鉢巻ドラパルト。 【ポケモン剣盾】鬼火たたりめドラパルトの育成論

ドラパルト育成論 : 【可能性の塊】スカーフドラパルト【バンドリドヒドナット補完】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

鉢巻ドラパルト

2シーズンの間ドラパルト++の並びを使い満足したので記事を書きます。 S4とS5の構築まとめて書くので長いかもしれませんがよければ両方見ていってください。 【S4使用構築】 【構築経緯】 FFの方が使われていた+の並びが非常に強そうだった 詳しくは個体説明で)のでこの2体を軸にして構築を組むことにした。 球逆鱗の火力は癖になる。 ドラパルトの呪いからの身代わり連打、コットン身代わりでの詰ませ、と勝ち方がいっぱいある。 特殊すり抜けドラパルトが課題なのでドラパルトが後出しされたら一回に絶対引くようにしていた。 とかがいても物理起点にして身代わりさえ残してしまえば勝てる。 ドラパルトで呪いを入れてから繋げば大体相手は引いてくれるので一気にハメに行きやすい。 タイプ相性とか気にせずにほぼ全試合選出した。 との相性が良く、ドラパルトに対し積極的に後投げした。 こいつを始点にしてやに繋ぐ。 技構成は特殊型にしている。 火炎放射は連打できるが火力がカスだった、やオーバーヒートなどでもいいかもしれない。 バークアウトは身代わりドラパルト相手に非常に有利だった。 この型のにおいてはバークアウトはよりも強いと考えている。 シェルアーマーにしている理由は強運キッスにぐちゃぐちゃにされないようにするため。 耐久は申し分ないが火力がカスなのであんまり信頼していない。 ックスしなくてもそこそこ強いのはよかった。 技構成は10万を氷のつぶてに変えたかったが相手のをさっさと処理したいので仕方なく入れた。 全く急所に当てなかったが都合いい感じに当ててくれる場面もあってよかった。 こいつを初手に出して荒らした後にエルフガエンで詰める動きが強かった。 入りや受け構築、初手キッスに強くて蜻蛉でサイクルも出来るので構築にハマっていたと思う。 耐久に振る意味をあまり感じられなかったのでas252でよかったと思う。 しかし、軸で重いや+のサイクルが環境に増えたことで非常に戦いにくくなってしまった。 他にもが重いことや、に安定した詰め筋が無いといった課題も残っていたためなんとか解決しようとした。 こちらも型を変えずにそのまま採用• 主に特殊ドラパルトに対してのクッションになって欲しかったため前期と型を変え特殊耐久に厚くして採用• ドラパエルフガエンの選出では相手のやの相手がしんどすぎるので確実に呪いができてに繋げられると考えた• 結果として特殊相手への安定度が増し、前期よりも信頼できるクッションになってくれた。 宿り木を入れた3ターン残ったにバークアウト連打で勝てたときはビビった。 の相棒としては生意気型で正解だったと思う。 身代わりを連打するので勝手にチイラの実との相性も良く最低限の殴りもできる。 気づけばドラパミミエルフの選出が一番多くなっていたくらいには信頼していた。 ただ、やが環境に多いので通りは良くない。 それでも後述すると合わせて選出することで出せる試合が多くなったと思う。 相手が絶対に警戒してくるので選出がとても分かりやすくなる。 ドラパナットガエンやナットガエンウオノラゴンという選出をよくした。 炎技を半減することよりもHPが欲しい場面のほうが多かったので混乱実のほうがよかったかも s5最終日は上記のものと下の構築を使用。 こちらは初手ックス+or+の選出をした。 をアーマーガアに強めなに変えるべきだったと思う。 【結果】 TN れな 最終201位 TN 酸欠少女 最終102位 【きつい】 毒びし @アッキの実で朝の陽ざしを持ってるやつ +眼鏡 初手ックスしてくる 【感想など】 8世代で使った構築で一番感触が良く、安定感もありましたが思考が固まって構築がうまく組めなくなった。 キョダイ+とか強そうだなと思っているので気が向けば考えたい。 少なくとも追加が来るまでは強い軸だと思う。。 なにかあればまで amaniiii.

次の

第50話 ドラパルト 型編

鉢巻ドラパルト

こんにちは、らりるです。 今期も最終二桁順位を達成できたので簡単にですが、記事にしたいと思います。 初めはセキタンザンを使っていたが、以外の役割対象が特にいなかったため、汎用性もあってを見ることができるHDチョッキを使用した。 地面タイプや物理受けが重いと感じ、を採用。 最後に警戒もされづらくや対面で身代わりを貼られても、すり抜けかつ高火力で切り返すことができる鉢巻ドラパルトを採用して構築が完成した。 なんとなくで使ってみたが、や対面で身代わりを貼られても後出しや死に出しから切り返すことができて想像以上に強かった。 食べ残し 性格:腕白 特性:シンクロ 実数値:202 252 -85-178 252 -x-150-86 4 技構成:サマ あくび 願い事 守る 両受けできて、守る等で相手のックスターンを枯らすことができる点が非常に強かった。 アーマーガア ラムの実 性格:陽気 特性:ミラーアーマー 実数値:173-139 252 -126 4 -x-105-130 252 技構成: 挑発 ビルドアップ 羽休め 最速アーマーガア。 低火力を起点にしつつ、高火力とも撃ちあえて、かなり使いやすかった。 最速アーマーガアミラーが不毛すぎたのでもう使いたくない。 命の珠 性格:控えめ 特性:すいすい 実数値:181 4 -x-95-150 252 -95-126 252 技構成: 大地の力 草結び 毒々 相手の物理受けや地面タイプを処理するために選出することが多かった。 色んなが草技を持っていて、返り討ちにされることも少なくなかった。 黒いヘドロ 性格:図太い 特性:再生力 実数値:157 252 -x-224 252 -73-163 4 -55 技構成:熱湯 毒々 自己再生 トーチカ 選出機会は少なかったが、選出時はしっかり活躍してくれた。 突撃チョッキ 性格:陽気 特性:型破り 実数値:185-156 4 -80-x-117 252 -154 252 技構成: 岩石封じ 角ドリル ダイロックでSを上げられる砂かきも魅力的だが構築単位でが重いため、型破りで使用した。 相手のパーにがいたら極力選出するようにした。 一桁順位を取れなかったのは悔しいですが、2期連続で二桁順位で終わることができたのは満足です。 来期以降も潜るシーズンは一桁順位を目指して頑張りたいと思います。 【最果】 rariruru315.

次の

【S1ダブル最終9位】竜舞ドラパキッス&鉢巻ウインディ

鉢巻ドラパルト

こんにちは、もけもけと申します。 この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。 シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。 最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。 【コンセプト】 ・ステロor状態異常を絡めてこちらのックスエースor鉢巻ゴリラ、スカーフを対面的に通していく。 ・選出時点では考慮しにくい型のエースを押しつける。 C振りではあるがミラーが起こった際に相手の襷を貫きたいので竜打点としてドラゴンアローを採用。 鬼火や電磁波で相手の初手ックスに抗えたり、打点のない相手にも状態異常技で最低限の仕事ができる点が偉かった。 環境が物理に寄っているため、ックス時の撃ち合い性能がかなり高かった。 このが悪巧みを積んだ状態になると、相手は強制的にックスを切らないと受けられない状況になることが多い。 かつ場持ち性能が非常に高いため、ックスが終わったあとにエアスラ怯みを押しつけられる展開になることが多かった。 炎技としてマジカイムを採用することで、本来不利をとってしまうような一部の特殊 例:、火 に対しても抗えるようになった。 後述するエースバーンが相手のエースバーンに対してどうあがいても同速勝負をしなければならないであるため、対エースバーンの処理ルートとしても重宝した。 はを出しにくい電気ックスエース パッチラゴンや飛 入りや耐久振りのに対して撃ち合えるように採用。 ダイナックルを撃てることで低速パーティによりこのを通しやすいと感じたため、最後の一枠に跳び膝蹴りを採用した。 結果、命中不安に泣きやすいになってしまったが外しはご愛嬌。 大体の相手は氷柱落としを考慮するとに対して引けないため、初手を無駄打ちさせることが多かった。 環境に増えていたゴリランダーに対しても突っ張る選択肢が可能であるため、雑に初手に投げて仕事をできることは多い。 今シーズンはを舐めている構築も散見されたためかなり強いだった。 初手出しは警戒されていた印象だったため、裏に置いて最後にコイツのグラススライダーを通すことが多かった。 ステロと組むことで草技の通しにくい飛行や炎タイプにもこのを通しやすくなると考えてステロ巻きと合わせて使用していた。 途中まで吹き飛ばしではなくなまけるを採用していたが、ラム持ちや浮いてる身代わり持ちが怖く、この技構成に落ち着いた。 ゴリランダーと一緒に選出した際にグラスメー下で地面技を打ちたい場面が少なからずあったので、10万馬力を採用。 と比べてラム持ちやゴリランダー等に対してもビビらず選出しやすいだった。 正直2桁に届かなくてめちゃくちゃ悔しいので次こそは頑張ります。 mokemokepoke.

次の