女性演歌歌手 歌唱力 ランキング。 現役の演歌歌手で、今いちばん歌が上手な歌手は誰だと思いますか?男性...

尾崎紀世彦の歌唱力は?歌がうまい男性歌手 ベスト5 [演歌・歌謡曲] All About

女性演歌歌手 歌唱力 ランキング

「VOW WOW」解散後ソロ活動を始めた人見元基さん。 とにかく歌が上手です。 歌声がはっきりしていて聞き取りやすく、ライブでもかなり盛り上がっています。 ここで上げた動画はライブ会場のものですが、YouTube上では高校でのライブ映像も出回っています。 そちらはあまり良い会場ではないのですが、とてもかっこよく歌い上げていて、人見元基さんの 歌のうまさが感じられるパフォーマンスを見ることができます。 現在は高校で英語の教諭をしており、たまにソロ活動や友人のミュージシャンの手伝いで歌っているそうです。 また本格復帰することを望んでいるファンは多いと思われます。 livedoor. 低めも高音も自由自在に操る伸びやかな声がかっこよく、歌手以外にもシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家などさまざまな活動をしています。 家族構成は、長男の奏さん、長女の宮崎薫さんと3人家族です。 いまだ人気は衰えていませんが、覚醒剤使用容疑で捕まって以来、無期限活動休止なのでかつてのデュオを聞くことはできません。 ASKAさんの歌唱力はとても素晴らしいものなので、多くの人たちが彼のファンでありつづけています。 「BUMP OF CHICKEN」は長い間親しまれているバンドですが、藤原基央さんはその中でも特に歌が上手だと評判です。 ボーカリストとしての実力があるのだから、ソロで歌を歌えば良いのではと思う人もいるかもしれませんが、 ボーカリストとして1人で活躍するのは興味がないのだそう。 バンドでの活動に全勢力を注ぎたいと考えているのだとか。 ストイックでかっこいい性格をしていますね。 大橋卓弥さんはシンガーソングライターやボーカリストとして「スキマスイッチ」で活躍している歌手です。 「スキマスイッチ」のボーカリストを1999年から一貫して務めており、 とても表現力に優れた歌い方で人気があります。 大橋卓弥さんは、シンガーソングライターになりたかったわけではなく、もともとはピアニスト志望だったそう。 理論や楽典などに裏打ちされた素晴らしい曲を書くことができるのは、このためでしょう。 演奏に理論は付きものなので、ピアニスト志望だった過去をしっかりと生かしたボーカリストとして、「スキマスイッチ」を人気バンドに持ち上げていったのでしょう。 livedoor. 岩沢厚治さんは、バンドグループゆずの弾き語りをしている方の人です。 シンガーソングライターとしても活躍していて、岩沢厚治さんが作詞作曲を手掛けたものも多く、「ゆず」の長い歴史を支えてきました。 「ゆず」は、 癒やされるゆっくりしたフォーク系の歌や明るいポップな歌が多く、岩沢厚治さんのソロパートは少ないものの、ハモリは最高の歌手です。 紅白歌合戦にも出たこともあるので、かなり実力があるアーティストです。 amazon. ATSUSHIさんはエグザイルの中でも人気メンバーで、ボーカル担当なので当然歌唱力も抜群です。 しかもダンスもできるという強者です。 普段はサングラスを付けていることが多く、強面な風貌からは想像できない、 美しい繊細な歌声は最初驚く人が多いはずです。 しかし、最近ではサングラスを取った姿も見せてくれるようになり、格好いいと評判です。 ソロ活動も積極的に行っており、実力社会の芸能界で磨き上げられた実力はかなりのものです。 EXILEはジャニーズとは違い、健康面にもうるさく飲酒は禁止です。 そのため、筋肉や健康が維持されていて、とても体に良い暮らしだそうです。 それが声やパフォーマンスに生かされているのかもしれません。 「CHEMISTRY」はオーディション番組から誕生したとても人気な歌手グループでしたが、2012年に惜しまれながら活動休止に。 しかし、満を持して去年活動再開になったのです。 これからの活躍が楽しみですよね。 ちなみに川畑要さんは、歌手の他に、俳優やナレーターとしても活躍しており、自分のきれいな声を最大限に利用したお仕事をしています。 黒田俊介さんは、ミュージシャン活動に加えて、作詞、作曲も手掛けるアーティストです。 かなり歌が上手な芸能人で、 2014年には台湾公演を行うなど海外進出もしています。 「コブクロ」も長い間続いているバンドですが、とても実力のあるメンバーに支えられていたのです。 「蕾」という楽曲は、もう1人のメンバー小渕健太郎さんの亡くなった母親を思い書かれた曲で、とてもきれいな曲です。 派手なビジュアルバンドとしてカリスマ的な人気を誇ったLUNASEAですが、河村さんの歌声は ビジュアルに負けない、迫力のある、時には激しく時にはせつなく、変幻自在でした。 惜しまれながらも解散してしまったLUNASEAですが、河村さんはその後はミュージシャンだけでなく、ボクサーやレーサーとして活躍。 とてもかっこいい芸能人であるといえます。 また、俳優にも挑戦しており、多才な才能に恵まれた素晴らしい人物です。 他アーティストへの楽曲提供を積極的に行っていた時期もあり、そのおかげで長者番付に載ったこともありました。 news-postseven. 彼もまた、とても歌が上手で、 心にしみいるような歌を歌い続けています。 中学生のころには既にバンドを組んでいたといい、志は幼いころから定まっていたようです。 フォークソングブームの火付け役としても有名な芸能人であるといえます。 福山雅治さんはイケメンで女性にもかなり人気ですし、良いところしかないようなアーティストです。 歌声も 福山さん独特の語り掛けるような、優しいトーンが魅力的です。 俳優としてドラマや映画、CMにも出演していますし、歌手でありながら何が本業なのか分からないほどの活躍ぶりです。 音楽関係の仕事の他に、作家として執筆活動も行っているようで、頭の良い一面もあるシンガーソングライターです。 また、自分もファンも楽しめるような曲をたくさん作っています。 どれもヒット曲ばかりで、曲名まではわからずとも誰しも1度は耳にしたことがある曲がほとんどです。 シンガーソングライターとしても、歌手としてもかなり才能がある人といえるでしょう。 桑田佳祐さんはなんと昔、歌手ではなくボーリングのプロであるプロボウラーになりたかったと語っていました。 桑田佳祐さんが子供のころは、このような音楽界の巨匠になるということは、考えてもいなかったことでしょう。 wikipedia. 「デーモン閣下」の愛称で親しまれていて、誰でも顔を見ればその化粧の厚さで一発で覚えてしまいます。 デーモン小暮さんは10万歳を越えているようですが、Gacktさんも500歳を越えているときがありました。 いずれ、デーモン小暮さんも隠すことに限界が来るかもしれませんね。 ビジュアルの強烈なインパクトに劣らない、その歌唱力は 低音から高音まで迫力ある伸びのある歌声です。 「悪魔」という設定が少し怪しいところで、そこが魅力のボーカリストです。 NHKと肖像権で揉めるなど、いろいろな面白いエピソードがあります。 wikipedia. 槇原さんの 真面目な、まっすぐに訴えかけるような、でも熱すぎない歌い方が特徴的な「どんなときも」は今でも多くの人に親しまれています。 編曲家や音楽プロデューサーとしても活躍しており、数々の昭和のヒット曲を世に送り出してきました。 今は解散してしまった、SMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」を作詞作曲した人物としても知られています。 歌手として、アーティストして、クリエイターとしてかなり評価の高い人物です。 masafumiakikawa. 平井堅さんは「大きなのっぽの古時計」をはじめとした、多くの代表曲があります。 一見風貌からはそうぞうできない、とても透き通った歌声で多くの人を魅了しています。 何をやっても売れない時期もありましたが、「楽園」というCDをリリースしたところ、江角マキコさんが起用されたMVの効果でとても売れました。 それにより、綾瀬はるかさん主演の「世界の中心で愛をさけぶ」の主題歌を担当することとなるなど、売れっ子歌手となりました。 また、ベストドレッサー賞の受賞歴もあったり、歌手以外でも多才な才能がある芸能人です。 Children」や「ウカスカジー」に所属しており、どのグループも息が長く、多くのファンを虜にしています。 「Mr. Children」の楽曲はほとんど全て櫻井和寿さんが作っているそう。 しっとりしたバラードも元気が出るスピード感のある曲も、ちょっと聞いただけですぐ「ミスチルだ」と分かりますよね。 そんなミスチルは、櫻井和寿さん 独特のアンニュイでありながらエネルギッシュな歌声が魅力的です。 「Mr. Children」という名前の由来は、メンバー全員がchildrenという響きがお気に入りだそうで、自分たちは大人になったのでMr. を付けた、というエピソードがあります。 北島三郎さん 独特のこぶしの効いた男らしい力強い歌声は、唯一無二と言えるでしょう。 しかし、高校生のころにのど自慢大会に出場したら、鐘がなんと2つしかもらえなかったのだとか。 鐘2つの北島三郎さんに、宮田輝さんというアナウンサーに「良い声でお上手でしたのにねえ」と声を掛けてもらったそう。 この声かけにより、「歌をやれば道が開けるかな」と勘違いしたことが歌手への道のはじまりだったとか。 そのため、昭和音楽芸術学院に通いデビューを目指します。 その後、喫茶店で流しの仕事をしていたところを日本コロムビア社長から直々にスカウトされます。 のど自慢大会に出場した後も努力を続けたことで、才能開花することになったのです。 現在は、歌手業だけでなく、作曲やプロデュース業、馬主としても活躍しています。 透明感のある繊細な歌声が魅力的です。 そんな井上陽水さんは、歯科医の父親と専業主婦の母親のもとに生まれ、特別に芸術を重んじた教育するような家庭に育ったわけではありません。 しかし、実家の婦人会などで「歌って」と頼まれることがあり、幼い頃から歌うとかなり褒められることが多かったようです。 歌が子供のころから得意だったのでしょう。 家族からは歯科医になることを望まれていたそうで、医大受験をするも失敗。 予備校に通っていたところ、音楽でひと山当てたいという気持ちが生まれ、独学で作曲を始めたのだとか。 今は日本を代表する歌が上手な歌手でアーティストとなっていますが、きっかけは些細なことだったのですね。 そのCDが「最後の夜」という名前だったのですが、オリコン初登場だったにも関わらず9位を記録するという快挙を成し遂げました。 このおかげでデビューが決まり、芸能界で活躍することとなったのです。 そして、一時活動休止するなど紆余曲折がありましたが、川端要さんと再び「CHEMISTRY」として活動を再開しました。 堂珍さんの 切ない、じんわり心に染み入るような歌声を心待ちにしていたファンは多いことでしょう。 アカペラだからこそごまかしの効かない中で、黒沢さんのその 伸びやかで張りのある歌声は光っています。 黒沢薫さんは、國學院大學に通っていたのですが、歌がやりたくて早稲田大学のゴスペルサークルに足を運んだといいます。 そして、歌への情熱が止められずに、このままプロになりたいと國學院大學を中退して、サークル活動だけに注力するようになったそう。 サークルメンバーとメジャーデビューをするはずが、多くのメンバーが就活を理由に脱退。 急遽、現在のメンバーを黒沢薫さんが探してきてメジャーデビューを果たしたのだとか。 高校生のころ、学園祭の舞台で歌った感動が彼の音楽の原点だそう。 音楽の熱意が伝わるエピソードばかりですよね。 9歳でボーカルのDAICHIとして、「シングルパラシューター」などのCDを発売しました。 そしてポンキッキーズに出演するようになり、「三浦大知」に改名して現在の活躍に至ります。 しかし、2000年ごろに変声期が訪れたため1年ほどの活動休止をしたといいます。 活動再開後の歌声は、 男性の力強さとキレ、そして高音も出るという素晴らしいものです。 ちなみに、音楽を始めたきっかけはマイケルジャクソンだそう。 キレキレのダンスパフォーマンスも注目されています。 ISSAさんは「DA PUMP」のリーダー、ボーカルとして長年活躍しています。 彼の歌声も エッジが効いた迫力あるあるもので、高音もとてもきれいです。 幼い頃から沖縄アクターズスクールに通っていたといい、子役として活躍していました。 しかし、その頃はあまり芸能界に興味がなかったといいます。 17歳から再度アクターズスクールに通い始め、そして歌手とダンサーになったのです。 その歌唱力で、平成最後の仮面ライダー「ジオウ」の主題歌を担当したり、「U. A」で再ブレイクの兆しなど、今再び注目されているボーカリストです。 EXILEのASTSHIさんもISSAさんのことを尊敬しているのだとか。 そんな米倉利紀さんもまた、とても歌唱力が素晴らしい歌手だとよく話題に上がります。 ブラックミュージックやソウルなどの曲が得意分野で、シンガーソングライターとしても活躍しています。 楽曲提供を積極的に行っており、和田アキ子さんや「KinKi Kids」などに楽曲を提供したこともあり、シンガーソングライターとしての活躍も実績や実力があります。 ちなみに、2013年にはドラマ「ガリレオ」にゲスト出演も果たすなど、俳優デビューしたこともありました。 bunshun.

次の

本当に歌唱力の高い歌手 アーティストは!?男性 女性ランキング

女性演歌歌手 歌唱力 ランキング

「VOW WOW」解散後ソロ活動を始めた人見元基さん。 とにかく歌が上手です。 歌声がはっきりしていて聞き取りやすく、ライブでもかなり盛り上がっています。 ここで上げた動画はライブ会場のものですが、YouTube上では高校でのライブ映像も出回っています。 そちらはあまり良い会場ではないのですが、とてもかっこよく歌い上げていて、人見元基さんの 歌のうまさが感じられるパフォーマンスを見ることができます。 現在は高校で英語の教諭をしており、たまにソロ活動や友人のミュージシャンの手伝いで歌っているそうです。 また本格復帰することを望んでいるファンは多いと思われます。 livedoor. 低めも高音も自由自在に操る伸びやかな声がかっこよく、歌手以外にもシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家などさまざまな活動をしています。 家族構成は、長男の奏さん、長女の宮崎薫さんと3人家族です。 いまだ人気は衰えていませんが、覚醒剤使用容疑で捕まって以来、無期限活動休止なのでかつてのデュオを聞くことはできません。 ASKAさんの歌唱力はとても素晴らしいものなので、多くの人たちが彼のファンでありつづけています。 「BUMP OF CHICKEN」は長い間親しまれているバンドですが、藤原基央さんはその中でも特に歌が上手だと評判です。 ボーカリストとしての実力があるのだから、ソロで歌を歌えば良いのではと思う人もいるかもしれませんが、 ボーカリストとして1人で活躍するのは興味がないのだそう。 バンドでの活動に全勢力を注ぎたいと考えているのだとか。 ストイックでかっこいい性格をしていますね。 大橋卓弥さんはシンガーソングライターやボーカリストとして「スキマスイッチ」で活躍している歌手です。 「スキマスイッチ」のボーカリストを1999年から一貫して務めており、 とても表現力に優れた歌い方で人気があります。 大橋卓弥さんは、シンガーソングライターになりたかったわけではなく、もともとはピアニスト志望だったそう。 理論や楽典などに裏打ちされた素晴らしい曲を書くことができるのは、このためでしょう。 演奏に理論は付きものなので、ピアニスト志望だった過去をしっかりと生かしたボーカリストとして、「スキマスイッチ」を人気バンドに持ち上げていったのでしょう。 livedoor. 岩沢厚治さんは、バンドグループゆずの弾き語りをしている方の人です。 シンガーソングライターとしても活躍していて、岩沢厚治さんが作詞作曲を手掛けたものも多く、「ゆず」の長い歴史を支えてきました。 「ゆず」は、 癒やされるゆっくりしたフォーク系の歌や明るいポップな歌が多く、岩沢厚治さんのソロパートは少ないものの、ハモリは最高の歌手です。 紅白歌合戦にも出たこともあるので、かなり実力があるアーティストです。 amazon. ATSUSHIさんはエグザイルの中でも人気メンバーで、ボーカル担当なので当然歌唱力も抜群です。 しかもダンスもできるという強者です。 普段はサングラスを付けていることが多く、強面な風貌からは想像できない、 美しい繊細な歌声は最初驚く人が多いはずです。 しかし、最近ではサングラスを取った姿も見せてくれるようになり、格好いいと評判です。 ソロ活動も積極的に行っており、実力社会の芸能界で磨き上げられた実力はかなりのものです。 EXILEはジャニーズとは違い、健康面にもうるさく飲酒は禁止です。 そのため、筋肉や健康が維持されていて、とても体に良い暮らしだそうです。 それが声やパフォーマンスに生かされているのかもしれません。 「CHEMISTRY」はオーディション番組から誕生したとても人気な歌手グループでしたが、2012年に惜しまれながら活動休止に。 しかし、満を持して去年活動再開になったのです。 これからの活躍が楽しみですよね。 ちなみに川畑要さんは、歌手の他に、俳優やナレーターとしても活躍しており、自分のきれいな声を最大限に利用したお仕事をしています。 黒田俊介さんは、ミュージシャン活動に加えて、作詞、作曲も手掛けるアーティストです。 かなり歌が上手な芸能人で、 2014年には台湾公演を行うなど海外進出もしています。 「コブクロ」も長い間続いているバンドですが、とても実力のあるメンバーに支えられていたのです。 「蕾」という楽曲は、もう1人のメンバー小渕健太郎さんの亡くなった母親を思い書かれた曲で、とてもきれいな曲です。 派手なビジュアルバンドとしてカリスマ的な人気を誇ったLUNASEAですが、河村さんの歌声は ビジュアルに負けない、迫力のある、時には激しく時にはせつなく、変幻自在でした。 惜しまれながらも解散してしまったLUNASEAですが、河村さんはその後はミュージシャンだけでなく、ボクサーやレーサーとして活躍。 とてもかっこいい芸能人であるといえます。 また、俳優にも挑戦しており、多才な才能に恵まれた素晴らしい人物です。 他アーティストへの楽曲提供を積極的に行っていた時期もあり、そのおかげで長者番付に載ったこともありました。 news-postseven. 彼もまた、とても歌が上手で、 心にしみいるような歌を歌い続けています。 中学生のころには既にバンドを組んでいたといい、志は幼いころから定まっていたようです。 フォークソングブームの火付け役としても有名な芸能人であるといえます。 福山雅治さんはイケメンで女性にもかなり人気ですし、良いところしかないようなアーティストです。 歌声も 福山さん独特の語り掛けるような、優しいトーンが魅力的です。 俳優としてドラマや映画、CMにも出演していますし、歌手でありながら何が本業なのか分からないほどの活躍ぶりです。 音楽関係の仕事の他に、作家として執筆活動も行っているようで、頭の良い一面もあるシンガーソングライターです。 また、自分もファンも楽しめるような曲をたくさん作っています。 どれもヒット曲ばかりで、曲名まではわからずとも誰しも1度は耳にしたことがある曲がほとんどです。 シンガーソングライターとしても、歌手としてもかなり才能がある人といえるでしょう。 桑田佳祐さんはなんと昔、歌手ではなくボーリングのプロであるプロボウラーになりたかったと語っていました。 桑田佳祐さんが子供のころは、このような音楽界の巨匠になるということは、考えてもいなかったことでしょう。 wikipedia. 「デーモン閣下」の愛称で親しまれていて、誰でも顔を見ればその化粧の厚さで一発で覚えてしまいます。 デーモン小暮さんは10万歳を越えているようですが、Gacktさんも500歳を越えているときがありました。 いずれ、デーモン小暮さんも隠すことに限界が来るかもしれませんね。 ビジュアルの強烈なインパクトに劣らない、その歌唱力は 低音から高音まで迫力ある伸びのある歌声です。 「悪魔」という設定が少し怪しいところで、そこが魅力のボーカリストです。 NHKと肖像権で揉めるなど、いろいろな面白いエピソードがあります。 wikipedia. 槇原さんの 真面目な、まっすぐに訴えかけるような、でも熱すぎない歌い方が特徴的な「どんなときも」は今でも多くの人に親しまれています。 編曲家や音楽プロデューサーとしても活躍しており、数々の昭和のヒット曲を世に送り出してきました。 今は解散してしまった、SMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」を作詞作曲した人物としても知られています。 歌手として、アーティストして、クリエイターとしてかなり評価の高い人物です。 masafumiakikawa. 平井堅さんは「大きなのっぽの古時計」をはじめとした、多くの代表曲があります。 一見風貌からはそうぞうできない、とても透き通った歌声で多くの人を魅了しています。 何をやっても売れない時期もありましたが、「楽園」というCDをリリースしたところ、江角マキコさんが起用されたMVの効果でとても売れました。 それにより、綾瀬はるかさん主演の「世界の中心で愛をさけぶ」の主題歌を担当することとなるなど、売れっ子歌手となりました。 また、ベストドレッサー賞の受賞歴もあったり、歌手以外でも多才な才能がある芸能人です。 Children」や「ウカスカジー」に所属しており、どのグループも息が長く、多くのファンを虜にしています。 「Mr. Children」の楽曲はほとんど全て櫻井和寿さんが作っているそう。 しっとりしたバラードも元気が出るスピード感のある曲も、ちょっと聞いただけですぐ「ミスチルだ」と分かりますよね。 そんなミスチルは、櫻井和寿さん 独特のアンニュイでありながらエネルギッシュな歌声が魅力的です。 「Mr. Children」という名前の由来は、メンバー全員がchildrenという響きがお気に入りだそうで、自分たちは大人になったのでMr. を付けた、というエピソードがあります。 北島三郎さん 独特のこぶしの効いた男らしい力強い歌声は、唯一無二と言えるでしょう。 しかし、高校生のころにのど自慢大会に出場したら、鐘がなんと2つしかもらえなかったのだとか。 鐘2つの北島三郎さんに、宮田輝さんというアナウンサーに「良い声でお上手でしたのにねえ」と声を掛けてもらったそう。 この声かけにより、「歌をやれば道が開けるかな」と勘違いしたことが歌手への道のはじまりだったとか。 そのため、昭和音楽芸術学院に通いデビューを目指します。 その後、喫茶店で流しの仕事をしていたところを日本コロムビア社長から直々にスカウトされます。 のど自慢大会に出場した後も努力を続けたことで、才能開花することになったのです。 現在は、歌手業だけでなく、作曲やプロデュース業、馬主としても活躍しています。 透明感のある繊細な歌声が魅力的です。 そんな井上陽水さんは、歯科医の父親と専業主婦の母親のもとに生まれ、特別に芸術を重んじた教育するような家庭に育ったわけではありません。 しかし、実家の婦人会などで「歌って」と頼まれることがあり、幼い頃から歌うとかなり褒められることが多かったようです。 歌が子供のころから得意だったのでしょう。 家族からは歯科医になることを望まれていたそうで、医大受験をするも失敗。 予備校に通っていたところ、音楽でひと山当てたいという気持ちが生まれ、独学で作曲を始めたのだとか。 今は日本を代表する歌が上手な歌手でアーティストとなっていますが、きっかけは些細なことだったのですね。 そのCDが「最後の夜」という名前だったのですが、オリコン初登場だったにも関わらず9位を記録するという快挙を成し遂げました。 このおかげでデビューが決まり、芸能界で活躍することとなったのです。 そして、一時活動休止するなど紆余曲折がありましたが、川端要さんと再び「CHEMISTRY」として活動を再開しました。 堂珍さんの 切ない、じんわり心に染み入るような歌声を心待ちにしていたファンは多いことでしょう。 アカペラだからこそごまかしの効かない中で、黒沢さんのその 伸びやかで張りのある歌声は光っています。 黒沢薫さんは、國學院大學に通っていたのですが、歌がやりたくて早稲田大学のゴスペルサークルに足を運んだといいます。 そして、歌への情熱が止められずに、このままプロになりたいと國學院大學を中退して、サークル活動だけに注力するようになったそう。 サークルメンバーとメジャーデビューをするはずが、多くのメンバーが就活を理由に脱退。 急遽、現在のメンバーを黒沢薫さんが探してきてメジャーデビューを果たしたのだとか。 高校生のころ、学園祭の舞台で歌った感動が彼の音楽の原点だそう。 音楽の熱意が伝わるエピソードばかりですよね。 9歳でボーカルのDAICHIとして、「シングルパラシューター」などのCDを発売しました。 そしてポンキッキーズに出演するようになり、「三浦大知」に改名して現在の活躍に至ります。 しかし、2000年ごろに変声期が訪れたため1年ほどの活動休止をしたといいます。 活動再開後の歌声は、 男性の力強さとキレ、そして高音も出るという素晴らしいものです。 ちなみに、音楽を始めたきっかけはマイケルジャクソンだそう。 キレキレのダンスパフォーマンスも注目されています。 ISSAさんは「DA PUMP」のリーダー、ボーカルとして長年活躍しています。 彼の歌声も エッジが効いた迫力あるあるもので、高音もとてもきれいです。 幼い頃から沖縄アクターズスクールに通っていたといい、子役として活躍していました。 しかし、その頃はあまり芸能界に興味がなかったといいます。 17歳から再度アクターズスクールに通い始め、そして歌手とダンサーになったのです。 その歌唱力で、平成最後の仮面ライダー「ジオウ」の主題歌を担当したり、「U. A」で再ブレイクの兆しなど、今再び注目されているボーカリストです。 EXILEのASTSHIさんもISSAさんのことを尊敬しているのだとか。 そんな米倉利紀さんもまた、とても歌唱力が素晴らしい歌手だとよく話題に上がります。 ブラックミュージックやソウルなどの曲が得意分野で、シンガーソングライターとしても活躍しています。 楽曲提供を積極的に行っており、和田アキ子さんや「KinKi Kids」などに楽曲を提供したこともあり、シンガーソングライターとしての活躍も実績や実力があります。 ちなみに、2013年にはドラマ「ガリレオ」にゲスト出演も果たすなど、俳優デビューしたこともありました。 bunshun.

次の

本当に歌唱力の高い歌手 アーティストは!?男性 女性ランキング

女性演歌歌手 歌唱力 ランキング

「VOW WOW」解散後ソロ活動を始めた人見元基さん。 とにかく歌が上手です。 歌声がはっきりしていて聞き取りやすく、ライブでもかなり盛り上がっています。 ここで上げた動画はライブ会場のものですが、YouTube上では高校でのライブ映像も出回っています。 そちらはあまり良い会場ではないのですが、とてもかっこよく歌い上げていて、人見元基さんの 歌のうまさが感じられるパフォーマンスを見ることができます。 現在は高校で英語の教諭をしており、たまにソロ活動や友人のミュージシャンの手伝いで歌っているそうです。 また本格復帰することを望んでいるファンは多いと思われます。 livedoor. 低めも高音も自由自在に操る伸びやかな声がかっこよく、歌手以外にもシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家などさまざまな活動をしています。 家族構成は、長男の奏さん、長女の宮崎薫さんと3人家族です。 いまだ人気は衰えていませんが、覚醒剤使用容疑で捕まって以来、無期限活動休止なのでかつてのデュオを聞くことはできません。 ASKAさんの歌唱力はとても素晴らしいものなので、多くの人たちが彼のファンでありつづけています。 「BUMP OF CHICKEN」は長い間親しまれているバンドですが、藤原基央さんはその中でも特に歌が上手だと評判です。 ボーカリストとしての実力があるのだから、ソロで歌を歌えば良いのではと思う人もいるかもしれませんが、 ボーカリストとして1人で活躍するのは興味がないのだそう。 バンドでの活動に全勢力を注ぎたいと考えているのだとか。 ストイックでかっこいい性格をしていますね。 大橋卓弥さんはシンガーソングライターやボーカリストとして「スキマスイッチ」で活躍している歌手です。 「スキマスイッチ」のボーカリストを1999年から一貫して務めており、 とても表現力に優れた歌い方で人気があります。 大橋卓弥さんは、シンガーソングライターになりたかったわけではなく、もともとはピアニスト志望だったそう。 理論や楽典などに裏打ちされた素晴らしい曲を書くことができるのは、このためでしょう。 演奏に理論は付きものなので、ピアニスト志望だった過去をしっかりと生かしたボーカリストとして、「スキマスイッチ」を人気バンドに持ち上げていったのでしょう。 livedoor. 岩沢厚治さんは、バンドグループゆずの弾き語りをしている方の人です。 シンガーソングライターとしても活躍していて、岩沢厚治さんが作詞作曲を手掛けたものも多く、「ゆず」の長い歴史を支えてきました。 「ゆず」は、 癒やされるゆっくりしたフォーク系の歌や明るいポップな歌が多く、岩沢厚治さんのソロパートは少ないものの、ハモリは最高の歌手です。 紅白歌合戦にも出たこともあるので、かなり実力があるアーティストです。 amazon. ATSUSHIさんはエグザイルの中でも人気メンバーで、ボーカル担当なので当然歌唱力も抜群です。 しかもダンスもできるという強者です。 普段はサングラスを付けていることが多く、強面な風貌からは想像できない、 美しい繊細な歌声は最初驚く人が多いはずです。 しかし、最近ではサングラスを取った姿も見せてくれるようになり、格好いいと評判です。 ソロ活動も積極的に行っており、実力社会の芸能界で磨き上げられた実力はかなりのものです。 EXILEはジャニーズとは違い、健康面にもうるさく飲酒は禁止です。 そのため、筋肉や健康が維持されていて、とても体に良い暮らしだそうです。 それが声やパフォーマンスに生かされているのかもしれません。 「CHEMISTRY」はオーディション番組から誕生したとても人気な歌手グループでしたが、2012年に惜しまれながら活動休止に。 しかし、満を持して去年活動再開になったのです。 これからの活躍が楽しみですよね。 ちなみに川畑要さんは、歌手の他に、俳優やナレーターとしても活躍しており、自分のきれいな声を最大限に利用したお仕事をしています。 黒田俊介さんは、ミュージシャン活動に加えて、作詞、作曲も手掛けるアーティストです。 かなり歌が上手な芸能人で、 2014年には台湾公演を行うなど海外進出もしています。 「コブクロ」も長い間続いているバンドですが、とても実力のあるメンバーに支えられていたのです。 「蕾」という楽曲は、もう1人のメンバー小渕健太郎さんの亡くなった母親を思い書かれた曲で、とてもきれいな曲です。 派手なビジュアルバンドとしてカリスマ的な人気を誇ったLUNASEAですが、河村さんの歌声は ビジュアルに負けない、迫力のある、時には激しく時にはせつなく、変幻自在でした。 惜しまれながらも解散してしまったLUNASEAですが、河村さんはその後はミュージシャンだけでなく、ボクサーやレーサーとして活躍。 とてもかっこいい芸能人であるといえます。 また、俳優にも挑戦しており、多才な才能に恵まれた素晴らしい人物です。 他アーティストへの楽曲提供を積極的に行っていた時期もあり、そのおかげで長者番付に載ったこともありました。 news-postseven. 彼もまた、とても歌が上手で、 心にしみいるような歌を歌い続けています。 中学生のころには既にバンドを組んでいたといい、志は幼いころから定まっていたようです。 フォークソングブームの火付け役としても有名な芸能人であるといえます。 福山雅治さんはイケメンで女性にもかなり人気ですし、良いところしかないようなアーティストです。 歌声も 福山さん独特の語り掛けるような、優しいトーンが魅力的です。 俳優としてドラマや映画、CMにも出演していますし、歌手でありながら何が本業なのか分からないほどの活躍ぶりです。 音楽関係の仕事の他に、作家として執筆活動も行っているようで、頭の良い一面もあるシンガーソングライターです。 また、自分もファンも楽しめるような曲をたくさん作っています。 どれもヒット曲ばかりで、曲名まではわからずとも誰しも1度は耳にしたことがある曲がほとんどです。 シンガーソングライターとしても、歌手としてもかなり才能がある人といえるでしょう。 桑田佳祐さんはなんと昔、歌手ではなくボーリングのプロであるプロボウラーになりたかったと語っていました。 桑田佳祐さんが子供のころは、このような音楽界の巨匠になるということは、考えてもいなかったことでしょう。 wikipedia. 「デーモン閣下」の愛称で親しまれていて、誰でも顔を見ればその化粧の厚さで一発で覚えてしまいます。 デーモン小暮さんは10万歳を越えているようですが、Gacktさんも500歳を越えているときがありました。 いずれ、デーモン小暮さんも隠すことに限界が来るかもしれませんね。 ビジュアルの強烈なインパクトに劣らない、その歌唱力は 低音から高音まで迫力ある伸びのある歌声です。 「悪魔」という設定が少し怪しいところで、そこが魅力のボーカリストです。 NHKと肖像権で揉めるなど、いろいろな面白いエピソードがあります。 wikipedia. 槇原さんの 真面目な、まっすぐに訴えかけるような、でも熱すぎない歌い方が特徴的な「どんなときも」は今でも多くの人に親しまれています。 編曲家や音楽プロデューサーとしても活躍しており、数々の昭和のヒット曲を世に送り出してきました。 今は解散してしまった、SMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」を作詞作曲した人物としても知られています。 歌手として、アーティストして、クリエイターとしてかなり評価の高い人物です。 masafumiakikawa. 平井堅さんは「大きなのっぽの古時計」をはじめとした、多くの代表曲があります。 一見風貌からはそうぞうできない、とても透き通った歌声で多くの人を魅了しています。 何をやっても売れない時期もありましたが、「楽園」というCDをリリースしたところ、江角マキコさんが起用されたMVの効果でとても売れました。 それにより、綾瀬はるかさん主演の「世界の中心で愛をさけぶ」の主題歌を担当することとなるなど、売れっ子歌手となりました。 また、ベストドレッサー賞の受賞歴もあったり、歌手以外でも多才な才能がある芸能人です。 Children」や「ウカスカジー」に所属しており、どのグループも息が長く、多くのファンを虜にしています。 「Mr. Children」の楽曲はほとんど全て櫻井和寿さんが作っているそう。 しっとりしたバラードも元気が出るスピード感のある曲も、ちょっと聞いただけですぐ「ミスチルだ」と分かりますよね。 そんなミスチルは、櫻井和寿さん 独特のアンニュイでありながらエネルギッシュな歌声が魅力的です。 「Mr. Children」という名前の由来は、メンバー全員がchildrenという響きがお気に入りだそうで、自分たちは大人になったのでMr. を付けた、というエピソードがあります。 北島三郎さん 独特のこぶしの効いた男らしい力強い歌声は、唯一無二と言えるでしょう。 しかし、高校生のころにのど自慢大会に出場したら、鐘がなんと2つしかもらえなかったのだとか。 鐘2つの北島三郎さんに、宮田輝さんというアナウンサーに「良い声でお上手でしたのにねえ」と声を掛けてもらったそう。 この声かけにより、「歌をやれば道が開けるかな」と勘違いしたことが歌手への道のはじまりだったとか。 そのため、昭和音楽芸術学院に通いデビューを目指します。 その後、喫茶店で流しの仕事をしていたところを日本コロムビア社長から直々にスカウトされます。 のど自慢大会に出場した後も努力を続けたことで、才能開花することになったのです。 現在は、歌手業だけでなく、作曲やプロデュース業、馬主としても活躍しています。 透明感のある繊細な歌声が魅力的です。 そんな井上陽水さんは、歯科医の父親と専業主婦の母親のもとに生まれ、特別に芸術を重んじた教育するような家庭に育ったわけではありません。 しかし、実家の婦人会などで「歌って」と頼まれることがあり、幼い頃から歌うとかなり褒められることが多かったようです。 歌が子供のころから得意だったのでしょう。 家族からは歯科医になることを望まれていたそうで、医大受験をするも失敗。 予備校に通っていたところ、音楽でひと山当てたいという気持ちが生まれ、独学で作曲を始めたのだとか。 今は日本を代表する歌が上手な歌手でアーティストとなっていますが、きっかけは些細なことだったのですね。 そのCDが「最後の夜」という名前だったのですが、オリコン初登場だったにも関わらず9位を記録するという快挙を成し遂げました。 このおかげでデビューが決まり、芸能界で活躍することとなったのです。 そして、一時活動休止するなど紆余曲折がありましたが、川端要さんと再び「CHEMISTRY」として活動を再開しました。 堂珍さんの 切ない、じんわり心に染み入るような歌声を心待ちにしていたファンは多いことでしょう。 アカペラだからこそごまかしの効かない中で、黒沢さんのその 伸びやかで張りのある歌声は光っています。 黒沢薫さんは、國學院大學に通っていたのですが、歌がやりたくて早稲田大学のゴスペルサークルに足を運んだといいます。 そして、歌への情熱が止められずに、このままプロになりたいと國學院大學を中退して、サークル活動だけに注力するようになったそう。 サークルメンバーとメジャーデビューをするはずが、多くのメンバーが就活を理由に脱退。 急遽、現在のメンバーを黒沢薫さんが探してきてメジャーデビューを果たしたのだとか。 高校生のころ、学園祭の舞台で歌った感動が彼の音楽の原点だそう。 音楽の熱意が伝わるエピソードばかりですよね。 9歳でボーカルのDAICHIとして、「シングルパラシューター」などのCDを発売しました。 そしてポンキッキーズに出演するようになり、「三浦大知」に改名して現在の活躍に至ります。 しかし、2000年ごろに変声期が訪れたため1年ほどの活動休止をしたといいます。 活動再開後の歌声は、 男性の力強さとキレ、そして高音も出るという素晴らしいものです。 ちなみに、音楽を始めたきっかけはマイケルジャクソンだそう。 キレキレのダンスパフォーマンスも注目されています。 ISSAさんは「DA PUMP」のリーダー、ボーカルとして長年活躍しています。 彼の歌声も エッジが効いた迫力あるあるもので、高音もとてもきれいです。 幼い頃から沖縄アクターズスクールに通っていたといい、子役として活躍していました。 しかし、その頃はあまり芸能界に興味がなかったといいます。 17歳から再度アクターズスクールに通い始め、そして歌手とダンサーになったのです。 その歌唱力で、平成最後の仮面ライダー「ジオウ」の主題歌を担当したり、「U. A」で再ブレイクの兆しなど、今再び注目されているボーカリストです。 EXILEのASTSHIさんもISSAさんのことを尊敬しているのだとか。 そんな米倉利紀さんもまた、とても歌唱力が素晴らしい歌手だとよく話題に上がります。 ブラックミュージックやソウルなどの曲が得意分野で、シンガーソングライターとしても活躍しています。 楽曲提供を積極的に行っており、和田アキ子さんや「KinKi Kids」などに楽曲を提供したこともあり、シンガーソングライターとしての活躍も実績や実力があります。 ちなみに、2013年にはドラマ「ガリレオ」にゲスト出演も果たすなど、俳優デビューしたこともありました。 bunshun.

次の