車両保険。 ゲリラ豪雨などで車が水没…車両保険で補償される? [自動車保険] All About

車両保険|自動車保険はチューリッヒ

車両保険

車両保険は必要なの? 自動車保険の補償の1つである車両保険。 そもそも何を補償するのか?必要なのか? などよくある疑問点について解説します。 車両保険は、自分の車の修理費等を補償する保険です。 例えばこんな場合に、保険金額を限度に保険金が支払われます。 車同士の事故で、契約車両が壊れた• 契約車両に落書き・いたずらされた• 契約車両が盗難にあった• ガードレールで契約車両をこすった (「一般型」のみ)• 当て逃げされた (「一般型」のみ) 大きな事故で修理ができない場合は、車を買替える費用として保険金を充てることができます。 台風や洪水などで車がダメになった場合も車両保険があれば備えることができます。 事故の相手方から修理代が支払われるから不要では?というご意見もあります。 もちろん相手方が自動車保険に加入している場合、相手の対物賠償から保険金が支払われます。 しかし、注意してほしいのが、事故には過失割合があり、自分の過失割合分までは相手方からは支払われません。 車両保険があれば、自分の過失割合分も保険金が支払われます。 もちろん、相手のいない事故や自然災害の場合は、自分の車両保険がなければ保険金が支払われません。 車の修理代は高額になることもあり、急な出費に備えるためにも、車両保険をつけることをおすすめしています。 ただし、車両保険の有無で保険料は大きく変わってきます。 また車両保険の種類によっても保険料は変わってきます。 保険料がどれくらいになるかをご確認のうえ、車両保険の有無を決めてください。 保険料がどれくらいになるかは、で簡単に調べられます。

次の

地震・噴火・津波の自然災害での自動車保険の補償は? [自動車保険] All About

車両保険

もくじ• 車両保険の免責金額とは? 免責金額とは、簡単に言えば修理代の自己負担額です。 例えば、免責金額が5万円、修理費用が50万円の場合、車両保険を使うと5万円は自己負担し、残りの45万円が保険金として支払われます。 損害額が免責金額以下の場合、保険金は支払われません。 免責金額は1回目の車両事故と2回目以降の車両事故での金額の組み合わせで選択します。 例えば、0-10万円の場合、1回目の車両事故の免責金額は0円で2回目以降の車両事故の免責金額は10万円です。 この1回目、2回目以降というのは同一保険期間内での車両事故のことで、1度でも車両保険を利用したら次年度以降もずっと2回目以降の免責金額が適用されるという意味ではありません。 契約(更新)してから満期日までの1年間での車両事故の回数をカウントします。 免責金額を高く設定すると保険料が安くなる 免責金額を高く設定する、すなわち、自己負担額を大きくすると、保険会社の負担が減るので保険料を安く抑えることができます。 免責金額 0-0万円(自己負担額なし) 0-10万円 5(車対車免ゼロ)-10万円 5-10万円 10-10万円 上表の中の車対車免ゼロとは、1回目の車両事故で、相手方の車が確認できるほかの車との衝突・接触事故の場合のみ、免責金額をゼロにする特約です。 単独事故で車両保険を使う場合や当て逃げなど相手がわからない場合は自己負担額が発生します。 車対車で相手がわかっているとき以外は自己負担額が発生するので、免責金額を0円にするよりは保険料を安くすることができます。 逆に、免責金額が0円になる場合があるので、特約をつけずに5万円の免責金額を設定した場合と比べて保険料は高くなります。 みんなはいくらに設定している? 当サイト「保険の窓口インズウェブ」の自動車保険一括見積もりサービスの利用者の1回目の免責金額の選択状況を調査しました。 (対象期間:2016年4月1日~9月30日) インズウェブ利用者のうち約半数の方が1回目の免責金額を0円としているようです。 また、免責金額を設定している方でも初回10万円以上の免責金額を設定しているのは少数派のようです。 免責金額を設定していても自己負担額がない場合も 免責金額を設定している場合でも自己負担額なしで全額補償される場合もあります。 どのような場合なのか紹介します。 全損の場合 全損してしまった場合、免責金額を設定していた場合でも自己負担額なしで全額補償されます。 全損とは、一般にイメージされる修理できないほど壊れてしまった場合だけでなく、損害額が車両の時価相当額あるいは保険価額を超える場合や盗難されて見つからない場合もさします。 相手がいる事故の場合 相手がいる事故で相手にも過失がある場合、免責金額を設定していても自己負担額がかからないケースがあります。 なぜなら、相手からの損害賠償金は免責金額から充当されるからです。 賠償金が免責金額を上回れば自己負担額が不要になります。 免責金額が5万円とすると、10万円の賠償金から5万円が免責金額に充当されます。 また、自分の車両保険からも40万円が支払われるので、自己負担額なく修理することができます。 自分の方が過失割合が高い場合でも、この事例のように自己負担額が必要がないケースがあります。 翌年度以降の保険料も考慮しよう 車両保険を利用すると翌年度のが3等級下がり、が3年増えます(最長6年)。 その結果、翌年度以降の保険料が上がってしまいます。 修理費用が数万円の場合に車両保険を利用すると、修理費用を全額自己負担するよりも等級が下がって事故有係数が適用されることによる翌年度以降の保険料の値上がりの方が大きくなる場合があります。 この場合、車両保険を利用することをためらうのではないのでしょうか。 このような翌年度以降の保険料の値上がりを考慮して、損害額が数万円程度なら車両保険を使わずに自己負担すると決めている方は免責金額を高めに設定して保険料を抑えている傾向があります。 もちろん、損害額が大きくて車両保険を使う場合には免責金額の分の自己負担が必要となるので、「事故を起こしてさらに自己負担額まで支払うのはつらい」という方は免責金額を小さくする方がよいでしょう。 保険料を安くするには一括見積もりもおすすめ 車両保険の免責金額を高く設定すると保険料を安くすることができます。 「等級のことを考え、数万円の損害額なら車両保険を使わない」という方や、「高額の出費にだけ備えられればよい」という方は免責金額を高めに設定して保険料を抑えているようです。 車を運転するうえで、修理額はどの程度になりそうか、事故を起こした時にどの程度の自己負担なら許容できるかを考えて免責金額を設定するようにしましょう。 また、免責金額は高く設定できないけど保険料はできるだけ安くしたい、免責金額を高めに設定した上でさらに保険料を安くしたいという方はの利用をおすすめします。 一度の情報の入力で複数社から保険料の見積もりを取得できます。 各社の保険料を比較して条件が良いところと契約することで自動車保険料を安くすることができるのです。 ぜひ一度ご利用してみてください。

次の

地震・噴火・津波の自然災害での自動車保険の補償は? [自動車保険] All About

車両保険

自動車保険には車両保険のほかに、相手方(人・物)への損害を補償する保険と、クルマに乗っている人のケガなどを補償する保険があり、大きく分けるとこの3つの保険から構成されています。 ただし車両保険は、自動車保険に加入する際にかならず入っておかなければいけないという保険ではありません。 免許は持っているけれど、運転する機会がほとんどないという方の中には、車両保険をつけない方も結構いるのです。 しかも車両保険に加入していなければ、自動車保険の保険料はかなり安くなります。 そんなこともあり、車両保険は入っておいたほうが良いのかという点で迷う方が多い保険でもあります。 また車両保険が必要だという人でも、車両保険は補償内容による違いによってどの補償タイプを選択するのが良いのか迷う方も多いと思います。 特に最近多くなった通販タイプの自動車保険の場合、最終的に自分の判断で、車両保険の補償タイプを決めなければなりません。 運転歴の長い方ならまだしも、これまで保険代理店に補償内容の決定を任せてきたという方がほとんどでしょうから、どの補償タイプにするか即決で決断できる人はおそらく少ないはずです。 通販自動車保険を利用する方は今後さらに増えていくでしょうから、自動車保険の補償内容について加入者レベルで詳しく知っておく必要があるでしょう。 そして車両保険もそのうちの大事なひとつであることは間違いないでしょう。

次の