東京 都 飲食 店 禁煙。 東京都原則禁煙あと半年、飲食店が「シガーバー」衣替え 規制対象外狙い

受動喫煙防止条例が可決。東京でタバコが吸えなくなる場所は、ここだ。

東京 都 飲食 店 禁煙

2020年4月1日に改正健康増進法が全面施行され、全国的に喫煙事情は大きく変化した。 特に東京都は「受動喫煙防止条例」も併せて施行されたことから、他県よりも厳しい喫煙状況となっている。 さらに、新型コロナウイルスの影響を受けて街中の公共喫煙スポットも閉鎖されているところが多い。 こうなってくると、いま喫煙者はどこでタバコを吸えるのか? 喫煙者ならば行きつけの店のひとつやふたつはあるという人も多いに違いない。 大手コーヒーチェーンの喫煙事情について"新宿エリア"を例に調べてみた。 ・ドトールコーヒー 新宿エリアにある全7店舗のうち、完全分煙の店舗は5店舗。 禁煙の店舗はわずか2店舗であった。 愛煙家にとってありがたい結果といえるだろう。 新宿エリアで完全分煙に対応している「ドトール」の店舗 ・エクセルシオール 「エクセルシオール カフェ」系列 「~バリスタ」「カフェ エクセルシオール」含む は、新宿エリアにある5店舗すべてが分煙対応。 「エクセルシオール カフェ」系列は、新宿エリアにある5店舗すべてが分煙対応 ・カフェ・ベローチェ 「カフェ・ベローチェ」は、新宿エリアに9店舗があり、その中で「全席禁煙で喫煙ブースがあり」「加熱式たばこ専用喫煙室あり」の店舗が、6店舗となっている。 「カフェ・ベローチェ」は新宿エリアにある6店舗が喫煙可 ・タリーズコーヒー 新宿エリアにある「タリーズコーヒー」は全部で17店舗で、その中で「加熱式たばこ専用室あり」「喫煙専用室あり」なのが、7店舗。 10店舗では喫煙ができないので注意したい。 新宿エリアにある「タリーズコーヒー」では、7店舗が「加熱式たばこ専用室あり」「喫煙専用室あり」に対応 ・サンマルクカフェ HPには「新宿新南口店」があると記載されているように、一部喫煙ブース設置店舗もあるようだが、全国的に全席禁煙の店舗がメイン。 ・喫茶室ルノワール 新宿エリアで全席禁煙なのが「新宿アルタ横店」のみで、それ以外の約20近い店舗は分煙対応となっているようだ。 "ファミレス"チェーンの喫煙事情 仕事の打ち合わせなどでも利用しやすいファミレスは、以前タバコが吸える席やスペースも確保されていたので、愛煙家にとってはありがたい飲食チェーンであったが、今はどのように変化しているのだろうか。 ・すらいかーくグループ 「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」など「すらいかーくグループ」のファミレスは、2019年9月より全店舗で敷地内禁煙が実施されているので喫煙は不可。 ・サイゼリヤ 2019年6月から全店舗・全席禁煙。 ごくわずかの店舗で「喫煙室」が設けられているそうだが、数はかなり少ない。 ・デニーズ 2020年4月から全店全面禁煙となっているので、こちらも喫煙は不可。 ・ロイヤルホスト 改正健康増進法以前に、2013年から全席禁煙となっている。 ・ココス 2019年9月末で全席禁煙になっている。 ごくわずかながら喫煙ルームが設置されている店舗もあるそうだ。 "バーガー"チェーンの喫煙事情 ドリンク利用だけでも可能なのでカフェのように一服が楽しめることから、愛煙家も重宝していたバーガーチェーン。 2014年から全席禁煙の 「マクドナルド」をはじめ、現在は 「ロッテリア」「バーガーキング」「ファーストキッチン」「ケンタッキー・フライド・チキン」「モスバーガー」などほとんどのチェーンで全面禁煙が進んでいるので、喫煙はできないと考えた方がよさそう。 唯一、分煙や喫煙室ありの店舗があるのは 「フレッシュネスバーガー」のみ。 それも紙巻きたばこが吸える「喫煙室」が設けられている店舗よりも、「加熱式たばこ専用喫煙室あり」の店舗のほうが数は多いので、出先で一服を楽しみたいなら紙巻き派の人も、加熱式たばこを持っていた方がよさそうだ。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

飲食店の喫煙、禁煙はどうなる? 国と東京都の規制内容まとめ|フーズチャネル

東京 都 飲食 店 禁煙

2020年4月1日に改正健康増進法が全面施行され、全国的に喫煙事情は大きく変化した。 特に東京都は「受動喫煙防止条例」も併せて施行されたことから、他県よりも厳しい喫煙状況となっている。 さらに、新型コロナウイルスの影響を受けて街中の公共喫煙スポットも閉鎖されているところが多い。 こうなってくると、いま喫煙者はどこでタバコを吸えるのか? 喫煙者ならば行きつけの店のひとつやふたつはあるという人も多いに違いない。 大手コーヒーチェーンの喫煙事情について"新宿エリア"を例に調べてみた。 ・ドトールコーヒー 新宿エリアにある全7店舗のうち、完全分煙の店舗は5店舗。 禁煙の店舗はわずか2店舗であった。 愛煙家にとってありがたい結果といえるだろう。 新宿エリアで完全分煙に対応している「ドトール」の店舗 ・エクセルシオール 「エクセルシオール カフェ」系列 「~バリスタ」「カフェ エクセルシオール」含む は、新宿エリアにある5店舗すべてが分煙対応。 「エクセルシオール カフェ」系列は、新宿エリアにある5店舗すべてが分煙対応 ・カフェ・ベローチェ 「カフェ・ベローチェ」は、新宿エリアに9店舗があり、その中で「全席禁煙で喫煙ブースがあり」「加熱式たばこ専用喫煙室あり」の店舗が、6店舗となっている。 「カフェ・ベローチェ」は新宿エリアにある6店舗が喫煙可 ・タリーズコーヒー 新宿エリアにある「タリーズコーヒー」は全部で17店舗で、その中で「加熱式たばこ専用室あり」「喫煙専用室あり」なのが、7店舗。 10店舗では喫煙ができないので注意したい。 新宿エリアにある「タリーズコーヒー」では、7店舗が「加熱式たばこ専用室あり」「喫煙専用室あり」に対応 ・サンマルクカフェ HPには「新宿新南口店」があると記載されているように、一部喫煙ブース設置店舗もあるようだが、全国的に全席禁煙の店舗がメイン。 ・喫茶室ルノワール 新宿エリアで全席禁煙なのが「新宿アルタ横店」のみで、それ以外の約20近い店舗は分煙対応となっているようだ。 "ファミレス"チェーンの喫煙事情 仕事の打ち合わせなどでも利用しやすいファミレスは、以前タバコが吸える席やスペースも確保されていたので、愛煙家にとってはありがたい飲食チェーンであったが、今はどのように変化しているのだろうか。 ・すらいかーくグループ 「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」など「すらいかーくグループ」のファミレスは、2019年9月より全店舗で敷地内禁煙が実施されているので喫煙は不可。 ・サイゼリヤ 2019年6月から全店舗・全席禁煙。 ごくわずかの店舗で「喫煙室」が設けられているそうだが、数はかなり少ない。 ・デニーズ 2020年4月から全店全面禁煙となっているので、こちらも喫煙は不可。 ・ロイヤルホスト 改正健康増進法以前に、2013年から全席禁煙となっている。 ・ココス 2019年9月末で全席禁煙になっている。 ごくわずかながら喫煙ルームが設置されている店舗もあるそうだ。 "バーガー"チェーンの喫煙事情 ドリンク利用だけでも可能なのでカフェのように一服が楽しめることから、愛煙家も重宝していたバーガーチェーン。 2014年から全席禁煙の 「マクドナルド」をはじめ、現在は 「ロッテリア」「バーガーキング」「ファーストキッチン」「ケンタッキー・フライド・チキン」「モスバーガー」などほとんどのチェーンで全面禁煙が進んでいるので、喫煙はできないと考えた方がよさそう。 唯一、分煙や喫煙室ありの店舗があるのは 「フレッシュネスバーガー」のみ。 それも紙巻きたばこが吸える「喫煙室」が設けられている店舗よりも、「加熱式たばこ専用喫煙室あり」の店舗のほうが数は多いので、出先で一服を楽しみたいなら紙巻き派の人も、加熱式たばこを持っていた方がよさそうだ。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【クックドア】飲食店が全面禁煙?「健康増進法」と「東京都受動喫煙防止条例」のニュースを徹底解説|グルコック

東京 都 飲食 店 禁煙

2020年開催の東京オリンピックを間近に控え、国は 飲食店の 全面禁煙化(受動喫煙防止)を加速させています。 東京都も2018年の6月27日、独自に制定した 受動喫煙防止条例 案を賛成多数で可決・成立させました。 飲食業界での全面禁煙に向けた動きは今後ますます本格化していきそうです。 では、飲食店関係者は国や東京都のこうした全面禁煙化の動きをどのように受け止めているのでしょうか?売上への影響も気になりますよね? 今回、クックビズ総研は日本全国の飲食店を対象に「飲食店の全面禁煙化に関するアンケート」を実施。 その結果をレポートします! 受動喫煙防止における国と東京都の見解の違いとは? 国の改正案(厚生労働省が2018年7月25日に公布した「」)では、 客席面積が100平方メートル以下で個人などが営む既存の飲食店を喫煙可能としています。 つまり、 国の改正案は個人店など小規模な飲食店ではなく、主にチェーン店や大型店舗を対象にしています。 これに対し、 東京都の条例は店の規模にかかわらず従業員を雇っている飲食店は原則全面禁煙としています。 <受動喫煙防止の都条例と国の改正案の比較> 国が対象とするのは、全国の飲食店の内およそ45%であるのに対し、東京都は都内の飲食店の84%を規制対象にしていることになります。 受動喫煙防止法案に賛成する飲食店関係者は約5割 今回クックビズ総研が日本全国の飲食店を対象に実施した「飲食店の全面禁煙化に関するアンケート」に回答した飲食関係者213名のうち、国や自治体が提示している受動喫煙防止法案に対しては 「賛成」するのは全体の49. 3%、「反対」は全体の25. 4%、「どちらとも言えない」は25. 4%でした。 Q.国や自治体が提示している受動喫煙防止法案に賛成ですか?(全体) 「飲食店の禁煙化に関するアンケート調査」クックビズ総研調べ(2018年) 全面禁煙化に賛成する飲食店関係者が、その理由として「 従業員やタバコを吸わないお客様の健康への配慮」をもっとも多く挙げています。 また、「 食べ物をより美味しく召し上がって頂きたい」という意見もありました。 禁煙化について寄せられた、飲食店関係者からの具体的なコメントをご紹介しましょう。 <禁煙化に賛成派>• 「受動喫煙や、副流煙による健康被害を少しでも防止できたらと思います。 お客様だけでなく、スタッフにも影響があることを痛感しています。 「日本のお酒を丁寧に紹介するという業態の飲食店を経営していた際に、喫煙者と非喫煙者の間で軋轢がありました。 それを避けたくて店内禁煙(店外に灰皿を設置)にしたところ喫煙客が来なくなり、閉店に追い込まれました。 特にアルコールを提供する飲食店関係者からは、喫煙客の客離れを心配する声が多く上がりました。 <禁煙化に反対派>• 「例外や、喫煙所の設置による補助金申請、従業員がいない場合は良いとか、法の抜け穴、グレーな部分が多い。 Q.お店の喫煙環境が変わったこと(喫煙可から禁煙)による売上への影響がありましたか?(有効回答数125) 「飲食店の禁煙化に関するアンケート調査」クックビズ総研調べ(2018年) <禁煙化で売上増!> 禁煙化によって「売上増」となった飲食店関係者は、メリットとして 客席の回転が早くなったことや、 店内の空席率が下がったことを売上アップの要因にあげていました。 喫煙者のお客様は減ったかもしれませんが、煙草が吸えないことにより長居する方は少なくなりました。 元々喫煙者のお客様は少ない店なので、全面禁煙になったことでどの席でもご利用いただけるようになりました。 ただし、なかには売上の減少は一時的なもので、長期的に見ると特にネガティブな影響がなかったとの意見も寄せられました。 <禁煙化で売上減!>• 非喫煙者はあまり飲酒しない傾向が強い。 (飲酒しないことで)客単価が下がり、居酒屋業態にはなかなかツラい部分があると思います。 上司が喫煙者だと(全面禁煙店には)入りにくいという声があり、ビジネス客が減った。 ランチの時間帯に家族層が多くなったが、客単価が下がった。 短期的には売上減となったが、中長期的には他社が全席に踏み切らなかったことで使い分けがされて売上は回復した。 客層は男性多めから女性多めへと変わった。 客層の変化(家族層・女性客の増加)• 店内飲食環境の改善(喫食空間がきれいになった)• クリーニングの時間と経費削減(灰殼などのごみ処理、灰皿や壁紙などの掃除が不要) などもあがっていました。 現在の喫煙環境が全面喫煙可及び分煙のお店にお聞きします。 今後、禁煙化にする予定はありますか。 (有効回答数120) 「飲食店の禁煙化に関するアンケート調査」クックビズ総研調べ(2018年) 禁煙化に否定的な飲食店は、禁煙化のハードルの高さについて• 現在の客層の大半が喫煙客で占められている• 分煙スペースの確保ができない小規模な店舗である• 喫煙文化が根強いエリアである などが理由にあがっていました。 既存の業態や店舗スペース、所在エリアによって、禁煙化に対するスタンスの違いが出ていました。 まとめ 禁煙化に対する飲食店関係者の見解について、アンケート結果からは次のようなことがわかりました。 禁煙化に賛成する飲食店関係者は半数未満、特にエリア、現在の店舗環境による意見のばらつきが大きかった。 禁煙化賛成者は「客と従業員の健康維持」、「食事品質の向上」の面でメリットを感じ、反対者は「売上の減少」がもっとも懸念される。 売上以外、禁煙化に踏み込んだ店舗は客層の変化、飲食環境の改善による諸経費の削減(クリーニング費など)を実感している。 業態やエリア、店舗規模によってはまだまだ禁煙化のハードルが高い。 今回のアンケートでは、飲食店関係者の禁煙化への関心の高さをうかがうことができました。 東京オリンピックが開催される2020年4月には、全国の飲食店に向け受動喫煙防止法の全面施行が予定されています。 こうした禁煙化への動きは、どの飲食店にとっても自店の喫煙環境を見直す良いきっかけとなるに違いありません。

次の