翻訳 画像から。 カメラを使って画像翻訳ができる無料の人気おすすめ翻訳アプリ【iPhone/Android】

画像を翻訳する

翻訳 画像から

翻訳アプリ内でスマートフォンのカメラを使用すると、周囲にあるテキストを翻訳できます。 たとえば、看板や手書きのメモなどを翻訳できます。 写真のテキストを翻訳する 撮影済みの写真のテキストを翻訳できます。 翻訳アプリで新しい写真を撮影し、新しい写真にあるテキストを翻訳することもできます。 Android スマートフォンまたはタブレットで翻訳アプリ を起動します。 必要に応じて言語を選択します。 左上の [ 言語を検出する] を選択するか、翻訳したい言語を選択します。 右上で、使用している言語を選択します。 テキスト ボックスの下にあるカメラアイコン をタップします。 テキスト全体をリアルタイムで翻訳するには、リアルタイム アイコン をタップします。 ドキュメントの一部だけを翻訳するには、スキャン アイコン をタップ スキャン アイコンの上の丸いアイコンをタップ 指を使って翻訳するテキストをハイライト表示するか、[ すべて選択] をタップします。 翻訳する既存の写真を選択するには、右下にあるインポート アイコン をタップします。 指を使って翻訳するテキストをハイライト表示するか、[ すべて選択] をタップします。 [カメラ入力の品質向上] のオンとオフを切り替える 翻訳アプリで翻訳するためにスキャン アイコン またはインポート アイコン を使用する場合、その写真はテキスト認識を行うために Google に送信されます。 今後のサービス改善のために画像を保持することを Google に許可するには、[カメラ入力の品質向上] をオンにしてください。 [カメラ入力の品質向上] のオンとオフを切り替える方法は次のとおりです。 Android スマートフォンまたはタブレットで翻訳アプリ を起動します。 左上のメニュー アイコン [ 設定] [ データ使用量] をタップします。 [ カメラ入力の品質向上] をオンまたはオフにします。 カメラに映ったテキストを翻訳する 一部の言語では、スマートフォンのカメラのレンズをテキストに向けるだけで翻訳できます。 ただし、小さい文字のテキスト、暗くて不鮮明なテキスト、図案化された書体のテキストなどは正確に翻訳されないことがあります。 Android スマートフォンまたはタブレットで翻訳アプリ を起動します。 必要に応じて言語を選択します。 左上の [ 言語を検出する] を選択するか、翻訳したい言語を選択します。 右上で、使用している言語を選択します。 カメラアイコン をタップします。 必要に応じて、下部にあるリアルタイム アイコン をタップします。 翻訳したいテキストにカメラを向けます。 ヒント: 必要に応じて、[ 翻訳を一時停止] または [ 翻訳を続行] をタップできます。 対応するソース言語 翻訳できる言語は次のとおりです。 アフリカーンス語 アルバニア語 アラビア語 アゼルバイジャン語 バスク語 ベラルーシ語 ベンガル語 ボスニア語 ブルガリア語 カタルーニャ語 セブアノ語 チェワ語 中国語 コルシカ語 クロアチア語 チェコ語 デンマーク語 オランダ語 英語 エスペラント語 エストニア語 フィリピン語 フィンランド語 フランス語 フリジア語 ガリシア語 ドイツ語 ギリシャ語 ハイチ語 ハウサ語 ハワイ語 ヒンディー語 モン語 ハンガリー語 アイスランド語 イボ語 インドネシア語 アイルランド語 イタリア語 日本語 ジャワ語 カザフ語 韓国語 クルド語 キルギス語 ラテン語 ラトビア語 リトアニア語 ルクセンブルク語 マケドニア語 マラガシ語 マレー語 マルタ語 マオリ語 マラーティー語 モンゴル語 ネパール語 ノルウェー語 パシュト語 ペルシャ語 ポーランド語 ポルトガル語 ルーマニア語 ロシア語 サモア語 スコットランドゲール語 セルビア語 ソト語 ショナ語 シンド語 スロバキア語 スロベニア語 ソマリ語 スペイン語 スンダ語 スワヒリ語 スウェーデン語 タジク語 タイ語 トルコ語 ウクライナ語 ウルドゥー語 ウズベク語 ベトナム語 ウェールズ語 コーサ語 ヨルバ語 ズールー語 対応するターゲット言語 ソース言語は、Google 翻訳でサポートされている任意の言語に翻訳できます。

次の

Google翻訳

翻訳 画像から

翻訳できるドキュメントはPDFだけでなくWordやテキストファイルも含まれており、クリップボードに保存されたテキストのコピペでの利用も可能です。 使い方は簡単。 しかしながら、Google翻訳を利用してPDFを翻訳する場合、 デメリットが非常に多くあります。 まず、アップロードできるPDFの データ量の上限は1MBまでに制限されていることです。 1MBに収まる数ページのPDFならOKですが、画像が多く数十ページにもなるPDFならすぐに1MBを超えてしまいます。 確かにPDFを圧縮または分割すればいいのですが、1MBごとというかなり細切れファイルで処理するのは手間がかかり過ぎます。 上の画像はある英文マニュアルをGoogle翻訳で和訳し、それをブラウザの印刷機能から再PDF化したものです。 見ての通り、箇条書き(リスト)はきれいにスタイルが保持されていますが、画像部分は削除され、表(テーブル)は崩れています。 結果はカオスな和訳です。 さらなるデメリットとしてGoogle翻訳にはよく知られている 改行問題もあります。 文の終わりではないのに、単に改行された位置で意味のひとまとまりとみなされて翻訳されるので、意味が通じにくくなります。 上の画像はPDF上の英文テキスト(文の途中で改行あり)をGoogle翻訳にコピペして、日本語に翻訳したものです。 実は 見えない改行記号が入っているので、このような尻切れの翻訳になります。 英文のPDFをアップロードして翻訳される場合も同様です。 この改行問題のためにPDFを翻訳する場合は翻訳精度がかなり落ちることになります。 せっかうの精度抜群なGoogle翻訳のなのに、PDFの翻訳ではそれほど有効ではありせん。 PDFのテキストをマウスでコピーして貼り付ける(クリップボード機能)ことで生じてしまう文中の 改行問題は簡単に解決します。 とは言っても短い文章の場合ですが。 方法は簡単。 コピーしたものを一旦、ブラウザの検索窓に貼り付け、それを再度コピーするだけ。 これで見えない改行記号はすべて削除されます。 それをGoogle翻訳にペーストすれば良いのです。 しかし、数ページにわたるPDFから一文ずつコピーし、改行記号を削除しながら翻訳するのは時間がかかり過ぎます。 以上がGoogle翻訳を利用してPDFを翻訳する場合の問題点でした。 Google翻訳の素晴らしさがネット上で話題になりますが、 PDFの翻訳となると意外に使えません。 あえて言うならGoogle翻訳は以下の場合に便利です!• 翻訳したいPDFが非常に短い。 レイアウトが複雑でない。 ある程度原文を理解できる。 Google翻訳の特長をまとめます。 PDFの翻訳に関しては以下の通りです。 翻訳データ量制限: 1MB以上のファイルは未対応。 解決策はPDFの分割か圧縮。 レイアウトの維持: 未対応。 文末認識(改行問題): 未対応。 翻訳精度:高い。 情報漏えいリスク:低。 Googleとはいえ、他社サーバーへアップロードとなる。 翻訳工数:少ない。 翻訳後のPDF保存:可能。 ブラウザの印刷機能(PDFプリンタ)を利用。 さて、PDFを翻訳する方法として2番目に紹介するのは、上記のGoogle翻訳の欠点をかなりカバーしているWebサービス「DocTranslator」です。 上の画像は英文のマニュアル(PDF)ですが、DocTranslator で翻訳をかけてみると、画像は原文と同位置に配置されており、表のスタイルも維持されています。 これは非常に助かります。 原文PDFと翻訳後のPDFを比較する場合、対応部分がすぐに分かるからです。 このようにDocTranslatorは、外国語のマニュアルPDF(取り扱い説明書)を、比較的スタイルが複雑な場合でも、元通りのスタイルを保ったまま翻訳してくれるので、非常に分かりやすい仕上がりしてくれます。 さらにDocTranslatorがGoogle翻訳以上に便利な点は、一度に翻訳できるPDFデータ量が 10MBまで可能な点です。 Google翻訳の10倍です。 100ページを超えるPDFファイルをアップロードし翻訳可能です。 加えてDocTranslatorはGoogle翻訳と違い、 文の途中の改行は無視し1文ごと翻訳します。 つまり 改行問題をクリアしているので、おのずと翻訳精度はGoogle翻訳以上の結果を生み出しています。 以上まとると、Google翻訳とDocTranslator を比較した結果、以下の3点でDocTranslator がオススメです。 一度に翻訳できる データ量は Google翻訳の10倍。 写真や表を含めた レイアウトを維持。 そのまま印刷できるほど。 文末を正確に認識( 不用な改行を無視)。 それゆえ翻訳精度が高い。 しかし懸念点(デメリット)もあります。 DocTranslatorは堅牢なセキュリティを誇るGoogle検索エンジンを利用しているものの、第三者のサービスです。 社外のサービス(サーバー)を利用する以上、 データ漏えいのリスクを完全に拭えません。 その点を踏まえてDocTranslator を利用するかどうかを判断する必要があります。 それで、 内密の契約書や企画書が外国語のPDFで送られてきても、 安易にDocTranslator を利用しないことを強くオススメします。 DocTranslator でPDFを翻訳する場合の留意点を以下にまとめます。 ファイルのデータ量制限 : 10MBまで。 レイアウトの維持: 対応。 文末認識(改行問題): 対応。 翻訳精度:高い。 (Google翻訳エンジンを利用。 情報漏えいリスク:低い。 他社のサーバーへアップロード必要。 翻訳工数:少ない。 翻訳後のPDF保存:可能。 ダウンロード機能あり。 [ad] では社外(他社サーバー)に持ち出したくないPDFをどうしても手軽に翻訳したい場合は、何を使えばよいのでしょうか?その場合にオススメなのは Microsoft Office Wordです。 では次に、PDFを翻訳する3つ目の方法として、Wordを使う方法を紹介します。 英文マニュアル(PDF)をWordで日本語に翻訳してみました。 スタイルはかなりの程度維持しており、崩れはあまり見られません。 (一部、箇条書きが崩れていたり、表の下部が次のページにはみ出ています。 これは許容範囲です。 ) Wordを用いたPDF翻訳はGoogle翻訳よりはるかに見やすいですね。 Wordを用いたPDFの最大のメリットは、 情報漏えいのリスクがほぼゼロになる点です。 すでに紹介した2つのサービス(Google翻訳、DocTranslator)のように外部サーバーにアップロードする必要はなく、オフラインで翻訳作業が完結するからです。 (翻訳時にネット接続は必要。 ) 他のメリットとして 大きなデータ量のPDFでも翻訳可能という点が挙げられます。 試しに 23MBの英文PDFをWord(. docm)に変換し、その後日本語に翻訳してみました。 10分ほどかかりましたが、レイアウトの崩れもなく日本語に翻訳されたPDFマニュアルが完成しました。 Wordには変換はできるのですが、それを日本語に翻訳したらタイムアウトとなり翻訳が完了しませんでした。 解決策は元のPDFを約20MBごとに分割しながら翻訳することです。 以上のようにMicrosoft Office Word はPDF翻訳ツールとしてかなり優れていますが デメリットもあります。 WordでのPDF翻訳は、上で紹介したGoogle翻訳やDocTranslatorと違い、少々手間がかかります。 いったん Word文書に変換しなければならないからです。 docmで再保存するという工程が加わります。 (その具体的な方法は記事後半で説明。 ) そのデメリットさえ問題にしなければ、1度に翻訳するPDFのデータ量や、レイアウトの問題、さらには改行認識問題など、Google翻訳では無理だった問題すべてがすべてクリアされます。 Wordを用いたPDF翻訳は超おすすめですよ。 ここで Wordを用いたPDF翻訳の特長をまとめます。 ファイルのデータ量制限 :20MB以上可能。 レイアウトの維持:対応。 文末認識(改行問題):対応。 翻訳精度:高い。 (Microsoft 翻訳エンジンを利用。 情報漏えいリスク:なし。 WordがインストールされているPCだけで作業終了。 翻訳工数:多い。 (Google翻訳やDocTranslator より2工程多い。 翻訳後のPDF保存:可能。 WordのPDF書き出し(エクスポート)機能を利用。 ここでは表や画像が多く含まれている英文マニュアルを例にしています。 PDFによっては、文の途中での 改行を文章の終わりと認識してしまい、翻訳精度が落ちます。 したがって、GoogleドキュメントはテキストのみのPDF翻訳しか利用できないと考えたほうがよいでしょう。 ここで Googleドキュメントを用いたPDF翻訳の特長をまとめます。 ファイルのデータ量制限 :20MB以上可能。 レイアウトの維持:未対応。 文末認識(改行問題):一部対応。 翻訳精度:テキストのみのなら精度は非常に高い。 (Google翻訳エンジンを利用。 情報漏えいリスク:低い。 一般公開していないGoogleドラブのフォルダでの作業に限る。 翻訳工数:多い。 (Google翻訳やDocTranslator より2工程多い。 Wordと同程度。 翻訳後のPDF保存:可能。 PDFでの書き出し(エクスポート)機能を利用。 注意点:画像のPDFはOCRでテキスト化 さてこれまでPDFを翻訳するする4つの方法を紹介してきましたが、ひとつ注意点があります。 PDFにはテキスト情報が埋め込まれていないフォーマットがあるという点です。 つまりテキストが単なる画像になっている場合、そのままでは翻訳できないのです。 たとえば印刷物をスキャンし、その画像データをPDFにしたものです。 もともと写真ですからテキストが埋め込まれていません。 試しに、翻訳したいPDFをAdobe Adobe Reader で開き、テキスト部分をマウスカーソルで選択してみてください。 もしできないならそれはスキャン画像を元にしたPDFです。 または画像としてエクスポートされたPDFです。 では画像としてのPDFは翻訳できないのでしょうか? あきらめる必要はありません。 テキスト読み取り機能(OCR)で文字画像をテキストに変換し、それからGoogle翻訳させればよいわけです。 無料のOCRサービスとして優れているのは Googleドライブです。 翻訳したいPDFをGoogleドライブにアップし、Googleドキュメントで開いてみてください。 自動でOCR処理されてテキストに変換されます。 変換精度はかなりのものがあります。 (これは一般てきに有名な話です。 ) このドキュメントをそのまま「ツール」から「翻訳」すればいいわけです。 以上がPDFを翻訳したい場合に利用できる4つのサービスでした。 翻訳したいPDFに応じた最適な方法で試してみてださい。

次の

【PC版】画像の文字を読み取って簡単に翻訳する方法!

翻訳 画像から

スマホで英語を翻訳できるのは当たり前 今や英語の翻訳を「辞書」を使ってやる人はあまりいないと思います。 電子辞書すら、あまり使わないのではないでしょうか? 電子辞書の代わりも、パソコンの代わりも、今やほとんどの事がスマホ1台でOKになっていますからね。 すごい時代になったものです・・・(キーボードの問題で、結局パソコンは必要なんですけどね、今のところ)。 今は文字入力すらする必要なし スマホやパソコンでの翻訳は今や当たり前なんですが、ちょっと面倒に感じていたのが「文字入力」です。 日本語を打つなら問題ないのですが、英語を打つのってなかなか難しいです。 そもそも単語とかが分からないから翻訳したいわけで、その分からない文字列を正確に入力していくのって、結構難しいんですよね。 単語じゃなくて長文だったりすると結構面倒です。 コピーできない様になっている文もありますからね。 そんな面倒臭い文字入力なのですが、今やそれすらする必要なし。 画像や写真から文字を読み取って、翻訳してくれるんです。 超便利! カメラや画像から英語(外国語)を翻訳する方法 以下で、iPhoneとAndroidで僕が使っている翻訳アプリをご紹介します。 あくまで僕が使った範囲でのオススメなので、用途に合わない様ならストアで検索してみてください。 結構たくさんのアプリがリリースされています。 海外製なのか、アプリの名前がちょっとおかしいですね。 でも機能的にはしっかりしています。 僕は無料版しか使ったことがないです。 インストールしたアプリを開きます。 するとカメラが起動するので、翻訳したい文章を写します。 写真に撮ると、上の様な画面となるので、• 文章の部分だけを囲む様にトリミングをして、• 写真に撮った言語を選択して、• 「OCR」を押してテキスト認識をします。 すみません。 写真にあった文章が読み込まれて、テキストとして表示されます。 もしも文章に問題があれば、戻って写真を撮り直したり、トリミングをし直しましょう。 終わったら、下のボタンを押して翻訳を開始します。 翻訳が完了しました。 下の方に英文が表示されていますね。 長文を自分で入力する必要もなく、便利です。 上で紹介した方法はカメラで文章を撮る方法ですが、アプリを起動した時の画面で右下のボタンを押せば、すでにスマホ内にあるデータを使用する事も出来ます。 状況に応じて使い分けをしてみてください。 インストールしたGoogle翻訳を起動します。 Google翻訳を起動すると、上の様になります。 翻訳前の言語を選択• 翻訳後の言語を選択• 写真を撮る&画像を選択して文章を入力• マイクから音声で文章を入力• 文字を書いて文章を入力• スマホのキーボードで文字入力 それぞれの数字の部分を解説すると、上の様になります。 真ん中にテキストを合わせる枠があるので、そこに文章を収めて、下のカメラボタンを押せば、文章を写真に撮り、テキストを読み込む事が可能です。 カメラボタンの左にあるボタンを押すと、スマホの中にある画像からテキストを読み込む事が可能です。 今回はカメラで撮る方法で進めてみます。 Google翻訳のカメラで写真を撮ると、上の様な画面となります。 文章が少ない場合は、下にある「すべて選択」を押せばOKだと思います。 写真の中にある文章の一部だけを選択したい場合は、その部分を指でなぞってハイライト表示します(明るくする)。 上の画像では、指でなぞってハイライト表示してみました。 上に日本語訳が表示されているところがあるので、その右にある矢印をタップします。 読み込んだ文章と、翻訳した文章が表示されました。 これで翻訳が完了しました。 便利なので、分からない事があったらどんどん使っていきたいですね。

次の