丹下段平 セリフ。 あしたのジョー2最終回ストーリー『燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな』

あしたのジョー名言集

丹下段平 セリフ

キャラ: 丹下 段平(たんげ だんぺい) 声優:藤岡重慶 アニメ: 原作: 作画: ジャンル:、 制作: 放送局: 放送時期: 【プロフィール】 坊主頭に黒の眼帯、顔や頭に古傷がある出っ歯の中年男。 拳闘キチガイを略して通称「拳キチ」。 かつては日本タイトルに挑戦するほどの強豪プロボクサーであった。 引退後、巨額の負債を抱えドヤ街でわずかな日銭を稼いでは酒に溺れる荒れた生活を送っていた。 丈と出会い、丈の天性のパンチ力に惚れ込んだ段平は、彼を一流のボクサーに育てることを決意。 ジム再建のために酒をやめ、昼夜を問わず働き始める。 名言・名台詞 た…立て…! …立つんだ、ジョー! ジョーよ…。 ジョーの大ばかやろう~~! 拳闘のリングに人間味なんぞひとかけらほどもいらんわい 必要なのはファイティング・マシン…つまり とことんまで戦いぬく非情な機械だけが要求されるんじゃいっ す…すばらしいことだ…。 どんな理由からにせよ…ジョーのやろうがボクシングというものに燃えはじめたんだ。 すばらしいことじゃねえか。 ふふふふ、まってろよ、ジョー…。 ただでさえカウンター・パンチは相手のいきおいづいた出鼻を打つだけに相手の突進プラス自分のパンチ力…と威力は倍増する。 ましてやクロスさせた場合、相手の腕の上を交差した自分の腕がすべり、必然的にテコの作用をはたして、三倍…いやさ四倍! 思うだに身の毛もよだつ威力を生みだす! た…立つんじゃねえ、ジョー! しずかに寝ているんだ! 立つんじゃねえ~~! 見たか…見たかおまえらっ。 これがジョーさ。 ええ?これがケンカの天才、矢吹丈なんだよお!! カウンターパンチは相手の勢いづいた出鼻を打つために 相手の突進と自分のパンチ力で威力は倍増する。 ましてクロスさせた場合 相手の腕の上を交差した自分の腕が滑り 必然的にテコの作用を果たし三倍、四倍の威力を生み出す。 キャラクター 一覧•

次の

あしたのジョーの丹下段平が言った放送禁止用語ってなんですか...

丹下段平 セリフ

概要 『無防備』状態、とすると攻撃要素や他の救済方法(サポートやリカバリ)も無い状況を示すが、 とよぶ場合は防御だけが無い時が多い。 矢吹丈の戦闘センスと打たれ強さから成し得られる、相手の一瞬の隙を見出し(また、相手の動揺を誘い隙を作らせ、最大限の攻撃(クロスカウンター)を放つという、実践から生まれた戦法で、まさに肉を切らせて骨を断つ、である。 そのほかのノーガード戦法 将棋にもノーガード戦法と一般的に呼ばれるものがあり、序盤で行われる奇襲作戦であり守りが薄くなる。 ただし防御がまったくなくなるわけではないようだ。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 00:50:42• 2020-07-17 00:50:35• 2020-07-17 00:49:11• 2020-07-17 00:49:03• 2020-07-17 00:48:54 新しく作成された記事• 2020-07-17 00:49:14• 2020-07-17 00:47:27• 2020-07-17 00:27:49• 2020-07-17 00:47:06• 2020-07-17 00:05:47•

次の

『あしたのジョー』登場人物10人の名言を徹底紹介!名作漫画を最後まで解説

丹下段平 セリフ

このページでは丹下段平について述べる。 生い立ち 丹下段平の生い立ちは不明。 カルロースのエキジビションマッチで30年間ボクシングをやってきたと言っているところを見ると、ジョーと会ったときは50歳代だったと思われる。 彼は現役の頃、日本タイトルマッチを行う前に、片目をやられ、結局泣く泣く引退した。 彼の戦法は撃たれて打ち返す方法だったため、それが原因だったと思われる。 その後小さなジム 極西拳闘クラブ を設立し、選手を育てるため借金もしたが、結局その選手達に辞められ、小さなジムは叩き売られた。 家を失った丹下段平はボクシング一筋に打ち込んでいたため、妻子も無くドヤ街に流れ込んだ。 さらに彼は、コーチとしてボクシング界から爪弾きにされていた。 それは ・自分のジムの選手かわいさに試合中、相手選手を殴る。 ・半年間ライセンスの停止の処分が下ったとき、コミッショナーを殴る。 ・酒を飲んでリングサイドおり、ヤジを飛ばす観客を怒鳴ったり、レフリーを殴ったりもした。 ドヤ街に来た丹下段平 ドヤ街に来てからは毎日酒を食らうホームレスとなっていた。 また、酒を買うために自分の血も売っていたという。 しかし、今まで人生をささげてきたボクシングだけは忘れられず、まわりからは拳吉おやじと言われていた。 丹下段平が酒を飲んで酔っ払って公園の階段に寝転んでいたある日、ある少年が彼を踏みつけた。 その少年は惚れ惚れするバネと、パンチ力で丹下段平を圧倒した。 彼はその少年を大変気に入り、「ボクシングをやらねえか。 」と誘った。 その少年こそ矢吹丈である。 それにしてもドヤ街に来て、丸坊主で、ひげもきちんとしていたのには驚いた。 普通ならひげは伸び放題だし、髪はボサボサのはずだが。 矢吹丈に出会って 丹下段平は矢吹丈に出会うと、今までの毎日酒を飲む生活を一変し、ジョーのために必死に働き、ジムを建てる資金を得ようとしていた。 一方ジョーはボクシングなどからっきし興味が無く、ドヤ街のチビ連と悪さをしていた。 ジョーはこの悪さのため、特等少年院に入れられたが、そこで力石徹のパンチに負けた悔しさからボクシングに目覚め、丹下段平の教えを素直に聞くようになる。 ジョーが特等少年院を出た後、紆余曲折はあるが、なんとかプロボクシングのジムのライセンスを得、ジョーと西をプロデビューさせることができた。 今までジョーを引っ張ってきた丹下段平だったが、力石との試合を境にジョーが丹下段平を引っ張るようになる。 丹下段平はジョーの将来を心配し、何度も辞めさせようとしたが、結局ジョーの熱意に押されてしまう。 最後はジョーの世界タイトルマッチまで行き着いてしまう。 このときの試合の始まる前、丹下段平が思っていたことが印象的だ。 それは「少年院で腕を磨いた不良少年が、今は自分のために、かつては自分を追っかけまわした警察の軍楽隊に国家を演奏させてやがるんだ。 丹下ジムの母屋 丹下ジムの母屋は泪橋の下に建てられている木造の母屋だ。 台風が来ると大雨で川が増水し、簡単に流されてしまうのだが、その場面が出てこない。 また、小さな橋の下にあるジムなため、どう見ても高さは3m程度しかない。 これではとても縄跳びなどできるスペースではない。 最低でも5mくらいは必要ではないか。 それに川原の土地は国有地で、洪水になる心配があるため、住居を建てることはできないはずだ。 私だったらドヤ街近くにある古ぼけた小さな倉庫をジムにするのがストーリーとして適切だと思うのだが。

次の