拝啓 位置。 拝啓と敬具の意味って何なの?書く位置や縦書き横書きの例文!書き方

【拝啓・敬具・挨拶文の書き方や位置は?】ビジネスでの手紙の書き方

拝啓 位置

拝啓と敬具の意味 拝啓の意味は「へりくだって申し上げる」 拝啓は、フォーマルな手紙の最初に入れる挨拶です。 拝啓は、「拝=おじぎして」、「啓=申し上げる」という漢字を重ねたものです。 そのため、 冒頭におく挨拶である「拝啓」の意味は、「へりくだって申し上げます」となります。 時代劇では、家来が主君に何かを伝える際、最初にかならず座礼をして「お許しを得て申し上げます」といってから、用件を伝えています。 手紙では、この座礼にあたる言葉が「拝啓」です。 敬具の意味は「つつしんで申し上げる」 敬具は、フォーマルな手紙の最後に入れる挨拶です。 敬具は、「敬=うやまって」、「具=申し上げる」という漢字を重ねたものです。 なので、 結びの語である「敬具」の意味は、「つつしんで申し上げました」となります。 例えば、神事の際、神主が祈りの末尾に「かしこみかしこみ申す」などと付け加えます。 この言葉にあたるのが「敬具」です。 季節に関する話題を述べる時候の挨拶、時候に合わせて相手の安否や活躍を確認し、相手への感謝・尊敬の念を述べる文章が続きます。 「さて」などの起語を置き、本題に入ります。 前文と似たように、時候をからめながら、用件をまとめ、相手の今後の健康や繁栄を祈り、自らの手紙の拙さを詫びる文章を書きます。 返信が必要な場合は、返信期限と返信のお願いについて書きます。 「拝啓」で始めたならば、「敬具」で終わらせるのが決まりです。 失礼なので、目上の方に追伸を書くのはやめましょう。 また以下でもビジネス上でのメールや手紙を書く際の注意点について解説しています、正しいメールを使い、デキるビジネスマンを目指しましょう。 拝啓の後には前文が続く 上記で確認した通り、頭語である拝啓の後には、前文が続きます。 前文は、時候の挨拶、相手を気遣う文章、相手への感謝・尊敬の念を示す文章で構成されます。 時候の挨拶は、時期ごとの慣用句もありますが、自信があるなら自作してもかまいません。 一般的な慣用句を表1にまとめました。 表1 時候の挨拶 慣用句一覧 時候の挨拶には、相手の健康や安否を気遣い、それに続けて自分の現況を知らせる言葉を添えます。 また、お世話になった方への感謝の言葉、ご無沙汰している事へのお詫びなどを付け加えます。 もう一度、図1を振り返って確認してみてください。 また、時候の挨拶のかわりに時下という言葉もつかうことができます。 合わせてご覧ください。 場面ごとによるお例文やあいさつ文例集 以下では皆さまが遭遇するようなビジネスシーンを想定し、着任挨拶の文例と挨拶状 お礼 の文例を準備しました。 平素は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます。 弊社の青山が、新商品開発のご相談にあがった際は、大変お世話になりました。 青山が部署異動となりまして、この度の企画をわたくしが引き継がせていただくことになりましたので、ご連絡を差し上げました。 至らぬ点もあるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 高橋様をはじめとして御社の皆さまのご助言のお陰を持ちまして、具体的に企画が進んでまいりました。 このたびは、試作品が一通り完成いたしましたので、改めてご挨拶かたがた高橋様にお目にかかりたく存じます。 もし、お時間が可能でしたら再来週あたりにお伺いできたらと考えております。 ご多忙の中、急なご報告とご相談で恐れ入りますが何とぞよろしくお願い申し上げます。 さらに拝啓と敬具は自分と距離があり、尊敬もしくは尊重したいと思う相手に送ります。 例えば、普段ほとんど接点がない他部署に所属する上司には、拝啓と敬具をつけて手紙を送ります。 普段直接やり取りをしていない、取引先の上役には拝啓と敬具をつけてください。 ただし、取引先との手紙に関しては、かならず先例を確認するようにしましょう。 通常のビジネスに関するメールではなく、 定期的な挨拶自体が目的でメールを送ることがあります。 新年の挨拶や、年度替わりの挨拶などです。 その場合、メールでも正式な手紙の書式で送ることがあります。 頭語・結語や時候の挨拶を入れる方が改まった感じがあってよいでしょう。 どのような形式にするかは、慣例に従いましょう。 拝啓と敬具を用いない場合 繰り返しますが、手紙の様式は関係と目的で決まります。 すなわち、拝啓と敬具を使ってはいけない関係や目的があります。 例えば、親しい相手 上司・先輩を含む や近所の人に対して出す手紙では、前文・頭語を省略します。 拝啓や敬具は、フォーマルな手紙で使う表現なので、相手との距離感を強調することになってしまい、逆効果です。 また、自分に前文なしの手紙を送ってきた相手に、前文・頭語をつけて返信するのは、好ましくありません。 相手が親しいと思って省略したものに、わざわざつけて返して距離感を出すのは失礼です。 手紙の目的によって、拝啓・敬具を避けることがあります。 例えば、 わび状は、相手に自分の謝意を伝えるのが最優先なので、前文と頭語を含みません。 病気・災害への見舞い状、死亡通知も、相手に負担をかけないことが一番大切で、前文と頭語を含みません。 他にも、ハガキで出す挨拶状も頭語・前文を用いません。 年賀状や寒中見舞い、暑中見舞いや残暑見舞いなどです。 実は、手紙をだす状況に応じて、拝啓と敬具を用いないほうがよい場合があります。 詳しくは、第7項の「拝啓と敬具の類義語」を確認してください。 ビジネスメールに拝啓と敬具は必要? メールでは、原則として拝啓や敬具のような頭語・結語および、時候の挨拶などを含む前文・末文は省略されます。 書いてはいけないというルールがあるわけではありませんが、ない方が良いとされています。 ビジネスメールは、用件を簡素に伝え、相手に負担を書けないことがよしとされるメディアです。 頭語・時候の挨拶などに、相手の貴重な時間を割くのは避けるべきです。 ただし、礼を失するのは歓迎されません。 拝啓などを使用しない代わりに、挨拶文として一番はじめに「お世話になっております」や「お疲れ様です」などを入れる人が多いです。 結語の代わりには、「よろしくお願いいたします。 」などの挨拶を入れます。 また以下ではビジネスメールについてのマナーや注意点を解説しています、正しい書き方を学び、大事なビジネスの場面に役立てましょう。

次の

ビジネス文書での「拝啓・敬具」の書き方、縦・横書きの位置

拝啓 位置

この記事の目次• ビジネスメールでの「拝啓・敬具」の書き方と位置 ビジネスメールにおける「拝啓・敬具」の書き方と位置は2パターンあり。 といっても本当にどちらも公式に使えます。 お好みで使い分けしましょう。 ビジネスメールでは画像のように書きます。 「拝啓(スペース)時候の挨拶〜本文〜(スペース)敬具」といった具合に書き、位置はとくにこだわらずにOK。 本文のスペースはあっても無くても構いません。 また、社名変更や本社移転など案内をするときのビジネスメールには「記・以上」をつかって詳細を記す必要あり。 そんな時には上記のようにするとよいでしょう。 「記」は中央揃え、「以上」は右寄せにするのが一般的です。 が、メールでは相手の環境によってレイアウトがくずれることもよくあるため、どちらも左寄せにして構いません。 ビジネスメールでは画像のように書きます。 「拝啓(改行)(スペース)時候の挨拶〜本文〜(改行)敬具(スペース)」といった具合に書きます。 敬具の後ろのスペースはあっても無くてもどちらでもOK。 「拝啓」の位置は左寄せ、 「敬具」の位置は右寄せ、 であることにご注意を。 また、社名変更や本社移転など案内をするときのビジネスメールには「記・以上」をつかって詳細を記す必要あり。 「改行ありvs. 改行なし」どっちにすべき? ここで疑問として「改行ありvs. 改行なし」はどちらが公式なのか?というのがでてきます。 結論としては先にも述べたとおり「どちらでもよい」です。 もともと日本語の文章というと「たて書き」だったのですが、西洋の文化によって「よこ書き」するようになり、結局のところよこ書き自体が最近の文化であるわけです。 したがって、 横書きするビジネスメールにおいて何が正しいのか、誰も決めることはできません。 相手のメール環境によってレイアウトがくずれますし、そもそもメール機能に左寄せ・右寄せのないケースもあります。 それならより書きやすい方がいい、という理由。 本文のスペースは無くてもよい ビジネスメールで「拝啓・敬具」を使う時に守るべきことは少ないです。 本文のスペースとかレイアウトは比較的どうでもよい部分ですので自由に改良してください。 【注意点】拝啓〜敬具はこう使う! 「拝啓〜敬具・記・以上」の使い方と、使うときの注意点を解説します。 ふさわしくない使い方をすると恥ずかしいので気をつけましょう。 「拝啓」のあとには時候の挨拶を! 「拝啓」のあとには必ず時候の挨拶を入れましょう。 「拝啓・敬具」は手紙の書き方をそのままビジネスメールに適用して使ったものであり、その名残として手紙マナーにしたがう必要があります。 ちなみに時候の挨拶とは、• 企業向け「時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます」• 個人向け「時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます」 などの書き出し挨拶のこと。 かみくだくと「最近どうよ?世話になっててありがとう!」というような意味。 これは間違いですのでヤメましょう。 私のように古い人間は気にします。 手紙を書くときには「拝啓(本文)敬具」とし、宛名は一番最後にきます。 じゃあビジネスメールでは宛名はどこに書くのかというと、書く場所がありません(失笑)。 だから最終的には「宛名無し」ということになりますね。 横書きで手紙風に書いているわけですからそもそもの設定に無理があり、いた仕方ないでしょう。 社内文書に「拝啓〜敬具」は必要ない よくある間違いとして、 社内のひとにむけたビジネス文書で「拝啓・敬具」が使われている場合あり。 「拝啓〜敬具」というのは「謹んで申し上げます、敬って申し上げます」の意味であり、社内のひとに使うのにはふさわしくない敬語。 社内は「ウチ」として見るため、 気をつかいすぎないことが一般的なビジネスマナーです。 社内文書に「拝啓(挨拶)敬具」を使うのは完全に「バカ丁寧」であり、ひかえておきましょう。 これは論外でNGとなる使い方ですので気をつけましょう。 「拝啓・敬具」「謹啓・謹白」は1セットとして使います。 ビジネスメールで「拝啓〜敬具」を使うシーンは限られる ビジネス文書ではなく、 ビジネスメールで「拝啓・敬具」を使うシーンって実はほとんどありません。 転職・退職・転勤の挨拶・着任の挨拶など、かしこまった感じのメールをしたいときですね。 これらの挨拶メールはBCCでいろんな人に一斉送信することが多く、手紙風なビジネスメールが好まれます。 そこで「拝啓・敬具」が登場します。 そもそも拝啓・敬具の意味は? わたし自身、意味もわからずに使っている拝啓・敬具ですが… そもそもどんな意味なのでしょうか? 拝啓 の意味は「つつしんで申し上げます」 拝啓 の意味は「つつしんで申し上げます」 拝啓 文章 敬具 でひとつのセットになり、ビジネス文書や公式な手紙に使われることの多い表現。 たとえば以下のようなビジネスシーンで使われます。 本社移転の案内文書• 就任、退任の挨拶• 会社設立の案内文書• 社名変更の挨拶• お礼状、お礼メール ・インターンシップお礼状(就活) ・取材協力のお礼状 ・発表会参加のお礼状• 退職、転勤、異動の挨拶ビジネス文書• 見積書などほか多数 何かしらの「お知らせ」に使われることがほとんどですね。 「拝啓」という言葉は「拝む(おがむ)」「啓す(もうす)」からなります。 「啓」という言葉は今でこそ「啓発・啓蒙」などのような熟語に使われますが、もともとの由来には「言う」の謙譲語「啓す(もうす)」という意味もあります。 したがって拝啓を直訳すると「(相手のことを)拝んで申す」「(相手のことを)うやまって申す」という意味になります。 「つつしんで申す」は少し意訳しています。 敬具 の意味は「うやまって添え申します」 敬具 の意味は「うやまって(最後に)添え申します」 使い方は 拝啓 文章 敬具 でひとつのセットになり、ビジネス文書や公式な手紙に使われることの多い表現。 ビジネスシーンはさきほどの例と重複するため省略します。 なぜこのような意味となるのか? 「敬具」の由来を考えてみましょう。 「敬」は「相手のことを敬う(うやまう)」 「具」という言葉は今でこそ「家具・道具・寝具」などのような熟語に使われますが、もともとの由来には「具す(ぐす)= 添える」という意味もあります。 これらのことを考えると 「うやまって(最後に)添えます」という意味として解釈できますね。 言葉の由来なんてホントは知らなくても構いません。 情報を発信する立場としてすべての疑問を解消できるようにしたいがために、こんなことまで書きました。 「拝啓・敬具」を使ったビジネスメール例文 拝啓・敬具をつかって作成したビジネスメールの例文を、書き方と一緒にまとめておきます。 社内あて赴任・着任の挨拶メール(BCC一斉送信) メール件名:着任のご挨拶 拝啓 春暖の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 今後とも一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 甚だ略儀ではございますが、 まずはメールをもちましてご挨拶申し上げます。 さて、このたび、一身上の都合により3月末で退職することになり、本日が最終出勤日となりました。 本来であれば直接伺いご挨拶すべきところ、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。 在職中はたくさんの方にお世話になり、この場をお借りして御礼申し上げます。 また、退職に際しましては、温かい惜別や励ましのお言葉を頂きまして、本当にありがとうございました。 なお、今後の連絡先は下記のとおりとなります。 何かの折にご連絡いただければ幸いです。 ・メール:xxx ・携帯:xxx 末筆ではございますが、 皆様のご健勝とご多幸、さらなるご活躍をお祈り申し上げます。

次の

拝啓を使った例文|ビジネス/春/夏/秋/冬・書き方や注意点

拝啓 位置

ビジネス文書や手紙を書く機会が多い社会人は、 必ずビジネス文書や手紙を書く際のマナーを覚えておかなければな りません。 横書きのビジネス文書や手紙を書く際の正しい拝啓や敬具の位置を 紹介しますので、 今度横書きでビジネス文書や手紙を書かなければならないという人 は絶対に覚えておいてください。 拝啓や敬具の位置を間違えてしまうと、 一般常識が身に付いていないと判断されてしまいます。 自分だけでなく他の社員への評価にも少しは繋がってしまう場合が ありますので気を付けましょう。 横書きの場合の拝啓や敬具の正しい位置を覚えて、 書く時に慌てないように準備をしておいてください。 そうすることでスムーズにビジネス文書を書くことができます。 横書きのビジネス文書や手紙の敬具の正しい位置と書き方を紹介し ます。 敬具を書く位置は、末文を書いてから改行して、 右そろえにした位置です。 背景は左そろえされているのに対し、 敬具は右そろえにした場所に書くと覚えておきましょう。 敬具のあとはスペースを入れず、 ぴったりとスペースがないようにしましょう。 そうすることで見た目がすっきりとした横書きのビジネス文書に見 せることができます。 このように、 横書きと縦書きでは若干書き方や拝啓と敬具の位置が変わっている 部分があるのでなかなか覚えにくいです。 しかし横書きと縦書きの拝啓や敬具の位置の違いや書き方の違いを 覚えておかないと、 社外の人間にビジネス文書などを送る際に恥をかいてしまうことに なります。 きっちりと書き方や、 それぞれの拝啓や敬具の位置を覚えておきましょう。

次の