ナイキ ズーム x ヴェイパー フライ ネクスト。 ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%. Nike 日本

ナイキヴェイパーフライネクスト%徹底レビュー!4%とどう違う? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ ズーム x ヴェイパー フライ ネクスト

ではナイキシューズの勢いについて書かせて頂いたが、この記事ではその中でも良いアップデイトをした、「ナイキ ズーム フライ 3」と「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」について書こうと思います。 そこには、独特な良さがあることを力説したいです。 【ナイキ ズーム フライ 3】 レース向け 自己ベスト更新を目指すシューズ 1. 耐久性に優れ抜群のフィット感をもたらすアッパー構造。 2.推進力に寄与するフルレングスのカーボンファイバープレート。 靴底には耐久性と反発性に優れたナイキ リアクトフォームを採用。 まず、価格的メリットがあります。 18,700円が安くさえ思えてきます。 ですから「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を本番用、「ナイキ ズーム フライ 3」をポイント練習用と考えるのは定着しつつあるかもしれません。 でもこのシューズ忘れてはならない点が一つ、それは、反発弾性の高い素材「リアクトフォーム」を使用していることです。 ナイキが新たに開発した「リアクトファーム」は、一般的なEVAフォームのようなスポンジ構造ではないので、その反発弾性の耐久性にも定評がある素材です。 リアクトフォームは本当にソフトでバウンジー、そこにカーボンプレートも搭載されている「ネクスト%」と同仕様であるのが、「ナイキ ズーム フライ 3」の正体です。 ですから重心移動のプロセスにおける蹴りだしまでのアドバンテージ、それは「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」のようにある、と言っていいでしょう。 結局、カーボンプレートの本来の素材特性が出るのは、剛性による安定感、フワフワのリアクトフォームとの相性はまさに抜群で、シューズ全体のフワフワ感を、このカーボンプレートが1枚入ることで、全体の剛性、バランスが高めている感じです。 蹴りだしの安定感はカーボンプレートの貢献が大です。 はっきり言って、フィーリングとしてクッションは「ナイキ ズーム フライ 3」の方があるくらいに感じます。 (スピードを出すとヴェイパーもクッションとてもいい…)つまり、「ヴェイパーフライ」の代わりになるのはトレーニングだけでなくてレースでも、レースにでもアドバンテージのあるシューズだと思います。 ちなみに「ヴェイパーフライ」を持っているわたしも「ナイキ ズーム フライ 3」でレースに出ているぐらいです。 足の調子や路面が硬いときはむしろ「ナイキ ズーム フライ 3」が適切かと思いますね。 彼らは、本番ではもちろん、「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を履いています。 しかし、この日は全日本大学駅伝の1週間後ということもあって、ペース走でした。 (わたしは後半に入って彼らに軽くかわされました…)そのとき彼らの大半が履いていたのが、「ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2」でした。 つまり、履きわけが習慣化されているアスリートばかりでない中、大迫傑選手ばりの使い分けをしていました。 また、彼らの使い方に、ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2の使い方は象徴されていて、このシューズはとても面白いポジションのシューズ。 簡単に言えば、ナイキ エア ズーム ペガサス 36を軽量にしたモデルで、しかし、ナイキ ズーム フライ 3のようにレース仕様にカーボンプレートが入っているような凝った特殊な作りでもありません。 構造的には、トレーニングシューズ(デイリートレーナー)で軽いシューズというわけで、アメリカで言うところのテンポアップシューズ、バーサタイル性(多目的)の高いシューズと言えます。 ですから使用用途は、ジョグでもなければ、レースでもない、かといってジョグでも、レースでも使える、そんな感じです?!違う言い方をすると、ランナーのかゆいところに手が届くシューズと言っていいのかもしれません。 まず、「ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2」は、「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」と比べて、屈曲が柔らかく、足の屈曲をレーシングシューズなどのように許してくれる作りがポイントです。 屈曲が柔らかいと言うことは、ランナーが自分の思い通りに動かしたい欲求を叶える要素なので、ランナーの動きを制御コントロールする「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」とはそのあたりは対極とも言える作りです。 そして、この軽量性。 何しろ231g(28. 0cm)と軽量であること、ペガサスもバーサタイル性の高いシューズですが、それよりもっと、多目的に使えるシューズが、ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2と言えるでしょうね。 少しペースを速めたいレースペースなどでも当然アドベンテージがあるでしょうし、時にはジョグで使って気分転換でもいいでしょう。 そして、この軽さとドロップ8mmのソールは、レースに使うことだってきる仕様です。 何しろ、「ヴェイパーフライ」と同じズームXフォームを使っていると言うところも魅力のひとつですからね。 ナイキ ズーム フライ 3なのか?ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2なのか?ではなくて、両方です(笑)痒いところに手が届くラインナップは、ランナーの使い方次第でその個性が変わるシューズなのでしょう。 予算と仕様用途に合わせて選ぶのが一番でしょうね。 このデイリートレーナーと言われるトレーニングシューズを使用していないランナーが意外にも多いのが、日本人ランナーの特徴です。 徐々に若い世代から広がりを見せている印象ですが、アメリカでは1970代にランニングが、アスリートから市民ランナーにブーム的な広がりを見せたとき、同時に、サポートを提供するこのデイリートレーナーというスタイルが発展してきました。 むしろデイリートレーナーこそ、ランニングのほとんど全ての用途をカバーできて、レーシングシューズがより専門性が高いと言ってもいいくらいです。 ですから、多くのランナーがまず持っていてもいい、このデイリートレーナーの代表格である「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」をEKIDEN PACKでも、まずチェックしてほしいわけです。 このカテゴリーの中で、他ブランドのそれらを含めても、「ペガサス」はまさにレジェンド級。 36代続く品番なんて他のどのブランドを探しても見つからないわけです。 それだけこの品番は長きに渡って、定番であり続けながらも、進化してきた良さがあります。 わたしは、無人島に持っていくなら、このシューズを絶対持っていきます。 「ヴェイパーフライ」や「ズームフライ」といったいわば、テンポアップシューズに、夢中になりはじめた日本のランナーは、このデイリートレーナーである「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」を使いこなすこと、味方にすることが重要です。 何故なら、レーシングシューズは専門性の高いシューズ、それ自体にコンディションを高める機能性は付いていないからです。 ランニングというのは、トレーニングで鍛えたフィジカルの高さと、それぞれの用途のシューズの協調作業です。 トレーニングというのは変化があるからこそ効果あります。 距離が長かったり、スピードが速かったり、その中でも、多く時間を割くことになるジョギングは、いい状態を取り戻すトレーニング。 いい状態というのは重力に対して、抵抗のないフォームを保つことに尽きるでしょう。 もちろん、血流を促進して、筋疲労を除去することも目的ですが、それを含めて、動きを良くすることこそ、トレーニングの肝と言ってもいいのかもしれません。 シューズが構造的に硬く、体が揺れやすいように作られている、デイリートレーナーでそのコンディションを取り戻すことが肝になることは言うまでもないでしょうね。 新年恒例の駅伝を見て、モチベーションが上がったら、選手と同じシューズでなくても、同じカラーリングの中で、自分が一番必要としているモデルを手にすること、それがタイムアップや怪我のないランニングコツなのです。

次の

ナイキヴェイパーフライネクスト%徹底レビュー!4%とどう違う? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ ズーム x ヴェイパー フライ ネクスト

まずは、サイズ感! 前モデルの「ヴェイパーフライ4% フライニット」と同じでOKでした! ネクスト%のほうが前足部にゆとりがあり、個人的に好み。 (私の場合、 黒爪になる心配がないのが何より最高!) 【参考】他のシューズとのサイズ比較 シューズ名 サイズ ヴェイパーフライ ネクスト% 27. 5cm ヴェイパーフライ4% フライニット 27. 5cm 初代ペガサスターボ 27. 5cm 初代ズームフライ 27. 5cm ミズノ ウエーブエンペラーJAPAN 27. 5cm ネクスト%は、 履き心地をヒモ(シューレース)で微調整可能。 フィット感がすばらしい!! かかとのおさまりがベリーグッドに! ネクスト%はヒモがしっかり締まるので、 かかとのおさまりが非常に良くなりました。 前モデルのフライニットは、とにかくかかとが浮く!ゆるい! スピード出すと気になる! 上りはもっと気になる! そりゃそうですよね、ヒモが飾りのようなものですから。 まともに締まらないので、調整できない。 フォアフット接地でヒモが締まらないのは致命的かと。 個人的にはこれだけでレースでは使えないと判断するレベル。 同じことを思った方も多いのでは? ただ、気にならない人はあまり気にならないみたいですね。 これは走り方などの個人差でしょうか。 フルをキロ3分で走るトップランナーでも履けているわけですから。 (まあ、ネクスト%が出てからはほとんどの選手がネクスト%になっていましたが 笑) ネクスト%では、この点が改善されています。 (日本製のシューズでは普通のことですが) 厚底&ホールドで安心感がすごい! ほぼ薄底しかない学生時代に中長距離をやっていた人ならわかると思いますが、 ナイキの厚底は安心感が全然違いますよね! (私はもともとミズノ好きでした。 今でもエンペラーJAPANは愛用。 地面に足を置く(反発を利用して走る)• 靴に足を預ける感じ• 身長175センチ以上でストライドが広め こういったタイプのランナーには最適かと。 おそらく、 ひざ・かかと・母指球といった骨関連の負担は大きく減っている感じがします。 さらに足の 側面のホールド感もタイトで良いです。 足の甲から土踏まずにかけて手でガッと握られている感じがします。 (足幅が広い人はかなり苦しいかと。 ぜひ試着を。 ) 薄底がいかに心許なかったか。 あんな薄底&固い道路、そりゃ練習量が増えればケガしやすくなりますって。 今後、選手寿命にも好影響を与えていくはずです。 アウトソールがボロボロになりにくくなった これまでのヴェイパーは、それほど使っていなくても、フォアフットで着地していても、アウトソール(底)がボロボロになりやすかったんです。 特に、やわらかいカカト部分。 反発はあるけど、沈み込みすぎない フライニットは個人的に、接地してから蹴りだしまでに沈み込みすぎる感触がありました。 超ブヨブヨという感じ。 それが、ネクスト%では少し改善されて、沈み込みすぎなくなったかな。 脚が疲れてくる後半で違いが出てくるかと。 ただし、筋力や足底への負担が大きい ヴェイパーはとにかく太もも、ふくらはぎ、足裏の筋力をものすごく使います。 本番レースで履く前には、 練習でしっかり慣らしておいたほうが無難ですね。 慣らさずに、特にフルで使うのはかなりのチャレンジャーかと。

次の

ナイキヴェイパーフライネクスト%徹底レビュー!4%とどう違う? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ ズーム x ヴェイパー フライ ネクスト

猫も杓子もピンクシューズという状況になった昨年。 ただ、残り少ない在庫を買っておくかどうかの参考になるかと思いますので、実際に履いて走ったレビューを残しておきます。 「こんなシューズで走れそうにない」と思うかもしれません。 でも、これは立ったり歩いたりするためのシューズではありません。 走ることだけに特化したランニングシューズです。 例えばスケートシューズを履いて「こんなの歩けない」「不安定で立てない」なんて言う人はいませんよね。 それは氷の上で滑ることに特化したシューズであることを理解しているからです。 ナイキはシューズを進化させるために、ランニングシューズから歩く機能を取り除きました。 そうすることでこれまでにない進化ができるためです。 具体的にはソール形状をこれまでとは違ったものにしています。 通常のソールは前足部で薄く、かかと部で厚くなっているものの、ほぼフラットな形状をしています。 ソールでより高い反発力を得られるように3Dデザインされています。 これは感覚ですが、最初に接地する部分に厚みを持たせてあるように感じます。 ソール全体が立体形状でフラットになっていないので、立ったり歩いたときに不安定さをkんじますが、走ったときの接地圧力でフラットになるので、走ると安定するわけです。 もちろんカーボンプレートがあるので推進力が生まれるのですが、カーボンプレートの役割は従来のスタビライザーに近いものになっています。 どういうことかというと、ランニングの動きによってソールが変形するわけですが、このときキロ3分台にもなるとシューズがねじれてしまいます。 このねじれが残った状態で着地するとロスになるので、接地直前には元の形に復元している必要があります。 この復元にカーボンプレートが使われています。 それに合わせてテコの原理から踵を持ち上げてくれる効果もあります。 これは以前のモデルでも同じことをしていたわけですが、力の配分が従来モデルよりも明らかに洗練されています。 以前のモデルは最高の部品を集めただけ。 ただ、それはシューズとしての進化が終わったことを意味します。 ただナイキは常に進化を追い求めるメーカーですので「完成したから終わった」とはいきません。 さらなる進化を求めてエアを入れたアルファフライを発売したわけです。 このため履く前はフィット感に不安がありましたが、シューレースの位置をずらしたこともあって違和感なく足を包み込んでくれます。 アッパーが伸びないので走り出したときの即応性も高めです。 ソールが振り回されるという感覚もありません。 シューズがしっかりと足の一部になっているので思い通りの走りができ、考えに考えて作られたことが伝わってきます。 ただ、アッパーが伸びないので足型が合わない人にはやや不向きかもしれません。 これはかなり画期的な技術で、トップランナーに対してもオーダーメイドしないナイキならではの進化ともいえます。 とはいえ外反母趾のランナーだとやや窮屈に感じるか、人によっては痛みが出る可能性があります。 走っていれば馴染むタイプのシューズではありませんので、試し履きで違和感があるならやめておいたほうがいいかもしれません。 フルマラソンを歩かずに走りきれるなら、誰が履いても自己ベスト更新できるでしょう。 ただシューズのポテンシャルを活かしたいなら、走り方にはある程度のコツがあります。 以前ほどフォアフットを意識する必要はなくなりましたが、それでも前足部から着地することは必須です。 ただし、足は置いてくるだけです。 地面を蹴って走るというのはすでに過去のものです。 足は地面に置いてきて、膝を伸ばすタイミングで地面から反発力を得る。 このときに体の背面のバネを使って一気に前に出ます。 言葉にするのは簡単ですが、実際にはいきなりできるわけではありません。 背中を軽く反る• おへそを肩甲骨側に軽く引き上げる この状態で走ってみてください。 背中を軽く反るとお腹が出てしまいますが、そのお腹を引き上げて薄い状態にします。 これが基本の形で、あとは全身をバネのようにしてリズムよく足を動かすだけです。 きっとほとんどの人が心肺機能がついてこれないほどスピードを出せるはずです。 とにかく地面は蹴らないでください。 体の真下よりも後ろ側で押し出せば自然と前に進みますので。 スピードが上がりすぎるという人は、1歩を大きくしてください。 いつもよりも5cmくらい前に接地するイメージです。 ただし、実際の接地は体の中心かそれよりも後ろです。 こうなってくると、意味がわからないかもしれません。 伝わらないだろうなと思いながら書いていますので。 速く走るつもりがなくてもペースがキロ10秒程度は上がります。 だから簡単に自己ベスト更新できます。 歩くときに着用しないように心がければ、ケガのリスクもそれほどありません。 ダイナミックな走りになるので、体の可動域も増えますし、スピード感覚も身につけることができます。 本当に魔法のシューズと言えるのですが、ここで勘違いしてはいけないのは「自分が成長したわけではない」ということです。 もちろん、きちんとトレーニングを積んだ場合には自分の努力の結果かもしれませんが、実際に何が良かったのかが見えにくくなります。 でも、そのタイムに満足してはいけません。 自分の成長という点で大事なのは次のレースです。 そこでさらに自己ベスト更新をしてこそ意味があります。 もちろん他社の最新シューズでも同じですし、どんなランニングシューズを買うときでも同じです。 何を目的にシューズを買うのか。 履くだけで速くなるシューズを買う意味はどこにあるのか、自分なりに説明できるなら購入しましょう。 自己ベスト更新をしたいというだけなら、すぐにまた記録が伸び悩むことになります。 とはいえ時代はもう完全に厚底シューズです。 2〜3年すればそんな難しい理屈抜きで厚底シューズがあたり前の時代になります。 ちょっとだけ時代を先取りするだけですので、欲しいという理由だけで買ってしまうのもいいでしょう。 ただしばらくは活躍の場がなさそうですが。

次の