エデン 零 式 4 層。 FF14 エデン零式共鳴編の2~4層の感想、主に4層のことを

【FF14】エデン零式共鳴編4層の攻略丨マクロ|ゲームエイト

エデン 零 式 4 層

初めて零式に挑む方はいきなり本番に参加するのではなく、先に下記の記事を読み、準備がきちんと出来ているかを確認しましょう。 エデン零式4層でよく使われるマクロ エデン零式4層では、戦闘開始前にマクロを使って散開の位置決めやギミックの処理方法を相談します。 使用するマクロはPTによって異なるので、実際の動きは流れたマクロに従うようにしてください。 主流マクロの一例 現在野良PTでは通称「マス固定式」と「イディル式」の2種類が主流となっています。 オーロジェニー後の「大地の重み ぐるぐるフェーズ 」の処理方法が違っている点に注意しましょう。 フィールドマーカーの例 岩盤崩落などの目安としてABCDマーカー、フィールド北の目印に1マーカーを置いています。 0 ボス足元安置のドーナツ範囲攻撃 大地の響き 黄 全員に黄色の三角マーカーが付与 マグニチュード5. 1回ごとに被ダメージアップのデバフが付くので、無敵受けまたはで処理しましょう。 黄色マーカーは1マスに1名だけ乗っておけば処理できるため、 重みを回避したらすぐ散開位置へ移動しましょう。 散開が間に合わない場合でも、最悪重ならなければOKです。 手近な誰もいないマスに逃げ込んで回避してください。 橙マーカーはイビルアースの着弾途中に爆発するので、全員で同じマスへ逃げ込めば「イビルアース」と橙マーカーを同時に処理できます。 ジオクラッシュ ランダム1マスに向けてボスがジャンプし、着地地点を中心にノックバックが発生します。 マスの近くへ移動してノックバックを受けても良いですが、1回目は「アームズレングス」や「堅実魔」などで吹き飛ばしを無効すると良いでしょう。 ただし、 2回目の「ジオクラッシュ」はノックバックを無効せずにそのまま受けてください。 マキシタイタン後の「大地の両拳」でノックバック無効スキルが必要になるので、ここで使用するとが戻りません。 岩盤崩落 「 岩盤崩落」では、距離減衰の隕石マーカーが2個ずつ2回に分けて降ってきます。 隕石は2マス以上離しておかないと爆発してしまうので、必ずマクロで決めた位置に隕石を落としてください。 落ちてきた隕石は直後の「サイズミックウェーブ」の回避に使用します。 また、必ず 四隅のマス内に落とすようにしてください。 サイズミックウェーブ 「 サイズミックウェーブ」では、ボスを中心とした全体範囲攻撃が発生します。 素受けすると即死級のダメージなので、必ず「岩盤崩落」で落下した隕石の影に隠れて回避してください。 詠唱中に降ってきた「ボムボルダー(川の字)」は「サイズミックウェーブ」の攻撃直後に爆発するので、まずは焦らず岩陰で攻撃を回避しましょう。 ボムボルダー(川の字) 「サイズミックウェーブ」の攻撃が終わると、すぐに「 ボムボルダー」が降ってきた順番で爆発します。 1発目は必ず中央からなので、爆発の隙間へ逃げ込んで回避してください。 1回目を回避できれば、あとはステージの中央で戦っていればOKです。 ボス前の1列にいると即死なので、 必ず横幅が2マス以上ある方へ逃げ込んでください。 安置マスのボス側ギリギリに寄っておかないと吹き飛ばしで落ちます。 同時に全員へ黄色と橙色マーカーが付与されるので、それぞれ マクロで決めた自分の散開位置へ移動しておきましょう。 マーカーは「フォールトゾーン」の攻撃で吹き飛ばされた先で受けます。 マーカーの処理が終わったら、ボス列から発生する予兆なしのAoEを避けてください。 また、 マーカーが確定した時点で橙タンクがボスのヘイトを取っておきましょう。 橙タンクがヘイトを取っておかないと、直後の「フォールトライン」で黄色タンクが殴られてしまいます。 先程ヘイトを取った橙タンクへ向かって進むので、他のメンバーが轢かれないように 橙タンクだけ少し前へ出ておきましょう。 0 ボス足元安置の「マグニチュード5. 0」と同時に、全員へ黄色マーカーが付与されます。 ボスがいる方を基準として、開幕と同じ黄色散開の位置について処理してください。 人型フェーズで注意すべき攻撃 メガ・ランドスライド 人型フェーズに入ると、ボス正面列が安置の「メガ・ランドスライド」が詠唱開始されます。 車型フェーズの「フォールトゾーン」と同様に、ボス列でマーカーの散開位置へ移動しておきましょう。 「メガ・ランドスライド」発生後はボス列に予兆なしのが発生するので、マーカーを処理したらすぐ横のマスへ逃げ込んでおけばOKです。 ボスの着地地点は4箇所からランダムで選ばれるため、詠唱中のボスの方向を見て安置を判断する必要があります。 ボスが左右どちらかの範囲を薙ぎ払った後、反対側のマスにもが発生し外側へ伝わっていきます。 また、この後「ランドスライド」と同時に降ってきた十字の「ボムボルダー」が爆発するので、2回目に降ってきた岩の近くへ逃げ込んでおいてください。 1個目のボムが爆発したら安置へ駆け込めばOKです。 フェーズ2で注意すべき攻撃 大地の拳 「 大地の拳」では、ステージの半分を薙ぎ払うノックバック攻撃が2回発生します。 詠唱中にボスの腕が光った方向に攻撃が来るので、光った方向と順番を確認して回避してください。 2発目発動直後にランダムなマスへ「大地の重み」が発生するので、安置を確認して移動しておきましょう。 大地の両拳 ボスの正面に青い円が表示され、円を中心にノックバックが発生します。 同時にヒーラーまたはDPS1名に青マーカーが付与されるため、マーカー対象者はノックバック後に散開位置へ移動しなければなりません。 マーカー処理後にタンク2名へ範囲攻撃が着弾するので、タンクも他のメンバーを巻き込まない位置へ移動します。 全員ノックバック無効技を使用しておきましょう。 でハイライトされた部分が隆起しますが、乗っていてもダメージを受けることはありません。 1回目はDPSが北側、タンクとヒラが南側のブロックを担当するので、予め南北に分かれておくのが良いでしょう。 青マーカー対象者は 隆起しない AoEが無い 方の隅へ移動してマーカーを受けてください。 その他のメンバーは隆起するマスへ乗っておきます。 付与されたマーカーを確認し、それぞれ担当する位置へ移動しましょう。 低地で出現する重みは3枚で固定なので、事前に何枚出現しているか確認しておくとスムーズに移動できます。 同時にボスが「 ロックフラクチャー」の予備動作で左右どちらかの腕を振り上げるので、腕が上がっていない方のマスでギミックを処理します。 また、ジェイルは2マス以上離しておかないと破壊不可のバフが付くため、 ヒーラー2名は予め南北に2マス以上離れておいてください。 ジェイルが固まった後、「 ロックフラクチャー」でランダムな4マスが破壊されます。 続く2発目で必ず隣接するマスを破壊してくるので、 壊れたマスの隣のジェイルから壊しましょう。 クラフタルアップリフト 2回目 2回目の「 クラフタルアップリフト」では、再びランダムでステージの2箇所が隆起します。 同時にタンクヒラから1名ずつ、DPSから2名に橙マーカーが付与されるので、マクロで決めたグループに分かれて処理しましょう。 ジェイルを攻撃しつつ散開してマーカーを処理することになりますが、ここは レンジLBかキャスLBでまとめてジェイルを攻撃するのが主流です。 戦闘開始前に予め相談しておいてください。 また、ジェイルの処理直後に黄色マーカーが爆発するため、それぞれ 担当のマス内から動かないように注意しましょう。 南北に分かれてからの散開位置は担当者とヒーラー2名の位置が決まってれば良いので、他のメンバーは場所が被らなければOKです。 ジェイルをターゲットしてを撃てれば必ず当たるので、 レンジLB担当者は必ず反対側のジェイルをターゲットしてLBを撃つようにしてください。 だけではジェイルを削りきれないので、予め他のメンバーは最初からジェイルを殴っておくと良いです。 キャスLBの方がレンジLBよりもダメージ効率が良いため、PTにキャスがいる場合はこちらのほうがスムーズです。 ただしエノキアン維持の関係上、黒魔道士がを使うのはあまりおすすめしません。 ジェイル後のマーカー処理方法 ジェイルを破壊した後は、それぞれに付与されたマーカーを処理する必要があります。 重みで散開位置が変わるので、しっかりと安置を確認してから移動しましょう。 残ったステージの形に応じて、マクロで決めた位置に移動すればOKです。 フェーズ3で注意すべき攻撃 大地の怒り&大地の叫び&激震 フェーズ3以降は全体攻撃の「 大地の怒り」にが付与され、素受けするとPTが壊滅しかねない威力になります。 全体攻撃の「大地の叫び」や「激震」も連発してくるので、 を入れないとヒールが足らずに壊滅します。 戦闘開始前に話し合って担当を決めておきましょう。 4回目のAoE爆発と同時にマーカーが発動するので、それまでに散開位置へついておく必要があります。 床に出現する5箇所のは、時計回りで5回ずつ移動していきます。 外周は4マスのAoEが順番に回るだけで、 中央の4マスも1枚のAoEが回るだけです。 落ち着いて処理しましょう。 また、ぐるぐる中 MTへのAAが非常に痛いので、ヒーラーはギミック処理をしつつMTのHPを常にチェックしましょう。 散開前に事前にhotやを付与しておくと良いです。 D1は1枚目のAoEが爆発した場所、D2は2枚目のAoEが爆発した場所に留まりましょう。 橙マーカーのタンクとヒーラーは3枚目のマスに留まって頭割りをします。 黄マーカーが付く遠隔DPSは ステージ外周 青いエリア でAoEを避けるだけでOKです。 中央の4マスに入ると他のメンバーの邪魔になるので、必ず東西の4マス内で移動します。 タンクは1枚目と2枚目のAoE、DPSは3枚目のAoEマスに固まって頭割りを受けてください。 ヒーラーは東西に分かれてを避ければOKです。 イディル式の処理方法 イディル式は全てのマーカーの位置を予め決めておいて、担当するマス内でを避けつつ処理する方法です。 黄マーカーが付いた場合は担当の青いエリア、橙マーカーは中央の2マスでを避けつつ集合します。 タンクとヒーラーは中央下側の2マス内で固まって橙マーカーを受けましょう。 DPSは中央下側2マスへ集合して橙マーカーを頭割りしましょう。 MTを中央側に配置しておくことで、橙マーカーで集合したDPSがボスを殴りやすくなります。 大地の叫び〜時間切れ ぐるぐる重み3回目と「大地の拳」を処理すれば、あとは全体攻撃だけになります。 「大地の叫び」「激震」が繰り返され非常に被ダメージが大きいので、ヒーラーは全力で回復し、が残っている場合はここで全て使用しましょう。

次の

【FF14】エデン零式共鳴編4層の攻略丨マクロ|ゲームエイト

エデン 零 式 4 層

どうもKanitamaです。 エデン零式共鳴編が実装されてから、実はコツコツと練習して挑戦し続けていたのですが、ようやく実装から4週目の木曜日にクリアすることが出来ました。 色んな意味でとても苦労したのですが、そんなことはさておきこの零式共鳴編4層のDPSチェックというのがやはりとても厳しいらしいです。 私がクリアした時にはもう4週目ということもあって装備が揃っているということもありそんなにヤバいくらい厳しいとまでは感じませんでしたが、それでもクリアした時には時間切れギリギリだったので本当に厳しいということに間違いはなさそうです。 そこでそのエデン零式共鳴編4層の各ジョブのDPS差みたいなのどの程度になっていたのか気になったのでFFlogs様の情報を元に調べて見ました。 パッチ5. 2の4週目の時点でのデータなので注意 今回の記事の参照にした情報というのはパッチ5. 2実装から4週目の地点での物なので、今後はこの各ジョブのDPS値というのは変動していき、それぞれの格差や順位付けというのも変動していく可能性は十分にあり得るのでその辺の事情はご了承ください。 大雑把に各ジョブの差を見ていくと、侍を除く遠隔魔法DPSがトップ3となり、その下に近接DPS、その下に機工士、さらに少し下がって踊り子、吟遊詩人の順となってました。 赤魔導士が上位に位置する意外な結果に ここで目を引いてしまうのは、 これまで下から数えた方が順位が早かった赤魔導士が割と上位の方にいるということでしょうか。 エデン零式共鳴編4層ではスタンダードな近接2構成だけでなくキャスター2構成のPTを採用している人も以前と比べて多いようで、こうした数字だけで見てしまうとそういったPT構成を採ることも全然アリなのではないのかなと思ったり。 ただ他の層を見ていくとこの赤魔導士についてはこれまでとあまり変わらない順位付けらしく、赤魔道とこの4層と相性がいいというよりは、他のジョブ特に 近接DPSとの相性が悪いように思えます。 あとこの層については多くの多彩な敵が出現する雑魚フェーズだったり、後半戦の開始時の強化バフの有無とか、各ジョブのゲージなどを事前に貯めて開幕のバーストをどうするか、といった色々と他の層とは違った要素が大きいので、このような少し変わった順位付けとなったのは、そういうコンテンツとの相性が強く出たということもあるのかなと思います。 他に気になるところといえば、同じ遠隔物理DPS同士でも機工士よりもやや踊り子と吟遊詩人に差が付いてしまってます。 05の頃からほとんど変動がないようでしたが、共鳴編零式4層の場合だと若干ガンブレイカーが高めに出ているようです。 ただそれでもほんの少しという程度ではあるので、火力面だけで見ると格差は無いように見えるので、そういう意味ではどのジョブを採用しても問題にはならないのかなと思います。 この順位については実は以前の記事、12月の頃に紹介した時からパッチ5. 1の段階で変化があったようで、ヒーラーの間だと占星術師が一番DPS値が高く出るようになっていた様でした。 また占星術師についてはカードによるDPS貢献の割合が強く、 自分以外のジョブが強くなればなるほどにその貢献度も増していくので、パッチ5. 1の時よりも少し差が大きくなっていたということでしょうか。 攻略方法の違いにも差があるのかも? エデン零式共鳴編4層については野良PTでの攻略方法が色々と別れてしまっていて、例えば前半のダイアモンドダストを外周か内周で処理するか、光の暴走フェィズをミルン式かあやとり式で処理するかなど、そういう処理の違いでもDPSに影響はあるのかなと思います。 ただ今回の記事については実装から4週目ということもあり、みんな装備がまだまだ揃わず、攻略方法なんかにも結構違いがあるようで、何度も言うように、今後この順位が変動することは大いにあり得るのであくまで参考程度に閲覧してみてください。

次の

FF14 エデン零式共鳴編4層の各ジョブのDPSが気になったのでFFlogsを少しだけ調べる

エデン 零 式 4 層

とうとうやってきました共鳴編も4層後半の記事になります。 今回もこのブログらしく総合的な攻略はほっぽりだし、宗教戦争争点の説明とあまりに細かすぎるポイント補足をしていきたいと思います。 前提:ハムカツトンカツさんの動画がおすすめです 4層後半の動画としては ハムカツトンカツさんの動画が一番わかりやすくかつ必要な情報が網羅されていると思います。 前半では宗教戦争が問題になりましたが、後半は多少あるもののわずかな差になっており、このハムカツトンカツさんの動画のやり方が多数派だと思います。 記事の下部で紹介させていただきます。 本編: ギミックの細かすぎるポイント補足 予習の範囲について 最初に 「もうすぐ雑魚フェーズを越えて後半行けそう」となった段階で、どこまで予習しておくべきかのアドバイスを少し。 後半練習はフェーズが先に進みやすいため、予習範囲が短いと「せっかく進んだのに予習が出来てなくて時間がもったいない…」という状態になってしまうと思います。 そのため後半突入が見えてきたら、 最低でも通称ぼよんぼよんフェーズまで予習しておいた方が良いと思います。 そしてボヨンを見たら次は時間切れまで予習しましょう。 後半は前半と異なり強烈な宗教戦争&ストッパーギミックはないので竜詩までは一気にフェーズが進むと思います。 「アク・モーン」&「モーン・アファー」 4:4からの8人頭割りと、この時点では おそらく初見でもミスる人などいないであろう簡単なギミックです。 ただ、この後の登場場面に向けて覚えておいた方が良い事項があります。 それは、 1回片方のアクモーンを受けるとデバフが付与され、反対側のアクモーンを受けるとめちゃくちゃ痛くなることです。 この初登場シーンでは事故ることはまずありませんが、この後のアクモーンで「一人だけ死んでる」という場合の原因は大抵これ(両方の頭割りを受けてる)です。 「鏡の国」&「ホーリーウィング(片側範囲攻撃)」 片翼のホーリーウィングを鏡が反射してくるこのフェーズは、安置がボスの前なのか後ろなのか、安置がどちらに回転するのかを判断する必要がありますが、自分は予習時に途中の過程を省略して呪文暗記方式で乗り切り、結果的に今もそれでやっています。 鏡のイメージ処理が難しい方がいたら試してみてください。 (無色鏡と翼の光る方向を基準に) 西なら時計、同じなら後 短くするため逆側は省略して暗記です。 回転方向を先にしているのは翼が光るよりも鏡の登場の方が早いためです。 「聖竜の咆哮」1回目(通称:生首フェーズ) まず注意点を。 後ろから追うように当たると通信による時間差の影響でスカります。 練習初期のPTでは「確かに当たったのに!」というセリフはお約束です。 咆哮2回目も同じなので覚えておきましょう。 下に処理位置の目安とタイムラインを表にしてみました 頭の回転方向は時計・反時計ランダムなので反対の場合は左右反転です。 また このフェーズでの翼の範囲攻撃の方向はランダムではなく 必ず龍頭のいる側に来るようになっています、そのため2回目の後反対側に反転します。 また、攻撃の判定タイミングとエフェクトに見かけ上の時間差があるというか、翼がピカァ!した時点でもう攻撃判定が終わっているので、一見床に氷が残っているように見える状態の所へ突っ込んでいっても大丈夫です。 「フロストアーマー(氷床)」&「静寂の双剣技」・「閑寂の双剣技」 静寂の双剣技 前270度範囲 >後方90度範囲 閑寂の双剣技 後方90度範囲 > 前270度範囲 と、基本を踏まえた上で、文字にすると前方と後方への範囲攻撃なので、ボスの前後方向に大きく動いて避ける人もいますが、それだと(床の凍結解除含めて)結構間隔が短いので当たりやすいです。 自分は下図の通り あらかじめ斜めの真心ライン上で待機して、そのラインをまたぐように最小限の動きで避ける方法をおすすめします。 開発様の親切設計により直前の聖竜の咆哮でボスは中央に戻っているのできっちり真心ラインが境界になります。 近接DPSの場合はおなじみのターゲットサークルの側面と背面の境界が全く同じなのでそちらでもよいでしょう。 (というか黙っていても前方後方往復する近接DPSはいないはず…) 「ドラゴンアーマー」(通称:アク・ラーイ) ここは基本通り「翼がバサァ」したら避けるだけですね。 「鏡の国」&「ホーリーウィング(吹き飛ばし)」 通称:ぼよんぼよんフェーズ やってきました今回の 宗教戦争の争点その3です (とは言えここは比較的軽め…) このフェーズでの主な宗派は 「色固定」「赤固定( アムレン )」「アーサー式」と3種類あります。 個人的には アーサー式が最も最適化された非常に素晴らしい方法だと思いますが、火力向上とノックバック防止スキルの発動タイミングのシビアさを天秤にかけると 野良ではリスクの方が上回ると思うので紹介は省略します。 何回かアーサー式練習に行きましたが、結構な確率で入れ代わり立ち代わり誰かが落ちるので安定せず、詰めPTならともかく消化などでは普通にやればほぼ事故らないこのギミックでワイプするのはもったいなすぎると思いました。 逆に固定PTでは全員確実にアムレンをこなせるのが確認できたりVCでカバーできるならばアーサー式一択だと思います。 自分は色固定でも赤固定でもどちらでもOK、というか「たいして違わないんだから統一されて欲しい…」というのが率直な気持ちです。 が、色固定と赤固定の勢力が拮抗してしまっている現状なので両方補足しておこうと思います。 まあすぐにどちらでも習得できるレベルです。 ちなみに、このボヨンボヨンフェーズについては、(アムレン忘れを除き) 「死んだ人自体が原因ではない」というケースも多いのが特徴です。 位置を間違えたり入るのが遅れた他の人のせいで(本人の位置は正しいにもかかわらず)2回とも前4人側にカウントされたりヒラDPSが2回目の5番目になって殺されるケースもあります。 自分は間違ってないはずなのになぜか死ぬ!という場合は他の人の動きをよく見ておいた方が良いでしょう。 特に位置に着くのが遅れる人がいるせいでワイプするケースは多いです。

次の