楽天 モバイル esim。 【完全ガイド】楽天モバイルのeSIMを申し込み・交換・変更・設定手順と対応機種も紹介【Rakuten UN

楽天モバイルのeSIM対応は?自社回線への道 料金やエリア、端末の詳細

楽天 モバイル esim

IIJmioのeSIMでiPhoneやiPadを使う方法の目次• eSIMって何?通常のSIMカードとの違い 格安SIMは普通は下記のようなSIMカードをスマホやiPhoneに入れて使います。 eSIMの場合は、この物理的なSIMカードがありません。 iPhoneやスマホに実装されているチップIC eSIM にプロファイルをネット経由でインストールするだけです。 ドコモ、au、ソフトバンク等の大手キャリアを契約している場合、iPhoneの中には大手キャリアの物理SIMが入っています。 この物理SIMを通して、電話やネットをしています。 eSIMを使えば、eSIM経由でネットができます。 電話やSMSは大手キャリア経由、データ通信はeSIM経由で使い分けられます。 大手キャリアのギガを使わないので、スマホの料金を節約できます。 IIJmioのeSIMのメリットとおすすめポイント• ドコモやauの契約のままで毎月のスマホ料金を節約できる• 契約が簡単ですぐに使える• 格安SIMがどんなものか簡単に試せる• auやソフトバンクを使っている場合は通信障害に強くなる• 余ったデータを繰り越せる eSIMプランのベータ版のみ繰越対応• 速度が必要になったら、大手キャリアのデータ通信に切り替えられる• 楽天モバイルUNL-LIMITのバックアップ回線にできる IIJmioのeSIMの注意点とデメリット• 使える端末がeSIM対応機種に限られる• データSIMのみ• ソフトバンクは低容量プランがゲロ高いので節約にならない• 大手キャリアと比べると速度が遅くなる 平日の昼に注意• eSIMプラン ベータ版 とデータプランゼロがあります。 両方ともeSIMです。 eSIMプラン ベータ版 はデータオプションで+月3100円で月20GBの追加、+月5000円で月30GBの追加ができます。 データプランゼロは月額基本料金が150円です。 必要な月にデータをチャージして使います。 最初の1GBは300円でチャージできて、2GB〜10GBまでのチャージは1GB当たり450円でチャージできます。 その他にかかる費用• 初期費用:3000円• SIMカード発行手数料:200円 SIMカード再発行手数料:200円 eSIMプランからIIJmioの他のプランへは変更できません。 eSIMプラン ベータ版 からデータプランゼロへの変更などもできません。 IIJmioのeSIMプランはです。 テザリングもできます。 eSIMプラン ベータ版 のその他の仕様 低速モードの詳細 ・バースト転送あり ・低速3日間で366MBまで利用可、実測200kbps ・低速と高速の切り替えアプリあり 通信制限 規制情報 高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限されます。 200kbpsに制限された状態で3日で366MB超のデータ通信を行った場合、さらに通信速度が制限 20kbps される場合がある。 余ったデータの繰越もできます。 初月の月額料金は日割りで、もらえるデータ量も日割りになります。 解約月は満額請求で月末まで使うことができます。 契約月は解約できません。 契約月の翌月から解約できます。 データプランゼロのその他の仕様 データプランゼロは低速通信はできません。 月末に余ったデータも翌日に繰り越せません。 初月の月額基本料金の150円は日割りです。 9インチiPad Pro 第4世代 ・12. eSIM経由でデータ通信ができるので、今使っているスマホ会社のギガを消費せずにネットが使えます。 IIJmioのeSIMプランでも節約できますが、楽天モバイルのUNLIMITのeSIM版ならさらに節約できる場合があるので、下記も参考にしてみてください。 届いたらすぐ格安SIMでネットが出来ます。 IIJmioのeSIMプランの場合は、ネットで申し込んだら10分くらいでネットが使えるようになります。 物理SIMのようにSIMカードが届くのを待つ必要はありません。 IIJmioのeSIMプランの速度は平均的な格安SIMよりも少し速い程度の速度なので、格安SIMの使い勝手を試すのにも丁度いいです。 楽天モバイルのUNLIMITは先着300万人まで無料で1年間ギガ使い放題ですが、楽天電波やパートナー電波が使えない場所、または単に通信障害などの心配があります。 そんな場合、IIJmioのeSIMプラン データプランゼロ を入れておけば、月150円で緊急時のバックアップ回線としてネットが確保できます。 eSIM比較:IIJmioのeSIMプラン vs 楽天モバイルのUN-LIMIT eSIMプランを提供しているのはIIJmioと楽天モバイルだけです。 この2つのeSIMプランを比較します。 ちょっと使うくらいならIIJmioのeSIMがおすすめです。 そこそこ以上使う場合は楽天モバイルのUNLIMITのeSIM版を検討してみてください。 楽天モバイルUN-LIMITのeSIM版:ギガ使い放題で1年間無料 楽天モバイルのUN-LIMITなら先着300万人まで1年間無料でギガ使い放題です。 2年目以降でも月2980円で使えます。 音声通話機能にも対応していて、楽天リンクを使うことで国内通話が時間無制限で無料でかけられます。 WiMAXは3日間10GBまでですが、楽天モバイルのギガ使い放題なら1日10GBまで使えます。 普通にスマホとして使うのも良いですが、楽天モバイルのUN-LIMITのSIMカードをモバイルルータに入れてポケットWiFiとして使うのもアリです。 ホームルータ化して自宅のWiFiとして使うのも、安くて便利に使えます。 楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。 それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。 楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。 Rakuten Miniなら6月17日まで1円、Galaxy A7は実質1700円で手に入ります。 モバイル回線の二重化で通信障害に強くなる おまけ程度 auとソフトバンクを契約している場合は、IIJmioのeSIMプランでモバイル回線を二重化することができます。 IIJmioはドコモ回線を使っています auかソフトバンクで通信障害が生じた場合でも、IIJmioのeSIMプランを契約していれば、影響を受けずにeSIMプランでデータ通信ができます。 ドコモで通信障害が生じた場合はIIJmioのeSIMプランがデータ通信ができなくなりますが、その場合は契約しているauやソフトバンクでデータ通信ができます。 例えば、2018年にソフトバンクで大規模な通信障害が起きましたが、そんな時にeSIMプランを契約していたら影響を受けることなくネットが使えました。 eSIMプランを使っていれば、もしもの時も安心して利用することができます。 au回線やソフトバンク回線の格安SIM、または楽天モバイルUNLIMITを使っている場合、IIJmioのeSIMでモバイル回線の二重化ができる au回線やソフトバンク回線の格安SIM、または楽天モバイルUNLIMITを使っている場合、IIJmioのeSIMを契約すればモバイル回線を二重化することができ、通信障害に強くなります。 関東大震災みたいな地震が発生すると、みんな瀕死の通信品質になるので二重化の意味は少ないですが、通常の通信障害くらいなら二重化の意味はあります。 IIJmioのeSIMプランの申し込み方法と設定の仕方 eSIMプランを申し込むのに必要なもの QRコードをiPhoneで読み込む必要があります。 パソコンで申し込むか、他のスマホから申し込むか、もしくはQRコードを読み込むために、申し込み完了後にQRコードを印刷するなどが必要になります。 iPhoneだけで、申し込みから設定を完了することはできないので注意してください。 ざっくりとした申し込みの流れ ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 11、11 Pro、11 Pro Max、XR、XS、XS Max、SE 第2世代 の場合は事前にSIMロックを解除しておく。 申し込みは本人名義のクレジットカードが必要です。 格安SIMの管理人も実際にIIJmioでeSIMプランを申し込んで設定してみたので参考にしてみてください。 申し込みステップ1:ほとんど無視して進んでいく 上記のページにある「eSIMプランを申し込む」をクリック。 他のページからだと通常の物理SIMのみを申し込むページになっているので注意してください。 IIJmioを初めて使う場合は会員登録をする。 格安SIMの管理人は何度もIIJmioの格安SIMを申し込んでいるので、mioIDとパスワードでログイン。 色々書いてありますが、無視して次へ進む。 eSIMプランには紹介コードはないので無視して次へ進む。 念の為、大容量オプションは追加しないを選択して、あとは無視して次へ進む。 無視して次へ進む。 契約者本人にチェックを入れて、次へ進む。 申し込みステップ2:申し込み内容を確認する 契約内容くらいは少しちゃんと確認していきます。 今回はキャンペーンで初期費用が2999円引きになりますが、ここには反映されていませんが気にしない。 動作確認済み端末以外で無理やり試すと壊れる場合があるそうです。 全部チェックをして、「この内容で申し込む」をクリックする。 これでeSIMの申し込みは完了です。 iPhoneでの設定1:パソコンやiPhone以外のスマホでQRコードを表示する eSIMを申し込んで、5分くらいするとアクティベーションコードの準備ができて、iPhoneで設定ができるようになります。 ここからはパソコン またはタブレットや他のスマホ を使います。 メールが届いたらアクティベーションコードのURLをクリックします。 アクティベーションコードのURLにアクセスしたら、サービスコードを選択します。 注意点いろいろ・・。 サービスコードを選んで決定というボタンを押すとQRコードが表示されます。 このQRコードをパソコンや他のスマホで表示させたままにします。 iPhoneでの設定2:モバイル通信の設定からQRコードをスキャンする! ここからiPhoneで操作します。 QRコードをスキャンというのが起動するので、パソコンや他のスマホで表示させておいたQRコードをかざします。 ・・・ おい、こいつ、QRコードが枠内に全然入っていないのに、パソコンの画面の何かに反応して、強制的に飛ばしやがる。。 パソコンの画面に向けるとすぐ飛んで枠内にうまく入らない。。 なんとか枠内に入った状態で移動した。。 これ、枠内に入ってなくても大丈夫な感じでした 「保証されていないモバイル通信プラン」とかいう脅し文句が表示されますが、気にしない。。 気になるけど・・ 主回線はドコモ、副回線にIIJmioのeSIMの情報が入っています。 副回線からモバイルデータ通信に変更。。 主回線 ドコモ をデフォルト回線にして、モバイルデータ通信 IIJmioのeSIM をモバイルデータ通信にのみ使用にして、完了をポチッと。 iPhoneのモバイル通信の設定がこんな感じになりました。 これでデータはIIJmioのeSIMを使うことになります。 大手キャリアのデータを使いたい場合は、モバイルデータ通信をタップして、大手キャリアのデータに切り替えることができます。 iPhoneでの設定3:eSIMプランの速度チェック! 7月18日 木曜 午前11時25分 IIJmioのeSIMの速度 平日の昼の速度も計測してみましたが、0. 35Mbpsになっていたので、eSIMプランもIIJmioのタイプDと同じような速度になっていそうです。 7月18日 木曜 午前11時26分 ドコモの速度 さすがドコモ、超速い・・。 返信ありがとうございます。 dカードGOLDアリです。 iPadは月々サポートも端末代支払いも終わってSIMロック解除したので、格安SIMで運用を検討してみます。 iPhoneはdocomoのまま 乗り換え候補は、エキサイトモバイル、LinksMate、イオンモバイルタイプ2、BIGLOBEモバイル、IIJmioです。 毎月の通信量の管理のしやすさでは、エキサイトモバイルかLinksMate、速度重視&動画視聴を重視ならBIGLOBEかLinksMateかな?って気もするのですが、ちょっと悩み中です。 iPadの運用は基本的に自宅でWiFi、休日のお出かけにノートPC代わりに時々持ち出します。

次の

「楽天モバイル」eSIM再発行でiPhone 11の2回線目として設定可能

楽天 モバイル esim

楽天モバイルのeSIM 楽天モバイルのeSIMはいつから使えるようになるのでしょうか?それに関するニュースを見て予想を立ててみましょう。 回線移行を行いやすくするためのeSIM 楽天モバイルのeSIMについての情報はまだ少なく、あまり言及されたのもはみつかりませんでした。 しかし、下の記事から読み取るにeSIMの準備は進めている模様でサービスも遅かれ早かれ発表されるでしょう。 eSIMやデュアルSIMカードスロットを採用することで、楽天モバイルからの移行を行いやすくすることも考えているようだ まだ、日本の大手キャリア docomo、au、Softbank でもeSIMへの対応は発表されていないので、まずは大手からの発表を待ちたいです。 楽天モバイルでは、最新の技術を使ったサーバーを利用することで4Gから5Gへの移行はソフトウェアアップデートでスムーズに行えるようなのでeSIMについても例外ではないはず。 eSIMというサービスが実用化され始めれば楽天モバイルでも早い段階でのアップデートが期待できます。 次はeSIM移行に欠かせない自社回線の状況について知りましょう。 (自社回線を用意することでeSIMを含めた様々なサービスを自前で用意することができる) 楽天モバイル 自社回線への道 楽天モバイルは2017年、大手3社に続く第4のキャリアとして名乗りを上げました。 今現在どのように進んでいるかを見ていきましょう。 2019年10月開始予定<延期決定> サービスの本格開始が10月から2020年春にずれ込む見通しである。 10月からの利用者は5000人に絞り、料金は無料にする。 通信基地局の整備の遅れなどが要因とみられる。 残念ながら計画通りには行かず10月本格参入は無理なようです。 楽天が自社回線を持つと価格競争が促され、大手キャリアもさらに値下げ策に踏み切ることが期待できましたが、それも2020年春までおあずけになりそうです。 2019年3月14日移行に申し込んだ方は2019年10月以降、順次専用のSIMカードが送られてきて、入れ替えると利用プランはそのまま継続され楽天モバイルの自社回線が使えるようになります。 (オプションサービスは、継続できない場合も有) ということは、この記事を読んでいる今以降に契約すると自社回線のSIMが届くということになります。 SIMを交換しない場合はそのままの回線での利用となります。 参照 楽天モバイル自社回線エリア を取得しまずは、東京、大阪、名古屋から自社回線を提供開始、その他の全国エリアについては自社回線の環境が整うまでauから回線をかりて運用開始していくようです。 ちなみにauとの契約期間は2026年までなので、それまでに自社回線で全国区域をカバーし、ネットワーク完成地域から順次自社回線に切り替え予定です。 また、を予定しているとのこと。 楽天モバイルが第4のキャリアとなる事でauのライバル会社になる訳ですが、auは余裕のあるエリアのみの回線貸し出しや、楽天から決済事業や物流の助けを得ることでデメリットは一切なしとしています。 参照: 楽天モバイル 自社回線の料金や条件 自社回線移行後も料金プランは現行のものが引き継がれるようです。 同様に最低利用期間もそのまま引き継がれます。 楽天モバイル自社回線 対応端末 自社回線の1. 7GHz帯とauのLTEに対応する端末ということで多少の制限がありますが今のところ対応端末は以下となります。 正式にサービス開始を開始するまでに新たな端末も増えるでしょう。 SHARP• AQUOS R2 compact SH-M09• AQUOS sense2 SH-M08• AQUOS sense plus SH-M07• AQUOS R compact SH-M06• AQUOS sense lite SH-M05 HUAWEI• HUAWEI nova lite 3 OPPO• AX7• R17 Pro• Find X 楽天モバイルと5G 楽天のネットワークの大きな特徴は、「5Gレディ」な構成となっていること。 5G用のアンテナを追加し、コアネットワーク部分のソフトウェアを更新するだけで、5Gのサービスを提供できるようになる 参照: 大手キャリアも2020年頃にサービス開始予定の大容量高速通信規格の5G。 楽天モバイルももちろん準備を進めており、ソフトウェア更新でスムーズに移行できるとのことです。 それらのテスト施設について詳しく知りたい人は下のページをチェックしてください。 参照 5G割り当て 2019年4月に「3. 7GHz帯及び4. 5GHz帯が1枠」「28GHz帯が1枠」の計2枠の5G回線が楽天に割り当てられました。 ちなみにdocomo、auにはもう1枠プラスで割り当てられています。 ソフトバンクは楽天モバイルと同じ枠数の割り当てです。 楽天モバイル自社回線による行政の狙い 大手3キャリアは民間企業であり、自由競争をしているため、政府が強制力を発揮して値下げさせることは難しい。 そのため、総務省は競争を促進しようと検討会を発足させ、あらゆる手を使って3社を競争させ、4割値下げを実現させようと躍起になっている。 参照: 政府の狙いはスマホの料金値下げを促す事。 コストの面からも本当に可能なのかという意見や、楽天の参入は値下げという面では的外れという厳しい意見も見られましたが、安く高品質な回線を提供できるかが楽天の腕の見せ所というところでしょう。 料金は現状からいくとY! mobileと同程度になる気がするので大手3社の料金が下がるとも思えませんが新たなサービスや宣伝で変わるかもしれないのでユーザーとして楽しみにしていましょう。 まとめ 楽天モバイルの自社回線を広げる流れでeSIMも発表されると思いますが、まだ日本ではどの会社でもiPHoneのeSIMでさえも使えない状態なので、まだ少し時間が掛かりそうです。 しかし、2020年あたりにはオリンピックも控えておりその流れが加速してくるのではないかと予想します。 遅くとも他の会社がeSIMに対応するときに同様に使えるようにはなるでしょう。 今から楽天モバイルにしようかと思っている人は自社回線でもdocomoやauに借りている回線でも後から選ぶことができるので特に迷う必要もないです。 その時に便利な回線を選ぶといいでしょう。 また、新たな情報が出てきたら更新していくので気になる方は是非チェックしていてくださいね!.

次の

「楽天モバイル」eSIM再発行でiPhone 11の2回線目として設定可能

楽天 モバイル esim

ありがてぇ 楽天モバイルの物理SIMからeSIMへの変更方法 ということで変更方法です。 まずはmy楽天モバイルアプリを開きます。 もちろんインストールしてますよね。 下の契約プランを選択。 まずは下の「契約プラン」を選択します。 すると右上に「各種手続き」がありますのでこちらをタップします。 各種手続き画面 ここで「SIMカード交換」を選択し、SIMカードタイプの「変更」 を選びます。 SIMカード交換画面 eSIMが選べますので、ここでeSIMを選択します。 eSIMを選択。 手数料3,000円と表示されていますが、これが無料になるようです。 これだけでeSIMに変更できてしまいます。 めちゃめちゃ簡単ですね。 楽天モバイルの太っ腹には感謝しかないです。 おすすめの格安SIMランキング VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!• 1位 : (1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。 今は契約しないと損)• 2位 :(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)• 3位 :(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。 SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ) はなんといっても4月8日にサービス開始した、 300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題という のコスパが驚異的です。 1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。 ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。 なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

次の