オウム 真理 教 漫画。 未解決事件 オウム真理教秘録

麻原彰晃を漫画で描くフランス人作家の信念

オウム 真理 教 漫画

目次はこちら• オウム真理教とは オウム真理教とは麻原彰晃を教祖とした仏教系の新興宗教です。 日本で唯一の最終解脱者で、空中浮遊を始め様々な超能力を使えると自称し、教団の勢力を拡大して行きました。 オウム真理教の修行中に死亡した在家信者の遺体を遺棄、証拠隠滅を行いました。 一部始終を目撃していた信者が脱会しようとすると殺害し、これをきっかけにオウム真理教は敵対する人物や集団を排除し始め一連のオウム真理教の事件が始まります。 その後、オウム真理教による政党(真理党)を結成し、教祖を含めて出馬するも1人も当選する事なく、最も得票の多かった麻原でさえ1,783票で惨敗してしまいます。 教団側は票が操作されたと主張し、これをきっかけにオウム真理教は武装化を始めオウム3大事件と呼ばれる無差別テロを引き起こしました。 一連の事件で29人が死亡し(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)負傷者は6000人を超えたと言われ、オウム真理教の教団内で判明しているだけでも5名が殺害され、死者・行方不明者は30名を超えています。 日本犯罪史において最悪の凶悪事件とも呼ばれ、オウム真理教は189人が起訴され首謀者である教祖の麻原彰晃を始め元幹部など13人の死刑判決と5人の無期懲役判決が執行されています。 現在は一連の事件を引き起こした責任が問われ解体されていますが、解体と同時に後継団体(主流派であるAleph(アレフ)、山田らの集団などと上祐派であるひかりの輪)を元幹部や元信者が立ち上げています後継団体の違いは麻原に対する帰依を公表しているか、麻原隠し(公表せず隠匿)しているかの違いで、 どちらもオウム真理教の教祖である麻原への絶対的帰依は変わりません。 オウム真理教という名が無き後も実質的な教団の活動は続いており、による監視・報告が続いています。 オウム真理教とは何だったのか オウム真理教の本当の狙いは世界征服でした。 当時、数千人前後の規模だったオウム真理教は世間からバッシングに合い、社会に弾圧されていると思い込み、現世人の魂を救済する事(ポア)をしなければならないと判断したのです。 そのためにオウム真理教に敵対する人や集団には手段を問わない、殺人さえも許されるタントラ・ヴァジラヤーナと呼ばれる教義を利用して、信者を洗脳(マインドコントロール)したのです。 無差別テロによって日本国家転覆を狙い、それを足がかりに世界征服を狙っていたのです。 東京上空からサリンを散布し、 東京都民の大量殺戮を狙ったテロは11月戦争と呼ばれ警察当局の強制捜査で未然に防がれました。 オウム真理教は、この11月戦争によって、日本を混乱に陥れ、米・露・朝の各軍隊による核戦争を誘発させ、核戦争終結後に日本を統治するというシナリオを実際に持ち、危うく実行に移される直前だった事は明らかとなっています。 わかりやすく簡単に説明すると オウム真理教は今で言うテロ組織です。 日本発のテロ組織では最大規模で、オウム真理教の活動が思い通りに進まない言い訳として教義(宗教)を利用したテロリズムです。 世界史的に見てもテロという言葉が世に浸透する前に、アルカイダやISILによるテロを先取りした集団だったと言われています。 オウム真理教の他に公安調査庁からマークされている日本のテロ組織はくらいでしょう。 まとめ.

次の

なぜオウム真理教に?元信者が入信のきっかけを語る「僕がオウムと接点を持ったのは”朝まで生テレビ”に出演してたあたり」

オウム 真理 教 漫画

目次はこちら• オウム真理教とは オウム真理教とは麻原彰晃を教祖とした仏教系の新興宗教です。 日本で唯一の最終解脱者で、空中浮遊を始め様々な超能力を使えると自称し、教団の勢力を拡大して行きました。 オウム真理教の修行中に死亡した在家信者の遺体を遺棄、証拠隠滅を行いました。 一部始終を目撃していた信者が脱会しようとすると殺害し、これをきっかけにオウム真理教は敵対する人物や集団を排除し始め一連のオウム真理教の事件が始まります。 その後、オウム真理教による政党(真理党)を結成し、教祖を含めて出馬するも1人も当選する事なく、最も得票の多かった麻原でさえ1,783票で惨敗してしまいます。 教団側は票が操作されたと主張し、これをきっかけにオウム真理教は武装化を始めオウム3大事件と呼ばれる無差別テロを引き起こしました。 一連の事件で29人が死亡し(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)負傷者は6000人を超えたと言われ、オウム真理教の教団内で判明しているだけでも5名が殺害され、死者・行方不明者は30名を超えています。 日本犯罪史において最悪の凶悪事件とも呼ばれ、オウム真理教は189人が起訴され首謀者である教祖の麻原彰晃を始め元幹部など13人の死刑判決と5人の無期懲役判決が執行されています。 現在は一連の事件を引き起こした責任が問われ解体されていますが、解体と同時に後継団体(主流派であるAleph(アレフ)、山田らの集団などと上祐派であるひかりの輪)を元幹部や元信者が立ち上げています後継団体の違いは麻原に対する帰依を公表しているか、麻原隠し(公表せず隠匿)しているかの違いで、 どちらもオウム真理教の教祖である麻原への絶対的帰依は変わりません。 オウム真理教という名が無き後も実質的な教団の活動は続いており、による監視・報告が続いています。 オウム真理教とは何だったのか オウム真理教の本当の狙いは世界征服でした。 当時、数千人前後の規模だったオウム真理教は世間からバッシングに合い、社会に弾圧されていると思い込み、現世人の魂を救済する事(ポア)をしなければならないと判断したのです。 そのためにオウム真理教に敵対する人や集団には手段を問わない、殺人さえも許されるタントラ・ヴァジラヤーナと呼ばれる教義を利用して、信者を洗脳(マインドコントロール)したのです。 無差別テロによって日本国家転覆を狙い、それを足がかりに世界征服を狙っていたのです。 東京上空からサリンを散布し、 東京都民の大量殺戮を狙ったテロは11月戦争と呼ばれ警察当局の強制捜査で未然に防がれました。 オウム真理教は、この11月戦争によって、日本を混乱に陥れ、米・露・朝の各軍隊による核戦争を誘発させ、核戦争終結後に日本を統治するというシナリオを実際に持ち、危うく実行に移される直前だった事は明らかとなっています。 わかりやすく簡単に説明すると オウム真理教は今で言うテロ組織です。 日本発のテロ組織では最大規模で、オウム真理教の活動が思い通りに進まない言い訳として教義(宗教)を利用したテロリズムです。 世界史的に見てもテロという言葉が世に浸透する前に、アルカイダやISILによるテロを先取りした集団だったと言われています。 オウム真理教の他に公安調査庁からマークされている日本のテロ組織はくらいでしょう。 まとめ.

次の

オウム真理教 性事情がヤバい?麻原彰晃の愛人・ダーキニー実態とは…

オウム 真理 教 漫画

オウム真理教の教祖・麻原彰晃の性癖が異常… 愛人に強要したプレイがエグすぎる… 麻原彰晃の性癖が異常だった オウム真理教の教祖としてたくさんの事件を起こし、 被害者を出した麻原彰晃は教団の中で 自分の愛人軍団・ダーキニーなるものを30人以上作り、 大奥のようなハーレムを作っていたようです。 麻原彰晃はダーキニーとの性行為を左道イニシエーションと呼び、 「若い女性を高い次元に導いてやるために 最終解脱者の自分が義務として施さなければならない」 との理由で行っていたそうです。 そこから知れる麻原彰晃の性癖が異常でした。 麻原彰晃のタイプは若い女性!? 麻原彰晃の好みのタイプは女優の秋吉久美子さんのような人で 若く、丸顔で髪の長い女性がタイプだったようです。 若いというと20代前半と思いがちですが、 なんと10代の未成年の美女を好んでダーキニーにしていたそうです。 麻原彰晃は若い女性を求める理由をこのように言っていたようです。 「仙道の教えには房中術というのがある。 つまり、若い女からエネルギーをもらうことだ。 あの毛沢東も若い女を常に傍らに置いていた。 私も人類を救済するために、つねにエネルギーを満たしていなければならない。 だから若い女性が必要なので。 25歳以上はダメだぞ。 逆にエネルギーを吸い取られてしまう」 しかも、ダーキニーになる為には 麻原彰晃に抱かれた際に処女である必要があったそうです。 10代の少女たちが麻原彰晃に抱かれていたと思うと胸が痛いですよね。 しかし、ロリコンで処女への執着も十分に異常ですが、 麻原彰晃にはさらに変態的な性癖がありました。 ダーキニーにエッチな下着を強要していた? 麻原彰晃はダーキニーたちにとんでもない奉仕を強要していました。 どうやら麻原彰晃はエッチな下着が好きらしく、 ダーキニーになると麻原彰晃からエッチな下着の買い物を 命じられるんだそうです。 東京にはダーキニーご用達のランジェリーショップまであったんだとか…。 特権により運転手付きのベンツのリムジンの乗車を許されたダーキニーたちは 彼女たちはリムジンで東京に赴き、麻原彰晃から指示された 下着を買い漁っていたそうです。 実際にその下着を見た幹部は 「浴室の物干し場に下着が干してあったんだよ。 それがな、相当に性欲をそそるようなスケベパンティなんだ」 と話していたそうです。 麻原彰晃の身の毛もよだつ性癖 それだけでなく麻原彰晃の異常な性癖には 女性の陰毛をコレクションにするという驚愕なものもあったようです。 女性信者の陰毛を名前のラベルを付けた小瓶に入れて保管していたようです。 押収された小瓶は100本近くあったとされており、 麻原彰晃の異常さを感じますね。 さらに、神の血液を与える神聖な儀式として、 ダーキニーに精子を飲ませていたようです。 愛人同士で麻原の精液を口移しさせるなどの変態プレイも強要してたようです。 正直可哀想だなとも思いますが、 憧れの教祖様にお近づきになれるとダーキニーたちは 自分たちが愛人である事を誇りに思い、 他の女性信者に対して優越感すら感じているようだったそうです。 娘をダーキニーにされた親は何を思っていたのでしょうか。 娘が麻原彰晃に犯されることすら喜びだと思ってしまうほどに 洗脳されていたのでしょうね。 このような宗教が今後発足しないことを祈ります。

次の