シマノ エクス センス dc。 エクスセンスDC[EXSENCE DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ

シマノの新エクスセンス DC SSはバス釣りにも使えるのか?

シマノ エクス センス dc

Thank you! さて2020年の新作リールとして、 20メタニウムMGLが話題をさらっておりますが・・・。 (それだけに、 コアソリッドボディ化&ブラスギア搭載には本当に驚きました。。。 バーサタイルな 34mm径スプールを採用し、実売 2万円台(たぶん)という手ごろな価格帯。 今年追加するならこれかなと思いながらHPを眺めていた私は、とある数値に仰天しました。 何と 横幅25mmという、 ワイドスプールが搭載されていたのです。 という事は1. それを解決した技術こそが、これまでのエクスセンスシリーズが採用してきた 19mmナロースプールだったと思うのですが・・・。 まさかこうした歴史に逆行するワイドスプールで登場するとは思ってもみなかったという訳です。 正直な話、 このスプールで本当に細糸PEが快適に使えるのか?はかなり疑問と言わざるを得ません。 北米クラドDCの流用? なぜ今さらワイドスプール採用?シマノは糸噛みを克服する新技術を開発したとでもいうのか?? 私と同じ疑問を抱いたソルト系アングラーは少なくないようで、SNSで少々意見交換をしていたところ・・・。 「ていうかコレ、 北米用の クラドDCそのものなのでは?」というコメントを拝見しました。 1世代前の I-DC4を採用し、 スプールサイズや ギヤ比まですべて同一。 ハンドルノブが違う位で、ハッキリ言って 「 CURADO DCそのもの」としか思えなかったのです。 そんな位置付けのリールに北米のクラドDCをそのまま流用して、「エクスセンス」のバッジを付けたのだとしたら本当に残念です。 これが私の勘違いである事を祈りつつ、フィッシングショーで確認してきたいと考えている次第です。。。 (ソルトだと塩噛みとかも過酷なんですよね・・・) クラドベースの25mm幅スプール機は、キャパシティやスプール直径、ボディが全てちぐはぐに思えるため、いつのまにか注目しなくなりました。 ここ10年ほどでDC以外の各社フラッグシップから普及機まで色々渡り歩き、現在PE用ベイトリールとして3号まではZ2020、それ以上はよく調整したUC系アンバサダーで満足しています。 PE用ベイトリールとして私の行き着いた答えは、マグネシウム以外のフレームでロングノーズかシンクロレベルワインドということ。 淡水海水をまたぐ釣り旅の相棒として、機構が単純なら尚良し。 そして今年、PE用ベイトリールとして注目しているのは、アブのLX992Zです。 固定マグネットブレーキの旧LTでのPE使用感が素晴らしく、あれがロングノーズ化されたらどんなだろうかと楽しみにしています。 また、国産2社が土手を作ったりマグシールド化したりして防錆に苦心しているピニオンベアリングが、そもそも存在しないというのが私にとってアブ一番の魅力です。 はじめましてken Dさん廉価版エクスセンスDCですが意外と悪くないのかもしれません。 ベイトリールでPEラインをフルキャストした時に起きる、1秒以内に起きる高切れの原因は次のようなものだからです。 ベイトリールにPE1. 5号前後のラインを巻くとスプール内に先に巻かれたラインとラインの間に後から巻かれたラインが挟まっている所が無数に存在します。 この状態でロッドの反発力を生かしたキャストをすると比重の軽いPEラインを巻いたスプールはいっきに回転が上昇し、まわり始めた瞬間からラインが浮いた状態になります、この時にラインの挟まった所に出くわすとラインが挟まったままスプールが回転してしまいます。 するとその瞬間からスプールはラインを巻き取り始めてしまうのです。 飛んでいく気マンマンのルアーとMAX回転に達したばかりのスプールがPEラインを引っ張りっこするわけですからパチンとあっさり切れてしまうのです。 スプールを見るとなんでこんなにラインが食い込んでいるんだ?と不思議に思うのです。 バックラならラインがもしゃもしゃになるのに整然と巻かれたラインに一筋の強烈な食い込みだけがあるのはこんな理由なんです。 なにが言いたいか申しますとPEラインを使うベイトリールはスプールが重たい又は大口径スプールの方が高切れしにくいということです。 ただ単純にそうすると軽いルアーは飛ばしにくくなるのでやにくもにそうも出来ないのが難しい所です。 17エクスセンスもナロースプールにした理由はそういうことかもしれません。 スプールの最外周にアルミ製のミミを付ければスプールの過剰な回転立ち上がりを抑える事ができ尚且つキャスト後半のラインの軽さによる回転の衰退もフライホイール効果で改善できるのでしょう。 以上長文ですみません。 いつも参考にさせていただいています。 私はホーム浜名湖で、17エクスセンスDCでベイトシーバス を楽しんでいます。 先日、横浜釣りフェスに行き、20エクスセンスDCSS実機を見、シマノの方に2、3質問した結果、 「ベースはUSクラドDCです」 「IDC4エクスセンスチューンです」 「メガホン入ってません」 という返答でした。 17DCユーザーとしては残念の20エクスセンスです。 話題の20メタニウムは驚きの軽さとコンパクトさで、 高性能と、少々の頼りなさを感じました。 5月のレフトモデルと夢屋スプール予約してしまいましたがw リールは軽ければ良いでもないと思っています。 私としては、19アンタレスのSWモデルが出てくれれば言うことないです。 その意味ではカルコンDC100が、33ミリスプールでドンピシャかも知れませんね。 いつも楽しく拝見しています。 幅広スプール、個人的には好みです。 PEではなくナイロン12lbをメインで使ってますが、ナロースプールに太めのモノフィラの組み合わせだとラインが出た時にスプールが痩せちゃって、最後のもうひと伸びが…ということがあってあまり好みではないです。 むしろPE以外も使う事を見越して意図的にこうしたのではないか、そうでなければわざわざ海外モデルをベースにする必要は無い…とすら思っています。 暫く釣りに行けない 盲腸で入院中 ですが、今シーズンからガンガン使ってみようと思っています。

次の

ベイトリールのド素人が扱う、最高級クラスベイトリール「17エクスセンスDC」のインプレ

シマノ エクス センス dc

今回は「エクスセンスDCのインプレ」をお送りします。 私はリールやロッドにあまり興味がないですがエクスセンスDCだけはかなり気に入って愛着もあります。 今回はどのような性能かなどをじっくり紹介します。 基本スペック 自重 240g 巻き取り 80cm程度 簡単に言うと少し重くてがっしりした強いベイトリールといった所ですね。 全体的に使いやすいリールですね。 飛びますし、ラインの選択肢も広いですし、巻き取りもしやすいです。 若干重いので右利きの方は右巻き、左利きの方は左巻きにしてベイトリールの基本である左右逆にすると良いですね。 エクスセンスDCの特徴 重いルアーが良く飛ぶリールです。 もちろんPEのスピニングには劣りますが安定して50m程飛ばせるので十分使えます。 飛ばしやすいルアーの重量は15g以上でそれ以下はそこまで飛ぶリールではないです。 ミノーは12cm以上、バイブレーションは7cm程度、シンペンは10cm以上のルアーを使えば十分ストレスなく飛ばせて快適に釣りができます。 特に飛行姿勢が良いシマノのAR-Cを搭載したルアーと非常に相性が良くできていると思います。 ハマるシチュエーション 河口で大きいミノーやシンペンを使って根のきつい場所や橋脚周りでそこそこのサイズを狙うという釣りに適しています。 時点では水深があるベイエリアでバイブレーションを飛ばしてゴリゴリ巻いたり、スピンテールで巻くなどが良いかなと思います。 現段階では河口でミノーやシンペンでドリフトさせるといった基本的な釣りを展開しています。 4つのモードを搭載 まずSPモード、BB ビッグベイト モード、F フロロ モード、SPPEモードがありラインやルアーの用途に合わせてモードを選び使用するとよりバックラッシュしにくい機構になっています。 基本的に SPPEモードでブレーキの強さを調整して飛ばすという感じです。 エクスセンスDCのメンテナンスについて 使用後は説明書にある通りに水洗いですが、ベイトリールの宿命でピニオンギアが海水でやられるというのがあります。 なので使用後時間が空く場合はある程度分解してギア周りを洗浄、グリスアップしてしておくと大幅に寿命が持ちます。 DCブレーキとバックラッシュ考察 SPモードがあるので10gほどの軽いルアーを使わない限りはバックラッシュしません。 メカニカルをガタつく程度にしてSPモードにしてルアーの重みを乗せてキャストすればよほどでない限りバックラッシュしないので夜間でも安心なのですが、やはりPEブレーキを緩めた方が飛びます。 着水バックラッシュするぐらいに緩めておくとよりスムーズに飛ぶのでしっかりサミングするように練習しましょう。 アサシン129fで平均40m~50mは飛ぶのでそれ以下の飛距離の場合は何かしらセットに問題があるかもしれません。 管理人田中流の使い方 ナイロン直結で使用します、こうするとバックラッシュしてもルアーが高切れすることがなくなるので思い切り力を入れてキャストできるのでPEラインを巻いた時より明らかに飛距離が出ます。 さらにSPPEモードのブレーキを最低に切り替えるとサミングして微調整しないといけなくなりますがさらに飛びます。 さらに根が異常にきついドブ川でPEを巻くとシーバスなどとやり取りしている時に道糸のPEがゴリゴリすれて切れるのでナイロン5号直結でそれらを完全カバーして臨むという感じです。 さらに直結にすると根がかりしても確実にフックを折って回収できるのでそこも良いポイントです。 エクスセンスDCに合うロッドについて エクスセンスDCは軽いルアーのキャストが困難なのでライト系のロッド全般はNGです。 なのでビッグベイトの使用を視野に入れている場合に分けるとスムーズに選べることができます。 どうしてもベイトタックルの持ち味を考えると ビッグベイトが基準となってきます。 ビッグベイトの使用を視野に入れている場合 7Ft台でキャストウェイトが2オンス以上あるロッドがベストです。 ビッグベイトをロングロッドで使用すると扱いづらくキャストしにくいので短めの7ft台のロッドが適しています。 こちらはディルーナB76MHでの釣果ですね。 黒いロッドなのでエクスセンスDCと見栄えの相性も良く2オンス~2,5オンスぐらいのビッグベイトは普通に使えるので重宝しています。 ロッドの長さはドリフト主体の河口の釣りだと重要なので好みが出ます。 ボートなども視野に入れると短い方が良いですね。 さらに50~60g以上の 100g程度のビッグベイトもありますのでそれらを使用する予定ならばエクストラヘビー以上のロッドを使用する必要があります。 ビッグベイトの使用を視野に入れていない場合 河口でリップレスミノーやシンペンなどを使用する場合は8ft台から9ft台がおススメです。 こちらはスピニングロッドを選ぶ感覚でチョイスすればOKです。 ダンクル バス用スイムベイト での釣果ですね。 32gぐらいなのでディアルーナB806MLでも十分飛ばせます。 しかし、ジョイクロ等に代表する2オンスクラスは使えないです。 ベイトをある程度使い込んでくると必ずビッグベイトは気になってしまうと思うので最初からビッグベイト対応ロッドにしておいた方が良いかもしれません。 しかし全くベイトタックルに慣れていない場合は使いこなすまでにかなり時間がかかり労力もいるので注意してください。 詳しいロッドの詳細はリンクから確認してみてください。 2018年はビッグベイト+シンペンで釣りを行っているのでバスパラBPCの改造ロッドを主に使用しています。 エクスセンスDCのQ&A• 全然飛ばんけど、どうすりゃいい? メカニカルブレーキを緩めてください。 あとSSPのMAXから手前のメモリにすればかなり飛びます。 上述の通り20gぐらいのシンペンなら40mは確実に飛ぶのでそれ以下だと・・・• ルアーが軽すぎる• キャストが悪い• SPモードにしている などを見直してください。 現行のベイトリールではかなり飛ぶ方なので30m以下の飛距離なら何かしら原因があります。 ごくまれに多人数でガイド釣行しますがその時にエクスセンスDCでキャストするとみんなのリアクションが 「ベイトなのに?! こんな飛ぶん?! ええ?!」って感じなので傍から見ても飛ぶベイトリールです。 4つのモードって使うの? ほとんど使わないですね。 SSPのメモリだけ調整したらあとは釣り中ほとんどいじらないですね。 メカニカルブレーキはルアーを変えた時に調整することが多いです。 ちなみにフロロも良く使いますがフロロモードにしたことはほとんどないですね。 何mラインを巻けばいいの? 60mぐらい巻いとけば十分足りるんじゃないですかね。 ビッグベイトを使う時は40mぐらいしか巻いてないです。 シンペンとかも使う時は70mぐらい巻いてます。 DCって何なの? 実は私も良く分かってません笑 とりあえず何かしら働いているのではないですかね。 キイインという音はかなり好きです。 中古で安いのを買おうとしてるんだけど・・・ 絶対ダメです。 確実に中がやられているんで信用しない方がいいです。 従って新品を購入しましょう。 でも5000円とかだったら逆にありかな。 カスタマイズとかって? しなくても大丈夫です。 これはお好みですね。 ハンドルとかベアリングを変えても釣果に何の影響もないです。 一応ドラグの音が出るシステムはメンテナンスの邪魔だったので除去してあります。 メンテナンスができない、どうすりゃいい? かなり愛着があれば半年に一回オーバーホールすればいいですね。 でもDCユニット以外は超簡単な構造なので小学生でも教えればできるレベルだと思います。 ドラグの調整はどうすりゃいい? フルロックで大丈夫です。 従ってラインを太くしときましょう。 シーバスに主導権を握らせず一気に決めるのがベイトタックルの醍醐味です。 でも90ぐらいのシーバスならフルロックでもドラグを出しながら10mぐらい走るので指で押さえてごり押ししましょう。 ラインは何をまいときゃいいの? 迷ったらナイロン4号以上かフロロ3,5号以上をまいときゃまず問題ないです。 この太さだと事前にキンクして糸が痛んでない限りは90アップでも絶対取り込めます。 さらにバックラしてもすぐに復帰できるので使いやすいです。 バックラする? ほとんどしないですね。 たまに風が急に吹いて多少するぐらいですね。 慣れるとどのベイトリールでもほとんどしなくなると思いますよ。 DCユニットの寿命って? 2018年で使用歴2年弱ですが全く何の違和感もないですね。 仮に壊れたら買い替えるしかないと思います。 水洗いして乾燥を毎回すれば5年ぐらい持ちそうです。 キャストした時にたまにギャリギャリって音がすんだけど・・・ 説明書を良く読みましょう笑 半クラッチになってます。 使いこなせない! 釣れない! 頑張れ! エクスセンスDCを使うんだったら大型に絞った方が絶対いいです。 従って安定よりビッグベイトなどの波乱の釣り方を模索してみましょう。 巻く時ゴリゴリする・・・ 潮噛みしてますね。 ほっとくと中のピニオンギアが痛むので修復不可能になります。 従ってバラすか、オーバーホールするしか解決策はありません。 とりあえずタックルパワーを上がてラインをナイロンやフロロの太いラインを直結すると最高のランカーキラーリールですね。 中途半端なサイズのルアーよりでかいごつくを意識して釣り方と狙うコースを決めればでかい奴はすぐに釣れるでしょう。 飛距離も出ますし、メンテナンスも簡単ですし大物狙いのベイトアングラーにはおススメですね。 こちらは約1m巻きなのでよりスピーディーなゲームに最適な作りとなっています。 購入の際はしっかり自分の釣り方とあっているか吟味しましょう。

次の

ベイトリールのド素人が扱う、最高級クラスベイトリール「17エクスセンスDC」のインプレ

シマノ エクス センス dc

Contents• エクスセンスDCSS XG 先日購入したリールをまずはご紹介します。 シマノ 20エクスセンスDCSS XGとなります。 エクスセンスDCって高価なベイトリールがあるのですが、それの廉価版と言うことで20年に発売された最新ベイトリールでして、実売価格3万弱位の値段となっています。 DC(デジタルコントロール)ブレーキが特徴となっています。 デジタルコントロールブレーキとは、ブレーキの強弱をマイコンで制御するってかなりハイテクな機能でベイトリールのデメリットであるバックラッシュが起こりにくいとの事です。 DCブレーキに付いての詳しくはシマノのサイトYoutubeチャンネル等参考に見て下さい。 ディアルーナB96ML ベイトは竿もベイト用となるので、リールと同時に購入したシマノ ディアルーナB96ML。 ベイトロッドなので、キャスティング時に人差し指を引っ掛けるピストルのトリガーみたいな部分があります。 ロッドエンドグリップはすっぽ抜けにくい様にテーパー形状になっています。 実売価格は約2万円です。 遠投性と操作性をバランス良く両立した9. 6ftのロングベイトロッド。 シーバスゲームで出番の多い7-14cmクラスのミノーやシンキングペンシル、30gクラスまでのバイブレーションやブレードベイトに適応。 遠投性能が必要な大規模河川、堤防、干潟、サーフなどで活躍。 正確なアプローチ、等速リトリーブ、リフト&フォール、パワーファイトなどを得意とし、繊細かつ大胆なゲームを楽しめるアイテムです。 約20年ぶりにベイトを投げました!バックラッシュは? ディアルーナB96MLで使用できるMAXはラインPE2号、ルアーウェイト32g。 なのでエクスセンスDCSSにPE2号を巻いて、 今回はキャスティングの練習と言うことでジグパラ ライブベイト アジ30gを投げてまます。 まず、ディアルーナB96MLとエクスセンスDCSSとの組み合わせ! 竿が軽いのと、リールのDCブレーキのおかげなんですかね?非常に投げやすい!しかも、投げてるだけで楽しいんですよ、奥さん! リールのブレーキの設定は、1、2、3、Fとあるのですが、標準的な2に設定してます。 1にすればより遠投しやすくなり、3だと距離が出ない分バックラッシュしにくくなります。 Fはフロロカーボンのラインを使う場合の設定となっています。 キャスティング時のDC音は楽器! キャストするとリールDC部分から、音の表現しづらいんですが、 ティィィ~ィィィィ~ィィィィ~ンと少し高音の独特の音が鳴ります。 人によるとは思いますが、私はこの音の虜になってしましました。 非常に聞き心地の良い音色となっています。 この音を聞くだけでもシマノのDCリールを買って良かったなと思える程です。 バックラッシュはしますが、起こりにくいです ベイトリールはキャストして、ルアーが着水前にサミングってラインが巻いてあるスプールを親指で押さえてあげる必要があるのですが、そのサミングを怠るとバックラッシュしますが、その時のバックラッシュは非常に軽度です。 ルアー着水時以外でサミングは必要なくDCブレーキのおかげでバックラッシュしらずです。 なので、DCだからバックラッシュしないではなく、かなりバックラッシュしずらいのでバックラッシュを恐れずにベイトリールを使用する事が可能となってます。 本気(マジ)でDCの技術は凄くて驚きました! 20年以上ぶりにベイトを投げましたが、ほぼバックラッシュしらずで安心してキャストする事が出来ました。 この辺は個人的な感想となりますが、飛距離もスピニングと同等かそれ以上飛んでいる気がします。 今日はベイトの練習テストと言うことでボチボチやめようと思い最後に思いっきり投げてみたら、 ルアーが目の前に着水叩きつけたと同時にバックラッシュ!しかも重度で直りそうもないので寮に戻り直す事にしました。 寮に戻りバックラッシュを直そうとするも無理でした、、 これ位のラインの損失となってしまいましたが、リールに巻かれている量に問題はなさそうなのが幸いでした。 ベイトリールをしっかりと水で洗い乾燥させ給油します。

次の