ちゃん ちゃ ら おかしい。 ちゃーん ちゃーん ちゃーん ちゃんちゃん ちゃん ちゃん ちゃん ちゃ

ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃんとは (チョットダケアタマノオカシイアオイチャンとは) [単語記事]

ちゃん ちゃ ら おかしい

A ベストアンサー No. 1です。 モーツァルトの「トルコ行進曲」・・・。 youtube. でも「(途中)」と書かれた部分がどうしてもわかりません。 上の動画の 0:18 あたりからの部分ですか? >どう表記するのがベストでしたでしょうか。 テンポが速い/遅いとか、楽しい/悲しいとか、曲の長さとか、何かのコマーシャルやドラマで使われているとか、雰囲気・イメージとか、何でもヒントになりそうなものを書いていただければ、少しは候補を挙げやすいと思います。 A ベストアンサー クラシック・・・ようするに電気を通さないで音が鳴る複数の楽器で構成される曲ということでいいですか? それとも交響曲のように4部構成で。。。 なんて注釈がつきますか? 私は映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズは現代クラシックの巨匠だと思いますが。 もちろんもう齢80を超えてるのですが。 同じように坂本龍一や久石譲、「映像の世紀」でお馴染みの加古隆などもクラシック音楽としていいと思います。 バッハもほぼその時期で1685年3月31日- 1750年7月28日 モーツアルト1756年1月27日 - 1791年12月5日 ベートーベン1770年12月16日 - 1827年3月26日 ビバルディが生まれてベートーベンが死ぬまでにおよそ150年です。 ベートーベンが死んでからおよそ200年経ちますが、ベートーベン死後もたくさん名作曲家はいますよね? バレエ組曲「火の鳥」のストラビンスキーは20世紀の作曲家ですし、「ラプソディ・イン・ブルー 」でお馴染みのガーシュウィンも20世紀の人です。 現時点でビバルディもベートーベンもガーシュウィンも250年間の音楽を「クラシック」という範疇で我々は同じような感覚で聞いていると思います。 ひょっとしたらビートルズのイエスタデイなどもクラシックに入れてもいいかもしれません。 クラシックという音楽ジャンルをどのように捉えるかと思いますが、音楽でも絵画でも映画でもドラマでも、そのジャンルの先駆者たちはやはりすごく、その後に続く人たち。。。 いわゆるフォロワーはどうしても先駆者たちを超えるのは難しいようです。 クラシック・・・ようするに電気を通さないで音が鳴る複数の楽器で構成される曲ということでいいですか? それとも交響曲のように4部構成で。。。 なんて注釈がつきますか? 私は映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズは現代クラシックの巨匠だと思いますが。 もちろんもう齢80を超えてるのですが。 同じように坂本龍一や久石譲、「映像の世紀」でお馴染みの加古隆などもクラシック音楽としていいと思います。 Q 最初にお断りしておきますが、これは、フジコ・ヘミングさんを誹謗するものではありません。 音楽家(芸術家)としての あり方についての 私見です。 先月、彼女のコンサートに行ってきました。 友人に誘われたのです。 日本、L. NYC あたりだと $100 ぐらいするそうですが、安かったし、私の住んでいる州にくるので(それなら行こうかな。 )と思ったしだいです。 個人的には彼女のこと、(素晴らしいピアニスト)とは思っていませんでした。 ただ、日本ではかなり人気があること。 You Tube で、(魂のピアニスト、だとか、鳥肌が立ちました。 )などという感想があったため、(どんな演奏かな?)と、聴きにいきました。 はっきり申し上げて、ひどかったです。 ミスタッチだらけ。 ベートーヴェン の Moonlight Sonata 第三楽章にいたっては、ミスタッチだけでなく、テンポもめちゃくちゃ。 おそらく、あの速さの曲はひけないのだろう、と思いました。 十八番の ラ・カンパネラは 上手に弾いていらっしゃいました。 Chopin のノクターンも Interpretation はほとんどなく・・・・。 音楽に全く詳しくない友人も「やる気のなさ、がわかった。 」と言いました。 でも、彼女はミスタッチはわからなかったそうです。 (多分、ピアノを弾かない人はそうかもしれません。 お歳もいかれているので 仕方が無い部分もあるかもしれません。 でも、プロでお金をとっているなら、それなりの演奏をするべきだと思います。 過去の彼女のインタビューに ミスタッチを指摘された際「人間ですもの、間違えるわよ。 」とおっしゃったそうですが、プロならミスタッチを聴衆に分からないようにするべきだはないでしょうか。 あくまでも、私の私見ですが、日本で大人気の disability のピアニストも もし、彼が健常者だったらあれだけの人気がでただろうか、と思います。 スポーツ選手も芸術家も ピークというものがあります。 それを、著しく過ぎた方は潔くRetire するべきだと思います。 音楽に造詣の深い方、フジコさんの演奏をどう 思われますか? 彼女の演奏は鳥肌が立つほど、素晴らしいですか? 私の感性がおかしいのでしょうか? 私は、ラン・ランのコンサートでは鳥肌がたちました。 最初にお断りしておきますが、これは、フジコ・ヘミングさんを誹謗するものではありません。 音楽家(芸術家)としての あり方についての 私見です。 先月、彼女のコンサートに行ってきました。 友人に誘われたのです。 日本、L. NYC あたりだと $100 ぐらいするそうですが、安かったし、私の住んでいる州にくるので(それなら行こうかな。 )と思ったしだいです。 個人的には彼女のこと、(素晴らしいピアニスト)とは思っていませんでした。 ただ、日本ではかなり人気があること。 You Tube で、(... A ベストアンサー ホロヴィッツが初来日した際、「ひびの入った骨董」と酷評した故・吉田秀和氏。 もはや齢80歳、伝説的なピアニストを一目見よう(聴こう)と高額なチケットを求め期待に胸を膨らませて会場に足を運んだ聴衆たち。 ステージで弾いているのはまさしく本人。 今までレコードやCDでしか聴いたことのない遠い存在の人が眼前に。 しかし、肝心な演奏は・・・ミスタッチだらけ・・・そこには確かにかつての世界的巨匠がいるのだが。 もはや骨董と化した伝説の名ピアニスト。 けれど、憧れの骨董品をやっとの思いで所有する喜び。 残念ながらひびが入っている。 価値は下がるがそれでも欲しい・・・ とにかく、生涯にあのホロヴィッツを生で聴けた・・・それが何より重要なのですね。 会場を後にした人たちは恐らく殆どがそんな思いを持ったのでは・・・? で、フジコ・ヘミング。 勿論、第一級のピアニストでもなく、経歴等マスメディアにより持ち上げられた感が多分にあるようです。 ま、純粋なクラシックピアノ・ファンならば彼女の力量・レベル・知名度?を十分理解しているはずですので。 加齢によりテクニックの衰えを感じ自ら引退するか、それでもいいから熱望する聴衆の前に姿を現すか、 そのあたりは時のなりゆきに左右される場合があるのでしょう。 案外、幾つになっても(出たがり?笑)かも。 ミスタッチだらけとしても、見てて(聴いてて)ホロヴィッツなどとは聴衆の受け取り方には明らかに違いがあります。 現に質問者さんもそう思われたのでは? 彼女に関して言えるのはこの位ですね・・・ ホロヴィッツが初来日した際、「ひびの入った骨董」と酷評した故・吉田秀和氏。 もはや齢80歳、伝説的なピアニストを一目見よう(聴こう)と高額なチケットを求め期待に胸を膨らませて会場に足を運んだ聴衆たち。 ステージで弾いているのはまさしく本人。 今までレコードやCDでしか聴いたことのない遠い存在の人が眼前に。 しかし、肝心な演奏は・・・ミスタッチだらけ・・・そこには確かにかつての世界的巨匠がいるのだが。 もはや骨董と化した伝説の名ピアニスト。 けれど、憧れの骨董品をやっとの思い... Q 先日、図書館から佐村河内守の交響曲第1番のCDを借りて来たところ解説に驚きました。 高名な音楽学者であっても作曲家の「背景ストーリー」に影響されてしまい、そのことによって音楽を語っているのですが、こういった専門的に音楽学を修めた人であっても、曲だけで語ることはもはや不可能な時代なのでしょうか? なるほど、音そのものには意味がないわけで、たとえば親しみのない外国語は音声としか感じられないし、意味もわかりません。 それにもかかわらず、多くの人達が音楽から意味を読み取ろうとするために、件の音楽学者のような失態を演じてしまうと思うのてすが。 曲の印象としては、3楽章の終わり頃になって突然マーラー的なアダージェットになって鼻白んだのですが、曲の出来としてはどうなのでしょう? 音楽は説明しないと理解できないか?そしてこの曲の評価の2点についてお聞きします。 A ベストアンサー こちらに、私なりの考えを書いてあります。 質問者さんは、この質問の 1 回答者さんですね。 goo. html そこの「お礼」に書かれている「岡田さんの著作」はこちらです。 興味があれば読んでみてください。 新書版で入手も容易です。 amazon. 売れれば売れるほど、解説の執筆者の収入も増えるのでしょう。 執筆者は音楽業界と一心同体なのだと思います。 CDの解説は、学術論文ではなく、拡販PR文章の延長線上です。 もっといろいろ聞いてみたくなる、同じ作曲家の他の曲のCD、同じ演奏家の他のCD、同じ曲の他の演奏家のCDも買いたくなるための。 「セカンド・オピニオン」ではないですが、1つの解説を金科玉条にするのは危険です。 >曲の出来としてはどうなのでしょう? この作品の評価はよく分かりません。 例の「贋作」公表以降、誰も語らなくなってしまいました。 それまで、さかんに涙を流していた人も。 その意味でも、「音楽」として聞かれていたのではなく、「音楽の背景」を聞いていたのでしょうね。 私はNHKか何かで放映された実演を1回聞いただけなのであまり語る資格はありませんが、そのときには「マーラー」と「ショスタコーヴィチ」を折衷したような内容で、曲の内容はともかく、オーケストレーションは職人技だと思いました。 (その意味で、佐村河内氏の経歴からは書けないレベルの筆致で、第三者の手が入っているなと思いました。 新垣氏の筆であることに非常に納得しました) そういう「〇〇もどき」の曲が現代に作られることにも意味や意義はあると思います。 何が何でも「独創性」や「新奇性」がなければ意味がない、ということではないと思いますので。 1980年代以降のペンデレツキなんて、そんな感じですよね。 こちらに、私なりの考えを書いてあります。 質問者さんは、この質問の 1 回答者さんですね。 goo. html そこの「お礼」に書かれている「岡田さんの著作」はこちらです。 興味があれば読んでみてください。 新書版で入手も容易です。 amazon. A ベストアンサー No. 9です。 きりがないので最後にします。 >権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。 確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。 でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。 時間のことを言っているのではありません。 「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。 バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。 それを復活させ、「音楽の父」としてドイツ音楽の権威づけの基礎にしたのは、メンデルスゾーンやその時代の「批評家」たちです。 その辺のからくりは、No. クラシック音楽(特にドイツ音楽)がどのように成立したかは、こんな本も読んでみるとよいかもしれません。 ご紹介したような本もお読みなった上で、あとはご自分で考えていただければよいと思います。 私の説明を押し付けるつもりはありませんので。 amazon. amazon. 9です。 きりがないので最後にします。 >権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。 確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。 でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。 時間のことを言っているのではありません。 「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。 バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。 それを復活させ、...

次の

フワちゃんの英語力がスゴい!頭おかしいのにペラペラに話せる理由は?

ちゃん ちゃ ら おかしい

A ベストアンサー No. 1です。 モーツァルトの「トルコ行進曲」・・・。 youtube. でも「(途中)」と書かれた部分がどうしてもわかりません。 上の動画の 0:18 あたりからの部分ですか? >どう表記するのがベストでしたでしょうか。 テンポが速い/遅いとか、楽しい/悲しいとか、曲の長さとか、何かのコマーシャルやドラマで使われているとか、雰囲気・イメージとか、何でもヒントになりそうなものを書いていただければ、少しは候補を挙げやすいと思います。 A ベストアンサー クラシック・・・ようするに電気を通さないで音が鳴る複数の楽器で構成される曲ということでいいですか? それとも交響曲のように4部構成で。。。 なんて注釈がつきますか? 私は映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズは現代クラシックの巨匠だと思いますが。 もちろんもう齢80を超えてるのですが。 同じように坂本龍一や久石譲、「映像の世紀」でお馴染みの加古隆などもクラシック音楽としていいと思います。 バッハもほぼその時期で1685年3月31日- 1750年7月28日 モーツアルト1756年1月27日 - 1791年12月5日 ベートーベン1770年12月16日 - 1827年3月26日 ビバルディが生まれてベートーベンが死ぬまでにおよそ150年です。 ベートーベンが死んでからおよそ200年経ちますが、ベートーベン死後もたくさん名作曲家はいますよね? バレエ組曲「火の鳥」のストラビンスキーは20世紀の作曲家ですし、「ラプソディ・イン・ブルー 」でお馴染みのガーシュウィンも20世紀の人です。 現時点でビバルディもベートーベンもガーシュウィンも250年間の音楽を「クラシック」という範疇で我々は同じような感覚で聞いていると思います。 ひょっとしたらビートルズのイエスタデイなどもクラシックに入れてもいいかもしれません。 クラシックという音楽ジャンルをどのように捉えるかと思いますが、音楽でも絵画でも映画でもドラマでも、そのジャンルの先駆者たちはやはりすごく、その後に続く人たち。。。 いわゆるフォロワーはどうしても先駆者たちを超えるのは難しいようです。 クラシック・・・ようするに電気を通さないで音が鳴る複数の楽器で構成される曲ということでいいですか? それとも交響曲のように4部構成で。。。 なんて注釈がつきますか? 私は映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズは現代クラシックの巨匠だと思いますが。 もちろんもう齢80を超えてるのですが。 同じように坂本龍一や久石譲、「映像の世紀」でお馴染みの加古隆などもクラシック音楽としていいと思います。 Q 最初にお断りしておきますが、これは、フジコ・ヘミングさんを誹謗するものではありません。 音楽家(芸術家)としての あり方についての 私見です。 先月、彼女のコンサートに行ってきました。 友人に誘われたのです。 日本、L. NYC あたりだと $100 ぐらいするそうですが、安かったし、私の住んでいる州にくるので(それなら行こうかな。 )と思ったしだいです。 個人的には彼女のこと、(素晴らしいピアニスト)とは思っていませんでした。 ただ、日本ではかなり人気があること。 You Tube で、(魂のピアニスト、だとか、鳥肌が立ちました。 )などという感想があったため、(どんな演奏かな?)と、聴きにいきました。 はっきり申し上げて、ひどかったです。 ミスタッチだらけ。 ベートーヴェン の Moonlight Sonata 第三楽章にいたっては、ミスタッチだけでなく、テンポもめちゃくちゃ。 おそらく、あの速さの曲はひけないのだろう、と思いました。 十八番の ラ・カンパネラは 上手に弾いていらっしゃいました。 Chopin のノクターンも Interpretation はほとんどなく・・・・。 音楽に全く詳しくない友人も「やる気のなさ、がわかった。 」と言いました。 でも、彼女はミスタッチはわからなかったそうです。 (多分、ピアノを弾かない人はそうかもしれません。 お歳もいかれているので 仕方が無い部分もあるかもしれません。 でも、プロでお金をとっているなら、それなりの演奏をするべきだと思います。 過去の彼女のインタビューに ミスタッチを指摘された際「人間ですもの、間違えるわよ。 」とおっしゃったそうですが、プロならミスタッチを聴衆に分からないようにするべきだはないでしょうか。 あくまでも、私の私見ですが、日本で大人気の disability のピアニストも もし、彼が健常者だったらあれだけの人気がでただろうか、と思います。 スポーツ選手も芸術家も ピークというものがあります。 それを、著しく過ぎた方は潔くRetire するべきだと思います。 音楽に造詣の深い方、フジコさんの演奏をどう 思われますか? 彼女の演奏は鳥肌が立つほど、素晴らしいですか? 私の感性がおかしいのでしょうか? 私は、ラン・ランのコンサートでは鳥肌がたちました。 最初にお断りしておきますが、これは、フジコ・ヘミングさんを誹謗するものではありません。 音楽家(芸術家)としての あり方についての 私見です。 先月、彼女のコンサートに行ってきました。 友人に誘われたのです。 日本、L. NYC あたりだと $100 ぐらいするそうですが、安かったし、私の住んでいる州にくるので(それなら行こうかな。 )と思ったしだいです。 個人的には彼女のこと、(素晴らしいピアニスト)とは思っていませんでした。 ただ、日本ではかなり人気があること。 You Tube で、(... A ベストアンサー ホロヴィッツが初来日した際、「ひびの入った骨董」と酷評した故・吉田秀和氏。 もはや齢80歳、伝説的なピアニストを一目見よう(聴こう)と高額なチケットを求め期待に胸を膨らませて会場に足を運んだ聴衆たち。 ステージで弾いているのはまさしく本人。 今までレコードやCDでしか聴いたことのない遠い存在の人が眼前に。 しかし、肝心な演奏は・・・ミスタッチだらけ・・・そこには確かにかつての世界的巨匠がいるのだが。 もはや骨董と化した伝説の名ピアニスト。 けれど、憧れの骨董品をやっとの思いで所有する喜び。 残念ながらひびが入っている。 価値は下がるがそれでも欲しい・・・ とにかく、生涯にあのホロヴィッツを生で聴けた・・・それが何より重要なのですね。 会場を後にした人たちは恐らく殆どがそんな思いを持ったのでは・・・? で、フジコ・ヘミング。 勿論、第一級のピアニストでもなく、経歴等マスメディアにより持ち上げられた感が多分にあるようです。 ま、純粋なクラシックピアノ・ファンならば彼女の力量・レベル・知名度?を十分理解しているはずですので。 加齢によりテクニックの衰えを感じ自ら引退するか、それでもいいから熱望する聴衆の前に姿を現すか、 そのあたりは時のなりゆきに左右される場合があるのでしょう。 案外、幾つになっても(出たがり?笑)かも。 ミスタッチだらけとしても、見てて(聴いてて)ホロヴィッツなどとは聴衆の受け取り方には明らかに違いがあります。 現に質問者さんもそう思われたのでは? 彼女に関して言えるのはこの位ですね・・・ ホロヴィッツが初来日した際、「ひびの入った骨董」と酷評した故・吉田秀和氏。 もはや齢80歳、伝説的なピアニストを一目見よう(聴こう)と高額なチケットを求め期待に胸を膨らませて会場に足を運んだ聴衆たち。 ステージで弾いているのはまさしく本人。 今までレコードやCDでしか聴いたことのない遠い存在の人が眼前に。 しかし、肝心な演奏は・・・ミスタッチだらけ・・・そこには確かにかつての世界的巨匠がいるのだが。 もはや骨董と化した伝説の名ピアニスト。 けれど、憧れの骨董品をやっとの思い... Q 先日、図書館から佐村河内守の交響曲第1番のCDを借りて来たところ解説に驚きました。 高名な音楽学者であっても作曲家の「背景ストーリー」に影響されてしまい、そのことによって音楽を語っているのですが、こういった専門的に音楽学を修めた人であっても、曲だけで語ることはもはや不可能な時代なのでしょうか? なるほど、音そのものには意味がないわけで、たとえば親しみのない外国語は音声としか感じられないし、意味もわかりません。 それにもかかわらず、多くの人達が音楽から意味を読み取ろうとするために、件の音楽学者のような失態を演じてしまうと思うのてすが。 曲の印象としては、3楽章の終わり頃になって突然マーラー的なアダージェットになって鼻白んだのですが、曲の出来としてはどうなのでしょう? 音楽は説明しないと理解できないか?そしてこの曲の評価の2点についてお聞きします。 A ベストアンサー こちらに、私なりの考えを書いてあります。 質問者さんは、この質問の 1 回答者さんですね。 goo. html そこの「お礼」に書かれている「岡田さんの著作」はこちらです。 興味があれば読んでみてください。 新書版で入手も容易です。 amazon. 売れれば売れるほど、解説の執筆者の収入も増えるのでしょう。 執筆者は音楽業界と一心同体なのだと思います。 CDの解説は、学術論文ではなく、拡販PR文章の延長線上です。 もっといろいろ聞いてみたくなる、同じ作曲家の他の曲のCD、同じ演奏家の他のCD、同じ曲の他の演奏家のCDも買いたくなるための。 「セカンド・オピニオン」ではないですが、1つの解説を金科玉条にするのは危険です。 >曲の出来としてはどうなのでしょう? この作品の評価はよく分かりません。 例の「贋作」公表以降、誰も語らなくなってしまいました。 それまで、さかんに涙を流していた人も。 その意味でも、「音楽」として聞かれていたのではなく、「音楽の背景」を聞いていたのでしょうね。 私はNHKか何かで放映された実演を1回聞いただけなのであまり語る資格はありませんが、そのときには「マーラー」と「ショスタコーヴィチ」を折衷したような内容で、曲の内容はともかく、オーケストレーションは職人技だと思いました。 (その意味で、佐村河内氏の経歴からは書けないレベルの筆致で、第三者の手が入っているなと思いました。 新垣氏の筆であることに非常に納得しました) そういう「〇〇もどき」の曲が現代に作られることにも意味や意義はあると思います。 何が何でも「独創性」や「新奇性」がなければ意味がない、ということではないと思いますので。 1980年代以降のペンデレツキなんて、そんな感じですよね。 こちらに、私なりの考えを書いてあります。 質問者さんは、この質問の 1 回答者さんですね。 goo. html そこの「お礼」に書かれている「岡田さんの著作」はこちらです。 興味があれば読んでみてください。 新書版で入手も容易です。 amazon. A ベストアンサー No. 9です。 きりがないので最後にします。 >権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。 確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。 でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。 時間のことを言っているのではありません。 「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。 バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。 それを復活させ、「音楽の父」としてドイツ音楽の権威づけの基礎にしたのは、メンデルスゾーンやその時代の「批評家」たちです。 その辺のからくりは、No. クラシック音楽(特にドイツ音楽)がどのように成立したかは、こんな本も読んでみるとよいかもしれません。 ご紹介したような本もお読みなった上で、あとはご自分で考えていただければよいと思います。 私の説明を押し付けるつもりはありませんので。 amazon. amazon. 9です。 きりがないので最後にします。 >権威というのはある程度の時間とその分野における支配的地位が必要です。 確かにベートーベンの生存時はバッハは権威だったでしょう。 でも、その曲が生まれた当時はその作曲家も若く、権威が持てたはずはありません。 時間のことを言っているのではありません。 「権威」になるのは「大衆」に認められることによってではなく、その時点における「権威」に認められることによってそうなるということです。 バッハは、約100年「忘れ去られ」ていました。 それを復活させ、...

次の

おばちゃんおかしいよ: そんなのおかしいよ!

ちゃん ちゃ ら おかしい

このには以下の要素が含まれているよ• くっさい足 ここから下はだよ、おちゃん この記事は第5回に選ばれたよ! 「おちゃんほめてほめてほめてええええええええ!!」 「くっさ」 がいよう この記事を見ているってことは、にされている 『ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん』について知りたいんだよね? 安心して。 今から私、がこのの魅をたーーーーっぷり教えてあげるからね このは私と一 おちゃんがひたすらいちゃいちゃこらこらするだよ。 おちゃんは動作一つ一つが級にから、一見ればあなたもお胸がキュンキュン、がキュンキュンしちゃうこと間違いなし!ほんと、罪な だよねぇ。 (あげないよ?) そんな おちゃんのことが大好きだから、私もたーーーーーーっくさん甘えちゃうんだぁ。 好きすぎてたまに頭のが外れちゃう時もあるけど、 おちゃんはそんな私のことも大事にしてくれるの。 私のを全部飲んでくれるし、一緒にに入ってくれるし、時にはのも…… あぁん はそんなにくないけど、その分は高いから、されたら何回も何回も何回もリして次のを待っててほしいなあ。 1日間は おちゃんを見てないと死んじゃうでしょ? 私なんて、毎時間毎見てるのに気が狂いそうだよ。 しょうかい 琴葉茜 これが私のおちゃんです。 だよね。 め回したいよね。 ね、ね、ね? 私のおちゃんコレクションからいくつか見せてるわけだけど、これ解説とかいる? も、言葉にせずとも見ればその尊さが分かるでしょって感じしない? 私がおちゃんをずっと眺めてたいとかしたいとかめたいとか嗅ぎ回したいとか思うのも、私がドだからじゃないんだよ。 それがのなんだよ。 分かる? 琴葉葵 おちゃんが おちゃんが好き おちゃんが大好き おちゃんが宝物 おちゃんが おちゃんがおかず おちゃんが おちゃんが おちゃんが全て おちゃんが おちゃんが私 おちゃ 頭のネジ たまに取れます。 G o og l e先生。 しりーず もくじ• ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん 記念すべき第一作。 ここから二人ののが始まるんだよ。 おちゃんが私に「飲み物が欲しい」ってするところからは始まるよ。 の表情がすごくから見せてあげるね、ほら、こんな感…… ギリギリギリギリ……ッ(が外れる音) そ、それでね、 おちゃんに「飲み物はなんでもいいの?」って聞いたら「うん、何でもええでー」って言われたから、私にしかできない特製ドをしてあげようと思ったの。 で、その時思ったんだけどさ……• 飲み物ならなんでもいい• つまり、液体ならなんでもいい• ア レ っ て 液 体 だ よ ね ? そこからは話がいよね。 ちょうどの貯率もバッだったから、私、 おちゃんのために全てを解放しようと思って……がんばったんだよ? そしてしたのが『 一番搾り(ド)』。 え、飲みたい? だーめ、私は おちゃん専用のドだもん。 さすがに恥ずかしかったから、 おちゃんには「」って言って誤魔化しちゃったけどね。 でね、私が おちゃんに飲ませてあげたら、なんとびっくり、全部飲んじゃったの。 2杯が欲しいって言うから、嬉しくてすぐ持ってきたらそれも飲んじゃうし。 こんなに飲んでくれるなんて思わなくて、私すっごく嬉しくなっちゃった。 けどここで大事件が発生。 おちゃんが3杯も欲しがるから絞り出そうとしたのに、待てど暮らせど一向に出てこなくて…… その時私は気づいたんだ。 「ま、まさか」って。 そう、 おちゃんは大量のを欲しているのに、のは枯渇寸前。 つまり、 需要が多すぎて 供給が足りてない!! ああ、なんてこった。 おちゃんの心と体を満たすためにを絞り出していたというのに。 このままだと私、ドとしての役が終わるどころか、せっかちな おちゃんがキレてしまう。 「私はド、私はド」……だめだ、いくら念じても一滴も出やしない。 私の願いは届かない。 なんてな世の中なのだろう。 もうダメだ。 は尽きたんだ。 いくらに思いを馳せても帰っては来ないんだ。 もうあの時間は終わって、私もと向き合う時なんだ。 続きはで見てね。 、たったの13分しかないから。 たったの13分だよ? 見るよね? ね? ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん2 おちゃん、私を捨てる。 でしょ……信じられない…… おちゃんなんてきらい! やっぱりすき。 すきすきすきすきすき。 すきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすき すこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこ おちゃんめ回したい もう一度言います 限にめたい べろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろんべろん べろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろ はあ。 はやく帰ってこないかなあ。 ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん3 このは ご覧のので お送りしました。 FIER '99• なら手をたたこう• おちゃん• おちゃん• おちゃん• おちゃん• おちゃん• おちゃん• おちゃん• おちゃん• おちゃん• おちゃん• あ、ちょっと待って!最後にひとつだけ! 「おちゃんとしました!!!!!」 「は?」 ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん4 やっほーい。 のの、やで。 今回はうちが解説するで〜。 見れば分かる通り、うちとがいっぺんにおに行きたくなってもうたをにしたものやな。 の走るがほんまにはよて、「いつの間にそんなはようなったん」って驚かされたわあ。 危うく負けそうになるところやったで。 それにしても、昔とべるとはほんまに成長したなあ。 も抜群やし、分裂したり出したり、あと抜けもできるようになったんやで。 何でもできて、ほんま自慢のやわあ。 まあ、足は臭いんやけどな。 この日は中にな音を立てるから、うちがきちんと注意してあげたで。 うちはやから、その辺のはしっかり教えてあげなと思ってな。 も反省してくれたみたいやしほんま良かったで〜。 …… なんかの気配がするんやけど、気のせいやろか? ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん6 〜の正しい使い方〜• 入らない• 泳がない• 流されない 「正しく使ってみんなも!」 \オネエチャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア/ ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん7 パ ー ト 1 以 来 の ネ ジ の 活 躍 に 期 待 せ よ ちょっとだけ頭のおかしい葵ちゃん8 「今回はですね、ちょっとだけ頭のかしこい葵ちゃんが、の論文をしようと思います」 「それによりますとですね、を利用することで、 おちゃんの、お、 が揺れるんだそうですよ!」 「もしこのが成功すれば、々人類にとって大きな一歩になるのは間違いない」 「奮してきたゾ」 「あ、ちなみにこのはと言われているよ。 ぱーと8がとか」 かんれんこうもく• 一番搾り 詳しくはでね!.

次の