ガーゼ タオル で マスク。 [ネコポスOK]今治産ふわふわのガーゼタオルで作った立体マスク(2枚セット)

今治のタオルメーカーがつくった「縫わないガーゼマスク」は肌触り抜群!【Writer’s Pick】

ガーゼ タオル で マスク

それぞれのマスクの特徴は? 同じマスクとはいえ、見た目も手触りも異なる2種類のマスク。 まずは、それぞれの特徴をうかがいました。 「簡単に言うと、フィルターがなく、一枚のガーゼを折り畳んで縫製してあるのがガーゼマスク、薄い不織布のなかにフィルターが入っているのが不織布マスクです」(原さん) では、このフィルターが入っているかどうかの違いは、マスクの性能にどんな影響を与えるのでしょう? 「ガーゼマスクは、大人用で16~18枚合わせ、子ども用で12枚合わせなど、何重にもなってはいるものの、結局目が粗いガーゼを重ね合わせただけなので、ガーゼの隙間を通れる大きさのものなら通してしまいます。 しかし、不織布マスクに使われるフィルターは、BFE(細菌飛沫)、VFE(ウイルス飛沫)、PFE(ラテックス粒子と呼ばれるとても小さい粒子)を99%カットするものがほとんどで、ガーゼマスクよりも防塵効果が高く、性能は高いといえます」(濱本さん) ただこれは「あくまでもフィルターの性能の話」と、濱本さんは続けます。 「よく誤解があるのは、『99%カットするマスク』=『マスクを着けたら99%予防できる』わけではないという点。 あくまでも『ウイルスや細菌などを99%カットする機能を保有したフィルター入りのマスク』という意味です。 ノーズフィットが付いてはいますが人の顔は千差万別で、マスク着用時には多少の隙間ができるんです。 その隙間から花粉や飛沫の侵入を防ぐことはできないので、『99%カットマスクなら完全にシャットアウトする』というのは誤解です」(濱本さん) たしかに、マスクがあるとなんだか安心してしまう…。 マスクをしているから大丈夫という油断は禁物ですが、風邪や花粉の予防対策としてはとても効果的とのことなので、使う目的やシーンに合わせてマスクを使い分けると良さそう。 インフルエンザや風邪の予防という意味では、不織布マスクのほうがよいとのこと。 それなら、ガーゼマスクは何のためにあるの? 「ガーゼマスクは、単純に防寒の意味で使う人やお年寄りなどガーゼマスクのほうがなじみがあるので使うという人が多い印象です。 また、花粉などアレルギー体質の方は、化学製品で作られた不織布マスクだと影響が出ることもあるので、綿100%のガーゼマスクにするという人もいます。 お子さんの場合は、不織布マスクのノーズフィットが密着するのが嫌というケースもありますね。 しかし、天然素材である綿を使っているガーゼマスクは保湿性に優れており、喉を乾燥から守ってくれますので、防寒・乾燥対策という観点からはガーゼマスクがおすすめです」(濱本さん) また、ガーゼマスクは保湿に優れているという噂も聞くけど…。 「ガーゼマスクは綿なので、水分を含みます。 その点では、保湿に優れているといえます。 反対に不織布マスクの化学繊維は水分を含みづらく、保湿性能は高くありません」(原さん) 不織布マスクをつけたままくしゃみをしたり、暖かい部屋から急に寒い外に出たりした時、内側に水滴が残っているということ、ありますよね。 唾などがマスクに当たってもはじいてしまうので、口元が気持ち悪いなんてことも。 しかしガーゼマスクは吸収してくれるので、そういった不快感は感じにくいのだそう。 マスクの裏表 判断方法知ってる? ところで、マスクを正しく使えていますか? 反対に使っていたからといって大きな差はないようですが、どうせ使うなら正しく使いたいもの。 そこで最後に、マスクの裏表の判別方法を聞きました。 「これに関しては定義が難しくて、各社違うとしか言えません…。 一応、箱や袋に『使い方』と説明は記載されています」(濱本さん) 取材時、実際に商品を持ってきていただいたので説明を見てみたのですが、たしかにわかりづらい…。 でもご安心を。 そんな時は、マスクを広げてみるとすぐにわかるそうです。 「マスクを広げるとドーム型になるので、それに合わせて判断するとわかりやすいと思います。 つまり、マスクを広げることで自ずとフィットする形になるということです」(濱本さん) 本来、マスクは鼻から口にかけて全体を覆うことでウイルスなどの侵入を防ぐもの。 自分が誰かに移さない、相手から自分に移されないためには、正しい使い方で適したものを選ぶことが大切です。 内容につきましては、配信日時点の内容となります。 関連記事 お話を聞いた人.

次の

【セリア】ダブルガーゼで作る手作りマスク! 3種類の作り方ガイド(マイナビウーマン子育て)

ガーゼ タオル で マスク

それぞれのマスクの特徴は? 同じマスクとはいえ、見た目も手触りも異なる2種類のマスク。 まずは、それぞれの特徴をうかがいました。 「簡単に言うと、フィルターがなく、一枚のガーゼを折り畳んで縫製してあるのがガーゼマスク、薄い不織布のなかにフィルターが入っているのが不織布マスクです」(原さん) では、このフィルターが入っているかどうかの違いは、マスクの性能にどんな影響を与えるのでしょう? 「ガーゼマスクは、大人用で16~18枚合わせ、子ども用で12枚合わせなど、何重にもなってはいるものの、結局目が粗いガーゼを重ね合わせただけなので、ガーゼの隙間を通れる大きさのものなら通してしまいます。 しかし、不織布マスクに使われるフィルターは、BFE(細菌飛沫)、VFE(ウイルス飛沫)、PFE(ラテックス粒子と呼ばれるとても小さい粒子)を99%カットするものがほとんどで、ガーゼマスクよりも防塵効果が高く、性能は高いといえます」(濱本さん) ただこれは「あくまでもフィルターの性能の話」と、濱本さんは続けます。 「よく誤解があるのは、『99%カットするマスク』=『マスクを着けたら99%予防できる』わけではないという点。 あくまでも『ウイルスや細菌などを99%カットする機能を保有したフィルター入りのマスク』という意味です。 ノーズフィットが付いてはいますが人の顔は千差万別で、マスク着用時には多少の隙間ができるんです。 その隙間から花粉や飛沫の侵入を防ぐことはできないので、『99%カットマスクなら完全にシャットアウトする』というのは誤解です」(濱本さん) たしかに、マスクがあるとなんだか安心してしまう…。 マスクをしているから大丈夫という油断は禁物ですが、風邪や花粉の予防対策としてはとても効果的とのことなので、使う目的やシーンに合わせてマスクを使い分けると良さそう。 インフルエンザや風邪の予防という意味では、不織布マスクのほうがよいとのこと。 それなら、ガーゼマスクは何のためにあるの? 「ガーゼマスクは、単純に防寒の意味で使う人やお年寄りなどガーゼマスクのほうがなじみがあるので使うという人が多い印象です。 また、花粉などアレルギー体質の方は、化学製品で作られた不織布マスクだと影響が出ることもあるので、綿100%のガーゼマスクにするという人もいます。 お子さんの場合は、不織布マスクのノーズフィットが密着するのが嫌というケースもありますね。 しかし、天然素材である綿を使っているガーゼマスクは保湿性に優れており、喉を乾燥から守ってくれますので、防寒・乾燥対策という観点からはガーゼマスクがおすすめです」(濱本さん) また、ガーゼマスクは保湿に優れているという噂も聞くけど…。 「ガーゼマスクは綿なので、水分を含みます。 その点では、保湿に優れているといえます。 反対に不織布マスクの化学繊維は水分を含みづらく、保湿性能は高くありません」(原さん) 不織布マスクをつけたままくしゃみをしたり、暖かい部屋から急に寒い外に出たりした時、内側に水滴が残っているということ、ありますよね。 唾などがマスクに当たってもはじいてしまうので、口元が気持ち悪いなんてことも。 しかしガーゼマスクは吸収してくれるので、そういった不快感は感じにくいのだそう。 マスクの裏表 判断方法知ってる? ところで、マスクを正しく使えていますか? 反対に使っていたからといって大きな差はないようですが、どうせ使うなら正しく使いたいもの。 そこで最後に、マスクの裏表の判別方法を聞きました。 「これに関しては定義が難しくて、各社違うとしか言えません…。 一応、箱や袋に『使い方』と説明は記載されています」(濱本さん) 取材時、実際に商品を持ってきていただいたので説明を見てみたのですが、たしかにわかりづらい…。 でもご安心を。 そんな時は、マスクを広げてみるとすぐにわかるそうです。 「マスクを広げるとドーム型になるので、それに合わせて判断するとわかりやすいと思います。 つまり、マスクを広げることで自ずとフィットする形になるということです」(濱本さん) 本来、マスクは鼻から口にかけて全体を覆うことでウイルスなどの侵入を防ぐもの。 自分が誰かに移さない、相手から自分に移されないためには、正しい使い方で適したものを選ぶことが大切です。 内容につきましては、配信日時点の内容となります。 関連記事 お話を聞いた人.

次の

顔にフィット立体マスクの簡単な作り方|ガーゼパイルタオルは厚手で使いやすさ抜群!

ガーゼ タオル で マスク

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の