喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法。 喉がチクチクして、じわっと範囲が広がって、咳が我慢できない発作【咽頭喉異常感症】|HSPの繊細革命

長引く咳:医師が考える原因と対処法|症状辞典

喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法

保険適用で無理のない禁煙始めませんか?• 喘息(ぜんそく) 喘息とは 喘息は、ゴホゴホと咳き込むため、のどの病気と思われがちですが、肺までを含めた「気道(特に気管支)」が慢性的なアレルギー性の炎症を起こしている「気道」の病気です。 気道とは、平滑筋という筋肉で囲まれ、粘膜で覆われている空気の通り道です。 炎症によって敏感になった気道が様々な刺激に対して反応して狭くなることによって、咳や喘鳴(ヒュー音)などの症状が発現します。 この症状が発現した状態を「発作」と呼びます。 喘息における気道 喘息患者の気道は、持続する炎症により、上皮が傷つき、様々な刺激に対して敏感になっています。 また、粘膜がむくみ、たんも増えるので空気の通り道が狭くなっています。 発作の時は気道の筋肉が収縮してさらに息が苦しくなります。 喘息発作を引き起こす主な因子 喘息発作は、ダニやほこりなど特定の抗原への過剰な免疫反応(アレルギー反応)によって引き起こされる場合やアレルギー反応以外の因子によって引き起こされる場合があります。 代表的な悪化因子は、以下のとおりです。 ご自身の喘息を悪くする原因を知り、原因を除去したり、避けるように心がけることが重要です。 喘息治療薬の種類 喘息治療薬は、発作時に使用する薬(レリーバー)と発作を予防するために使う薬(コントローラー)の2種類があります。 喘息の治療は (1)発作による症状がなく、レリーバーを使わなくて良い状態 (2)呼吸機能が正常に保たれている状態 (3)日常生活が健常人と変わらないようにできる状態 が目標です。 目標達成のため、医師の指示にしたがって根気良く治療することが大切です。 咳外来(咳でお困りの方へ) 「数日間せきが止まらない」「のどや気管がイガイガ・カサカサ・ムズムズ・チクチクしてせきが出る、違和感があったり、かゆくてせきが出る」 「他の内科や耳鼻咽喉科に行ってもせきが止まらない」などのお悩みをお持ちの方はご相談下さい 長引く「せき」の原因として多い病気と特徴的な症状 気管支喘息 子供に多い病気を思われがちですが、大人になってから発症する人も多くいます。 喘息は空気の通り道である気道に炎症が起きる病気です。 「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)が特徴です。 喘息患者さんの気道は過敏になっていて、アレルゲンやウィルス、タバコ、冷たい空気などの 刺激が加わると気道が狭くなります。 そのため咳が出たり息苦しくなったりします。 時には命に関わる発作もあるので、継続的な治療が必要です。 喘息の治療薬には、「発作を起こさないようにするための薬」と「発作が起きた時に使う薬」があります。 その2つを上手に組み合わせて症状のコントロールを行います。 咳喘息 特に最近では「咳喘息」が増えてきています。 「咳喘息」は長引く咳の原因として最も多い病気の1つです。 風邪を引いて「乾いた咳」だけが残る、早朝や夜間、冷たい空気を吸った時、運動、飲酒、緊張した時にも咳が出やすくなります。 治療をせずに我慢していると典型的な喘息になることがあるため「喘息の前段階」と言われています。 喘息治療に使われる「吸入ステロイド薬」や「ロイコトリエン受容拮抗薬」がよく効くことがわかっています。 アトピー咳嗽 がいそう) 「乾いた咳」「喉がイガイガ」「痰が喉にひっつく感じ」などがあると、アトピー咳嗽(がいそう)が疑われます。 咳喘息と同じく、乾いた咳が継続して続きます。 咳喘息との違いは、アレルギー性鼻炎や花粉症などももっている等アレルギーとの関与が大きいことです。 気道の炎症によって咳の反射が過敏になって起こります。 花粉症の治療に使われるアレルギーの薬(ヒスタミン受容拮抗薬)が有効です。 気道の炎症を抑えるために、吸入ステロイド薬を使うこともあります。 COPD(慢性閉塞性肺疾患) 主な原因は「タバコ」、60歳以上の人に多い病気です。 タバコなど有毒なガスを長年にわたって吸い込むことによって、空気の通り道である気道が狭くなったり、 気道の先端にある肺胞が壊れてしまう病気です。 そのため、酸素を吸って二酸化炭素を出すガス交換の効率が悪くなり息切れが起こります。 一度壊れた肺胞は元に戻りません。 咳、痰とともに、体を動かした時に伴う息切れや息苦しさが特徴となります。 スパイロメーターという機器を使って肺の機能を調べます、痛みはありません。 タバコを吸っている人は、まず禁煙することが一番の治療となります。 また咳や息切れを軽くするために気管支拡張剤を使います。 進行すると、薬物療法だけでなく呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法が必要になります。 副鼻腔炎気管支症候群 鼻と気管支の両方に炎症が起きて、湿った咳が続く病気です。 慢性の気管支の炎症と慢性副鼻腔炎を同時に患った状態です。 副鼻腔気管支症候群は、ゴホゴホという湿った感じの咳や、黄色い~緑色で粘り気のある痰が出ます。 鼻水が喉の方に落ちたり垂れ込んだりして、 いつも痰が絡んだような感じがし、咳払いをしたくなります。 痰を切る薬や抗菌薬を服用します。 胃食道逆流症(逆流性食道炎) 「胃や食道の病気で咳が出るのか」と思うかもしれませんが、実は関係があります。 「胃食道逆流症」は胃から食道へ胃酸が逆流する病気です。 その症状は様々で、主な症状としては「胸やけ」や 「呑酸(どんさん・すっぱい液体が口まで上がってくる)」ですが、人によってはしめつけられるような胸の痛み、 咳、喉の違和感などもあります。 原因は逆流した胃液が喉や気管支を刺激したり、食道の粘膜を通して神経を刺激することによって 咳が出ると考えられます。 胃酸の分泌をおさえる薬や低下した胃の運動を活発にする薬を服用します。 こうした薬で胃酸の逆流を防ぐことによって咳もおさまります。 感染後咳嗽 がいそう) 風邪などの感染症による咳は、時間とともにおさまるのが普通ですが、風邪の原因となるウィルスや肺炎マイコプラズマ、 肺炎クラミジア、百日咳菌の感染は、家族内や学校・職場など小集団で流行がみられるのが特徴です。 初めは痰が絡むような咳が出ますが、長引くにつれ痰が絡まない乾いた咳に変化します。 肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミジア、百日咳菌の感染が疑われる場合は、早期に抗菌薬を服用することが大切です。 その他、鑑別しなければならない病気 肺結核、肺がん、慢性気管支炎、降圧薬の副作用、心因性などがあります。 少しでも気になることがあれば、是非ご相談ください。

次の

喉がチクチクして、じわっと範囲が広がって、咳が我慢できない発作【咽頭喉異常感症】|HSPの繊細革命

喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法

喉がムズムズして咳がでる!原因は?その1:風邪などウイルスによるもの 風邪を引いた場合の喉のムズムズ、実は痒みや痛みという受け取り方の感覚の違いがあるだけで、 原因は同じウイルスや細菌による感染です。 ウイルスに感染することによって炎症し、その部分が痒くなったり痛くなったりしているのです。 咳はそういったウイルスを排除するために必要な機能ですが、逆に繰り返しすぎて喉を傷めてしまい、刺激を受けやすくなってさらに咳がひどくなることもあります。 風邪を引いたあとに咳だけ長引くこともよくありますが、これも同じようにkい気道が敏感になっているために起こっているのです。 風邪が治って落ち着いてくると自然に回復しますので、あまり気にせず喉を労りながら過ごしましょう。 また逆に、喉の痒みを特に強く感じる場合は 風邪などの初期症状である可能性が高いです。 早く対処出来ればその分回復も早まりますので、喉の痛みを感じたら 休息を取るなどして悪化させないようにしてくださいね。 喉がムズムズして咳がでる!原因は?その2:花粉症などのアレルギー 花粉症がよくある アレルギー症状ですが、アレルギーは想像以上にたくさんの可能性があります。 花粉症やハウスダスト、ダニ、ペットのアレルギー、またもちろん食品などによるアレルギーなど、アレルギーの可能性はあちこちに潜んでいるのです。 特定の季節だけやたら喉がムズムズして咳が出るという場合、 特に春や秋に強く出る場合は花粉症の可能性を考えたほうが良いかもしれません。 一年中同じような症状が出る場合はダニやハウスダスト、特定の食べ物を食べたあとに症状が出る場合は食べ物のアレルギーというように、日常生活を振り返りながら原因を特定しましょう。 いずれの場合も喉の異物による影響、また排除するための咳なので、対処法としては原因を取り除く、もしくは取り込まないようにすることが大切です。 花粉症の場合はマスクや花粉症対策用のメガネなどを着用し、帰宅後は部屋に花粉を持ち込まないように外で払ってから室内に入りましょう。 アレルギー症状がひどい場合は自己対処だけではつらい場合も多くなりますし、自分がどのようなアレルギーを持っているかも知っておいたほうが確実な対処がしやすくなります。 アレルギー症状で咳などを繰り返していると思った場合、一度病院で検査し、原因を特定してもらいましょう!.

次の

のどがムズムズして咳き込むのが怖い

喉 が 痒く て 咳 が 出る 対処 法

なぜ喉が痒くなる?一般的な対処法は? 喉が痒くなる原因は 免疫細胞の活性化であると言われています。 喉や気管、肺は外から吸入したばい菌、ウイルス、アレルギー物質などの刺激が入ってくるところなので実は常に免疫細胞がたくさんいるんです。 ここにこれらの刺激が加わると免疫細胞が活性化し、好酸球などの細胞を呼び寄せて喉・気管・肺に炎症を起こします。 この炎症の程度 が強いものだと痛みが、弱いものだと痒みが発生するようです。 もちろん刺激の原因に応じて対処法は変わってくるのですが、一般的にできる対処法もあります。 炎症が起こっているときの喉は元になった原因の刺激以外にも様々なちょっとした刺激に反応しやすくなっているので喉を守ってあげましょう。 乾燥そのものが喉への刺激となるのでそれを防ぐことができます。 次に、様々な原因ごとに対処法を紹介していきます。 アレルギーで喉が痒い場合 アレルギーを起こす物質が一度体の中に入りIgEという抗体が作られると、これが マスト細胞(肥満細胞)という細胞の表面に結合するようになります。 すると、次に同じアレルギー物質が入ってくるとこれがIgEにくっつきマスト細胞を刺激するようになり、この マスト細胞がヒスタミンや様々な炎症性物質・痒み物質を放出しアレルギー反応が起こってしまいます。 血液検査などでIgEを測定する事でアレルギーかどうかを検査するのはこのためです。 アレルギーで喉が痒いときの特徴は、アレルギー物質が入ってきてすぐにこの反応が起こることです。 早い人では1分くらい、一般には5分前後でこの反応が起こると言われているので、食事などでアレルギー物質を摂取し反応が起こった場合は大変わかりやすいので対処するべき物質が簡単にわかります。 ハウスダストなどがアレルギー物質になっている場合は常に喉の痒み、咳があるため逆にわかりにくくなってしまう場合もあるみたいですが、常に症状に悩んでいる方この可能性も考えてみると良いでしょう。 対処法としては アレルギー物質を摂取しない、吸入しないようにすることが一番です。 また、桃にアレルギーのある方はリンゴにアレルギーがあることも多いなどの関連があることも知られているので自分のアレルギーに応じて食べる物は慎重に選んだり量を調整するように気をつけましょう。 アレルギーが起こっている場合には抗ヒスタミン薬などの入ったアレルギー薬を飲むことで対処しましょう。 風邪の後に喉がかゆい場合 風邪の症状が治まったあと、咳だけがずっと続くことがあります。 最近はこれは 「咳喘息」と呼ばれ多くの人が困っている症状だということが明らかになってきました。 この理由はまだ完全には解明されていないのですが、風邪が治った後は通常であれば免疫細胞は速やかにおとなしくなります。 しかし、咳喘息の場合には免疫細胞がすぐに活性化できるように準備している状態が続いてしまうため、その後のちょっとした刺激に対しても反応してすぐに喉が痒くなり咳が出てしまうようになります。 このちょっとした刺激としては、 乾燥、タバコの煙、気温の変化などがあるようです。 このときは咳だけが出て痰は出ません。 痰がからむようになった場合は、また別の風邪や感染症にかかってしまった可能性などが考えられます。 症状が軽い場合はマスクを着用したり、部屋を加湿したり、のど元が冷えないようにマフラーを巻いたり、のど飴を舐めたりということで対処ができるようです。 しかし症状が酷い場合には、喉に常に軽い炎症が起こっており、かえって感染症に弱くなっているため別のウイルスやばい菌などにかかりやすくなってしまいます。 他にも咳喘息の後に本格的に喘息に移行してしまうこともあるようなので、酷い場合には病院にかかるようにしましょう。 薬としてはステロイド吸入薬などの炎症を抑える薬を使います。 薬の副作用で喉が痒い場合 服用している薬と体質によっては 副作用で喉が痒くなってくる場合があります。 高血圧などの薬に使われるACE(エース)阻害薬という薬は、長期間使っていると肺にブラジキニンという物質がたまってしまうためそれを外に出そうと咳が続き喉が痒くなってくることがあります。 また、薬そのものに対するアレルギーである スティーブン・ジョンソン症候群というものがあります。 これはアレルギーのような症状から始まり、その後唇が腫れるなど症状が徐々に拡大し体中に水泡ができたりと全身のひどいアレルギーが起こり最悪命を落としてしまうことのある病気です。 このような時には急いで病院を受診しましょう。 この病気は市販の風邪薬などでも起こる事があるので注意してください。

次の