結婚式 ご祝儀袋。 結婚式のご祝儀袋|表書き・中袋の書き方から金額やふくさのマナーまで

結婚式のご祝儀を現金書留で送るには?手紙を同封するときの文例も!

結婚式 ご祝儀袋

略字を使わず、正式な文字で丁寧に書きましょう。 その時の贈り主全員の名前は、「奉書紙」もしくは「和紙」に書いてご祝儀袋の中に入れましょう。 紙の中央の上段に「寿」と表書きをし、下段に全員の氏名を書きます。 格上、年長者を右から並べて書きます。 同格の場合は、五十音順に右から左に記載します。 偶数でも、 8は末広がりなのでOKとされています。 また、金額が2桁(10万や12万など)の場合も問題ありません。 気にしすぎかな?というくらいでちょうどいいのがお祝いごとのマナーです。 一般的な金額相場である「3万円」にお祝いの気持ちを追加したい場合は、本来「4万円」より「5万円」というのが数字のマナー。 予算に合わない場合は、1万円の包みを分けたり、相当するプレゼントを贈るなど工夫しましょう。

次の

結婚式に夫婦で出席!ご祝儀の相場&ご祝儀袋の名前は夫婦連名?など

結婚式 ご祝儀袋

ここでご紹介している短冊とは、「寿」などの文字が印刷された細長い白紙のこと。 ご祝儀袋を買うと、「寿」以外にも「御結婚御祝」の文字が印刷されたものや無地のものが一緒に付いている事があります。 ご祝儀袋の短冊は、2枚必要? ご祝儀袋を広げると、短冊が2枚ついていくることがあります。 「寿」など文字が印刷された短冊のほかに、無地の短冊が1つ。 実はこれ、きちんと意味のあるアイテムなのです。 書き損じ用、ではなく、無地の短冊は重ねる用。 無地の上に文字を重ね、「二重の喜び」や「喜びが重なりますように」という意味を表現するのだそう。 意味を知るだけで、心遣いあるご祝儀袋をお渡しできることでしょう。 ご祝儀袋の短冊の文字、何を使えばいい? 文字入りの短冊は種類が豊富。 どれを使うのがベストなのか迷う方も多いと言います。 種類 寿/壽 御祝/御結婚御祝 ご結婚おめでとうございます HAPPY WEDDING 実際に分けてみると、多いのは上記のもの。 基本は寿/壽を使うのがマナーとされています。 ホテルの格式ある結婚式からレストランウェディングなどのカジュアルな結婚式にまで幅広く使えるのが特徴です。 ご祝儀袋におすすめ!便利な短冊 字がバランスよく書ける、下敷きつき短冊 「祝儀袋の短冊に名前がまっすぐに書けない。 」 そんな悩みを解消してくれる、きれいな名前が書ける下敷き付きの短冊です。 きれいに書くためのアドバイスやガイド下敷きがついてくるので、きれいに渡すことができます。 短冊の文字が決まったら、次はその下の部分に注目。 濃い墨の毛筆ペンで、名前を書きましょう。 このとき初めての方に多いのが、受け取る側の名前を書くか、送る側の名前を書くかというお悩みです。 ここには、ご祝儀の送り主である自身の名前を書くのがマナー。 送る人数によって少しずつ書き方が違うので、それぞれみていきましょう。 1名の場合 出典: 1名の場合は、短冊の中心にフルネームで名前を書きましょう。 1つ目は、夫婦ともフルネームで書くパターン。 この場合夫の氏名を右側に書き、妻の氏名を左側に書くようにします。 2つ目は夫の氏名(フルネーム)を書き、その左側に妻の名前のみ書くパターン。 どちらの書き方でもマナー的には問題ありませんので、お好きな方で書いてください。 3名の場合 出典: 家族で結婚式に招待された場合は、3名でご祝儀を出すこともあるでしょう。 子どもが1名の場合であれば、妻の名前の左側に子どもの名前を書きましょう。 子どもが2名以上の場合は、短冊の中央に夫の氏名(フルネーム)を書き左側に「他家族一同」と書くのが正しい書き方です。 印刷でも大丈夫? 書き終えたら、最後はご祝儀袋に短冊を貼り付けます。 ちょうど中心になるように調整しながらのり付けしましょう。 最近ではシールがついている場合もあるので、あればそちらを使いましょう。 渡す最後まで入念に。 ご祝儀袋の包み方マナー 書き終わった後も、まだまだ気は抜けません。 お金の包み方、お渡しする前までの持っていき方も一つのマナーです。 ここからはご祝儀袋の包み方についてご紹介します。 kankonsousai-m. html ご祝儀袋にお金をいれた後は、中の包みに金額と住所を書きます。 その後下の折り返しが手前になるようにおり、外の包みを被せましょう。 これは結婚式以外の喜ばしいお祝いにも使えるので、忘れず覚えておくといいですよ。

次の

結婚式ご祝儀袋のリメイク!可愛い&アートな再利用アレンジ集

結婚式 ご祝儀袋

上包み・中袋・中包みとは? ご祝儀袋を購入すると、ほとんどの場合、「上包み」と「中袋」または「中包み」がセットになっています。 「上包み」とは、ご祝儀袋の一番外側の包みのこと。 「中袋」は封筒、「中包み」は半紙サイズの紙を折ったものです。 ご祝儀は、「中袋」や「中包み」にお金を入れてから、上包みで包むのがマナー。 売っているものの中には、まれに、中袋や中包みがついていないご祝儀袋もあるようです。 もし、中袋や中包みがついていないご祝儀袋を使う場合は、白地のしっかりした和紙でお金を包みます。 和紙がない場合は、コピー用紙で包んでも、OKとされています。 半紙サイズはだいたいB4サイズにあたるので、B4のコピー用紙を使うと包みやすいかもしれません。 中袋・中包みへのお札の入れ方 続いて、中袋・中包みへのお札の入れ方を見ていきましょう。 1 新札を用意する ご祝儀には新札を用意します。 新札とは、「発行されてから一度も使用されていないお札」のことです。 ご祝儀に新札を使うのは、 「新しい生活を迎える新郎新婦を、折り目のないまっさらなお札でお祝いする」 「結婚式を心待ちにして、きちんと準備していたことを新郎新婦に表す」 ためだと言われています。 新札は銀行や郵便局で両替できますが、両替できるのは基本的に平日のみ。 余裕をもって早めに両替しておくのがオススメです。 ちなみに、お悔やみごとには、新札ではないお札を使います。 結婚式までに用意ができなかったからといって、新札ではないお札を使うと、失礼になるので注意しましょう。 2 お札の「表裏」と「向き」をそろえる お札を複数枚入れるときは、表裏と向きをそろえて入れます。 お札は、「人物の肖像がある側」が「表」で、「肖像がない側」が裏です。 表を向けて、お札の左右をそろえます。 このように、お札の「種類」が複数になる場合は、金額の大きいお札から順番に入れるのが良いとされています。 ご祝儀袋を購入した時に一緒に中包みが入っていれば、すでに折られていることがほとんど。 その場合はお札を入れて、もと通りに折り直せば大丈夫です。 中袋や中包みがついていない場合は、半紙を用意して自分で折ります。 折るときの手順を紹介しますね。 1 包みは内側を上にして、図のように斜めに置きます。 お札は表を上に、肖像が左に来るように上下を逆に置きます。 2 お札の下側に合わせて折ります。 3 お札の端に合わせて、左側を先に折り、次に右側を折ります。 4 お札の幅に合わせて上側も折り、余った部分をさらに折ります。 5 最終的には次のように、折り返しの「空き」の部分が左にくるように整えましょう。 表側の左の上下に空きがあるのが、お祝いの場合の正式な包み方です。 最初に置くお札の位置によっては、左の上下に空きが作られないこともありますが、その場合は左上だけでも空きがあれば大丈夫。 このように包むと、お札の肖像がある表側が、中包みの表側と揃います。 ちなみに、お悔やみごとの場合は、お札の裏側が表を向くように入れますので、向きを間違えると反対の意味に・・・。 また、空きの場所が、右下や左下になってしまうと、お悔やみ事の包み方になります。 お札を入れる向きや包み方には十分注意しましょう。 封はするの? 一般的には、中袋も中包みも、封をする必要はないとされています。 ただし、金額が大きい場合、糊付けすることがあるようです。 糊付けする場合は、糊付けしたあとに図のように「封」もしくは「〆」の字を書きます。 水引が印刷されたご祝儀袋の場合 結婚式を欠席する場合などで1万円程度を包む際には、水引が印刷されたご祝儀袋がよく使われます。 このご祝儀袋の場合、中袋や中包みは使わず、そのままお金を入れます。 入れ方は中袋のときと同じように、表側にお札の肖像画がある方を向け、さらに肖像画が上になるように入れるのがマナーです。 こちらも袋に封をする必要はありません。 上包みの包み方 中袋、中包みが用意できたら、最後に上包みで包みます。 ご祝儀袋は、「たとう折り」という折り方で包みます。 たとう折りの手順 1 上包みの内側を上にし、その中央に、中袋・中包みの表側を上にして置きます。 2 左側を先に折り、次に右側を折ります。 3 裏返して、上側を折ります。 4 最後に下側が上に重なるように折ります。 糊付けは必要ありません。 お悔やみ事の場合は、上が下に重なるように折りますので、意味が逆になってしまわないように、注意しましょう。 5 ひっくり返して完成です。 この後、水引を通します。 最後に…確認ポイントは? 1 お札の向きと包み方 用意したご祝儀袋のタイプに合わせて、下の絵と見比べてください。 お札の向き、中袋・中包みの向き、上包みの折り方は大丈夫でしょうか。 3 ご祝儀袋についていた厚紙は…? 購入したご祝儀袋の中に、厚紙が入っていることがあります。 これは売っているときの型崩れを防ぐためのものなので、ご祝儀を包むときに外しましょう。

次の