煽り運転 被害者も悪い。 これで煽り運転も返り討ちだ!一番ダメージが大きい報復方法

煽り運転が発生する原因はあなたにもあった!?

煽り運転 被害者も悪い

2017年頃から煽り運転が大きな問題となって取り上げられる事が多くなってきました。 実際に煽り運転の被害にあって肝を冷やしたドライバーも多いことと思います。 でも被害を受けたからと言って返り討ちをしようなどとは考えない方がいいですよ! 煽り運転の報復などと考えるのは低劣なドライバーであるからです。 あらゆる角度から検討しても、煽り運転への対抗としての報復措置が割に合わないことは明白なんですね。 私自身は、煽り運転をされた場合にはすぐに道を譲るように心がけています。 煽り運転をするドライバーが劣っているのに、自分まで下のレベルに合わせて対抗する必要はありませんからね。 さて、煽り運転に対して返り討ちなどと考えるとどんなことになるか、調べてみるとやはり大変な結末が待っていることが分かってきました。 この情報を優良ドライバーであるあなたとシェアしたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 急ブレーキを踏む• エンジンブレーキなどブレーキランプが点灯しない方法で減速する• 一度道を譲って後ろから距離を詰める• 蛇行運転をする• ウオッシャー液などを飛ばす• ゴミ、タバコ、液体などを窓から投げ捨てる• 相手の車両ナンバーや顔などが分かる動画をネット上にアップロードする• 相手の車を止めて暴力で制裁を加える きっかけが相手からの煽り運転だとしても、これらの方法で報復をしても何の解決にもなりません。 そればかりか相手に無用の刺激を与えてさらに危険な行為に及ぶおそれがあります。 更に悪いことに、事故が発生した場合にはこれらの行為をした側も過失責任が及ぶ可能性が高くなります。 これらの報復行為をすることで、煽られた側にも法的責任が発生することになります。 煽られても冷静になって法律やマナーの範囲内で対応することが大切なんですね。 他にも、煽り運転をしてきたドライバーに暴力で制裁を加えようとする事も同様にNGです。 これをすると被害者であったはずの自分が傷害罪や暴行罪の加害者として逮捕されるおそれがあります。 続いては煽り運転に対して暴力で対して逮捕された事例を紹介していきます。 煽り運転への制裁で逮捕された事例 最初に紹介するのは2018年9月に兵庫県で起きた事例です。 以下はニコニコニュースのサイトからの引用です。 報道によると、事件が起こったのは2日午後11時40分ごろ。 姫路市の国道250号で、男は赤信号で停車中の乗用車から運転していた会社員男性(24)を引きずり出し、顔を殴ったり蹴ったりして骨折などの重傷を負わせた。 さらに、同乗していた会社員男性(23)の顔を殴り軽傷を負わせたとして、兵庫県警網干署は3日、傷害の疑いで男を逮捕した。 男がバイクを運転中、後方から被害男性らの乗用車にパッシングや車間を詰めるなどのあおり運転をされ、それに腹を立てての犯行とのことだ。 この件では、「煽り運転を行った方が悪い」として暴力で煽り運転への報復した会社員に対する同情の声が集まったようです。 ただ、煽り運転の被害を受けた会社員が障害の疑いで逮捕された事実は残ります。 いくら被害を受けたからとはいえ、暴力で対抗しようとするのは社会人としてどうなのか?と言われても仕方がないでしょう。 続いては2018年12月に愛知県で発生した事例です。 時事ドットコムニュースからの引用です。 高速道路で幅寄せして停車させた乗用車のドアミラーを折ったとして、愛知県警岡崎署は15日までに、器物損壊容疑で同県豊川市大堀町、会社員此嶋裕志容疑者(45)を逮捕した。 容疑を認め、「(相手の車が)急に無理な車線変更をしてきたので許せなかった」と供述。 同署は危険なあおり運転の疑いもあるとみて、道交法違反や暴行容疑も視野に状況を調べている。 容疑者の主張では相手方から煽り運転をされたとのことです。 しかし結果としては、容疑者が相手方の車のドアミラーを壊した器物損壊罪に加えて、容疑者自身の煽り運転による道交法違反が疑われることになりました。 こうした事例を見るだけでも,煽り運転への対抗措置として報復や暴力に訴えることがいかに割に合わないかが分かると思います。 それでは現実に煽り運転の被害を受けた場合にはどうしたらいいのでしょうか?続きをご覧下さい。 煽り運転の被害にあったら迷わず通報 煽り運転の被害を受けたら迷わず110番に通報をしましょう。 その際に取るべき手順としては以下の通りです。

次の

運転は煽られるほうが悪いと思いませんか?

煽り運転 被害者も悪い

2017年頃から煽り運転が大きな問題となって取り上げられる事が多くなってきました。 実際に煽り運転の被害にあって肝を冷やしたドライバーも多いことと思います。 でも被害を受けたからと言って返り討ちをしようなどとは考えない方がいいですよ! 煽り運転の報復などと考えるのは低劣なドライバーであるからです。 あらゆる角度から検討しても、煽り運転への対抗としての報復措置が割に合わないことは明白なんですね。 私自身は、煽り運転をされた場合にはすぐに道を譲るように心がけています。 煽り運転をするドライバーが劣っているのに、自分まで下のレベルに合わせて対抗する必要はありませんからね。 さて、煽り運転に対して返り討ちなどと考えるとどんなことになるか、調べてみるとやはり大変な結末が待っていることが分かってきました。 この情報を優良ドライバーであるあなたとシェアしたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 急ブレーキを踏む• エンジンブレーキなどブレーキランプが点灯しない方法で減速する• 一度道を譲って後ろから距離を詰める• 蛇行運転をする• ウオッシャー液などを飛ばす• ゴミ、タバコ、液体などを窓から投げ捨てる• 相手の車両ナンバーや顔などが分かる動画をネット上にアップロードする• 相手の車を止めて暴力で制裁を加える きっかけが相手からの煽り運転だとしても、これらの方法で報復をしても何の解決にもなりません。 そればかりか相手に無用の刺激を与えてさらに危険な行為に及ぶおそれがあります。 更に悪いことに、事故が発生した場合にはこれらの行為をした側も過失責任が及ぶ可能性が高くなります。 これらの報復行為をすることで、煽られた側にも法的責任が発生することになります。 煽られても冷静になって法律やマナーの範囲内で対応することが大切なんですね。 他にも、煽り運転をしてきたドライバーに暴力で制裁を加えようとする事も同様にNGです。 これをすると被害者であったはずの自分が傷害罪や暴行罪の加害者として逮捕されるおそれがあります。 続いては煽り運転に対して暴力で対して逮捕された事例を紹介していきます。 煽り運転への制裁で逮捕された事例 最初に紹介するのは2018年9月に兵庫県で起きた事例です。 以下はニコニコニュースのサイトからの引用です。 報道によると、事件が起こったのは2日午後11時40分ごろ。 姫路市の国道250号で、男は赤信号で停車中の乗用車から運転していた会社員男性(24)を引きずり出し、顔を殴ったり蹴ったりして骨折などの重傷を負わせた。 さらに、同乗していた会社員男性(23)の顔を殴り軽傷を負わせたとして、兵庫県警網干署は3日、傷害の疑いで男を逮捕した。 男がバイクを運転中、後方から被害男性らの乗用車にパッシングや車間を詰めるなどのあおり運転をされ、それに腹を立てての犯行とのことだ。 この件では、「煽り運転を行った方が悪い」として暴力で煽り運転への報復した会社員に対する同情の声が集まったようです。 ただ、煽り運転の被害を受けた会社員が障害の疑いで逮捕された事実は残ります。 いくら被害を受けたからとはいえ、暴力で対抗しようとするのは社会人としてどうなのか?と言われても仕方がないでしょう。 続いては2018年12月に愛知県で発生した事例です。 時事ドットコムニュースからの引用です。 高速道路で幅寄せして停車させた乗用車のドアミラーを折ったとして、愛知県警岡崎署は15日までに、器物損壊容疑で同県豊川市大堀町、会社員此嶋裕志容疑者(45)を逮捕した。 容疑を認め、「(相手の車が)急に無理な車線変更をしてきたので許せなかった」と供述。 同署は危険なあおり運転の疑いもあるとみて、道交法違反や暴行容疑も視野に状況を調べている。 容疑者の主張では相手方から煽り運転をされたとのことです。 しかし結果としては、容疑者が相手方の車のドアミラーを壊した器物損壊罪に加えて、容疑者自身の煽り運転による道交法違反が疑われることになりました。 こうした事例を見るだけでも,煽り運転への対抗措置として報復や暴力に訴えることがいかに割に合わないかが分かると思います。 それでは現実に煽り運転の被害を受けた場合にはどうしたらいいのでしょうか?続きをご覧下さい。 煽り運転の被害にあったら迷わず通報 煽り運転の被害を受けたら迷わず110番に通報をしましょう。 その際に取るべき手順としては以下の通りです。

次の

これで煽り運転も返り討ちだ!一番ダメージが大きい報復方法

煽り運転 被害者も悪い

近年、 煽り運転・危険運転に遭遇し事故に巻き込まれるケースが増えているように思いますが、昔から煽り運転・危険運転はあり近年ドライブレコーダーの普及率と共に表面化しているだけに過ぎません。 2018年には、石橋和歩被告が起した「東名あおり運転事故」 2019年には、宮崎文夫容疑者が起した常磐自動車道での「高速道路あおり運転」も社会問題となりました。 最近では煽り運転や危険運転の事を 「ロードレイジ」と呼ぶこともあります。 私の友人数名に過去に 「ロードレージ、煽り運転に遭遇したことあるか」聞いた所、軽いものも含めるとほぼ全員何らかの形で過去に遭遇していました。 自分が 「煽り運転・危険運転」を行わないのは絶対ですが、いつ被害者になるかは分かりません。 今回は、なるべく多くの方が被害者にも加害者にもならないように事前にできる対策方法と、もしも自分が被害者になった時には 最大限の仕返しをする方法の特集です。 スポンサーリンク 煽り運転・危険運転の被害者になりやすい人チェック まずは自分が煽り運転、危険運転の被害者になりやすい人かそうでない人かチェックしてみましょう。 ( YES・ NO)でお答え下さい。 このチェック項目は行っていて当たり前の行為なのですが、実際にはできていない気にも留めていない人が多いのが実情です。 右車線を遅く運転しているとその分、煽り運転の被害に合う確立が高くなります。 譲らないから煽られる原因に。 クラクションの音は人を不愉快にさせる音です。 こういった人に限ってノロノロ運転... 後続車の人には結構どこを見ているか目線で分かります。 「なんでテレビ?早く行け!」と思われています。 ウィンカーは事前に点灯しましょう。 従って勾配などでスピードが出せない車は、左に寄り登坂車線を走行しなければいけません。 山道などで後ろに渋滞をつくって平気な人に限って、登坂車線でも右車線を自分のペースで走行... 年配の方に多い傾向ですが、制限速度の走行で怖いと感じるようなら運転免許は返納しましょう。 出来ていない人は基本的に道路交通法を理解していないので、知らず知らずのうちに迷惑行為を行っています。 勿論それでも「煽り運転・危険運転」をする人が悪いのですが、該当する方はなるべく回避する意味でも自分の運転を見直しましょう! スポンサーリンク ロードレイジの加害者になりやすい人チェック 今度は自分がロードレイジ(煽り運転・危険運転)の加害者になりやすい人かそうでない人かチェックしてみましょう。 ( YES・ NO)でお答え下さい。 このような行為を行っている場合は、一般ドライバーより危険な運転をしていますのでその分「煽り運転・危険運転」の加害者となる可能性が高くなります。 運転が上手い人とは安全に目的地まで行き帰ることができる人です。 制限速度以上にスピードは出してはいけません。 大きな車に乗っても高級な車に乗っても決して偉くなった訳ではありません。 運転中はおおらかな気持ちが大切です。 渋滞している時こそ急いでも仕方ないので多めの休憩を取りましょう。 自分がスピード違反しているだけ。 イライラを感じたら数分間停止し遅い車を視界から消すのがベストの選択です。 青信号に気がつなかくて鳴らしているぐらいですから、他の場面でもクラクションを鳴らしているのではないでしょうか。 相手に非がある場合でも無視するのが一番です。 困りました。 基本的に車はなるべく運転しない方が身の為ですが今回を機に改善しましょう。 スポンサーリンク ロードレイジの加害者にならないための対処方法 ロードレイジ(煽り運転・危険運転)を行ってもひとつもいいことなんかありません。 逆に失うものばかり... 軽い処罰で 減点と罰金! 重い処罰で 免許停止! 悪質な場合は 暴行罪も適応! 事故を起こせば確実に 懲役刑と損害賠償! 加害者になりやすい傾向の人は事前にいくつか準備やシュミレーションをして、いざそうなりかけた時には自制できるように心がけましょう。 深呼吸する 怒りのピークは6秒です。 深呼吸して6秒カウントしましょう。 写真を貼る 運転中に視界に入る位置に、大事な家族・ペットの写真を貼ります。 怒りが込み上げてくればその写真を見ましょう。 写真に写っている人に会えなくなるかも知れない程の怒る理由があるか考えて下さい。 休憩を多めに取る 日頃の運転から休憩を取る習慣を身に着けましょう。 怒ることがあれば追いかけるより停車して休憩。 日頃から休憩を多めに取るのが普通になれば、そんな場面でもスムーズに休憩を行うことができます。 音楽はリラックスできる曲を聴く 運転中は常に緊張状態です。 なるべくリラックできる曲を聴きましょう。 煽り運転・危険運転に遭遇したら取るべき3つの対処方法 いざ煽り運転、危険運転に遭遇した場合に取るべき行動を、事前にシュミレーションしておく事はとても重要です。 やり過ごす 基本は無視してやり過ごすのが一番です。 一般道路の場合 左車線を制限速度で走行しやり過ごす。 それでも改善されない場合は、ひと気のあるコンビニ・ガソリンスタンド・ファミレスなどに駐車する。 高速道路の場合 一般道路と同様に左車線を制限速度で走行しやり過ごす。 煽り運転が続く様ならハザードを点灯し周囲にアピール。 誰かが警察に通報してくれます。 それでも改善されない場合は、近くにSA・PAがあれば立ち寄る。 大体のケースは理不尽に 「煽り運転・危険運転」に遭遇しても、初動で冷静に対応すればやり過ごすことが可能です。 むやみに急ブレーキを踏んだり、クラクションを鳴らして怒りを増幅させるような行為はしないで下さい。 ドアロックを掛ける 最悪の場合は道を塞ぎ相手が降りてくるケースもあります。 いざと言う時にスムーズに対応できるよう日頃からどのボタンを押せば、外からドアが開かなくなるのか確認しときましょう! 相手が降りてきても絶対に窓やドアを開けてはいけません。 開けることにより2次被害に発展する確率が多くなります。 ドアは開けずにドライブレコーダー搭載車ならそれが相手に伝わるジェスチャーをしましょう。 携帯電話を持って「警察」とだけ伝える。 大抵のケースはこの時点で立ち去ります。 警察に通報する 通常時走行中の携帯電話は違法行為ですが、緊急時には運転中でも使用して違法行為にはなりません。 悪質な煽り運転・危険運転の場合には、事故が起きていなくてもその行為だけで 一発免許停止となります。 電話を掛けれる状況でしたら、すみやかに110番しましょう! 煽り運転・危険運転には必ず仕返しを ここで言う 仕返しとは逆に煽り返したり、クラクションを鳴らしたり、抜き返したり、相手の顔をネットで晒したりすることではありません。 正しい仕返し方法とは 証拠を提出し警察に被害届を出すことです。 たとえ軽度の煽り運転でもドライブレコーダーで記録を残し警察に被害届を出す。 そして厳重な処罰をして貰うことそこが 最大限の仕返しになります。 ちなみに相手が特定できる形でWeb上に動画や画像をアップロードすると、逆に 肖像権の侵害になりますので絶対に行ってはいけません。 警察庁は今年になって危険運転を抑止する為に、取締りの強化と道路交通法以外にも暴行罪などあらゆる法令を駆使して厳正な捜査を徹底するように通達しました。 さらに悪質な危険運転行為には 暴行罪なども成立します。 悪質な煽り運転に遭遇し恐怖を感じた場合には 慰謝料請求をする事も可能です。 実際には軽度の煽り運転に遭遇しても面倒なのでそのまま泣き寝入りするケースがほとんどですが、被害届を出すことにより今後大きいな事件や事故に繋がるかも知れない行為を未然に防ぐことにもなります。 必ず仕返しをしましょう!! 仕返しをする前提としてドライブレコーダーは必須アイテムです!まだ取り付けていない人は搭載をご検討下さい。 オススメのアイテム これから取り付ける場合には、1つのドライブレコーダで360度全方向を撮影できるタイプのものがオススメ 費用を抑えたい方は、「ダミーのドライブレコーダー」+シール又はシールのみでも効果はあります。 まとめ 近年ドライブレコーダーの普及率は増加していますが、2017年ソニー損保調べでは普及率は 15. 3%とまだまだ搭載されていない車が多いのが現状です。 国はドラレコ購入時には補助金、TAX無料、ドラレコ搭載車には期間限定で税制の優遇など法整備を行いもっともっとドライブレコーダーの普及率を伸ばすべきです。 普及率が増加しドライブレコーダーの搭載が当たり前になれば、煽り運転、危険運転への抑止力となり発生件数は減ります。 車へのイタズラ、破損、当て逃げなども煽り運転同様に発生件数が減少しますし発生した場合には、警察の捜査時間の短縮に繋がります。 他の凶悪犯罪の検挙率も格段に向上します。 メリットしかないのですが… Nシステムや監視カメラも重要だけとそれらを増やす前に ドラレコを増やせ!当サイトからの提案です。 事故同様 「煽り運転・危険運転」は加害者になっても被害者になってもいけません。 今回の記事で過去に怖い思いをした方や、自分がもしかして加害者になるかもと思っている方の改善・参考になれば幸いです。 一人ひとり大事な家族がいますので安全運転を心がけましょう。

次の