布施 明 カルチェ ラタン の 雪。 カルチェラタンの雪 歌詞 布施明 ※ feed.partizan.com

カルチェラタンの雪 歌詞 布施明 ※ feed.partizan.com

布施 明 カルチェ ラタン の 雪

カルチェラタンの灯りが凍りつかないうちに 「カルチェラタンの雪」は、1279年12月に 「布施明」がリリースした冬の名曲です。 何とも切ない歌です。 雪が降るくらい寒い日、 多分、ケンカでもしたのでしょう。 家を飛び出して行った大好きな女性を 想い、一人わびしく自分の愚かしさに 嘆く男の心を表現した曲です。 カルチェラタンの雪 私は、何故この曲が 「冬の定番ソング」 にならないか不思議に思います。 自分の中ではこの曲は名曲だと思っています。 なのですが、TVで見かける事がありません。 とても残念だと思います。 パリの学生街 教会の鐘が鳴り、 雪が降り始める。 道を歩く二人が重ねる唇、 二人を見つめる街の灯り。 とてもポエジーで美しい映像が、 目に浮かぶようです。 曲を決定づける布施明の歌唱力 大事な事の一つとして、 この曲を歌う 「布施明」の歌唱力と声質も この曲に深い陰影を与えています。 デビューしたころから、 歌のうまさには定評がありましたが、 年を経るごとに曲の表現力に磨きがかかり、 声も密度があって、心の奥深くに感動を 置きに来てくれます。 まさに、「カルチェラタンの雪」を歌う 「布施明」は美しく、奥行があり、温かさもあり、 この曲の世界観が広がって聞こえてきます。 決して明るい曲ではありませんが、 一度聞いて頂けるととても嬉しいです。 「カルチェラタンの雪」 発売日 : 1979年12月1日 作詞 : 門谷憲二 作曲 : 岡本一生 編曲 : 戸塚修 DVD 📀.

次の

カルチェラタンの雪 歌詞 布施明 ※ feed.partizan.com

布施 明 カルチェ ラタン の 雪

風邪をひいたらしく 咳がでてとまらない。 家でじっとおとなしくしていた。 先日、妹のシャンソンで 布施明の「カルチエラタンの雪」」 を歌ってくれた。 早速、ユーチューブで聞いてみた。 布施明の哀調を帯びた歌唱力、甘い声とマスク、声量、なんと、いい歌だろう。 詩がいい。 雪の降るパリの街、 恋のかけひき 恋人は パリジェンヌだろう~、 くちづけは歩きながらできるのだから、 恋にはいつか終わりがあるよ せつなくなってくる。 検索で調べてみた カルチエ・ラタンとは、 パリの地名である。 セーヌ川左岸、5区と6区にまたがる区域で、ソルボンヌ大学をはじめ大学が集中しており、昔から学生街として有名。 カルチエは「地区」、ラタンとは「ラテン語」のことであり、「ラテン語を話す(=教養のある)学生が集まる地区」という意味が語源。 サン・ミッシェル広場やサンジェルマン大通りなど、観光名所も多い。 日本では大学が多く集まる東京都千代田区の駿河台周辺を「日本のカルチエ・ラタン」と呼ぶ事がある。 そうだったのか~、パリの地名だったのかあ。 6年ほど前に パリで「刺し子の展示会」をするのに行ってきた時のことを思い出した。 秋で枯葉をシャリシャリと踏んであるいた。 パリの街は古さを大事にしていた。

次の

布施明 カルチェラタンの雪 歌詞&動画視聴

布施 明 カルチェ ラタン の 雪

風邪をひいたらしく 咳がでてとまらない。 家でじっとおとなしくしていた。 先日、妹のシャンソンで 布施明の「カルチエラタンの雪」」 を歌ってくれた。 早速、ユーチューブで聞いてみた。 布施明の哀調を帯びた歌唱力、甘い声とマスク、声量、なんと、いい歌だろう。 詩がいい。 雪の降るパリの街、 恋のかけひき 恋人は パリジェンヌだろう~、 くちづけは歩きながらできるのだから、 恋にはいつか終わりがあるよ せつなくなってくる。 検索で調べてみた カルチエ・ラタンとは、 パリの地名である。 セーヌ川左岸、5区と6区にまたがる区域で、ソルボンヌ大学をはじめ大学が集中しており、昔から学生街として有名。 カルチエは「地区」、ラタンとは「ラテン語」のことであり、「ラテン語を話す(=教養のある)学生が集まる地区」という意味が語源。 サン・ミッシェル広場やサンジェルマン大通りなど、観光名所も多い。 日本では大学が多く集まる東京都千代田区の駿河台周辺を「日本のカルチエ・ラタン」と呼ぶ事がある。 そうだったのか~、パリの地名だったのかあ。 6年ほど前に パリで「刺し子の展示会」をするのに行ってきた時のことを思い出した。 秋で枯葉をシャリシャリと踏んであるいた。 パリの街は古さを大事にしていた。

次の