ワンピース す なっち。 ドレス&ワンピース

【ワンピース】934話 ゾロがモモの助に教えた海外の剣の掛け声「スナッチ」の意味解明!ゾロがワノ国出身説濃厚の伏線【ONE PIECE考察】

ワンピース す なっち

光月日和は単独行動へ "戦"を前に情は禁物という理由から、日和は「モモの助」や「赤鞘九人男」と会うのをやめることに。 ワノ国を どうか お守りくださいまし!! 出典:ワンピース第955話 頭を下げてゾロと河松にお願いをする姿に、河松は「姫顔をお上げに」と大慌て。 その後、ゾロと河松は「錦えもん」達と合流。 日和が無事生きていたことを報告すると、全員大泣きで大喜びしていました。 河松いわく、日和は 安全な場所にいるらしい。 安全な場所とはいったいどこなのでしょうか。 天狗山飛徹が待っていたのは、モモの助と日和だった わしは "飛徹" 刀鍛冶だ わしもまた 長く人を待っている 出典:ワンピース第935話 天狗山飛徹が登場した第935話で、長く人を待っていると言っていましたが、その相手は「光月モモの助」と「光月日和」であることが判明しています。 20年間...... この刀を お2人に 納品する日を お待ち申し上げておった!! 出典:ワンピース第955話 天狗山飛徹は元ワノ国九里大名「光月おでん」の刀である 天羽々斬(あめのはばきり) そして 閻魔(えんま) を二人に渡す為、20年間待ち続けていたようです。 妖刀「閻魔」 「光月おでん」が愛用していた 天をも切り落とす「 天羽々斬(あめのはばきり)」 地獄の底まで切り伏せる「 閻魔(えんま)」 天狗山飛徹が「天羽々斬」をモモの助に渡そうとするも、モモの助は龍の姿(恐怖を感じている)となり「まだ預かっていてくれ」と拒否。 そして日和より譲り受けた「閻魔」は、ゾロの手に。 錦えもんは「優しさではっきり言うが拙者なら貰わぬ」と、そして天狗山飛徹も この国で 「閻魔」を 手なづけられたのは 後にも先にも 「光月おでん」 唯一人!! 出典:ワンピース第955話 と相当な 妖刀であることが判明しています。 スポンサーリンク 妖刀「閻魔」は 持ち主の"流桜(覇気)"を勝手に放出し、必要以上に斬る刀であり、 普通の剣士なら干からびて倒れてしまうとのこと。 ゾロはコイツに慣れた時、自分はもっと強くなっていると「閻魔」をもらうことに。 その姿を見て河松は「呆れた男だ... カッパッパ」と笑っていました。 30,000 vs 4,200 の兵力差 ロビンの話では「百獣海賊団」の兵力が 約2万人 そして「将軍オロチ」の行列の人数は 約1万人 合計で 3万人の敵がいることに。 対する 錦えもん達の兵力は4,200人 兵力差では圧倒的に劣っている事が分かります。 ただ船の修理をしているフランキーが 時間はねェぞ!! 10万人集まっても 乗れる様にだ!! 出典:ワンピース第955話 10万人集まっても乗れるように、船の修理をしようとしていました。 そのセリフに「労力が無駄」「そんなに来ない」とワノ国の大工達は言っていますが、このフランキーのセリフは 伏線になっている可能性はありそうです。 まだ「ネコマムシ」が到着していません。 ここまで登場を勿体ぶっているということは、大軍を率いて登場しても不思議ではありませんし、元白ひげ海賊団「マルコ」や「イゾウ」の援軍があるかもしれません。 そして「トラファルガー・ロー」や「X・ドレーク」も何らかしらの作戦を考えている可能性が高そうです。 また「ユースタス・キッド」や「キラー」が再びカイドウに立ち向かうことも考えられます。 決戦の日である「火祭りの夜」に、全員が行動に出れば相当な兵力になるはずです。 「すなっち」はシモツキ村のジジーに習った言葉だった ワンピース第934話で「すなっち」は、九里の古い方言でありモモの助が使うには相応しくないとお菊から言われていました。 そして第950話で「すなっち」の意味が判明しています。 自分を大切にするから 人間はビビるんだってな!! " 名前"を捨てろ " 知恵"を捨てろ 頭を空にして飛び込むのみ!! "捨名ーッ知"(スナーッチ)!!! 出典:ワンピース『第950話』 「すなっち」は言ってはいけないとお菊に言われたことをゾロに話すモモの助。 ゾロは昔「 村のジジーに習っただけでおれも言ったことがない」と発言しています。 村とはゾロの故郷であるシモツキ村だと考えられるので、 シモツキ村にいる老人はワノ国出身者である可能性が高そうです。 50年以上にワノ国を違法出国した「霜月コウ三郎」 ゾロが所有する 「三代鬼徹」は、天狗山飛徹が作った作品であることが判明しました。 「二代鬼徹」は飛徹の先祖「古徹」が作った作品なので、「初代鬼徹」も飛徹の先祖が作った可能性が高そうです。 スポンサーリンク そしてゾロが所有する残り2本の刀である「和道一文字」と「閻魔」は 50年以上にワノ国を違法出国した 「霜月コウ三郎」 の作品であることが判明しています。 名前から考えると 「霜月コウ三郎」は、シモツキ村の「コウシロウ」の父である可能性が高そうです。 ということは、シモツキ村は「霜月コウ三郎」が作った村であり、 ゾロはワノ国の子孫であると考えられそうです。 やはり内部に裏切り者がいる!? ワノ国将軍オロチへ送られた手紙には "刀武港"から "常影港"に 変更......!! 光月日和 生存......!! 北の地か... 出典:ワンピース『第955話』 と作戦が再び将軍オロチに知られる結果に。 これは内部に裏切り者がいる可能性が高そうです。 ここで気になるのが「トラファルガー・ロー」の行動です。 前回作戦がバレた時、将軍オロチに捕まっていたベポ達が疑われました。 そして現在ローは、無事脱出したにも関わらず、錦えもん達に連絡を取っていません。 錦えもんは「ロー殿から連絡が来ぬ」といっており、しのぶは「来ないならそれでもいいんじゃない?」と 冷たい言葉を発しています。 チョッパーが「ローはメチャクチャ強いと」フォローしていますが、この会話は非常に気になります。 もしかしたら、 ローは内部に裏切り者がいることに気づいているのではないでしょうか。 前回作戦がバレた時、ハートの海賊団が裏切り者扱いされました。 しかしハートの海賊団は裏切っていません。 ローはそのことを知っていますし、仲間を信頼しているはずです。 ということは、前回内部の 裏切り者に、ハートの海賊団はハメられたのではないでしょうか。 そのため、ローは裏切り者が潜んでいる危険性がある「錦えもん」達には連絡せず、ハートの海賊団は単独で行動することを決意したのではないかと予想しています。 前回、裏切り者扱いされ立ち去り際に言ったローの台詞 おれの仲間達を疑った事忘れるなよ 信頼し合えねェ者同士が死線で 背中を預けられるとは思わねェ!! 出典:ワンピース第940話.

次の

【ワンピース】ゾロがモモの助に教えた「スナッチ」の意味とは!?【考察】

ワンピース す なっち

第955話「閻魔」 日和はモモの助に会わない 日和は会わない 全員集合で日和の姿がなかったのはやはり来ていなかったからなのか。 「今みんなに会うのはやめておきます。 戦を前に情は禁物…」とのこと。 生きてることは教えてあげました。 日和はおてんば娘だったのか…。 日和が生きてると聞いて20年間ずっとワノ国にいたアシュラ童子も驚いてますね。 「小紫=日和」は、おトコちゃんと狂死郎しか知らないってことか。 日和は安全な場所に退避してますけど(前日に見つかったっぽいが)、このまま参戦せずなのかな? 小紫として世間的に死んだことになった時、 「(覚悟は)ありんす」というやり取りが気になるでござる。 <関連記事> 飛徹の待ち人 飛徹 さて…わしは天狗山飛徹!!ワノ国の刀鍛冶である!! 20年…この刀をお2人に返納する日をお待ち申し上げておった!! 912話で飛徹は 「わしもまた長く人を待っている」と含みのあることを言ってました。 その待ち人の相手が判明しました。 モモの助と日和だったんですね。 おでん様の愛刀「天羽々斬」「閻魔」(大業物21工)を預かっており、返納するのを待ってたんだとか。 <関連記事> それどころか天をも切り落とす「天羽々斬」の製作者だった模様。 「わしの傑作」って飛徹が打ったのかよ!ビックリですね。 しかも飛徹は「三代鬼徹」も作ったんだそうです。 大業物21工の「天羽々斬」と業物「三代鬼徹」を作ってたとか凄い鍛冶屋だ。 飛徹自身が持つ刀も名刀らしいし。 「天羽々斬」「閻魔」について日和は 「ワノ国で名を馳せた名工2人が打った」と言ってました。 その1人が飛徹だったとは…。 自分で打っといて「三代鬼徹」は手放したのか。 確かに「二代鬼徹」は妖刀なので持ちたくないって言ってましたけど。 飛徹はなぜ顔を出せない? これで飛徹の待ち人は判明ですね。 ただ、おでん様の刀を預かってたことと、顔を出せないことは結び付かんでござる。 912話 わしはワケあって町へは行けぬ いまだに飛徹がみんなの前でお面被ってる事と、「ワケあって町へ行けぬ」理由がよく分かりません。 オロチ城の地下にあるこけしは「美少女こけしコレクター」と繋がりがあるのかも謎です。 その翼は本物なのかと。 少なくとも、今回で飛徹はワノ国で名を馳せた刀鍛冶であることが確定しました。 「天羽々斬」「三代鬼徹」の作者ですしおすし。 また、 「天羽々斬」「閻魔」の製作者は日和の言い方だと過去の人…生きてるなさそうな感じだったのも気になる。 953話 兄には「天羽々斬」、私には「閻魔」。 いずれも かつてワノ国で名を馳せた名工2人が打った由緒正しい刀です 日和の言い方だと完全に過去の人扱いだもんね。 「閻魔」は霜月コウ三郎、「天羽々斬」は飛徹作。 飛徹に関しては普通に生きててワノ国に住んでるんですけど「かつてワノ国で名を馳せた名工」という扱い。 世間的には故人になってるのでしょうか。 待ち人は明かされたけど、まだまだ飛徹は謎が多いのう。 もうルフィ達の前ではお面取ればいいのに、なんでずっとつけてるんだろう。 顔も出せず訳ありで人里にも行けない有名な鍛冶屋さん。 持ち主の「流桜(武装色の覇気)」を勝手に放出して必要以上に斬る。 そこらの剣士では一振りしただけで干からびて倒れてしまうそうな。 使いこなせたのは後にも先にも光月おでん様しかいません。 はえー!これまたとんでもない剣だ。 原理としてはドラクエの理力の杖、大魔王バーンの光魔の杖のように魔力を武器に乗せるようなものでしょうか。 武装色の覇気って「MP」…魔力切れみたいなことあるか知らんけど。 ゾロは一振りしただけで「ハァハァ」息切れしてたので、体力はガッツリ消耗する模様。 そういや、ルフィはドフラミンゴ戦で覇気使う回復時間欲してたので 覇気は体力を減らすでいいのかな。 「閻魔」を使うと速攻体力の底尽きそう。 ただゾロはめちゃくちゃ気に入ってました。 コイツに慣れればもっと強くなれると不敵に笑うのでした。 ま、ゾロなら使いこなせるようになるでしょう。 ゾロの「スナッチ」 スナッチ (掛け声「スナッチ」は) 昔…村のジジーに習っただけでおれも言った事ねぇしな えぇ!? 勇気が出ない時に心を奮い立たせるおまじないってモモの助に教えておいて、 この言い草である。 流石ゾロだ。 確かにゾロが「捨名っ知」なんて言ってるの見たことないけどさ。 <関連記事> 今回でワノ国から「東の海」へ出航した一団は約50年前の出来事であると分かったので、シモツキ村でゾロに「スナッチ」を教えた爺さんはワノ国九里出身なんでしょうね。 当時は無法地帯で無法者だった男がジジーになって「スナッチ」をゾロに教え、さらにモモの助へ…。 (続くぞい) 投稿お疲れ様です! 今回わかった、刀の持ち主次第で位列が変わる、という事実は中々衝撃的な気がしましたね。 位列が常に連動するとしたら、情報は常に変化する、ということになりますので、 最上大業物の数が増えていく可能性がありますね。 単純に刀等の武器が黒刀になるのだけが位列が変わる条件の可能性もありますが、 個人的に思ったこととしては、 もしかしたら武器の持ち主が「誰」か、ということが そのまま位列につながるのかもしれない、ということですね。 極端な例ですが、むら雲切は元々そこまで位列の高い薙刀ではなかったが、 所有者が白ひげだったから最上大業物になった、みたいな感じで。 まだ展開が全然明かされていないので何とも言えませんが、 刀関係の伏線回収楽しみですね!!.

次の

ワンピースで『のっち』が話題に!

ワンピース す なっち

Contents• 閻魔を手に入れたゾロ おトコの事が心配でたまらないが、今、皆に会うのはやめると日和は河松に言います。 戦を前に、情は禁物と日和。 皆で力を合わせ、ワノ国をどうかお守りくださいと、三指を地面について頭を下げる日和に、顔をお上げ下さいと慌てる河松。 日和は今どこに?護衛はいるのかとイヌアラシは心配しますが、安全な場所にいると河松は答えます。 幼い頃、自分に飛び蹴りをしていた日和を思い出すモモの助。 モモの助はゾロに日和を助けてくれたことを感謝します。 日和はガサツだが、本当は弱く泣き虫で・・・とモモの助は説明しますが、いつまで昔の気分でいるんだとゾロは言います。 今は日和のほうが18も年上と説明するゾロに、18年上の飛び蹴りはマズイと慌てるモモの助。 天狗山飛徹は「用意ができた」と言い、河松に本当によいのだな?と確認します。 もう話はついていると河松は答えます。 飛徹は自分がワノ国の刀鍛冶であることを説明し、20年、この刀をお2人に返納する日を待っていたと言います。 飛徹は、モモの助に「天羽々斬」を差し出し、いかが致しますか?ワシの傑作と言いますが、モモの助は、拙者はまだと断ります。 恐いわけではないが、まだ預かっておいてくれと言いながら、龍の姿になるモモの助。 「閻魔」をゾロに渡す飛徹。 先に言っておくが、と飛徹はゾロに言います。 この国で「閻魔」を手なづけられたのは、後にも先にも「光月おでん」ただ一人と飛徹は言います。 そして、「閻魔」でそこらの木を一本試し切りしてみろと言い、早速、試し切りをするゾロですが、木どころか海岸の端をごっそり切り落とす「閻魔」 さらに「閻魔」を持っているゾロの右腕がミイラのように。 「返せ!!」と右腕に武装色の覇気をまとうゾロ。 右腕がもとに戻ります。 その上で、他の刀にするか?と飛徹は聞きますが、「閻魔」を貰うとゾロは答えます。 「閻魔」に慣れた時、自分はもっと強くなってるってことだろうと言い、ニヤリとするゾロ。 そんなゾロに、呆れた男だと笑う河松。 ルフィも合流 ー 討ち入り3日前 ー 錦えもん達がいる編笠村では、作戦会議が行われています。 討ち入り当日、鬼ヶ島には3万人の敵がいるという計算です。 対する自分達の兵力はざっと4千、全面戦争ではないにせよ・・・と、錦えもんも厳しい表情を見せます。 囚人採掘場では、ルフィの修行が続きます。 鋼鉄を破壊するルフィですが、力みすぎたからダメだと言い、周りの者達は、あれでダメなの!?と驚きます。 ゾロと一緒に素振りをするモモの助。 「すなっち」は言ってはならないと言われたと話すモモの助に、昔、村のジジーに習っただけで、自分も言ったことはないとゾロ。 その回答に「えェ!?」と驚くモモの助。 ー 討ち入り2日前 ー チョッパーに担がれ、ルフィとお玉が編笠村に到着します。 さらに錦えもんのもとへは、200人追加との連絡が入り、これで戦力は4千2百人。 ローからの連絡がないことを心配する錦えもんですが、来ないのならそれでもいいのでは?としのぶは言います。 ローがメチャクチャ強いことを説明するチョッパー。 そんな中、ルフィは修行のしすぎでずっと寝ています。 錦えもんは、花の都の羅刹町牢屋敷に捕まっている者達の心配をし、同時に、今回の討ち入りへの合流を諦めます。 その中にこそ屈強な侍がいるのだがと、悔しそうな錦えもん。 錦えもんは皆へ連絡を入れます。 残る時間は移動と準備に使ってくれ、約束の港で会おうぞ。 ワノ国第二幕終了! ー 討ち入り前日 ー 皆より早く行く必要がある錦えもんは、ルフィに先に発つことを伝えます。 見つかるなよ!とルフィは錦えもんに伝え、ずっと張り詰めているため心配ないと錦えもん。 ルフィ達を頼りにしていると言い、任せとけ!とルフィ。 そして、赤鞘の侍七人、忍一人(しのぶ)、要人一人(モモの助)の九人は、二十年の時を越え、主君の無念を討ち果たさんと歩きだします。 おトコやキャロットは墓標に手を合わせます。 戦いに勝ったらもっと立派な墓をと言い、墓標には「康イエ」と「ペドロ」の文字が。 素振りをするゾロに、飛徹は「閻魔」は手になじむのでは?と聞きます。 妖刀と同じで理屈で、弱いものには扱えないと。 さらに飛徹は、「閻魔」が手になじむ一番の理由を伝えます。 目が覚めたルフィ。 新たな覇気の使い方をマスターし、「みてろカイドウ」と自信に満ちた表情をします。 一方、オロチは兎丼と連絡をとっています。 兎丼が無事と聞き、誤報かと言います。 誤報だったことに、信用ならないマネをしやがってと言いますが、直後に、こっちを抑えれば充分かと。 不敵な笑みを浮かべるオロチ。 いよいよ「火祭り」の日を迎え、ワノ国第二幕が終了となります。 ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントでワンピースの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。 アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!.

次の