ただ、4年生の 塩澤・名取・西田の三本柱が強力で、他の選手の成長次第では今年も優勝争いできると言われています、 そこで、予想した東海大学の三大駅伝メンバーおよび区間配置を紹介していきたいと思います。 今年のオーダー予想としては、昨年走った塩澤・市村・西田選手はそのまま走るとして、残り3人誰を選んでどこに配置するかが難しかったです。 まず1区は都大路で区間賞を獲ったことのある名取選手か駅伝に強い松崎選手のどちらかに託したいところです。 まあどちらが走っても外すことはなさそうなタイプなので安心できます。 そして一番悩んだかつ優勝を狙うための最重要区間は 2区だと思います。 最も短い区間で、トラックに強い東海大学としてはタイムを稼ぎたいところなのですが、今のメンバーを見るとあまり適任者が見当たりません。 そんな中で1人はまりそうなのが 飯澤千翔選手です。 飯澤選手は1500mで卒業した舘澤選手を破るなど、短い区間なら誰にも負けないポテンシャルがあると思っています。 ただ飯澤選手は昨年も走るかなと思っていたところ、駅伝メンバーに登録すらされなかったため、1500m専門で駅伝は走らないかもしれません。 そうすると、別の選手を起用しなければなりません。 別の選手を起用する場合は、今年の2区は我慢の区間になるかもしれませんね。 ただ昨年の半分は4年生の起用で、出雲よりも2人多く走らなければならないと考えるとやや今年は厳しい戦いになるかもしれません。 今年のオーダー予想としては、やはり全日本で三大駅伝デビューする選手は1人以上現れると思います。 私としては、 喜早駿介選手や 本間敬大選手あたりがデビューするのでは?と思います(2人とも出雲から出る可能性もあります)。 まず喜早選手は高校時代から駅伝での実績があることかつ10000m28分台であることから、大学でも早いうちから起用されるのではないかと思っています。 また本間選手はハーフで結果を出し始めており、長い区間でも対応できると思っています。 まあ2人ともやや長いつなぎ区間である5・6区あたりで使ってみたいですね。 また最短区間1区なら飯澤選手か昨年高校生ながら駅伝で安定感を見せた 石原翔太郎選手を起用してみたいと思いました。 新戦力の活躍もさることながら、4年生の三本柱が期待以上に走ることが連覇への必須条件かもしれません。 昨年4年生を6人起用したため、必然的に今年は育成の年になるでしょう。 ただ2・4・5区は強力で往路優勝ならできる可能性もあり、往路・復路のバランスをどうするか両角監督は頭を悩ませるでしょう。 今年のオーダー予想でも 往路重視としました。 2・4・5区を固定し、1区は昨年7区で好走だった松崎選手を起用し、3区は駅伝の実績なら市村選手、適正やバランス等を踏まえると喜早選手を起用したいと考えました。 まあ3区まで首位と1分半の差なら名取・西田選手で逆転して往路優勝できる可能性があると考えられるでしょう。 復路はほとんど箱根未経験者となり、ひたすら耐えられることになるかもしれません。 そんな中で1人、 竹村拓真選手に期待したいです。 竹村選手は昨年も16人のエントリーメンバーには入り、5区の控えという噂もあった選手です。 今年は遊行寺坂のある8区を任せ、来年以降5区を走る足がかりとなるような結果を期待したいです。 まとめ 東海大学は今年の三大駅伝で一番優勝を狙いやすいのは 出雲駅伝だと思います。 4年生3人+市村・松崎選手で残り1人揃えればよいので、6人目の選手が無難に走ってくれれば優勝できるのではないか?と現時点で私は思っています。 黄金世代が卒業し、今年は厳しい戦いを強いられるかもしれませんが、新たなスター選手を発掘できるかもしれないので、調子のよい下級生を積極的に起用してほしいです!.

次の

【箱根駅伝2020】自己ベスト付 エントリーメンバー16名・シード10校

東海 大学 箱根 駅伝 2020 メンバー

52 1. 03 郡司 陽大 4 栃木県 那須拓陽 29 : 01. 67 1. 07 小松 陽平 4 北海道 東海大四 28 : 35. 63 1. 09 1. 89 1. 14 西川 雄一朗 4 兵庫県 須磨学園 28 : 30. 87 1. 42 羽田 智哉 4 愛知県 豊川 30 : 14. 08 1. 34 松尾 淳之介 4 秋田県 秋田工業 28 : 37. 95 1. 17 塩澤 稀夕 3 三重県 伊賀白鳳 28 : 16. 17 鈴木 雄太 3 神奈川県 東海大相模 29 : 21. 82 1. 06 名取 燎太 3 長野県 佐久長聖 29 : 26. 60 1. 44 西田 壮志 3 熊本県 九州学院 28 : 58. 15 1. 27 米田 智哉 3 大阪府 大阪 29 : 19. 07 1. 10 市村 朋樹 2 埼玉県 埼玉栄 30 : 28. 03 1. 53 竹村 拓真 1 秋田県 秋田工業 29 : 56. 03 1. 28 松崎 咲人 1 長野県 佐久長聖 29 : 29. 56 1. 11 学年構成 学年 人数 構成比 4年 8名 50. 山下りのスペシャリストである中島怜悧選手の欠場は痛いですが・・・、それでも優勝メンバー7名が残り、名取選手&塩澤選手の3年生コンビ・出雲駅伝、全日本大学駅伝出場の市村選手・上尾ハーフで1:02. 11をマークした松崎選手がメンバー入りと強力なメンバーが揃いました。 連覇の可能性は高いと思います。 メンバーもれ有力選手 学年 氏名 4年 中島 怜悧 4年 關 颯人 關颯人選手のメンバーもれは予想の範疇でしたが、3年連続山下りで安定した実績を残している中島怜悧選手の欠場は痛いですね。 中島怜悧選手が走れば58分~58分30秒を計算できますが、中島選手以外の選手が走るならば59:30秒で区間10位以内で走れれば上出来だと思います。 6区の1区間だけで1分~1分30秒は今年よりも悪くなることが予想されます・・・。 關颯人選手も出雲駅伝前ので5000m14分00秒35で走っていて、足に不安があるものの今後の調整状況によっては五分五分で走れたと思います。 不安要素のある選手を16名のチームエントリーに入れなくてもよいくらい選手層が厚いと言えます ストロングポイント 前回優勝メンバー7名が健在 なんといっても 今年の優勝メンバー7名が健在だという事は最大のストロングポイントです。 2019年第95回大会オーダー 区間 氏名 1区 鬼塚 翔太 3区 西川 雄一朗 4区 館澤 亨次 5区 西田 壮志 7区 阪口 竜平 8区 小松 陽平 10区 郡司 陽大 新戦力の台頭 そして 上記優勝メンバー7名に勝るとも劣らない新戦力の台頭があります。 氏名 学年 記録 特徴 松尾 淳之介 4年 1. 17 全日本大学駅伝出場。 調子は上向き 名取 燎太 3年 1. 44 全日本大学駅伝優勝の立役者・ハーフだは一番強いと思う 塩澤 稀夕 3年 28 : 16. 17 現チーム10000m最速・出雲駅伝、全日本大学駅伝出場 市村 朋樹 2年 1. 53 出雲駅伝、全日本大学駅伝出場。 上尾ハーフで62分53秒をマーク 松崎 咲人 1年 1. 11 上尾ハーフで62分11秒をマークし1年生最速 上記5名は箱根駅伝出場の可能性が高いでしょうね。 出場ボーダー線上の選手も強力 下記4名も ハーフマラソン1:03分台の実力者揃いです 氏名 学年 記録 羽田 智哉 4年 1. 34 鈴木 雄太 3年 1. 06 米田 智哉 3年 1. 10 竹村 拓真 1年 1. ハーフマラソン1. 06-1. 34の選手が4名と強力です。 上記4選手の中に5区山登りのリザーブ、6区山下り候補の選手がいる可能性もあると思います。 ウイークポイント 3年連続6区山下りで好走している中島怜悧選手の欠場により 6区の1区間だけで1分~1分30秒は今年よりも悪くなるでしょうね。 中島怜悧選手:6区実績 学年 記録 区間順位 3年生時 58:06 2位 2年生時 58:36 2位 1年生時 59:56 8位 感想• 前回優勝校にふさわしい陣容と言えます。 厚い選手層のため不安要素のある選手を16人のチームエントリーから外せるのはさすがです。 駅伝シーズンを故障で欠場していた館澤亨次主将が16人のチームエントリーに間に合ったのは朗報です。

次の

箱根駅伝2021の戦力分析!青山学院大1強となるのか?追う東海大など有力校の戦力は?

東海 大学 箱根 駅伝 2020 メンバー

関颯人がエントリーメンバーに選ばれなかった理由 箱根駅伝2020・エントリー選手メンバーから、東海大4年・関颯人(せき はやと)選手がメンバー外となり、駅伝ファンの間で話題になっています。 東海大・関颯人選手(4年)は、長野県茅野市生まれで、佐久長聖高校(長野県)出身です。 全国高校駅伝でエース区間の1区・区間賞(3年時)を獲得するほど、高いポテンシャルを持っていました。 東海大学入学後も、1年生時から三大駅伝で起用されるスーパールーキー。 箱根駅伝2019では、エントリーされるものの、当日変更で補欠になる悔しい思いをしました。 だからこそ、 箱根駅伝2020では 大学4年間の思いをぶつけるものと思っていた 矢先のメンバー外という知らせ。 いったい、なぜ…。 箱根駅伝2020にエントリーできるのは、全10区間+補欠選手の16• 東海大は関颯人選手以外にも故障明けの選手がいる• 東海大・両角監督はチーム全体を見て戦術を考えなくてはいけない 箱根駅伝でエントリーできる選手は、全10区間と補欠選手6名を加えた16名になります。 東海大・両角速(もろずみ はやし)監督は、選手たちの状態を見ながらベストメンバーを選ばなくてはなりません。 さらに、王座奪回を目指す青山学院大学や東洋大学といった強力なライバルとの駆け引きもあります。 箱根駅伝は、学生駅伝の夢の舞台。 選手たちは、オーバーワーク気味になりながらも、厳しい練習を積んで臨みます。 東海大にあっても、状態のいい選手と実績・能力のある選手のどちらを選ぶか監督は頭の痛いところです。 故障明けで不安の多い東海大・関颯人選手を起用するか、 はたまたもっとコンディションのいい選手を使うか。 あるいは、 東海大・関颯人選手をメンバーに入れて青山学院大学や東洋大学への 牽制に使うか。 駅伝ファンの間でも、箱根駅伝2020エントリー選手メンバー発表前には様々な予想が飛び交いました。 東海大・両角監督の下した決断は、故障明けの東海大・関颯人選手ではなく、コンディションのいい選手を選んで盤石の布陣を組むことでした。 東海大4年・関颯人選手にとって、大学生活最後の箱根駅伝2020出場は叶いませんでした。 しかし、きっと素晴らしいチームメートが彼の分も活躍してくれることでしょう。 <箱根駅伝>• 1年生(2016年):2区・13位(1時間09分33秒)• 2年生(2017年):不出場• 3年生(2018年):不出場• 4年生(2019年):不出場 東海大・関颯人選手は、1年生から三大駅伝に出場するものの、 箱根駅伝は1年生の時だけとなっています。 2019年は、出雲駅伝と全日本大学駅伝の両方で不出場となっており、故障明けの東海大・関颯人選手を箱根駅伝2020で起用するのは簡単な決断ではありませんでした。 以上、 今回は東海大・関颯人選手(4年)が箱根駅伝2020エントリー選手メンバーからメンバー外となった理由と、過去の三大駅伝での成績についても紹介させていただきました。

次の