石田 純一 コロナ 容態。 石田純一、“ヘベレケ泥酔&徘徊”写真に騒然…コロナ退院3週間後に酒盛り、仕事に影響も

石田純一、“コロナ快気祝い”夜の街での会食に「呆れる」「おとなしくしとけばいいのに」と批判噴出!(2020/06/09 18:42)|サイゾーウーマン

石田 純一 コロナ 容態

石田純一の現在の病状は?退院はいつ? 新型コロナウイルス陽性で都内の病院に入院中の俳優・石田純一(66)について退院のメドがたっていないことが5日、分かった。 所属事務所の 担当者が「退院はまだ決まっていません」と明かした。 入院して3週間となり、事務所担当者は「平熱で食事もしっかり取っています」としながらも「アビガンの副作用で血管が詰まりやすくなるので、サラサラになる薬を処方してもらっています。 脳溢血(いっけつ)や脳梗塞(こうそく)になりかねないので慎重に治療をしています」と説明。 PCR検査で2度陰性が出れば退院となるが「(入院後は)まだPCR検査は受けていないです」としている。 引用: 2020年5月5日の時点で退院の目処が立っていないようですね。 石田純一さんは4月14日から肺炎で入院していて、治療薬のアビガンを投与されて、一旦は平熱に戻ったといいます。 アビガンは副作用があるって聞いてますので、確かに慎重になって治療に専念してほしいですね。 退院の目処は入院後にPCR検査で2度の陰性が出ることのようです。 石田純一いつ新型コロナウイルスに感染した? 弊社所属の石田純一が、4月15日 水 新型コロナウィルスに感染している事が判明致しました。 4月10日 金 仕事のため沖縄へ行き、4月11日 土 に身体がだるく感じ、4月13日 月 に東京へ戻るまでホテルにて休息を取っておりました。 その間、発熱や咳の症状はありませんでした。 4月14日 火 病院にて肺炎の傾向が見られたため入院となり、PCR検査を受けた結果、4月15日 水 に陽性と確認されました。 この度、ご迷惑をお掛けした関係者の皆様には、心よりお詫び申し上げます。 今後は関係各所の指示の元、感染拡大防止に努めてまいります。 2020年4月15日 株式会社メロン 引用: こちらが、石田純一さんがコロナウイルスに感染したと発表されたときのニュースです。 石田純一の行動履歴は? ます沖縄入りしたのが4月10日の午後7時半~10時、経営する飲食店で打ち合わせ。 11日に仕事関係者とゴルフをした。 プレー中にだるいと感じていた。 12日には経営する飲食店で2度目の打ち合わせを2時間半。 その後、宿泊施設のホテルで過ごした。 13日に東京へ帰省。 14日に病院で受診し肺炎の疑いが見られたため入院。 15日にPCR検査で陽性。 石田純一さんが利用したゴルフクラブで、石田純一さんを見かけたと目撃談も上がっていたといいます。 また保健所の指示で営業を取りやめに。 宿泊施設も同様に16日から31日まで臨時休業に。 沖縄に行った目的は?冷麺店の確認?場所は? 石田純一さんが 沖縄に行ったのは、那覇市内で経営している冷麺店のコロナによる影響を確認するためでした。 現時点では石田純一さんの 感染経路などの情報は分かっていません。 沖縄滞在中に宿泊していたホテルは 那覇市内の自身が経営する冷麺店の様子の 確認ということなので、那覇市内のホテルと考えられますが 帰る直前だったので 那覇空港周辺のホテルでしょうか? 石田純一が入院している病院や病状は? 東京へ戻ってすぐ病院で検査を受け陽性が確認されました。 都内の感染症指定医療機関は5か所ありますが、どこも病床数が足りていないので、一般の病院に入院しているかもしれません。 石田純一への怒りの声も! 理子夫人のご家族への心配や配慮の声がある中、夫・石田純一さんへは非難の声も 沖縄は現在県内で87人の感染者が出ている中 なぜ今のタイミングで沖縄にいったのか 疑問を呈する声が相次いでいます。 沖縄出身で都内に在住している人からも 都知事があれだけ自粛といっているのに なぜ沖縄にいったのかと。 不要不急の外出はしないことになっているはずですが、沖縄の人たちにとっても迷惑ですよね。 東京はコロナ被害の中心点でもありますから こうした非を浴びるのも致し方ないですね。 きちんと沖縄のどこに寄ったのかなど説明が求められますね。 おわりに さて皆様いかがでしたでしょうか? 今回は 「石田純一のコロナ感染経路や病状は?入院先病院と沖縄宿泊ホテルも!」と題してお送りさせていただきました。 石田純一さんは66歳と高齢のた、症状が心配です。 危篤な感じではなさそうですが、他県での罹患ということで詳細な情報がほしいところです。 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

石田純一のコロナ感染はどこで?潜伏14日間の行動を徹底調査!|ヨウコママの情報アンテナブログ

石田 純一 コロナ 容態

新型コロナウイルスが原因となる肺炎が2020年3月4月になり、世界中で 非常な騒ぎになっています。 このような疫病による人々が何百万人、何千万人と犠牲になることは、ペスト コレラ、スペイン風邪など歴史的にも何例かあるようです。 20世紀初頭に(1908年頃)流行したスペイン風邪は数千万人の 犠牲者が出たといわれます。 芸能人の感染も騒がれていますが、4月中頃俳優の石田純一さんが感染した 事が報道されました。 その顛末をまとめます。 4月21日に新型コロナウイルスに感染していることが判明した石田純一は 11日に沖縄県のゴルフ場で体調不良になり、15日に新型コロナウイルスに 観戦していることがわかった。 俳優石田純一(66)が関東北部のゴルフ場で 感染した可能性があることがスポニチの取材で分かった。 その後沖縄に行きコロナをまき散らしに来たなどと、沖縄県民の怒りを買った。 「医療崩壊寸前で死ぬほどおびえているのに」、「だれとゴルフをするために来たの」などと怒りの声が上がった。 新型コロナウイルスに感染した石田は同情されるどころか激しい 非難にさらされている。 所属事務所は初めは、「沖縄には仕事で行き、宿泊先のホテルで体調を崩した」 と言っていたが、SNSでゴルフや会食をした写真がでて嘘が」ばれた。 事務所は一転して現地のゴルフ場でプレー中に体調を悪くしたと 発表を変えそれによると遊んでいたことが判明した。 4月10日 経営する勧告料理店のコロナ対策打ち合わせのため沖縄へ。 11日 沖縄の宿泊ホテルのレストランで朝食。 その後」「仕事関係者」とゴルフに行き、プレー中にだるいなどの」 体調を崩す。 12日 同ホテルで昼朝食後、午後4時から韓国料理店の関係者と打ち合わせ。 13日 同ホテルで朝食後、ホテルの部屋で急速、その後帰郷。 14日 都内病院で」受信し、肺炎の傾向があるため入院、PCR検査をする。 15日 PCR検査の結果」養成と判明。 ブログで感染を発表。 足掛け4日も沖縄に滞在尾会食やゴルフを空いていたことは、 玉城デニー知事が4月8日に「県外からの来県自粛や、沖縄県民の外出自粛」 を出したばかりでそれを無視して沖縄に行き、結果滞在したホテルは 休業になっった。 ネット上でこんな怒りの声が殺到している。 「病床から一緒にに乗り越えようとか言っていたが、 みんなが一か月我慢しようとしているときに、ゴルフなんか している奴に言われたくないよ」 「まず最初に業務で沖縄という時点でおかしいなと思っていた。 あれだけ沖縄県知事が今は来ないでくださいと言っているに、業務上の撮影があるわけ? 現在はテレビ局もロケ自粛なのに。 結局、案の定ゴルフや宿泊施設での会食…。 奥様(編集部注:専門家ゴルファーの東尾理子さん)には言えない件としていたのかもね。 奥様の最初のコメントの『私たちは元気です!』にもものすごく不自然さが。 みんなが心配しているのは貴方たち身内じゃない。 石田さんの軽率な行動で感染のリスクがある沖縄の人々です」。 「このような人がいるから緊急事態宣言が全国に出されてしまったと思う。 テレ朝の富川さんは業務中にそうなった見込みが高いが、石田純一は遊んでいてこれだから救いようがない」。 都知事選出馬云々の時からから結局おかしかった (編集部注:2016年7月の都知事選で野党調整候補を目指すと 出馬表明しながら4日後に撤回)。 「立ち寄りのホテルは消毒のため休館。 ご自身で弁償しては?」 沖縄県民もカンカンだ。 「沖縄県民です。 4月に入ってコロナ罹患者が急増しています。 その一因が他県からの観光客です。 数自体は例年より減ってはいますが、旅行先で羽を伸ばしたいのか、 マスクなしで観光している人を数多く見ました。 石田さんは業務で来県したようですが、ゴルフにサウナ、 打ち上げまでしていたとの情報も。 病状がよくなってくれて安心した心の内もありますが、 それ以上に不愉快な思いがあるのが本心です」。 「4月になっても国際通りなどの観光地で、マスクもせずに 手を繋いで歩いている観光客男女を見て絶句です。 病院が全くない石垣島にも感染が出て、県民はショックを受けています。 石田純一さんを責めたくないのですが、このタイミングに オンライン等で応対できなかったのかなーと、思ってしまいます。 仮に沖縄で医療崩壊が起きたら、病院にも行けずに、 自宅で死ぬしかないのかなーと毎日、おびえています」 最後にこんな声を解説やりたい。 「早く回復されますように。 あっ、でもTV復帰はしなくていいです。 これを機会に隠居されては。 インスタ愛好居宅の奥様に働いていただいて」(テレビウォッチ編集部)。 < J-CASTニュース テレビウオッチ TVトピックス 2020年04月18日12時13分 > 新型コロナウイルスに感染し入院中の石田純一(66)が、 ふだんは毎週木曜にコメンテーターとしてレギュラー出演するラジオ番組 「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」(文化放送、月〜金)の23日放送分で、 電話インタビューに答えた。 取材は22日に行われたもので、目下はほぼ平熱になったものの 一時は一刻を争う状況だった事など、経緯を解説した。 出張の目的は自分が2017年から那覇市内に開店した韓国料理店「J-CHAN冷麺」の 新型コロナに係る対策を話し合うためとしているが(13日から臨時休業)、 現地でゴルフをプレーした事や体調不良を感じていたのに飛行機に乗って東京へ戻った事など、ネット上には批判の声も少なくない。 石田は番組の電話インタビューに解答、「(沖縄の店を)閉めるかどうするかの 最終決断をオーナーも交えてやろうという事で行ったという事が、 言われるまでもなくとてもまずかったと。 東京から出るべきじゃなかったというところで大いに反省しておりますし、 実のところにご軽薄な行動で御心配おかけした事が とても大きな騒ぎなってしまった、宿泊施設などにも 大いにご迷惑をおかけしてしまったっていう事を、 そして沖縄の人たちにも大いに不愉快な思いをさせてしまった事を 深く反省しております」と詫び、猛省している様子。 病状についてはいまのところ回復傾向にあり、 前週に同番組の取材に応じたときは38. 8度ほどあった熱もほぼ平熱に戻り、 激しかった頭痛もおさまったという。 ただ肝臓の具合を示す値が悪くなってきているといい、 原因については諸々な薬の副作用ではないかと医者も言っているという。 他にとくに気になるような症状はないものの、 レントゲンで肺炎の影が見える状況なので入院を続けているとの事。 ただ食欲はなくむりしてがんばって食べているそうで、 インタビューに答える声も弱々しくダメージの大きさがうかがえた。 石田は10日沖縄入り、11日に健康状態悪化を感じ、13日に東京へ戻った。 その後、病院で肺炎の兆候がみられたため入院、 15日にPCR検査で陽性となった。 治療の経緯については「そのケースから一刻も猶予ないので、 アビガンでいかないかというお話をいただき、1回2回は大量投与でした。 呼吸とかも弱くなってきたので、猶予がないという事で。 おかげさまでアビガンが効いて、その後、悪くなる事もなく、 そんなに急激に劇的に回復はしてませんけど、 ひどく悪くなる事なくなんとか小康状態で、 4日間で平熱ぐらいまで下がりました」と、説明した。 最後にリスナーに向けてあらためて謝罪するとともに、 「うつらないようにとか留意してくださいとか言わさしていただいているのに 、自分がなってしまって大変恐縮でございます」 「なんとか今度の新型コロナがなんとかおさまって、 経済はその後の問題になりますけれども、最初に命あっての物種という事で……」とメッセージを伝えた。 肺炎の症状が出ていたためPCR検査を受ける事ができ、 幸いにもアビガンが効いた石田。 一歩間違えれば……と思うと、肝を冷やしたのではないか。 一日も早い快復が待たれる。 yahoo. 08 ID:L0SzFAFI0 この期に及んで坂上の番組にでようとしてたし。 今の有能な医者のもとから離れ次の病気になったら死ぬだろう。

次の

石田純一やめられない沖縄同伴者とあの趣味とは?現在のコロナ容体画像は?退院いつ?|waonのブログ

石田 純一 コロナ 容態

ワインと料理に舌鼓を打ち、上機嫌の様子だった。 途中、仲間を見送る際はまともに見えたが(上の写真)、21時ごろ、ひとりで店を出るときには、足元がすっかりおぼつかない。 タクシーで家路についた石田だったが、自宅のかなり手前でタクシーを降りると、千鳥足で歩き始めた。 酔って降りる場所を間違えたのだろうか。 うなだれて足を引きずるように、一歩進んではよろけ、また一歩進んでは電柱にもたれかかる。 新型コロナから生還しても生活が荒んでいる理由は、妻・東尾理子(44)と義父・東尾修(70)の怒りにあるようだ。 世間からも批判を浴びて、仕事も減ってしまいましたから。 「テレビ東京で石田さんがMCを務めている『石田純一のサンデーゴルフ』は、スポンサーの問題もあり、番組打ち切りの噂があります。 そうでなくても、プロゴルファーですらツアー中止でプレーできないなか、遊びのゴルフで感染したなんてイメージが悪すぎますよ。 石田さんの降板は、避けられないでしょうね」(テレビ局関係者) この夜の酩酊ぶりについて所属事務所に確認すると、「この日はオフのため、プライベートの詳細はわからない」、『サンデーゴルフ』の降板については「番組が継続するかは未定です」との回答だった。 まあ、騒動に懲りておとなしくなるなんて、この人らしくないけれど……。 (週刊FLASH 2020年6月23・30日号).

次の