情報 リテラシー と は。 情報リテラシー(じょうほうりてらしー)とは

情報活用とは?そして情報リテラシーとは?なぜ今重要視されるのか?

情報 リテラシー と は

Contents• リテラシーの意味/辞書では? リテラシーの意味を辞書で調べると、 大辞泉では、• 読み書き能力。 また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。 応用力。 コンピューターについての知識および利用能力。 情報機器を利用して、膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用する能力。 とされています。 リテラシーに関連するその他の用語も 大辞泉では紹介されていて、• コンピューターリテラシー:コンピューターを十分に使いこなせる能力• 情報リテラシー:情報を十分に使いこなせる能力。 大量の情報の中から必要なものを収集し、分析・活用するための知識や技能のこと。 メディアリテラシー:コンピューターや先端的な情報通信機器を使いこなせる能力。 メディアに対して主体性を確立すること。 コンピューターネットワーク・テレビ・音楽・映画・出版物などさまざまなメディアが伝える価値観・イデオロギーなどをうのみにせず、主体的に解読する力をつけること。 があります。 英語では? webilo英和辞典では、 literacy:読み書きの能力 とされています。 日本語と全く同じ説明ですね。 ちなみに、 literacyは、 literate:読み書きできる、教養のある、博学の、博識の の 名詞形となります。 その意味は、 〇〇を使いこなせる能力 というものです。 例えば、ビジネスシーンでよく使われる、 金融リテラシー であれば、 家計の管理、ライフプラン、金融取引などを含めた お金を使いこなせる能力 を意味します。 また、すでに紹介したように、• コンピューターリテラシー• 情報リテラシー• メディアリテラシー なども、それぞれを「使いこなせる能力」を意味します。 SNS上でのフェイクニュースなどが氾濫する現代では、特に メディアリテラシー は重要で、 フェイスブック、ツイッター、ユーチューブなどのSNS、ブログ、テレビ、新聞など メディアにあふれる情報のなかから、 本当に正しく自分に必要な情報を見つけて、活用する能力が求められていることは、ご承知のとおりです。 リテラシーは「高い」「低い」で表現? 例えば、 ITを使いこなせる能力が低い場合を、 ITリテラシーが 低い 逆に、能力が高ければ、 ITリテラシーが 高い と表現します。 リテラシーのもとの意味である「〜能力」で考えるとわかりやすいです。 能力は、「高い」「低い」と表現しますよね。 それと同じで、 リテラシーも、「高い」「低い」と表現します。 この場合、 ITリテラシーが低い=インターネットやスマホ、パソコンなどを使った情報通信を使いこなす能力が低い ということになりますね。 君の コンピューターリテラシーの高さに期待して、この部署に配属させてもらった。 これからの時代は ITリテラシーが低いと仕事ができないぞ!しっかりと自己啓発するんだぞ!• 近年はSNSの発達とともに、フェイクニュースも氾濫しており、子どものころから メディアリテラシーを高める教育が大切になってきた。 メディアリテラシーが低いと、国外から選挙妨害のためネット上に流される情報の取捨選択ができなくなってしまう。 あなたの 金融リテラシーを期待して採用させて頂きました。 金融商品に投資するためだけではなく、しっかりとした人生設計のためにも 金融リテラシーを高める必要がある。 リテラシーの類語 類語は、 使いこなす能力 に近いものとなって、 例えば、.

次の

ITリテラシーとは?3つの意味とリテラシー向上のポイントを解説!

情報 リテラシー と は

そもそもITリテラシーとは? ITリテラシーとは、簡単に言えば通信・ネットワーク・セキュリティなど、ITにひも付く要素を理解する能力、操作する能力という意味です。 広義では、多くの情報の中から正しい情報をチョイスする「情報リテラシー」と置き換えることができます。 近年では、あらゆる企業においてWebを活用したマーケティングがビジネスを成長させる必須の取り組みになりました。 最低限、Webや「Web上のマーケティング」といった概念への理解が求められます。 こうした要素は、ITリテラシーの範疇です。 また、 単純なパソコンの操作・アプリケーションの操作もITリテラシーと言えます。 極めて基本的な例を挙げれば、マウスやキーボードの操作方法もITリテラシーです。 とりわけ、オペレーションで使用するツールの機能を熟知していると、作業の効率化につながります。 近年、企業に参加する若手社員は生まれたときからパソコン・インターネットが身近に存在していた「デジタルネイティブ世代」ですが、必ずしも十分なITリテラシーを有しているわけではありません。 ITリテラシーの欠如は、オペレーションの効率低下だけではなく、セキュリティやコンプライアンスに関する重大なトラブルを招く恐れもあります。 社員には早い段階で教育を実施し、身につけさせることが重要です。 社員のITリテラシーが低い場合 社員のITリテラシーが低いと、どんな問題があるのでしょうか? ITリテラシーが低いことによるリスクを、例を挙げてご紹介しましょう。 SNSアカウント炎上からの個人・企業特定 近年は、多くの人がSNSのアカウントを保有していますが、「投稿が世界に露出している」という自覚を持っていない方は少なくありません。 他人のプライベートな情報、犯罪をほのめかす内容といった投稿から「炎上」に発展し、過去の投稿内容から個人を特定されてしまった例があります。 勤め先まで明らかになってしまうと、個人がやったこととはいえ企業のイメージダウンは免れません。 コンシューマーチャットツールによる情報漏えい 現在では、多くのチャットツールがプライベートシーン、ビジネスシーンで普及しています。 それぞれのシーンでチャットツールに求められるセキュリティレベルは一様ではありません。 「気軽に使えるから」「機能に申し分ないから」といった理由で、 ビジネス上の機密性が高いやりとりをコンシューマーチャットツールで行っていると、情報漏えいに繋がるかもしれません。 ITリテラシーが持つ3つの意味 続いて、ITリテラシーを構成する3つの側面について解説します。 情報を取捨選択する 「情報基礎リテラシー」、パソコンの操作に関わる 「コンピュータリテラシー」、インターネットの概念に関わる 「ネットワークリテラシー」という3つ能力によって構成されているのが、ITリテラシーです。 それぞれの能力の領域には、重なっている部分も存在します。 1つずつ、詳しくお話しましょう。 情報基礎リテラシー 情報基礎リテラシーとは、簡単に言えば情報を正しく使うための能力です。 具体的には、「情報を探し出す能力」「情報を精査する能力」「情報を使う能力」の3つの能力を内包しています。 本質的にはITとの関わりはありませんが、コンピュータの発展により膨大な情報がスピーディーに手に入るようになった現在だからこそ、重要性が高まってきた能力です。 十分な情報基礎リテラシーを有していない社員は、求める情報を探すことができません。 正しい情報を判断・出典する方法もわからないでしょう。 過去には、テロ・犯罪・事件などの「フェイクニュース」が、政府すらも揺るがしたケースがあります。 「インターネットには嘘が多い」ということを社員に教育させることは大切です。 コンピュータリテラシー コンピュータリテラシーとは、その名のとおりコンピュータを操作する技術、あるいは知識を意味します。 近年、オペレーションにおいてまったくパソコンを使用しない会社は希少な存在です。 キーボードやマウスの操作方法に関する理解は、ほとんどどの企業でも求められるでしょう。 「最低限のコンピュータリテラシー」は、業務によって異なります。 Word・Excel・PowerPointといったOfficeツールを使用する能力は、多くの現場が水準として設定しているようです。 さらに専門的な現場では、特定のプログラミング言語を読み書きする能力を最低水準として設定している場合があります。 ネットワークリテラシー ネットワークリテラシーは、ネットワークやセキュリティに関する技術的な知識を理解する能力です。 一方で、近年では「インターネットの正しい使い方」や、「インターネットを利用するうえでのモラル」といった意味でも用いられます。 企業に与している以上、プライバシー保護やセキュリティ対策は個人レベルで求められる取り組みです。 また、SNS上での発言がとりかえしのつかない事態に発展する可能性も、すべてのユーザーが理解しておく必要があります。

次の

情報リテラシー

情報 リテラシー と は

情報リテラシーシリーズのスタンダード商品「情報リテラシー」です。 本書は、事例やパソコンの実習を通して、情報を適切に活用するための知識や技能を養い、実践に生かせるスキルを習得することを目的としています。 「情報リテラシー Windows 10・Office 2016対応」(FKT1510)を「Windows 10 Fall Creators Update」、Office 2016のアップデートに対応した内容として改訂したものです。 <Office 365をお使いの方へ> 本書は、Office 2016で開発しておりますが、Office 365をお使いの方にもご利用いただけるように、補足資料を提供しております。 からダウンロードしてご利用ください。 (2019年3月時点でのOffice 365で動作確認をしております。 ) <Office 2019をお使いの方へ> 本書は、Office 2016で開発しておりますが、Office 2019をお使いの方にもご利用いただけるように、補足資料を提供しております。 からダウンロードしてご利用ください。 (2019年3月時点でのOffice 2019で動作確認をしております。 ) 大学生必読のIT図書! パソコンを利用する上できちんと身に付けたい知識、学生生活に役立つパソコン操作スキルを集約した一冊です! 事例を通して、情報モラルや情報セキュリティを学べる! 学生生活やプライベートで直面する具体的な38個の事例を紹介。 それらの事例を通して、情報社会におけるルールやマナーなどの情報モラルを身に付けるとともに、具体的な対策を含めた情報セキュリティについて学習できます。 2017年10月にアップデートしたWindows 10で、 タッチ操作もマウス操作もマスターできる! 2017年秋に行われたWindows 10の大幅アップデートに対応しています。 Windows 10とMicrosoft Edgeの基本機能をマウス操作だけでなく、タッチ操作でも学習できます。 新しいOffice 2016でレポート作成、集計・分析、 課題発表はバッチリ! この1冊で、文書作成ソフト「Word 2016」、表計算ソフト「Excel 2016」、プレゼンテーションソフト「PowerPoint 2016」を学習できます。 基本機能はもちろん、レポート作成や発表に使える便利な機能や社会人になってからも役立つ機能をしっかり学習。 より実用的な使い方を習得できます。 理解度を確認できる練習問題付き! ウィンドウズ編 1問、文書作成編 5問、表計算編 5問、プレゼンテーション編 2問の練習問題を収録しています。 本編を実習後、問題を解いて学習内容を復習することで、理解度を確認でき、確実に実力アップを図れます。 実践力の養成に役立つスキルアップ問題付き! 実際の生活や社会において、情報をどのように活用すべきなのかを考えさせる問題を14問収録しています。 自ら考察し、情報を整理・分析し、最終的に成果物を作り出すという流れで、情報活用の総合力を養います。 採用校特典付き! 「キーボード入力ドリル」 「メールの基礎知識」 「Office 2016ショートカットキー一覧」 「マルチデバイス時代のOffice活用術」 をダウンロードできる! 学生のリテラシーのレベルに応じて活用できる各種ツールを用意しています。 キーボード入力に慣れていない学生向けの「キーボード入力ドリル」、メールを使い慣れていない学生向けの「メールの基礎知識」、覚えておくと効率アップにつながる「Office 2016ショートカットキー一覧」、ネットワーク環境でのファイル管理を学習できる「マルチデバイス時代のOffice活用術」を提供します。 (特典については弊社営業にご連絡いただくかよりお問い合わせください) スキルチェックに役立つ「スキル診断シート」 「タイピング管理シート」を収録! 学習前後のスキルの伸長を把握できる「スキル診断シート」、キーボード入力の日々のスキルアップを記録する「タイピング管理シート」を巻末に用意しています。 このシートは切り取って提出できます。 本書をご利用いただく前に ローマ字・かな対応表 情報モラル&情報セキュリティ編 ネット社会で情報を安全に使いこなそう• Lesson1 情報化社会のモラルとセキュリティ• Lesson2 個人情報の適切な取り扱い• Lesson3 デジタル時代の著作権• Lesson4 ネット社会に潜む危険と対策• Lesson5 メールによるコミュニケーション• Lesson6 Webによるコミュニケーション• Lesson7 モバイル機器の活用と管理 ウィンドウズ編 Windowsを使ってみよう Windows 10• STEP1 Windowsについて• STEP2 マウス操作とタッチ操作を確認しよう• STEP3 Windowsを起動しよう• STEP4 デスクトップを確認しよう• STEP5 スタートメニューを確認しよう• STEP6 アプリを操作しよう• STEP7 ファイルを上手に管理しよう• STEP8 デスクトップの背景を変更しよう• STEP9 インターネットを使ってみよう• STEP10 Windowsを終了しよう• 参考学習 検索機能を使ってみよう• 練習問題 文書作成編 ワープロソフトを活用しよう Word 2016• STEP1 Wordについて• STEP2 基本的な文書を作成しよう• STEP3 図や表を挿入しよう• STEP4 文書を印刷しよう• STEP5 表現力をアップする機能を使ってみよう• STEP6 長文のレポートを編集しよう• STEP7 文書を校閲しよう• 参考学習1 数式を入力しよう• 参考学習2 タッチで操作しよう• 付録 ビジネス文書の書き方• 練習問題 表計算編 表計算ソフトを活用しよう Excel 2016• STEP1 Excelについて• STEP2 データを入力しよう• STEP3 表を作成しよう• STEP4 表を編集しよう• STEP5 表を印刷しよう• STEP6 グラフを作成しよう• STEP7 データベースを操作しよう• STEP8 複数のシートを操作しよう• STEP9 関数を使いこなそう• STEP10 ユーザー定義の表示形式を設定しよう• STEP11 条件付き書式を設定しよう• STEP12 高度なグラフを作成しよう• STEP13 ピボットテーブルを作成しよう• STEP14 データベースを活用しよう• STEP15 マクロを作成しよう• 参考学習 ExcelのデータをWordに取り込もう• 付録 関数一覧• 練習問題 プレゼンテーション編 プレゼンテーションソフトを活用しよう PowerPoint 2016• STEP1 PowerPointについて• STEP2 プレゼンテーションを作成しよう• STEP3 オブジェクトを挿入しよう• STEP4 プレゼンテーションの構成を変更しよう• STEP5 プレゼンテーションに動きを設定しよう• STEP6 プレゼンテーションを印刷しよう• STEP7 別のアプリのデータを利用しよう• STEP8 スライド共通のデザインを設定しよう• STEP9 スライドショーに役立つ機能を利用しよう• 付録 プレゼンテーションの流れ• 練習問題 総合スキルアップ問題• 実力テスト1 研究レポートの作成• 実力テスト2 ビジネスレポートの作成• 実力テスト3 成績の集計と分析• 実力テスト4 売上の集計と分析• チャレンジ1 自分のセールスポイントを伝えるレポートの作成• チャレンジ2 ゼミ研究旅行の行動計画表の作成• チャレンジ3 サークル・クラブ活動を紹介するプレゼンの作成• チャレンジ4 感動の一冊を伝えるプレゼンの作成 索引 スキル診断シート タイピング管理シート.

次の