翳り ゆく 部屋 椎名 林檎。 翳りゆく部屋 松任谷由実(荒井由実) 歌詞情報

翳りゆく部屋

翳り ゆく 部屋 椎名 林檎

「翳りゆく部屋」はユーミンが結婚して松任谷由実になる前、荒井由実の名義で1976年3月5日に発売された最後のシングルだ。 ただし本人の弁によればもっとずっと前に、プロコル・ハルムのアルバム『ソルティドッグ』を聴き込んでいって書いた曲だったという。 アルバム『ひこうき雲』を発表した頃には、すでに「マホガニーの部屋」という原型ができていたらしい。 高校生の頃に大好きだったというプロコル・ハルムについて、ユーミンはラジオ番組に出演して以下のように語ったことがある。 (なお発言のなかに出てくる「ピルグリムス・プログレス」という楽曲は、「巡礼者の旅」という邦題が付いてアルバムの最後を飾っている。 あの、ピューリタンで、要するにイギリスからアメリカに移民した人の話が、トータル・アルバムになってて、詞もすごく深いんですよ。 『ソルティドッグ』は教会音楽を思わせるオルガンとクラシカルなメロディ、それに力強いドラムによるロック的なサウンド、静と動の組み合わせのアルバム・タイトル曲から始まるが、それは「青い影」以上にドラマティックな楽曲である。 プロコル・ハルムには結成当時から、キース・リードという詩人が在籍していたが、彼は歌や演奏ではなく作詞専門のメンバーであった。 彼が書いていた哲学的な歌詞の通奏低音となっているのは、かつて七つの海を渡って生きてきた海の男たちの間で、親から子へ、子から孫へと受け継がれてきたバイキングの物語や歌で、そこには彼らの子孫であるということの誇りが込められていた。 アルバム最後の「巡礼者の旅」は、こんな歌詞で終わっている。 シンプルな物語を書こうと腰をおろして たぶんそれで、歌が生まれるのだろう 言葉はすべて私なんかよりも遥か以前に、 誰かによって書かれたものなのだ わたしたちはかわりばんこに、それを伝えていこう みんなで交代しながら伝えていけばいいのだ アルバム『ソルティドッグ』にインスパイアされて生まれた「マホガニーの部屋」は、「出しても売れない」というスタッフの判断で、レコーディングが見送られてきた。 しかし1975年の夏に「ルージュの伝言」が初めてヒットした後で、10月に発売した「あの日にかえりたい」が大ヒットしてオリコンチャートの1位に輝いた。 ユーミンはそのときに、本音を出してもいいと思ったらしい。 まあ「あの日にかえりたい」を出した後、一応ひと段落ついたから 笑 、本音を出してやろうと思って。 あの…昔、もう、その頃に書いた曲をね、ひっぱり出してシングルにしたんです。 1976年3月5日に東芝EMIからリリースされた「翳りゆく部屋」は、オリコンチャートで10位にまで上昇していった。 かつての「出しても売れない」という判断をくつがえす、ヒット曲になったのである。 ユーミンの歌詞は愛し合ったふたりの別れを描いたものだったが、「運命」と「死」という単語があることや、クラシック・ロック的なサウンドのアプローチによって歴史の深みのようなものを感じさせる。 窓辺においた椅子にもたれ あなたは夕日みてた 投げやりな別れの気配を 横顔にただよわせ 二人の言葉はあてもなく 過ぎた日々をさまよう 振り向けばドアのすき間から 宵闇が忍びこむ どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない 私がいま死んでも.

次の

椎名林檎の「翳りゆく部屋」

翳り ゆく 部屋 椎名 林檎

[][][] 椎名林檎の「翳りゆく部屋」 何度も言っていることだが、私は 初期ののファンである。 最初の2枚のCDと「紅雀」だけは家宝同然の扱いだが、最近のものは全く持っていない。 そして、この中間に微妙な扱いのものがあって、廉価版があったら買ってもいいかな、くらいに思うものが何枚かある。 ところが、さすがにロングセラーになっているのか、今だに安く買えるものは少い。 そこで、CD屋に行くとこまめにユーミンの棚を見ることになる。 ある日、そこで「Dear Yumming」なるトリビュートアルバムを発見した。 だいたいあの人は歌がうまくない。 あれだけの名曲をあの蛙の断末魔をサンプリングしたような声で歌われては、歌のうまい人はほってはおけない。 「あんなドヘタに歌わしておいては曲がかわいそうだ。 自分がちゃんと名曲にふさわしい音にして世に出してやろう」 そう、思う気持ちはよくわかる。 しかし、これはよほどの覚悟がない限り手を出してはいけない禁断の領域なのだ。 それが証拠に吉田美奈子も大貫妙子も矢野顕子も一曲も歌ってないではないか。 ユーミンの曲を歌うとそのアーティストの限界を暴露することになる。 あれは暴れ馬みたいなもので、よほど熟達した乗り手でない限り、曲が内面に秘めているパワーに振りおとされてしまうのだ。 あるいは、様みたいなもので、「いのちを与えもすれば奪いもする」。 うっかりふれるとアーティストとしての、生命力を吸いとられてしまう。 何だか気の抜けたビールみたいな音楽が出現することになる。 ユーミンのカバーという領域にはハイファイセットからはじまって、討ち死にした強者どもの死屍累々。 だいたいユーミン本人だって、曲の深部から出てくる得体のしれないパワーを扱いかねているではないか。 またトリビュートアルバムなんぞ作って、この上また儀牲者を増やすのか? そう思いながら、見ていると椎名林檎の名を見つけた。 私は彼女のCDも持ってないし、彼女のことはよく知らない。 CMに出てくるギョロ目が恐かったことくらいしか印象になかった。 しかし、「翳りゆく部屋」という選曲を見て、突然、何かがヒラめいた。 「これはひょっとするとひょっとするかも」 長年、命がけで音楽を聞いているものの直観だろうか。 その日は、そのまま帰ったが、なんだか、気になってしょうがない。 「あれを椎名林檎があの声で歌う。 まともにバラードのまま歌うのか、林檎風にメチャクチャにして歌うのか。 どちらにせよ、なんだか面白いことになりそうだ」 結局、1月ほどたってから、買ってしまった。 直観がバッチリ当たっていた。 アレンジは予想に反し、中途半端なものだった。 前半はひきがたり風、途中からちょっとだけヒートアップして林檎的なものをチラと見せておしまい。 要するに、まっこうから歌を主役にしているアレンジである。 これは凄いことだ。 凄い度胸と言った方がいいのか。 しかも、ユーミンの文脈にも自分の文脈にも頼らず、素の自分で一対一で向きあっている。 だいたい「翳りゆく部屋」というのは、みかけに反して難曲である。 よく詩を聞くと、別れる相手の男が妙にヤな奴であって、なんとも後味の悪い別れ方をしている。 本家は冗談のようなゴージャスなアレンジで軽くしのいでいるが、普通の悲しい別れではない。 本当にたちの悪い暴れ馬だが、椎名林檎はみごとこれを乗りこなしてしまった。 最初にユーミンの歌をけなしたが、そうは言っても、彼女の歌を彼女以上にうまく歌う人はほとんどいないと、私は思っている。 あのノっぺら声は、シシ神様のドロドロのような生命の源流から湧きあがってくる何者かに対抗するための見事な手段なのかもしれない。 それ以外になかなか手段はないのだ。 この「Dear Yumming」でも、当然、歌のうまい人をそろえているが、聞けるものはノッコと大江千里だけ。 あと、情状酌量で森高千里。 この三人はドロドロエネルギーからうまく身をかわして、それなりのものを仕上げている。 他は、原曲の持つ大事な何かを殺しているというか、自分の持つ何かを吸いとられてしまっているというか。 しかし、椎名林檎のやっていることはちょっとアプローチが違うというか、次元が違う。 原曲のエッセンスを完全に消化して自分のものとして表現している。 かわしてもいないし、逃げてもいない。 とにかく、これは本家を凌ぐものだ。 こんなのはじめて見たよ。 何者なんだ、こいつは!.

次の

翳りゆく部屋 椎名林檎 歌詞情報

翳り ゆく 部屋 椎名 林檎

人物 生まれ、・育ち。 「椎名林檎」としてのプロフィール上は音楽活動を始めた福岡の出身となっている。 生後まもなくと診断されてを受けたが、この際に右の肩甲骨付近にメスを入れられた影響で左右のバランスが取れない障害が残り、のちに始めたとを途中で断念せざるを得ない原因になったという。 「椎名林檎」という芸名は高校生のとき、「」「」「」「虚言症」などの作品を初めてへ著作者登録をする際に筆名が必要となり、あくまで一時的なつもりで使用したのが始まり。 なぜ「林檎」と命名したかについては、自身のバンド活動もドラマーから始まったということもあってのドラマーだったの名前を借用したと語っている。 また名前が人の名前とは思えない、物体そのものを表すものだということについては、漫画家ののからの影響があると語っている。 もともとの由来は、子供のころはかなりの恥ずかしがり屋で、学校で先生に指されるとすぐほっぺたが真っ赤になってしまっていたから。 歌詞にやを使用することから読書家だと思われることも多いが実はそうでもなく、本人曰く「よく読んでいるのは」とのこと。 近年では音楽番組に出演した際に歌詞のテロップが縦書きのシネマフォントで表示されていることが多い。 デビューからしばらくの間標榜していた「新宿系」については、「取材などで常に『(ジャンルは)何系?』と聞かれるのが面倒くさいので口から出まかせを言った」 などと答え、またその定義についても「本当は意味などなかったが何か理由づけしないと相手に悪いと思って聞かれたことに対して一生懸命答えたのだろう」 と明かしている。 だった左の口元のについては、「小学校時代に女優のやのように口元にほくろのある女性に憧れてペンで書いていたら本物になった」という噂を本人が肯定しており、また2003年に手術で除去したもののその後ふたたび近い場所に新しいほくろが出来てしまったとも語っている。 デビュー当時からすでにシーナ・リンゴ名義でやに楽曲提供を行っている(参照)。 デビューまでの経緯 東芝EMIの制作ディレクターだった が九州エリアの宣伝マンの熱心な推薦とレコード会社内でマネジメントができるという理由によって契約を決め、実績のある外部ディレクターに楽曲制作の現場を任せることにした。 しかし作品の大幅な手直しが必要だとするディレクターとそれを断固として拒否する椎名が激しく対立し、その体制は断念せざるを得なかった。 作品に強烈な違和感を感じた篠木自身もディレクターと同意見だったが、年配者に受け入れられなかったなどの前例を踏まえ、それまで経験したことがないほどの違和感は大化けの予兆かもしれないとも思った。 椎名の個性を生かすには旧来のディレクションは無視して自由にやらせるしかないと考えた篠木は、アレンジャーとしてベーシストのを紹介してすべてをその2人の作業に委ねた。 休業 2001年からの休業は一般的にはだと思われていたが、実際は引退して家庭に入ろうとしていた。 しかし契約やその他諸々の義務を果たすためにカバーアルバムを出したところ、周囲から音楽活動の継続を求められることになった。 だが当人はそのままでは続けるモチベーションが見いだせなかったため、バンド・を結成することにした。 未知の相手と仕事をすることである程度の縛りを自分に与えるためであった。 その当時、リリースの話も来ていてのレーベルにも呼ばれたが、自分自身はやめようと思っているのに周りの人々が熱を帯びていく様子がいたたまれなかったという。 ヴァージンのスタッフらは彼女がやっていることをストレートに受け取ってくれたが、当時の日本の状況ではどんな曲を作っても深読みされたり意図しない方向に受け取られたりしたため、それらのことに疲れて果てたのがやめようと思っていた理由であった。 2015年末にのFHO制作チームのクリエイティブスーパーバイザーであるから仕事を手伝ってほしいという話があり、まずは監督を推薦した。 年を越す前に自身も佐々木の相談相手のような立場で参加することが決まり、それならばやも呼びたいとリクエストしてそれが認められた。 しかし2016年の6月前後までIOC()との間でプロットの擦り合わせが続き、音楽監督としての仕事は初夏まで何もできていなかった。 使用楽曲については、オリンピックの方では土壇場で許可申請が却下されるなどした一方、パラリンピックの方ではある程度自由に行うことができた。 翌2017年12月、 に就任。 音楽性 ボーカリストとしてはから、までこなすジャンルを問わない柔軟さを持ち、それ以外にもギターや鍵盤などの各種楽器の演奏や作編曲までこなすなど、音楽家として高度な汎用性を誇る。 よりもやのような職業作詞家たちが書いていたのに慣れ親しんできたせいか、「歌には上手い下手などなくて『歌になっているかなっていないか』があるだけなのではないか」と思っている。 作家としては・夫妻のコンビに憧れており、その二人の形を1人2役でこなすのが一生の夢だという。 、、、らを見出した元の音楽プロデューサー野見山實 は、デビュー前の椎名の詩集を見てその発想と着眼点、展開が凡人とは異なると感じ、曲については作品の中にやなどを取り入れた同年代の若い作家にはあまり例をみない発想があると評している。 楽曲制作 作曲について、自身では「自分は(メロディ)と(ハーモニー)の関係性にこそ常に関心を持つべきだ」と思っている。 アレンジが違っても成立するよう、例えばなどでかかる音源ののようにまっさらな状態で聴いたときにいかに光るものを書いておくかが自分にとっては大事だと思っているため、やに触発されての方から組み立てていくアプローチは極力しないようにしている。 を作る段階で編成のボリュームを決め込むため、レコーディングでそれを生楽器に置き換えたときにそれぞれのプレイヤーからのプラスアルファによって元の音数が減ることはあっても増えることはほとんどない。 しかしあまり細かい部分まで決め込んでしまうとプレイヤーの演奏を縛ってしまうので、デモの段階では最低限のものを渡している。 とはいえ、皆やはデモのままやってくれることが多いという。 作詞の際は、まず曲のイメージを損なわない英語で仮の歌詞を書いてからデモを作り 、そのあとでメロディとやとの関係性で英語詞にするか日本語詞にするかを決める。 歌詞は「思いつくのではなくあとから当てはめて行くという感じ」と述べている。 音楽的ルーツ 好きでやへの造詣も深い父親と古いが好きで経験のある母親の間に生まれ、音楽的環境に恵まれた家庭に育つ。 音楽的原体験はの曲。 やピアノを習っていた影響で幼少期にはを好んでいたが、ピアノ曲以外はあまり好きではなく、でもバレエ音楽ばかりを聞いていた。 歌のある曲にはほとんど興味がなかったが、父親の影響では好きだった。 小学生の頃は、映画『』のや母親の好きだった、、、、、、、 のような古い、そして父親の好きだったやおよび、、などの女性ジャズ・ボーカリストを好んで聞いていた。 中学生になると、兄の影響でや、などのに傾倒するようになり(フェイバリット・アーティストは)、邦楽をまったく聞かなくなった。 高校に進むとやをきっかけに日本語の歌詞を受け入れてふたたび邦楽も聞くようになり、洋楽ではやを聞いていた。 には音よりもビデオなど映像の方で影響を受け、音として多く聴いていたのはや、など。 高校を辞めた後は感覚が昔に戻ったのか、改めてや、などを聞き直していた。 ボーカリストとしてはのエディ・リーダーに憧れていたが、声質がまるで異なることを自覚していたので、同様に好んで聞いていたを目指すことにした。 またデビュー当時、和製とよく言われたが、本人としてはの のイメージだった。 略歴 デビューまで 1978年、(現・)生まれ。 を抱えて生まれたため、生後すぐにのまで搬送され、2日間にわたる大手術を受ける。 外資系石油会社に勤める父親の転勤により2歳のとき(現・)に移り住み、約10年間を過ごす。 4歳のときに祖母に頼んでピアノを始める。 1990年、小学6年生のときに父親が福岡支店の勤務となり、へ引越す。 それから高校中退後の時代までの約7年間が福岡育ち。 幼少時から10年以上とを習っていたが、前述の通り生後まもなく手術を受けた際に体の左右均等に力が入らないが残り、これが徐々に悪化したため断念したという。 中学時代、友人とバンドを結成してなどで何度か演奏するも解散。 高校に進学するとに入部、いくつものバンドをかけ持ちしてさまざまな楽器を担当する。 軽音部のバンドはコピー・バンドが多かったため、・問わずコピーばかりを演奏していたが、次第に自分で曲を作るようになる。 そして学内だけでなく学外の友人ともバンドを組むようになり、でも演奏するようになる。 、高校1年生のときにに出場。 、高校2年生のときに『Marvelous Marble(マーベラス・マーブル)』というバンドで「第9回 」に出場。 福岡地区で1位となり全国大会に進出、奨励賞を受賞する。 このときのティーンズ大賞・文部大臣奨励賞()は。 同年秋、の家村裕之の推薦でに出場し、ファイナリストとなっている。 また、高校2年の3学期が終わると同時に高校を中退。 屋やなどのバイトをしながらを作る日々を送る。 、フリーター生活をしながら 「」の福岡大会にふたたびバンドで出場するが、大会関係者にソロ転向を勧められて決勝の「MUSIC QUEST JAPAN FINAL」には「椎名林檎」として出場 、「」を歌って優秀賞を獲得している。 地方予選の段階でいくつかのレーベルから声がかかり、その中から(現・)を選んで契約する。 また、この大会で同じく優秀賞を受賞したaikoやグランプリを受賞したとは音楽活動やプライベートを通じて交流するようになる。 の1月から3月までの間、知人の伝手を頼りで3か月間するが、その時にEMI本部のスタッフと衝突。 これを機に思い悩んだ末、日本でのデビューを決意して帰国する。 1998 - 2003年:デビューからソロ活動休止まで この節のが望まれています。 1998年• 、(当時)からシングル「」で。 9月9日、セカンド・シングル「」を発売。 をもじった新宿系を名乗り、話題となる。 10月7日、広末涼子のシングル「」収録のカップリング曲「プライベイト」を提供。 1999年• 1月20日、サード・シングル「」をリリース。 1月27日、ともさかりえのシングル「」に表題曲「カプチーノ」、カップリング曲「木蓮のクリーム」を提供。 2月24日、ファースト・アルバム『』をリリース。 先行シングル「ここでキスして。 」のヒットを受けて を記録する。 4月より、初のライブツアー「先攻エクスタシー」が福岡公演を皮切りに全国6都市で行われた。 また、仙台公演は体調不良のために順延となった。 6月、それまで出演していたの最後の公開放送を北九州スタジオで行う。 8月、「」に出演。 10月7日、東芝EMIの・ライブ「MUSIC TALKS」にて、「東芝EMIガールズ」としてとともにの「」を披露。 10月27日、4枚目のシングル「」を発売。 活動をので行う。 このシングルが ミリオンセラーになり、世間に幅広く認知された。 11月、ライブツアー「」(、、、)を行う。 2000年• 1月26日、セカンド・アルバムからの先行シングルとして「」と「」を2枚同時発売。 3月16日から30日までの間、セカンド・アルバムの中から1曲(「浴室」)をプロモーションとして上で無料配信したところ、2週間で25,000ダウンロードを記録した。 3月31日、セカンド・アルバム『』をリリース。 オリコンで 230万枚を超える大ヒットを記録し、このアルバムでロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー 、 ベストアルバム賞 を受賞する。 4月17日より、2度目のライブツアー「」を行う。 を皮切りに、全国14都市を回った。 6月21日、ともさかりえのシングル「」に表題曲「少女ロボット」他2曲を提供。 6月から7月まで、「」を結成してシークレット・ツアー「」を行った。 7月30日、にて一夜限りのライブ「」を開催。 この時実施されたインターネットライブ中継で、瞬間同時アクセス数が当時の日本新記録となる17,300ストリームを記録した。 11月、のと極秘入籍。 2001年• 1月29日、自身のオフィシャルサイトで弥吉淳二との結婚と妊娠を発表。 3月28日、7枚目のシングル「」発売。 以降、出産のために一時活動を休止。 7月、男児を出産。 2002年• 1月、弥吉淳二と。 5月27日、初の『』発売。 10月27日発売のの『』に参加、「」をした。 2003年• 1月22日、復帰後初のシングル「」を発売。 自身初の 1位を獲得した。 2月23日、サード・アルバム『』を発売。 それに先駆けて、アルバムのプロモーションのためにの「」内のコーナー「」(2月21日放送)に録画で出演し、メインキャスターのと対談。 これが活動休止後初の出演となった。 また系の報道番組「」(3月26日放送)に今度は生出演し、同様にメインキャスターのと対談した。 アルバムの発売当日には、それを記念したコンサートイベント「」をで開催。 その模様は全国各地のホールやライブハウスに衛星生中継された。 8月より、約3年ぶりの全国ツアー「」を開催。 9月27日には追加公演として初の公演を行う。 また夏の間にだった鼻の下のを手術によって除去。 11月25日、9枚目のシングル「」を発表。 この楽曲は10月から11月にかけて「」で放送された。 このシングルで一旦ソロ活動を停止する。 2004 - 2007年:東京事変始動 この節のが望まれています。 2004年• 5月31日、バンド「」としての活動を宣言。 でのライブイベントを皮切りに「」、「」、「SUNSET LIVE 2004」に参加、同年9月にシングル、11月にはアルバムを発売(詳細は を参照のこと)。 2005年• 7月8日、系の音楽番組「」にて、福岡のアマチュア時代から親交のあったのが自身の特集回で椎名を歌のゲストとして招き、共演を果たす。 12月、公式ファンクラブ「林檎班」の会員限定イベント「」にて、久々にソロでのライブを行う。 2006年• 11月11日、椎名林檎名義としては3年ぶりのリリースとなるとの共演作品「」を配信限定で発売し、ソロとして本格復帰を果たす。 この楽曲は初の監督作品であり、椎名が初の音楽監督を務める翌2007年公開の「」の主題歌で、劇中には様々なバージョンの楽曲が挿入歌として使用されている。 2007年• この楽曲は映画「さくらん」のエンディング・テーマに起用された。 2月21日、椎名林檎としては4年ぶりとなるアルバム『』を斎藤ネコとの共同名義で発売。 2月23日、フジテレビ系の音楽番組「」に出演、ゲストとして招いた所属(当時)の・と対談を行った。 2008年 - 2012年:デビュー10周年から東京事変解散まで この節のが望まれています。 2008年• 2月15日、映画『さくらん』で「」の音楽賞にノミネートされ、優秀音楽賞を受賞。 3月、が主催するイベント「」に作曲賞でノミネートされる。 5月27日、デビュー10周年企画が始動。 同日に10周年特別サイト「」を開設する。 7月2日、デビュー10周年企画の第1弾として、10周年記念コンピレーション・アルバム『』と10周年記念ビデオクリップ集『』を2作同時に発売。 8月中旬、北海道で開催された「」に出演。 15日は東京事変名義で、16日には椎名林檎名義で出演した。 9月3日リリースののシングル「」に表題曲のひとつ「雨傘」とカップリング曲の「渦中の男」の2曲を提供。 9月17日、デビュー10周年企画の第2弾として、2000年に行われたライブを収録したDVD『』を発売。 11月25日、デビュー10周年企画の第3弾として、CD-BOX『』とDVD-BOX『』(高音質音声トラック)を同時発売。 それ以外にも、『無罪モラトリアム』と『勝訴ストリップ』のアナログ盤を初回生産限定で同時発売。 11月28日から30日までの三日間、デビュー10周年を記念したソロライブ「椎名林檎 生 林檎博'08 〜10周年記念祭〜」をで開催。 2009年• 3月6日、の大衆芸能部門に選ばれる。 3月11日、DVD『』を発売。 5月2日と3日に開催された総指揮によるライブイベント「亀の恩返し」の1日目に出演。 5月27日、純粋なソロ名義としては約5年半ぶりのシングル「」を発売。 この楽曲は系列のテレビドラマ『』の制作スタッフからの依頼と要望を受け、ドラマのために書き下ろされたもので、ソロ名義での連続ドラマのタイアップはこれが初である。 6月24日、約6年4ヶ月ぶりに4作目のオリジナル・アルバム『 』を発売。 オリコンアルバムチャート初登場1位を獲得。 このアルバム収録の「二人ぼっち時間」は、6月放送ので放送された。 11月、の「ウォータリングキスミント」のに選ばれ、11月17日からは本人出演のの放送も開始された。 椎名がCM出演するのはこれが初である。 にはの楽曲が採用され、それぞれ採用順に「」・「勝ち戦」・「ドーパミント!」・「」が起用された。 特に、第1弾CM内でムーンウォークを披露したシーンは大きな話題を呼び、のちに「能動的三分間」をシングル曲として発表した際、椎名林檎本人がCM同様に同曲のミュージックビデオの映像中でムーンウォークを披露している。 2011年• 11月2日、ソロ名義では約2年半振りとなるシングル「」を発売。 この楽曲は同年10月から放送が開始された「」の主題歌として依頼を受けて書き下ろされた。 12月31日、に初出場。 本番ではのメンバーも出演し、「カーネーション」と東京事変のシングル「」からの楽曲「女の子は誰でも」を『カーネーション - 紅組なら誰でも』としてメドレーで披露した。 2012年• 1月11日、東京事変の解散を発表。 本人による解散声明文には「事変は来(きた)る閏日(うるうび)解散致します」とあり、2012年2月14日より最後のツアー「」を開催した後、ツアー最終日となる2月29日をもって解散した。 5月16日、東京事変解散後、初となる楽曲「」を配信限定でリリース。 同曲はTBS系ドラマ「」の主題歌として書き下ろされた。 8月8日にリリースされたのアルバム『』に楽曲(「真夏の脱獄者」)を提供。 9月から10月にかけてのプレイハウスにて上演されたの第17回公演NODA MAP「エッグ」で、野田の依頼により劇中の音楽を担当。 また前月の8月31日には劇中で歌われた楽曲をアルバム「」(歌唱は)としてリリース。 2013年 — 現在:デビュー15周年 この節のが望まれています。 2013年• 5月27日、デビュー15周年のこの日に12枚目のシングル「」と女優のに楽曲提供したシングル「」を同時発売。 9月12日、「」を開設。 11月13日、『』、『』、ボックス『』、集『』を発売。 11月18日から、で5年ぶりとなる単独公演「」を開催。 この公演中、ファンに向けてこの年の初夏に女児を出産したことを会場で報告した。 11月28日・29日、で、8年ぶりとなるファンクラブ会員限定コンサート「椎名林檎 十五周年 班大会 平成二十五年浜離宮大会」を開催。 2014年• 2月13日から16日にかけて東京劇術劇場シアターイーストで上演された野田秀樹作の一人芝居『ガラスの国のティンカーベル』に劇中曲を提供。 5月27日、初のセルフカバー・アルバム『』を発売。 6月11日、13枚目のシングルとして「」を発売。 本楽曲は2014年度サッカー中継のテーマソングとして書き下ろされた。 11月5日、約5年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『』を発売。 それに先駆けてアルバム収録曲「ありきたりな女」を10月1日に先行配信。 11月29日から12月21日まで、「林檎博'14 -年女の逆襲-」を開催。 12月31日、に2度目の出場。 2015年• 2月25日、14枚目のシングル「」を発売。 日本テレビ系ドラマ「」の主題歌として書き下ろされた。 5月13日、アニメ映画『』の主題歌に採用された配信限定曲「」を、映画の世界公開に合わせて全世界同時配信リリース。 7月26日、「」(GREEN STAGE)に出演。 8月1日、「」(GRASS STAGE)に出演。 8月5日、となる15枚目のシングル「」を発売。 8月16日、自身初の海外公演「椎名林檎 生 林檎博'15 -垂涎三尺-」を・南港展覧館にて開催。 12月31日、に3度目の出場。 2016年• 1月25日、・における、・への「フラッグハンドオーバーセレモニー」検討メンバー(プランニング担当)に就任。 2月28日、「」で「BEST FEMALE ARTIST(もっとも優れた女性ソロアーティストに授与される賞)」を受賞。 12月31日、に4度目の出場。 2017年• 『』を発売。 ドラマ「」の主題歌として書き下ろした。 大ヒットを記録し、2017年度にもっとも売れた配信シングルとなった。 『』を発売。 大型商業施設「」のテーマソングとして、銀座の魅力を表現した新たなる銀座のテーマソング制作の依頼を受けて椎名林檎が書き下ろした。 12月6日、セルフカバーアルバム第二弾、『』を発売。 12月、2020年東京オリンピックの『4式典総合プランニングチーム』に選出される。 12月31日、に5度目の出場。 2018年• 5月23日、初のトリビュートアルバム『』を発売。 5月27日、全曲のサブスクリプションサービス解禁。 9月27日、10月1日にリニューアルされる「」の新テーマソングとして書き下ろし新曲『』の起用が発表。 12月31日、に6度目の出場。 2019年• 5月27日、約4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『』を発売。 それに先駆けてアルバム収録曲「鶏と蛇と豚」を4月23日 、「駆け落ち者」を5月2日 、「TOKYO」を5月17日 に先行配信。 11月13日、自身初となるベスト・アルバム『』を発売。 アルバム内には新曲として「公然の秘密」 9月30日に先行配信 、との「浪漫と算盤 LDN ver. 」 11月2日に先行配信 を収録している。 ディスコグラフィー シングル 発売日 タイトル 備考 収録アルバム 1 1998年5月27日 無罪モラトリアム 1999年10月27日 再発盤 2 1998年9月9日 3 1999年1月20日 4 1999年10月27日 勝訴ストリップ 5 2000年1月26日 6 - 2000年9月13日 シングル集 私と放電 7 2001年3月28日 ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜 8 2003年1月22日 加爾基 精液 栗ノ花 9 2003年11月25日 ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜 - 2007年1月17日 平成風俗 10 2009年5月27日 日出処 11 2011年11月2日 12 2013年5月27日 13 2014年6月11日 14 2015年2月25日 三毒史 15 2015年8月5日 両A面シングル 配信限定シングル 発売日 タイトル 収録アルバム 2006年11月11日 三文ゴシップ 2009年9月30日 MY FOOLISH HEART〜crazy in shibuya〜 浮き名 2012年1月7日 2012年5月16日 日出処 2015年5月13日 2016年8月22日 三毒史 2017年4月20日 2017年12月22日 2018年10月2日 三毒史 2019年11月25日 浪漫と算盤 TYO ver. アルバム 枚 発売日 タイトル 備考 1 1999年2月24日 オリジナル 2 2000年3月31日 2002年5月27日 カバー 3 2003年2月23日 オリジナル 2007年2月21日 コラボ 2008年7月2日 カップリング集 4 2009年6月24日 オリジナル 2013年11月13日 コラボ・ベスト ライブ・ベスト 2014年5月27日 セルフ・カバー 5 2014年11月5日 オリジナル 2017年12月6日 セルフカバー 2018年5月23日 トリビュート 6 2019年5月27日 オリジナル 2019年11月13日 自身監修による初のオールタイム・ベスト 映像作品• アンコンディショナル・ラブ(原題:) の「」のだが、実際に元となっているのはが1991年に発表したカバー(アルバム『」収録)である。 シングル『』に収録。 クレイジーフォーユー(原題:) のカバー。 ライブツアー「」で披露された。 のカバー。 『』、『』、『』に収録。 元はの楽曲だが版をカバー。 「恍惚極秘演奏会」や「」で披露された。 のカバー。 学園祭ツアー「」や「虚栄ブランコ」で披露された。 のカバー。 学園祭ツアー「学舎エクスタシー」で披露されたのち、シングル『』に収録された。 のカバー。 学園祭ツアー「学舎エクスタシー」や「虚栄ブランコ」で披露された。 (原題:) のカバー。 シングル「」に収録。 ライブツアー「」で披露された。 拝啓EMI殿(原題:E. ) のカバー。 「座禅エクスタシー」で披露されているが、DVDには収録されていない。 のトリビュート・アルバム『』に収録。 (2002年4月10日正午-4月17日正午、5月1日正午-5月9日正午配信) 邪(椎名林檎によるのコピーバンド)名義によるカバー。 インターネットでのみ販売された。 どうぞこのまま のカバー。 「恍惚極秘演奏会」などで披露された。 スピッツのカバー。 「激昂クヲンタイヅ」で披露された。 delayed brain のカバー。 ライブツアー「」の日本武道館公演で、一部を披露した。 のカバー。 ライブツアー「雙六エクスタシー」で披露された。 白い花の咲く頃 のカバー。 ライブツアー「雙六エクスタシー」の沖縄公演で披露。 日本武道館公演でも一部披露された。 パパイヤマンゴー(原題:Mangos)(2007年2月21日) ローズマリー・クルーニーのカバー。 アルバム『』に収録。 「」で、と披露。 ストリングスカルテットのライブにゲスト出演した際に披露。 Alfie のカバー。 「」で、椎名に提供した「IT WAS YOU」と共に披露。 のカバー。 「」で、宇多田への結婚祝いと称し披露。 宇多田ヒカルのカバー。 宇多田ヒカルデビュー15周年記念企画ソングカバー・アルバム『』に収録。 13 jours au Japon 〜2020日本の夏〜(原題:) のカバー。 ピエール・バルーが設立したの発足50周年を記念したコンピレーションアルバム『サラヴァの50年』に収録。 のカバー。 同名映像作品に収録。 のカバー。 同名映像作品に収録。 のカバー。 同名映像作品に収録。 のカバー。 同名映像作品に収録。 のカバー。 カバー・アルバム『』に収録。 提供曲・プロデュース 曲名 発売 アーティスト 収録 参加内容 1998年 作詞・作曲 1999年 作詞・作曲 作詞・作曲 シャンプー 作詞・作曲 2000年 シングル 作詞・作曲・編曲 いけない子 シングル 作詞・作曲・編曲 日本(にっぽん)に生まれて シングル 作詞・作曲・編曲 2008年 作詞・作曲・編曲 シングル 作詞・作曲・編曲 都会のマナー 2009年 ともさかりえ 作詞・作曲・編曲 子供の情憬 作詞・作曲・編曲 作詞・作曲・編曲 主演の女 作詞・作曲・編曲 2011年 作詞・作曲・編曲 作詞・作曲・編曲 作詞・作曲・編曲 作詞・作曲・編曲 真夏の脱獄者 2012年 作詞・作曲 2013年 シングル 作詞・作曲 2014年 X -Cross II- 作詞・作曲 名うての泥棒猫 作詞・作曲 作詞・作曲 2015年 SMAP 作詞・作曲 シングル 作詞・作曲・編曲 2016年 シングル 作詞・作曲・編曲・ボーカルディレクション シングル 作詞・作曲・編曲・ボーカルディレクション 2017年 シングル 作詞・作曲 シングル 作詞・作曲 Doughnuts Hole(・・・) シングル 作詞・作曲・編曲 宇宙の記憶 2019年 シングル 作詞・作曲・編曲 劇伴など• 『』(2004年7月) 音楽を担当。 主題歌に「」を提供。 映画『』(2007年2月公開) 音楽監督。 主題歌に「」、エンディングテーマに「」を提供した他、全劇中音楽を担当。 『』(2007年6月) 挿入歌として「玉手箱」を提供。 『今日と明日の間で』(2012年1月公開) テーマ音楽に「」を提供。 NODA MAP 第17回公演『エッグ』(2012年9月 - 10月) 音楽を担当。 劇中曲全8曲を収録したアルバム『』も発売された。 舞台『障子の国のティンカーベル』(2014年2月13日 - 16日) 野田秀樹作の一人芝居に劇中曲を提供。 「人生は、夢だらけ。 」(2016年3月1日 - ) イメージキャラクターのが歌うの詞曲を担当。 『逆輸入 〜航空局〜』に歌詞が書き換えられメロディも追加されたセルフカバー曲「 人生は夢だらけ」を収録。 タイアップは。 未音源化曲• 乳頭デストロイヤー 1999年に行われた学園祭ツアー『』で披露された曲。 ライブMCで椎名は、当時所属していた事務所「」の社長に向けて書いた曲と発言している。 玉手箱 2007年に上演された『』挿入曲。 みかんの皮 小学2年生(7歳)の頃に友人と一緒に作った曲で、処女作。 2008年の10周年ライブ『』で披露された。 確かな誇り 「カーブパンツ」CMソング。 バンドメンバーとしての二期メンバー全員が出演。 単独コンサート• (1999年)• (1999年)• (2000年)• (2000年)• (2000年)• (2003年)• (2003年)• (2005年)• (2008年)• (2013年)• 班大会 平成二十五年浜離宮大会(2013年)• (2014年)• (2014年)• (2015年)• ひょっとしてレコ発2018(2018年)• 「」(2008年7月14日)• NHK総合「」(2000年2月5日 - 2007年3月2日) 2005年には東京事変として「ポップジャム 」に出演した。 NHK総合「椎名林檎 お宝ショウ@NHK」(本放送 2007年3月10日深夜、再放送 3月28日深夜) アルバム『』が発売された際に放送された。 4月5日には、 で海外に向けても放送された。 NHK総合「」• NHK総合「」(第一夜 2009年6月24日、第二夜 2009年7月1日、2014年4月12日)• 「」(2007年2月2日) 編のゲストシンガーとして出演。 NHK BS-2、「」(BS-2 8月7日、BS-hi 8月13日) 編にコメント出演。 NHK BS-2、BS-hi「」 ゲストのへのコメント出演。 「」(2007年1月6日、1月27日、2月17日、3月10日、3月31日)• 系列「ま!いっか」(1999年2月5日)• テレビ朝日系列「」• テレビ朝日系列「」(2003年3月26日) 生出演でと対談し、歌も披露。 系列「」(2003年2月21日) 「」のコーナーに出演し、と対談。 歌も披露。 TBS系列「」• TBS系列「」(2009年6 月27日) インタビュー出演。 系列「」(2005年7月8日 - ) メインゲストの対談相手として初出演。 その後、ソロでは1回(2007年2月23日) 、東京事変としては2回(2006年1月27日、2007年9月21日)出演している。 フジテレビ系列「」(2009年6月15日) 「ハマSONG」のコーナーに出演。 フジテレビ系列「」• フジテレビ系列「」(2009年6月24日) インタビュー出演。 系列「」• (2014年11月29日、)作家と対談 ラジオ• 「椎名林檎の悦楽巡回(えつらくパトロール)」(1998年10月〜1999年3月、1999年4月〜1999年6月) という番組枠内で椎名がを務めていた番組。 上記放送期間以外にも、「添い寝スペシャル」や「姫初めスペシャル」などというサブタイトルをつけて放送されたことがある。 また、ゲストを迎えて放送された回がある。 回文の小径 からを募集し、発表するというコーナー。 椎名の『RAT』でも紹介された。 サウンドスケープ 毎週あるテーマをもとに話していくというコーナー。 最終回にはリスナーと直接電話をするというものだった。 五文字熟語 姫始めスペシャルの際のプレゼント応募の条件として出されたものだったが、多数の応募があったため、添い寝スペシャルでコーナー化する。 「」(2009年6月22日)• 「 〜椎名林檎 リンリン生唾ラヂヲ〜」(2001年4月8日) 椎名林檎特集。 産休中のため本人出演はなく、事前に録音されたインタビューが流れた。 JFN「」(2009年6月28日) のナビゲートで椎名林檎特集。 「」内「」(2011年5月11日)• TOKYO FM「」(2011年5月14日)• TOKYO FM「」• TOKYO FM「ラジオ 元・風とロック」• TOKYO FM「」(2011年7月3日)• TOKYO FM「」• J-WAVE「」 ウェブテレビ• NHK総合「武道館に桜が咲いた日 〜アンジェラ・アキ ライブ&ドキュメント〜」(2007年3月18日)• 「坂東玉三郎の宇宙」(2013年3月16日)• 「 」(2014年)• 「立川談志特別番組『遺芸 立川談志』」(2014年11月21、25、30日) テレビCM• 「」(2009年11月〜2012年2月) には東京事変の楽曲「」、「勝ち戦」(アルバム『』収録)、「」、「」が使用された。 「」(2011年2月〜2012年2月) CMソングには東京事変の楽曲「」が使用された。 「」(2014年12月〜2015年2月) CMソングには椎名の楽曲「ちちんぷいぷい」(アルバム『』収録)が使用された。 au「」(2015年5月〜) CMソングには椎名の楽曲「神様、仏様」が使用された。 同楽曲にはのがとして参加しており、CM「 『横切るisai』」篇のナレーションも担当している。 「」(2019年3月〜) CMソングには椎名の楽曲「人生は夢だらけ」が使用されている。 なお、登場は終盤のほんの数秒のみ。 ミュージック・ビデオ• 「名うての泥棒猫」 その他• 使用機材 エレキギター• Duesenberg Starplayer II(カラー:Surf Green) デビュー以来最も多くの場面で使用された。 初のライブツアー「先攻エクスタシー」、学園祭ツアー「学舎エクスタシー」でメインギターとして使用されたほか、「」や「」のでも使用されている。 ボディがで装飾されており、「ディートリッヒ坊や」ので呼ばれる。 現在は製造中止。 Duesenberg Starplayer TV(カラー:Silver Sparkle) ライブツアー「」、単発公演「」でメインギターとして使用されたほか、「」や「」のミュージック・ビデオでも使用されている。 またの「」のミュージック・ビデオや、ライブツアー「」のサブギターとしても使用された。 ドイツ デューセンバーグ社製。 Duesenberg Starplayer TV(カラー:Surf Green) ライブツアー「下剋上エクスタシー」でサブギターとして使用された。 ドイツ デューセンバーグ社製。 ボディ表面に金箔を使ってとのが施されている。 また、東京事変の「」のミュージック・ビデオでも使用されている。 ドイツ デューゼンバーグ社製。 Duesenberg V-Caster(カラー:Vintage White) 東京事変の「」のミュージック・ビデオ、ライブツアー「東京事変 live tour 2005"dynamite! "」でメインギターとして使用された。 ドイツ デューゼンバーグ社製。 Rickenbacker 620(カラー:ミッドナイトブルー) アルバム『』収録曲の「」の歌詞に登場するギター。 購入したのは曲が作られた後で、歌詞とは異なりではなくの楽器屋で購入したとの事。 ライブツアー「先攻エクスタシー」や、学園祭ツアー「学舎エクスタシー」でサブギターとして使用されたほか、「」のミュージック・ビデオでも使用されている。 VOX Phantom(カラー:Red)• Artist(カラー:Natural) に紹介されたギター。 第2期東京事変の活動以降メインで使用されている。 東京事変の『』収録曲「勝ち戦」、ソロでは「」のミュージック・ビデオでも使用されている。 また、アルバム『』『』のジャケットにも使用されている。 アメリカ 社製。 (カラー:Antique Natural) 「」のミュージック・ビデオで使用されているギター。 アメリカ ギブソン社製。 NAGARE(カラー:Blue) もとは社のだったものであり、島村楽器店にて「是非林檎さんに弾いてもらいたい」と言われ貰ったギター。 などで使用された。 アコースティックギター• FK-1J 東京事変のライブツアー「東京事変 live tour 2005"dynamite! "」、「」で使用された。 OOO-28EC 2009年5月放送ので「」を披露する際に使用されたアコースティックギター。 Martin OOO-28VS 東京事変のツアー「」で使用されたアコースティックギター。 「」の演奏で使用され、出演時にも使用された。 GAD-40CE 東京事変のライブツアー「東京事変 Live Tour 2011 Discovery」で使用されたアコースティックギター。 エレキベース• Danelectro LONGHORN BASS(カラー:AQUA BURST) ライブハウスツアー「」で使用された。 アメリカ 社製。 アンプ• Rockerverb• Orange PPC412 マイクロフォン• Elle C(カラー:White)• AKG LC(カラー:Black) 上記2種は「」以降のコンサートやテレビ出演時に使用している。 また東京事変の楽曲「」のミュージック・ビデオではElle Cが、「」、「」、「」ではLCが使用されている。 AKG社製。 現在は製造中止。 2008年の「」の演奏をしたバックバンド。 総勢68名。 :椎名林檎(歌唱・エレキギター・電子ピアノ)• :亀田誠治• :エルトン永田• :中山信彦• :高桑英世、大澤明子、清野真衣子• :庄司さとし• :十亀正司• :福井 蔵• :藤田乙比古、岡村 陽、中澤幸宏、古江仁美• :本田雅人、鍬田修一• :竹野昌邦、吉田治• :西村浩二、横山 均、菅坡雅彦、田中充• :村田陽一、奥村 晃、池城 勉、東條あづさ• Percussion:高田みどり、藤井珠緒、大石真理恵、小竹満里• :グレート栄田• :小倉達夫、阿部倫子、入江 茜、栄田 緑、押鐘貴之、越川 歩、今野 均、坂田佳奈子、白須 今、滝沢幸二郎、角田知寿子、浜野考史、村田幸謙、三木希生子、矢野晴子• :山田雄司、秋山俊樹、大沼幸江、高嶋麻由、細川亜維子、渡部安見子• :笠原あやの、阿部雅士、徳澤青弦、前田善彦、槙岡絵里香、向井 航• :安東章夫、一本茂樹、斎藤輝彦、谷中 隆• :(スペシャルゲスト) 2015年のや台湾公演「椎名林檎 生 林檎博'15 -垂涎三尺-」、ホールツアー「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」、のバンドメンバー。 ギター:名越由貴夫• ベース:鳥越啓介• ドラムス:(夏フェス、台湾、ツアー)• ドラムス:(紅白)• キーボード:ヒイズミマサユ機• アコーディオン:佐藤芳明(夏フェス、台湾)• トロンボーン:村田陽一• トランペット:西村浩二• 無罪モラトリアム (1999年7月28日) おまけで椎名直筆の「積木遊び」の振り付け指南イラストに加え、「リモートコントローラー」の冒頭部分の譜面が掲載。 勝訴ストリップ (通常版2000年7月 新装版:2004年12月25日) 初版本はステッカー(エアシール)付きで発売。 諸事情により表紙が通常盤のジャケットに差し替えられ、ステッカー無しの新装版としてに再発売。 絶頂集 (2001年5月) 発行数が少なかった為現在は絶版。 加爾基 精液 栗ノ花 (2003年6月26日) ギター・マガジン、キーボード・マガジンでのインタビュー記事再録、楽曲解説、本人自筆コメントなどが収録され、ステッカー付きで発売。 私と放電 (2008年7月30日) 初版本のみステッカー付き。 ピアノ弾き語り ベスト・セレクション (2008年7月30日) 初版本のみステッカー付き。 バンド・スコア「私と放電」と同時発売で、デビュー曲「幸福論」から「りんごのうた」までの中から選曲され、ピアノ弾き語り用アレンジにて掲載。 三文ゴシップ (2009年8月7日) 初版本のみステッカー付き。 ドレミ楽譜出版社 より発売• ギター弾き語り 椎名林檎 無罪モラトリアム (1999年11月2日)• 真夜中は純潔 (2001年4月) ヤマハミュージックメディア よりピアノスコア発売。 椎名林檎 無罪モラトリアム (1999年11月8日) 書籍• 『Ringo BoOK』(2009年5月27日、黒猫堂)• 『音楽家のカルテ』(2014年12月25日、) 関連項目• の楽曲「きらきら武士」に参加した際の変名。 それ以外にも、ライブやレコーディングでは・・・・・・などを演奏することもあり、またライブでは曲によっての代わりにを使って歌唱する。 2001年から2002年にかけては出産のため、2004年から2005年にかけてはバンド・東京事変のボーカルに専念するためにソロ歌手としての活動を休止。 椎名の依頼により、2003年に行ったツアー「」の公演のを制作した。 、、徳間ジャパンなどで手腕をふるってきた制作ディレクターで、やのメジャーデビューの仕掛け人。 デビュー前の椎名の後見人的人物。 自宅が近所だったこともあってしばしば椎名家を訪れ、娘の将来を心配する両親に相談された際には椎名の音楽に対する天性の資質と優れたプロデューサーとしての能力の両面を併せ持った才能を高く評価し、プロへの道を進むことに賛同した。 それが・であってもの原型は西洋からきているのでもともと英語に乗るようにできていると考えているため。 長谷川とは2005年に開催された自身のコンサート「」や長谷川のテレビ出演の際に共演。 母親はの出身。 中学校の卒業式の後、友人たちと訪れた店で、賞金百万円に惹かれてカラオケコンテストに全員でエントリーして個人情報を登録したところ、後日、からタレントスカウトキャラバンの九州代表として選ばれたという連絡があり、全国大会に出場することになった。 メンバーに曲を教えるために椎名が書いたとを目にしたディレクターが各パートの楽器の演奏の仕方まで彼女が指示するワンマン・バンド状態であることに気付き、そうするようアドバイスした。 同郷の谷口とは「宇宙アンテナ」というバンドを組んでいた。 音源自体は渡英する前に制作したもの。 ちょうどこのプロモーションの頃に渡英の原因となったスタッフの入れ替えが行われ、状況が好転する。 2枚を同時に出したのは単純にどちらか一つに選べなかっただけで、あまり意味はない。 メジャーなアーティストの楽曲がプロモーション目的で無料配信されたのは、ほぼこれが初めてと言ってよかった。 それまでの記録は、2000年2月に実施されたのラジオ番組「の llnightnippon. com」のインターネット生中継イベント「Media "Mixture" スペシャル」で記録された同時14,600ストリームだった。 このシングルのPVを撮影しているときに妊娠が発覚した。 はこのツアーのバックバンドとして結成された。 「椎名林檎と」名義• 「椎名林檎と」名義• 「椎名林檎と」名義• 「椎名林檎と」名義• 1975年のオリジナル版リリース時は「荒井」だった(次作より「松任谷」に改姓)。 なお作詞にはも参加している。 テレビジャパンとは、米DISH Network社の衛星放送や提携ケーブル・IP回線を通じて日本の番組を放送するテレビ局で、アメリカ・カナダ・アラスカなど北米の各地域で視聴が可能。 には椎名がへ提供した楽曲「最果てが見たい」が使用されている。 琴の音色を使用。 椎名林檎がデザインのとなったキャラクターでホクロの位置・誕生日・身長・ギターのデザインなどが同じ。 映画版の主演女優・は、演じる際にと椎名林檎を参考にして役作りしたと語っている。 作中にて主人公が椎名林檎の歌を「女の殺し屋の歌」と表現。 SR 猫柳本線. 2014年10月29日閲覧。 2010年10月3日閲覧。 音楽ナタリー 2017年12月21日. 2017年12月27日閲覧。 J-WAVE. 2019年6月2日放送. 2019年6月2日閲覧。 2008年12月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年11月23日閲覧。 Yamaha 2001年5月27日. 2014年11月16日閲覧。 編集部+松田義人「第二章 椎名林檎大辞典」『前略 椎名林檎様』、、2001年2月、 94頁。 Techinsight 2014年6月1日. 2014年10月29日閲覧。 2011年7月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年3月12日閲覧。 Musicman's RELAY 2014年4月9日. インタビュアー:屋代卓也/山浦正彦. Musicman-NET, エフ・ビー・コミュニケーションズ. 2016年5月9日閲覧。 2016年6月7日. 2016年6月9日閲覧。 2016年6月7日. 2016年6月9日閲覧。 椎名林檎 2017年5月29日. インタビュアー:内田正樹. 2017年5月31日閲覧。 , 株式会社ナターシャ 2013年11月13日. 2014年11月9日閲覧。 インタビュアー:内田正樹. , 株式会社ナターシャ. 2014年11月28日閲覧。 椎名林檎 2014年11月6日. インタビュアー:三宅正一. , 株式会社ナターシャ. 2014年11月9日閲覧。 2015年2月9日放送. 2016年2月8日閲覧。 2014年11月17日. 2016年2月8日閲覧。 丹生敦『林檎コンプレックス - 椎名林檎的解体新書』、太陽出版、2003年8月、 26頁。 インタビュアー:ツダケン/unga! 編集部. 椎名林檎15周年記念サイト,. 2015年4月2日閲覧。 インタビュアー:ツダケン/unga! 編集部. 椎名林檎15周年記念サイト,. 2015年4月2日閲覧。 丹生敦『林檎コンプレックス - 椎名林檎的解体新書』、太陽出版、2003年8月、 13-17頁。 インタビュアー:ツダケン/unga! 編集部. 椎名林檎15周年記念サイト,. 2015年4月2日閲覧。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 22-23頁。 インタビュアー:ツダケン/unga! 編集部. 椎名林檎15周年記念サイト,. 2015年4月2日閲覧。 TOKIO HOT 100 持ち込みレコメン. J-WAVE. 2008年9月7日放送. 2016年2月8日閲覧。 椎名林檎の悦楽巡回. 1999年5月9日放送. 2016年2月8日閲覧。 日本:. 丹生敦『林檎コンプレックス - 椎名林檎的解体新書』、太陽出版、2003年8月、 12頁。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 39-41頁。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 53-54頁。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 61頁。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 75頁。 野見山實 2007年6月14日. 2013年5月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年11月23日閲覧。 丹生敦『林檎コンプレックス - 椎名林檎的解体新書』、太陽出版、2003年8月、 53-54頁。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 86頁。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 91-92頁。 丹生敦『林檎アレルギー』、太陽出版、2000年8月、 113頁。 2014年11月5日閲覧。 Special Interview 椎名林檎 2000年3月. インタビュアー:熊谷美広. BEAVOICE, 株式会社ビッグ・イヤー・アンツ.. の2002年1月6日時点におけるアーカイブ。 2014年12月21日閲覧。 2000年4月3日. 2015年9月11日閲覧。 日本ゴールドディスク大賞. 2008年12月20日閲覧。 日本レコード大賞 2000年. 2011年7月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年12月20日閲覧。 2000年8月4日. 2015年9月11日閲覧。 2008年12月20日閲覧。 『』 2005年7月8日. 2009年9月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年12月20日閲覧。 2010年3月8日閲覧。 2009年5月8日. 2010年3月8日閲覧。 ナタリー 2009年3月16日. 2010年3月8日閲覧。 ナタリー 2009年4月17日. 2010年3月8日閲覧。 2009年7月6日. 2010年3月8日閲覧。 ナタリー 2009年11月17日. 2010年3月30日閲覧。 natalie. 2014年9月19日. 2014年9月20日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2015年5月13日. 2015年9月30日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2015年8月18日. 2015年9月30日閲覧。 - ブレーン AdverTimes、2016年1月27日• 音楽ナタリー 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 2018年4月12日閲覧。 音楽ナタリー 2017年11月5日. 2018年10月2日閲覧。 音楽ナタリー 2018年3月2日. 2018年10月2日閲覧。 音楽ナタリー 2018年4月5日. 2018年10月2日閲覧。 2018年5月28日. 2019年5月30日閲覧。 音楽ナタリー 2018年9月27日. 2018年10月2日閲覧。 音楽ナタリー 2018年10月2日. 2018年10月2日閲覧。 2018年12月31日. 2019年5月30日閲覧。 2019年4月5日. 2019年5月30日閲覧。 2019年4月22日. 2019年5月30日閲覧。 2019年5月1日. 2019年5月30日閲覧。 2019年5月16日. 2019年5月30日閲覧。 2019年9月26日. 2019年11月20日閲覧。 2019年9月20日. 2019年11月20日閲覧。 2019年11月1日. 2019年11月20日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月14日. 2016年1月16日閲覧。 音楽ナタリー 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 共同通信PRワイヤー 2016年2月29日. 2017年1月19日閲覧。 音楽ナタリー, 株式会社ナターシャ 2014年12月11日. 2014年12月16日閲覧。 Ro69. 2015年1月8日. 2015年1月8日閲覧。 音楽ナタリー, 株式会社ナターシャ 2015年5月28日. 2015年5月28日閲覧。 2015年6月26日. 2015年6月26日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年3月25日. 2016年3月25日閲覧。 前半の大トリで歌唱• 紅組歌手としては、3年ぶりの出場• フジテレビ系『僕らの音楽』 2005年7月8日. 2010年3月8日閲覧。 フジテレビ系『僕らの音楽』 2006年1月27日. 2010年3月8日閲覧。 フジテレビ系『僕らの音楽』 2007年9月21日. 2010年3月8日閲覧。 Inc, Natasha. 音楽ナタリー. 2019年6月1日閲覧。 au公式YouTubeチャンネル 2015年5月27日. 2015年6月1日閲覧。 「中島美嘉&宮崎あおい 映画『NANA』の裏舞台を語る」『 10月号』、、2005年。 外部リンク 公式サイト• (所属事務所による公式ホームページ)• (レコード会社によるアーティストページ)• (東京事変のレコード会社によるアーティストページ) 公式アカウント• - チャンネル• 417rs - 関連サイト• (ドイツ Duesenberg 社公式サイト。 社史に名前が載っている。 自社ギター使用アーティストの一人として紹介)•

次の