どやさどやさ 芸人。 【悲報】『THE W』出場の女芸人「女芸人はデブかブスか奇抜なキャラじゃないと売れない」

月曜日 一覧

どやさどやさ 芸人

A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

【芸人】君たちにコンビ名を授けよう!

どやさどやさ 芸人

自慢をした後に「どやさ」と強調して使うことがあります。 人に対して「こんなにも凄いことをしてきたんだぞ」「凄いだろう」と大きく表現したいとき、態度を大きく見せますし、顔は威張ったような表情をします。 そして、「どやさ」と言ってもっと強く自慢したいと伝えます。 人に強く自慢したいことは、日常生活で起きたちょっと驚く出来事が多いのが特徴的です。 例えば、家の水道の水が止まらなかったけど、それを自分で修理して止めたとか、もう少しのところで車にお腹が当たりそうになったけど、へこめたから接触せずに済んだなどです。 話し終えてから大きな声で聞いている人に「どやさ」と言い、聞いていた人により衝撃的な感情を与えたいと使います。 人に共感してもらいたいときに使う 人に強く共感してもらいたいなと感じたときに使います。 グループで話し合いをしていて、どうも周りの人が共感しないので、どんなことを言えば共感してくれるかを真剣に考えました。 そして、「こうした方がいい」と提案をした後、共感して欲しい、興味を持って欲しいから「どやさ」と言って、みんなの顔を見ながら意見を求めます。 首を縦に振らなかった人達も、強く「どやさ」と言われますと、「ああ、そうだな」と感じ、「いいんじゃない」と答えます。 この言葉を使うのは、友達や家族、親戚など親しい人と話し合いをするときに使うことが多いです。 真剣に話し合いはしたけれど、最後に鶴の一声的な意味も含めて、「これでいいでしょ」と賛同を求めたいときに使います。 本音を聞きだしたいときに使う 友人や兄弟、親がトラブルに巻き込まれたとき、「どやさ」を使います。 友人が隣のクラスの人に嫌がらせをされたとき、どんなことをされたか聞きます。 その理由がとても理不尽であった、「なんか間違ってないか」と感じた時に使います。 なんでこんなことに巻き込まれなくてはならないのかと疑問を持てば、「おかしい」と感じます。 すると、「お前はどんなことをして復讐してやりたいのか」と聞きたいときに言います。 「泣き寝入りしないで、嫌がらせをした者に立ち向かって行こうよ」と言いたいときには強く言い、嫌がらせをされた友人の背中を押します。 「負けるな」との意味も含まれており、言われた人に勇気を与え、奮い立たせたいと感じたときに使います。 笑いをとりたいときに使う 親しい人と話していて、ちょっと会話が盛り上がらないなと感じたときに「どやさ」と言って会話をしている人を笑顔にします。 また、会話がマンネリ気味だなと感じたときは、大きな声で言ってその場の空気を変えます。 この言葉を使う人の特徴は芸人やセミナーで話をする人、学校の先生など、大勢の人の前で話をする人が多いです。 この「どやさ」を言う人は、人を笑わせたいと考える人が多く、ユーモアセンスに溢れています。 東北の方ではあまり使う人はいませんが、関西の方では日常的に言って人を笑わせます。 それは、テレビに出る芸人がよく使っているからで、子供の頃から自然と使うようになりました。 子供の間でも使いますし、子供が親に向かって笑わせたいときにも普通に使います。 口下手な人が使う 舞台上でよく「どやさ」を使う芸人は、今いくよくるよさんです。 この二人はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している女芸人です。 もう40年以上もの芸歴を持つ芸人です。 今風の若々しいファッションに身を包む細い方がいくよさん、大きなお腹をポンと叩くショートヘアの女性がくるよさんです。 変顔をしたり、奇妙な踊りを見せるくるよさんは、いきなり大きな声で「どやさっ」といくよさんに向かって言います。 そして、満足そうな顔を見せては笑いをとります。 口下手でツッコミができない不器用なくるよさんが、いきなりいくよさんに立ち向かって行く姿も笑えるところです。 このときの「どやさ」がウケにウケ、日本中にこの言葉が拡がりました。 どやさという言葉は、相手に凄いだろうと自慢をしてみたいときに使ったり、本心を聞きたいときに使うことが多いです。 他にも挨拶代わりに、親しい人に使ったりと、色々な場面で使える言葉です。 東北地方よりも関西地方の方で使うことが多く、ユーモアセンス溢れる大阪人や京都の人がよく日常生活の中に取り入れて、上手く人とコミュニケーションをとっています。 一言「どやさ」と言うだけでその場が和んだり、人との距離を縮めることもできるこの言葉を上手く使い、明るく、人が寄って来る人になってみるといいでしょう。 言うときには、声のトーンを変えてみるだけでも違う意味合いになるのも面白いところ。 幅広い年代に使える言葉ですから、気軽に日常生活に取り入れてみましょう。

次の

よしもとニュースセンター : 今くるよがお送りする女芸人の、女芸人による、お客さまのイベント『女芸人大集合!なんばでどやさ!!』が8月31日(水)に開催決定!

どやさどやさ 芸人

自慢をした後に「どやさ」と強調して使うことがあります。 人に対して「こんなにも凄いことをしてきたんだぞ」「凄いだろう」と大きく表現したいとき、態度を大きく見せますし、顔は威張ったような表情をします。 そして、「どやさ」と言ってもっと強く自慢したいと伝えます。 人に強く自慢したいことは、日常生活で起きたちょっと驚く出来事が多いのが特徴的です。 例えば、家の水道の水が止まらなかったけど、それを自分で修理して止めたとか、もう少しのところで車にお腹が当たりそうになったけど、へこめたから接触せずに済んだなどです。 話し終えてから大きな声で聞いている人に「どやさ」と言い、聞いていた人により衝撃的な感情を与えたいと使います。 人に共感してもらいたいときに使う 人に強く共感してもらいたいなと感じたときに使います。 グループで話し合いをしていて、どうも周りの人が共感しないので、どんなことを言えば共感してくれるかを真剣に考えました。 そして、「こうした方がいい」と提案をした後、共感して欲しい、興味を持って欲しいから「どやさ」と言って、みんなの顔を見ながら意見を求めます。 首を縦に振らなかった人達も、強く「どやさ」と言われますと、「ああ、そうだな」と感じ、「いいんじゃない」と答えます。 この言葉を使うのは、友達や家族、親戚など親しい人と話し合いをするときに使うことが多いです。 真剣に話し合いはしたけれど、最後に鶴の一声的な意味も含めて、「これでいいでしょ」と賛同を求めたいときに使います。 本音を聞きだしたいときに使う 友人や兄弟、親がトラブルに巻き込まれたとき、「どやさ」を使います。 友人が隣のクラスの人に嫌がらせをされたとき、どんなことをされたか聞きます。 その理由がとても理不尽であった、「なんか間違ってないか」と感じた時に使います。 なんでこんなことに巻き込まれなくてはならないのかと疑問を持てば、「おかしい」と感じます。 すると、「お前はどんなことをして復讐してやりたいのか」と聞きたいときに言います。 「泣き寝入りしないで、嫌がらせをした者に立ち向かって行こうよ」と言いたいときには強く言い、嫌がらせをされた友人の背中を押します。 「負けるな」との意味も含まれており、言われた人に勇気を与え、奮い立たせたいと感じたときに使います。 笑いをとりたいときに使う 親しい人と話していて、ちょっと会話が盛り上がらないなと感じたときに「どやさ」と言って会話をしている人を笑顔にします。 また、会話がマンネリ気味だなと感じたときは、大きな声で言ってその場の空気を変えます。 この言葉を使う人の特徴は芸人やセミナーで話をする人、学校の先生など、大勢の人の前で話をする人が多いです。 この「どやさ」を言う人は、人を笑わせたいと考える人が多く、ユーモアセンスに溢れています。 東北の方ではあまり使う人はいませんが、関西の方では日常的に言って人を笑わせます。 それは、テレビに出る芸人がよく使っているからで、子供の頃から自然と使うようになりました。 子供の間でも使いますし、子供が親に向かって笑わせたいときにも普通に使います。 口下手な人が使う 舞台上でよく「どやさ」を使う芸人は、今いくよくるよさんです。 この二人はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している女芸人です。 もう40年以上もの芸歴を持つ芸人です。 今風の若々しいファッションに身を包む細い方がいくよさん、大きなお腹をポンと叩くショートヘアの女性がくるよさんです。 変顔をしたり、奇妙な踊りを見せるくるよさんは、いきなり大きな声で「どやさっ」といくよさんに向かって言います。 そして、満足そうな顔を見せては笑いをとります。 口下手でツッコミができない不器用なくるよさんが、いきなりいくよさんに立ち向かって行く姿も笑えるところです。 このときの「どやさ」がウケにウケ、日本中にこの言葉が拡がりました。 どやさという言葉は、相手に凄いだろうと自慢をしてみたいときに使ったり、本心を聞きたいときに使うことが多いです。 他にも挨拶代わりに、親しい人に使ったりと、色々な場面で使える言葉です。 東北地方よりも関西地方の方で使うことが多く、ユーモアセンス溢れる大阪人や京都の人がよく日常生活の中に取り入れて、上手く人とコミュニケーションをとっています。 一言「どやさ」と言うだけでその場が和んだり、人との距離を縮めることもできるこの言葉を上手く使い、明るく、人が寄って来る人になってみるといいでしょう。 言うときには、声のトーンを変えてみるだけでも違う意味合いになるのも面白いところ。 幅広い年代に使える言葉ですから、気軽に日常生活に取り入れてみましょう。

次の