銀行 振込 手数料。 内国為替

振込関係

銀行 振込 手数料

例え自分の名義でも、銀行や支店が違えば自動的に取られてしまう振込手数料。 できるだけ安く済ませたいところだが、銀行や振込方法、宛先など、状況によって細かく料金が分けられ、わかりにくいところが厄介だ。 そこで、この記事では、銀行や状況ごとの振込手数料を比較してみる。 シチュエーション別に変わる振込手数料の比較 振込手数料は、振り込む金額や方法、他行の口座に振り込む場合など、状況によって金額が変わる。 さまざまなシチュエーションの振込手数料を比較してみよう。 他行への振込手数料を比較 同じ銀行同士でやり取りをするより、ほかの銀行への振り込みする時のほうが手数料は高くなるのが一般的だ。 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を比較してみると、ATMでカードを使って3万円未満の振り込みをする場合、最も安く他行に振り込めるのはみずほ銀行と三井住友銀行。 その手数料は、どちらも1件あたり216円だ。 振込手数料が比較的高くなる法人口座でも無料で振り込む方法 法人口座は、振込手数料も個人口座よりも高くなる銀行が多い。 ネットバンクであれば、法人口座でも無料で振り込めるところもある。 GMOあおぞらネット銀行やイオン銀行は、同じ銀行への振込手数料はかからない。 振込手数料比較! 窓口でも安い銀行は? 3万円以上の振込を窓口ですると、都市銀行では864円かかる。 3万円未満なら、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行は648円で振り込める。 ネット銀行の振込手数料は比較的安い ネット銀行は、同じ銀行の口座間での振り込みなら手数料がかからないところもある。 他行宛てでも300~400円程度でできるところが多く、都市銀行などと比べても振込手数料は安い。 振込手数料の比較、コンビニATMの場合は? 振り込みはコンビニに設置されているATMでもできるが、手数料は銀行のATMと同じくかかる。 各銀行の定めた手数料の違いはあるが、コンビニによる違いはほぼない。 色々な銀行の振込手数料一覧 ここで、いくつかの都市銀行とネット銀行の振込手数料一覧へのリンクを貼っておく。 細かい違いを比較してみよう。 例えば、ほかの銀行は3万円を境に振込手数料が変化するのに対し、ゆうちょ銀行は5万円から手数料が切り替わる。 このような、ゆうちょ銀行ならではの振り込み手数料の特徴を紹介しよう。 【参考】 振込手数料の比較、ゆうちょ銀行と都市銀行はどっちが高い? ゆうちょ銀行と都市銀行の振込手数料を比較してみると、ほぼ横並びであまり変わりない。 ただし、先述した通りゆうちょ銀行は5万円から手数料が高くなるため、3万円以上5万円未満の金額を振り込む場合には、ゆうちょ銀行がお得といえる。 ATM振込手数料はゆうちょ銀行同士なら無料の場合も ゆうちょ銀行同士での振替は、ATMなら月1回無料。 ゆうちょダイレクトを利用すれば、月5回まで無料でできる。 振込手数料はゆうちょ銀行のコンビニATMを使うとどうなる? ゆうちょのATMが設置されているファミリーマートであれば、ゆうちょ銀行の口座からの振込ができる。 振込手数料は、郵便局に置いてあるATMと変わらない。 振込手数料は、ゆうちょダイレクトを使うと安くなる? ゆうちょダイレクトでの振込は、ゆうちょ同士なら月5回までは無料で、6回目以降は113円となる。 他行宛ての場合は、5万円未満なら216円、5万円以上なら432円だ。 【参考】 振込手数料が安いのはゆうちょ銀行、みずほ銀行どっち? ゆうちょ銀行とみずほ銀行の他行宛て振込手数料を比較してみると、手数料自体はどちらもほぼ変わらない。 ただ、先述の通りゆうちょ銀行は料金の切り替えが5万円からのため、3万円以上5万円未満であれば、ゆうちょ銀行のほうが安く振込できる。 振込手数料は、ゆうちょ銀行のATMを土日に使うと平日より高くなる? ゆうちょ銀行のATMで振込をした場合、土日でも手数料は平日と変わらない。 振込手数料を無料にしたいならゆうちょダイレクトがおすすめ ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホ、電話などから口座の照会や振り込みなどができるサービスだ。 ゆうちょ銀行間なら、月5回までは無料で振り込みできる。 振込手数料がかからない方法は、ネット銀行を使うこと! ネット銀行なら、他行宛てでも条件付きで振込手数料を無料にできるところは多くある。 ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、無条件で月1回まで無料で他行へ振り込みできる。 さらに、Visaデビットカードやクレジットカードを作ることで、月3回まで無料となる。 【参考】 振込手数料は1回数百円程度とはいえ、積み重なれば出費も大きくなる。 できるだけ安いところを利用したり、無料で振り込みできるネット銀行を使ったりして、上手に振込手数料を節約してほしい。

次の

銀行振込手数料比較(無料の銀行)

銀行 振込 手数料

視覚障がい等でATMのご利用が困難なお客さまからお申し出があった場合は、「ATM当行カード」扱いの振込手数料を適用いたします。 10万円を超える現金でのお振り込みは、ATMでお取り扱いできません。 10万円を超える現金をお振り込みいただく場合は、本人確認書類をご用意のうえ、窓口をご利用ください。 「当行同一店内」振込とは、お客さまが振込手続きをする支店(支店内に設置されているATMを含む)と振込相手先の支店が同一であることを指します。 (例)振込相手先が当行本店営業部の口座の場合、本店営業部の窓口またはATMで振込手続きをする場合を「当行同一店内」振込としてお取り扱いいたします。 本支店と当該本支店の出張所間の振り込みは、「当行他店あて」としてお取り扱いいたします。 サービス時間内は原則即時振込扱いとなりますが、振込先金融機関または受取人口座によっては翌営業日扱いとなります。 ATM当行カードによるお振り込みでの「個人のお客さま」には個人事業主の方を含みます。 (ただし、法人キャッシュカードによるお振り込みは対象外です)• 過去1年以内にATMでの振込実績がないご高齢のお客さまは、振り込め詐欺被害防止の観点から、当行カードでの振込手続きができない場合があります。 詳しくは窓口までご相談ください。 阿波銀行・百十四銀行・四国銀行・広島銀行・山陰合同銀行のキャッシュカードをご利用のお客さまへ• 平日8:00~8:45、平日18:00~21:00、土・日・祝日にお振り込みをご利用いただく場合、振込手数料とは別に110円の手数料が必要となります。 他行(阿波銀行・百十四銀行・四国銀行・広島銀行・山陰合同銀行を除く)のキャッシュカードをご利用のお客さまへ• 平日8:45~18:00にお振り込みをご利用いただく場合、振込手数料とは別に110円の手数料が必要となります。 平日8:00~8:45、平日18:00~21:00、土・日・祝日にお振り込みをご利用いただく場合、振込手数料とは別に220円の手数料が必要となります。

次の

振込手数料|手数料一覧|伊予銀行

銀行 振込 手数料

最長のご利用時間を記載しています。 店舗・提携金融機関等によっては、お取引内容、ご利用可能日、ご利用時間が異なります。 きらぼし銀行のカードでは平日9:00~18:00まで硬貨でお引出し・お預入れいただけます。 都市銀行・地方銀行・第二地方銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・イオン銀行・JAバンク(農業協同組合)・JFマリンバンク(漁業協同組合)のキャッシュカードでお振込いただけます。 ただし、法人カード(地方銀行を除く)はご利用いただけません。 平日8:00~18:00以外の時間帯は、現金でのお振込はご利用いただけません。 平日の15時以降・土・日・祝日のお振込は翌営業日扱いとなります。 ゆうちょ銀行・イオン銀行・東日本銀行の個人キャッシュカードでお預入れいただけます。 手数料金額 当行同一店宛 当行本支店宛 他行宛 自動送金サービス 3万円未満 無料 110円 440円 3万円以上 110円 220円 550円• ・ATMでは10万円を超える現金振込はご利用いただけません。 ・お振込手続を行ったATMと受取人口座の店舗が同一の場合に「当行同一店宛」の振込手数料となります。 ・きらぼし銀行・東日本銀行のキャッシュカードによる両行間のお振込は、「当行本支店宛」と同額の振込手数料となります。 ・地方銀行とのATM提携に基づき、当行カードおよびATM提携地方銀行(常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、横浜銀行、山梨中央銀行)のカードにより、当行ATMからATM提携地方銀行宛にお振込みする場合、振込手数料は「当行本支店宛」と同額になります。 ・都度発行・・・申込の都度発行する場合に対象となります。 ・また、お取引の有無に関わらず、お客さまが指定された取引対象日が属する月数の累計です。 (例:お客さまが指定された取引対象日が4月15日~6月15日で、5,6月にお取引がない場合についても、4~6月の3ヵ月分の手数料をいただきます。 ) ・国民年金保険料支払証明のための取引移動明細書は無料発行となります。 ただし、磁気カードからICキャッシュカード等のセキュリティの高いカードへ切り替えて再発行を行う場合には、紛失や盗難等、カードの再発行事由を問わず無料発行となります。

次の