ワイ モバイル 新規 一括 0 円。 ワイモバイルの非バリュースタイルiPhone6s一括0円を購入してきた話

ワイモバイルiPhone6sが一括540円!新規契約して使って問題なし大満足!まだまだ現役

ワイ モバイル 新規 一括 0 円

TOPICY! mobileだけでなく、携帯会社すべてに一括0円規制 実は、代理店を通せば一括0円販売ができるという抜け道があったのですが、それも無くなってしまいました。 家電量販店や「」を探しても一括0円はないので諦めましょう。 実質0円の月額割引も終了 こちらも残念なお知らせなのですが、一括0円だけでなく実質0円も2019年10月で終了となりました。 実質0円とは、端末代金の月額割引が効いて、途中解約しない限り総支払額が0円となる仕組みです。 以前は利用できた実質0円 以前は、2年契約と引き換えにiPhoneを実質0円で購入できましたが、現在は利用できません。 1-2. ガラケーの一括0円もなし 「」も残念ながら一括0円はありません。 ガラケーなら安く買えるかも・・とお考えかもしれませんが、実際は逆。 生産量減少で希少価値があるため、むしろ以前より高くなっているのが現状です。 mobileは格安SIMでは珍しくガラケーを購入できるのですが、特段安いわけではないので注意して下さい。 60歳以上の方は、かんたんスマホを購入しよう もし、60歳以上の方がY! mobileに契約するなら、ガラケーより「」がおすすめです。 かんたんスマホなら、スーパーだれとでも定額(無制限のかけ放題)が無料で使えます。 スマホも使いやすく設計されているので、初めてでも取扱できますよ(無料サポートもあり)。 1-3. 一括0円が無くても、タイムセールで激安購入できる Y! mobileでは、端末代金を大幅に値下げするタイムセールを実施しています。 タイムセールだから、分単位で在庫が動くわよ。 1-4. 新品同様のアウトレットも見逃せない Y! mobileでは、端末のアウトレット販売を常時開催しています。 アウトレットとは、未使用の状態で返品された端末など、いわゆる訳あり新品のこと。 ほぼ新品同様と考えてOKです。 アウトレットもオンライン限定の販売。 未使用品ですが、一応中古扱いです。 動作保証が付いているので、万が一初期不良を起こしても交換対応してもらえます。 一括0円はありませんが、安い端末なら月々100円台からの分割購入が可能です。 アウトレットも、タイムセールと同様に販売開始と同時に一瞬で在庫切れになる可能性があります。 事実上の一括0円?Y! mobile(ワイモバイル)のお得すぎる情報• 代理店経由の契約で20000円キャッシュバック• Yahoo! mobileの正規代理店(ヤングモバイル)を経由して契約すると、20000円の現金キャッシュバックを受け取れます。 キャッシュバックの振り込みスピードは2週間後です(業界最速クラス)。 ヤングモバイルの申込み方法ですが、まずは専用ページからお問い合わせしましょう。 その後、担当スタッフがY! mobile契約のサポートを行ってくれます。 お問い合わせページ(ヤングモバイル) あとは、スタッフがサポートしてくれるので案内に従って契約しましょう。 注意公式サイトではなくYahoo! オンラインストアでの契約となります(サービス内容は公式と同じ) 3. 【まとめ】一括0円は無いけど、別のキャンペーンで安く契約できる この記事では、Y! mobile(ワイモバイル)の一括0円について詳しく解説してきました。 総務省の規制により、残念ながら一括0円は消滅。 タイムセールで時々見かけた一括108円も無くなってしまいました。 その代わり、端末ではなく回線料金の方で安くなるキャンペーンを利用できます。 高額キャッシュバックもあるので、実質0円で端末を購入したと考えることもできるでしょう。 上手くキャンペーンを使って、Y! mobileへお得に契約してみて下さいね。 CHECK!

次の

【2020年7月版】ワイモバイルで開催中のお得なキャンペーン・割引

ワイ モバイル 新規 一括 0 円

が最新スマホの無料提供に踏み切ったことが明らかになりました。 なお、すでに契約しているワイモバイル回線に追加する場合、事務手数料が無料になるほか、契約解除料も発生しないとのこと。 つまり 最安のSプラン(データ通信月間1GBまで、10分間の通話が300回無料)契約の場合、月額2980円で維持できることになります。 「STREAM S 302HW」本体。 6GHz、クアッドコア)、2GB RAM、500万画素フロントカメラやソニーのCMOSセンサー「Exmor RS」を採用した800万画素カメラを背面に搭載しています。 契約変更する際の手数料(3000円)も無料なほか、契約から8日以内であれば変更前のPHSの契約に戻ることができる「スマホお試しプログラム」も利用できます。 「DIGNO T 302KC」本体。 2GHz、クアッドコア)、1. 5GB RAMやディスプレイ全体が震えることで騒音環境下でも通話しやすい「スマートソニックレシーバー」を搭載。 背面には800万画素カメラ。 最近のスマホにしては珍しく、バッテリーを交換できるほか、MIL規格(高さ1. 上記サービスはいずれも安いだけでなく、プラチナバンドのLTEを用いることができるなど、ネットワーク面でのアドバンテージもあるわけですが、そんな中で「月額2980円で1GB通信+10分間通話定額(300回)」を武器に、ワイモバイルはどこまで戦えるのでしょうか。 今回の「スマホ本体一括0円」には、少しでもトータルのランニングコストを下げることで割安感をアピールしたい思惑が見え隠れしています。

次の

【2020年7月版】ワイモバイルで開催中のお得なキャンペーン・割引

ワイ モバイル 新規 一括 0 円

この記事の目次• 2019年12月18日スタート!iPhone 6s 32GBが500円で購入できる! ワイモバイルの人気端末「iPhone 6s」の32GBと128GBが更に大幅値下げされてオンラインショップに登場しました。 機種代金を一括払いで購入する方は、なんとiPhone 6sを500円から購入することができます。 残念ながら機種変更は対象外となっていますので注意してください。 なお、一括購入だけでなく分割購入でも大幅割引されています。 頭金500円が請求されますが、32GBの場合実質負担額が0円、128GBは500円とお求めやすくなっているので、この機会にiPhone 6sを購入し、ワイモバイルへ乗り換えてみてはいかがでしょうか? 一括購入時の料金例 税抜き9,800円から購入できるようになったiPhone 6s。 一括払いにするとiPhone 6sの32GBは税込みで10,584円、128GBは21,384円で購入することが出来ます。 今回の大幅値下げ対象の契約方法は次の通りです。 新規/MNP/契約変更のいずれか• 仮にMNPでワイモバイルへ転入し、iPhone 6sを購入する場合の料金例を紹介します。 【iPhone 6s】32GBの料金例 iPhone 6sの32GBを一括払いで購入した場合の月額料金例が下記となります。 プランS プランM プランL 端末料金 21,384円 プラン料金 3,218円 4,298円 6,458円 データ増量オプション 無料 割引 ワンキュッパ割 -1,080円 月々の支払額 2,138円 3,218円 5,378円 端末代金は初月の料金に含まれます。 32GB、128GBどちらを選んでも月額料金自体は変わりません。 これは、分割購入ではなく一括払いだからです。 分割購入は非対応 iPhone 6sの値下げは一括払いのみ対応です。 分割払いを選択すると、機種代金が値下げされないので契約時は注意しましょう。 ではもし、iPhone 6sを分割購入した場合の料金はどうなるのかをご紹介します。 なお、ワイモバイルの分割払いは24回払いのみとなります。 【iPhone 6s】32GBの料金例 ギガ数 プラン 一括払い 分割購入 2年間の料金差 32GB プランS 74,856円 90,732円 15,876円 プランM 100,776円 103,692円 2,916円 プランL 152,616円 155,532円 2,916円 128GB プランS 85,656円 103,692円 18,036円 プランM 111,576円 116,652円 5,076円 プランL 163,416円 168,492円 5,076円 一括購入で契約したほうが全てのプランで分割購入よりお得になります。 ただし、本当にお得と言えるのはプランSで契約した場合のみです。 プランM、Lで契約した場合、一括払いと分割払いで大きな差は生まれません。

次の