兵庫県 銀行。 兵庫県/収入証紙

兵庫県/収入証紙

兵庫県 銀行

但馬銀行で取り扱いのあるフリーローンには3種類あり「たんぎんポケットフリーローン」「たんぎんアシストローン」「たんぎんライフサポートローン」があります。 「たんぎんポケットフリーローン」は、何と最大800万円まで担保・保証人無しで借入れられる、手軽でありながら比較的大型のローンです。 年利は審査によって判断されますが4. 8%~14. 5%あり、融資金額300万円以下では返済期間7年、それ以上では返済期間10年と長期であるため、返済も楽々です。 「たんぎんアシストローン」は、急な入用やローンの1本化に役立つフリーローンで最高300万円の融資をスピード審査で受けられるメリットがあります。 ネット・電話・FAXでの仮申し込みで原則即日回答とスピーディな回答を得られるので、融資を一刻も早く受けたい場合の味方です。 主婦・パートでも条件によっては利用できる幅広いニーズに応えるローンとなっています。 「たんぎんライフサポートローン」は、利用者条件として住宅ローンを但馬銀行で借りている顧客が対象となっており、お得な年利が目的に応じて設定されています。 また、但馬銀行を良く使用している方は融資利率からさらに最大年1%の優遇を受けられる等大変お得です。 みなと銀行で取り扱いのあるフリーローンには「みなとフリーローン」があります。 安定した収入が得られる方で満20歳以上、完済時年齢75歳未満の方であれば、パートタイマーでもアルバイターでも、世帯収入のある専業主婦、年金受給者も借り入れが可能です。 10万円から最大で300万円までの融資を受けることができ、審査結果に応じて固定金利年6. 8%、9. 8%、12. 0%、14. 9%の四段階制となっています。 担保・保証人不要で借りられる上、返済期間も7年と長期なので、返済も無理なく自分のペースで行えます。

次の

三井住友信託銀行株式会社

兵庫県 銀行

兵庫県から絞り込み• 神戸市須磨区 0• 神戸市垂水区 0• 神戸市北区 0• 神戸市西区 0• 洲本市 0• 相生市 0• 豊岡市 0• 加古川市 0• 赤穂市 0• 西脇市 0• 三木市 0• 高砂市 0• 川西市 0• 小野市 0• 加西市 0• 丹波篠山市 0• 養父市 0• 丹波市 0• 南あわじ市 0• 朝来市 0• 淡路市 0• 宍粟市 0• 加東市 0• たつの市 0• 多可郡多可町 0• 加古郡稲美町 0• 加古郡播磨町 0• 神崎郡市川町 0• 神崎郡福崎町 0• 神崎郡神河町 0• 揖保郡太子町 0• 赤穂郡上郡町 0• 佐用郡佐用町 0• 美方郡香美町 0• 美方郡新温泉町 0.

次の

兵庫県の三菱UFJ銀行一覧

兵庫県 銀行

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年7月) 株式会社兵庫銀行(ひょうごぎんこう)は、かつてに存在したである。 通称は相互銀行・普通銀行時代を通して 兵銀(ひょうぎん)。 経営破綻するまでは、現在のに上場していた。 に経営破綻、その受け皿銀行となった 株式会社みどり銀行についてもここで記す。 は 0561だった。 兵庫銀行の本店は神戸市中央区三宮町1丁目1にあったが、で建物が倒壊したため、跡地には三宮セントラルビルが建てられ、同年設立された受け皿銀行みどり銀行の本店は神戸市中央区生田町1丁目4番3号に置かれた。 なお現在は、を通じて売却されている。 沿革 [ ] 兵庫銀行 [ ]• 10月、にて設立された三木市の三木勧業株式合資会社を前身とする。 その後、三木無尽株式会社に改組された同社は、姫路市の山陽金融無尽株式会社と合併し、山陽無尽会社が誕生、当時全国中第4位の規模だった。 6月20日、おりしも以降の下、無尽会社の合同が求められ、兵庫県下の3社(東亜・神戸大同・山陽の3無尽株式会社)が統合(新設合併)、兵庫無尽株式会社が創設される。 当時、全国無尽会社総数は63社で、兵庫無尽会社は全国無尽会社中第3位の規模。 10月、兵庫無尽は株式会社兵庫相互銀行に商号変更。 10月、かねてから関係が深かったを吸収合併。 2月、普通銀行に転換し株式会社兵庫銀行に商号変更。 8月、銀行として戦後初めて経営破綻。 これまで経営危機のある金融機関は、、等、必ず救済合併が図られており、の崩壊と言われた。 3月29日、解散。 2001年6月8日、清算終了。 みどり銀行 [ ]• 1995年10月27日、神戸財界等の出資により、 株式会社みどり銀行設立(資本金709億5,560万円)。 1995年10月31日、株式会社みどり銀行に銀行業免許が交付された。 1月29日、みどり銀行が、兵庫銀行の営業を譲り受けて営業開始。 第二地方銀行協会の会員資格にある「会員から営業を譲り受ける目的で新たに免許を受けた銀行」の第一号となった。 「会員から営業を譲り受ける目的で新たに免許を受けた銀行」は、現在ではの受け皿銀行となったのみが現存し、ほかにあったの受け皿銀行となった=行名変更し現在は、の受け皿銀行となった関西さわやか銀行=関西銀行に合併し現在はなどは合併などにより消滅している。 4月1日、みどり銀行は阪神銀行に吸収合併されて「」が誕生した。 バブル期に業績拡大 [ ]• に山本義政の後任として兵銀の社長に就任したは積極的な拡大路線をとった。 翌年のには高松市のを合併し、やにも店舗網を広げることとなった。 その後、長谷川が会長となって実権を握りつつ、に元考査局長を社長に迎え、には元次長と社長を交替した。 こうした中央とのパイプ作りも奏功し、80年代に入って兵銀の預金量と貸出量は増大し始めた。 には預金量が1年に1兆円も増大し、の資産1. 8兆円、資本金110億円が、ピークの3月にはそれぞれ4. 4兆円の2. 4倍、640億円の5. 8倍へと急膨張、当時第二地方銀行最大手となった。 そして、2月に宿願の普通銀行への転換を果たし、もあって株価は5倍に高騰した。 に初の海外拠点・香港駐在員事務所を開設した。 しかし、内情を見てみれば度から度までの兵銀の主要業種別の貸出件数の推移を見ると、製造では4000件弱が2000件強へと半減、卸小売飲食でも9000件強からほぼ半減した。 バブル期の貸出増加分はによってほぼになった点を考えると、兵庫銀行が製造業や卸小売飲食といった地域の主要産業を放置して、不動産や株式投資に注力していたことがわかる。 戦後初の銀行破綻 [ ]• 1月に始まる東証株価下落により、バブル景気が崩壊へと向かった。 6月には関連の経営悪化が表面化し、長谷川は会長を引責辞任した。 兵銀の預金は最盛期の3月につけた3. 7兆円から、3月には3. 2兆円、1993年3月には2. 経営危機が公然化し資金不足は深刻化する事態となり、総資産の17%近くを日銀融資に保障されたから調達、さらには高金利の譲渡性預金をかき集め何とか資金の目途を付けていたものの、もはや完全な死に体だった。 6月、へのとしては異例とも言える大物、元大蔵省銀行局長の(奇しくも、銀行局長時代に同じく乱脈経営で破綻したの処理を担当した)が社長に就任し、兵銀の経営再建と救済措置に乗り出す。 処理策をめぐって兵庫県・神戸市等の地元自治体および財界との調整が進めたものの、1月にが発生し、兵銀はの本店が倒壊するなど店舗網等が打撃を受けた。 さらに、・やの経営危機と、破綻処理に伴う公的資金問題が表面化した。 金融不安を払拭するため、、兵庫銀行の破綻処理と新銀行への継承が発表された(ちなみに同じ日にはも経営破綻している)。 、みどり銀行(1995年10月27日設立)が、兵庫銀行の営業を譲り受け、発足した。 回収不能とされた債権8100億円に対しては、まず預金保険機構が1000万円以下の預金へ4730億円つまりペイオフコストの金銭贈与(適用第一号)、自己資本を取り崩して1745億円、営業権(今後10年間の営業利益見込み)を1800億円設定し、これに対して地元企業と関連金融機関が709億円出資し、日銀が劣後ローンを1100億円支援することで捻出された。 しかし旧兵銀の不良債権を引き継いだのと、営業利益が見込み以下の結果、償却不足となり、、みどり銀行の経営危機が表面化した。 結局、同年5月にみどり銀行を破綻させ、に同じ第二地銀であった系のが救済合併した。 内の一部を除く兵庫県外の店舗は合併直前の同年1月までにすべて閉鎖している。 一連の破綻処理で、投入された公的資金は約1. 5兆円であった。 つまり、兵銀破綻時の公表不良資産1. 5兆円はほぼ全額が回収不能だったことになる。 また、が後に行った、破綻銀行関連の企業倒産では、兵庫銀行関連は446件と調査時点でダントツで、破綻から6年が経過した2001年にも5件あり、その影響の大きさを物語っている。 これを教訓に、後の金融機関の破綻処理では不良債権をに切り離して適資産のみを受け皿金融機関が受け継ぐように制度が整備された。 関連していた上場会社 [ ]• 両社とも、(現・)に上場していた。 備考 [ ]• 磨屋町の中央通り沿いに、高松支店の入居していた建物がまで残っていた(現在は取り壊され、跡地にが建っている)。 一時期(現:)高松支店がビル建替えのため同所を仮店舗として使用していた。 兵庫銀行・みどり銀行時代まで名古屋市中村区にあった名古屋支店は、売却後に「みどり名古屋ビル」から「名駅前みどりビル」へ名前が変更され、テナントビルとして現存している。 豊岡支店は廃止後、姫路中央支店に業務が移管されたが、みなと銀行になり、北兵庫信用組合を吸収合併した際に再度店舗を出店している。 旧・豊岡支店所在地には但馬銀行豊岡東支店が出店している。 今治支店跡地は愛媛新聞社今治支社、松山支店跡地はローソンになっている。 兵庫県内には有力なが存在せず、第一地方銀行は(本店)があるのみで、あまり強力とはいえない。 播州地区においては、銀行よりも信用金庫が発展してきた。 また、兵庫県・神戸市ともどもは、の流れを汲むが現在も担っている。 更に同行が厳しい状況に置かれている事から、他府県の地方銀行の進出が盛んになっている。 その後再度社名を変更し現在の社名になっている。 通帳の日付印字には邦銀では珍しい西暦を使用していた。 通帳印字書式は旧のものと共通であった。 これらはみどり銀行にもそのまま引き継がれたが、みなと銀行になった際に、兵庫銀行ならびにみどり銀行の通帳を強制切替する対応にて初日からシステム統合がなされている。 に関しては、関連会社「兵庫カード」を設立してに加盟し、比較的早い時期からVISAカードを発行していた。 後のみなと銀行系のカード会社「みなとカード」もVJAに加盟しているが、合併前の阪神銀行は陣営だった。 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。

次の