ツイッター センシティブ 解除 iphone。 Twitterのセンシティブ設定解除方法!設定してもツイートが見れないのはどうして?

Twitterのセンシティブな内容の解除方法!設定変更で表示できる!

ツイッター センシティブ 解除 iphone

ツイッターを利用していると、タイムラインの中の投稿で時々「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」という注意がつき、そこに添付されているであろう画像などが見られないことがありますね。 これ自体は、そこに併記されている【表示】を選択すれば内容を見ることは可能です。 けれど、そうやってツイート内容を見ても、そのツイートからタイムラインに戻るとまた「センシティブな内容が~」となって、画像が見られない状態に戻ってしまいます。 こういう時、「どうにかしてこのセンシティブ設定を解除したい!」と考えるツイッターユーザーは多いはず。 結論からいえばセンシティブ設定を解除することは簡単で、解除した後に必要に応じて設定を変えることもいつでもできます。 ここでは、ツイッターのセンシティブ設定の解除方法を、設定の仕組みからお話していきますね。 この「センシティブな内容」とはどんな表現を指すのかというと、暴力的な表現や性的な表現など幅広いものがあてはまるようですが、実際にメディアを表示させてみると大したことはなかった…と拍子抜けすることも多いもの。 この機能の意味は、センシティブな内容かもしれないよとワンクッション置くことで、ツイッターユーザーが予期せず不愉快なメディアを見てしまう事態を防ぐ目的が大きいでしょう。 なので、別にそういうのは問題ないよという人は、センシティブ設定を解除した方がツイッター閲覧が楽になります。 これだけで、それまで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」と注意が出て表示されていなかったメディアつきツイートも、はじめから画像や動画が表示されるように変わります。 自分の投稿のセンシティブ設定 それと、ツイッターのセンシティブ設定は、タイムライン上の他人のツイートに対して機能するものの他、自分の投稿に関して設定できるものもあります。 簡単にいえば、自分のツイートの画像や動画を、センシティブな内容を含むものとして申告するかどうか?という設定です。 この設定をオンにすることで、自分のメディアつきツイートは他人からは「センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです」と注意がされた状態で見えるようになります。 つまり、ネット上でよくある「閲覧注意」のような扱いにできるわけですね。 少しショッキングな内容のメディアである場合や、それを見たくないフォロワーもいると予想されるツイートの場合などに、自分の投稿にセンシティブ設定をかけることを知っておくと便利です。 こうすれば、自分が投稿するメディアにワンクッション置くことができる上、見たいユーザーのみが各自【表示】をタップして見ることになるので、ツイート内容が原因でブロックやリムーブをされる事態も減らせるかもしれません。 相手との設定の兼ね合いにもよる ただし、このツイッターのセンシティブ設定は、相手との設定の兼ね合いによって挙動が変わってきます。 なのでいずれにしても、設定を過信しすぎず、ツイートする前には内容を見直してから投稿するようにしたいものですね。

次の

【Twitter】iPhoneでセンシティブな内容のツイートが見られるよう設定を解除する方法【アプリだとできない】

ツイッター センシティブ 解除 iphone

まず大前提で iPhoneのみアプリから設定ができない仕様になっています。 なので、 iPhoneの方はsafariからブラウザ版のTwitterにログインして設定する形になります。 これでセンシティブな内容で見れなかったツイートが見られるようになります• 「設定とプライバシー」を開く• 「プライバシーとセキュリティー」を開く• これで今後はセンシティブな内容のツイートも閲覧できるようになります。 設定が英語になってしまう場合の対処法 まれにウェブ版のTwitterを開くと英語になってします人がいるようです。 その場合は言語設定を日本語に変更しましょう。 この章では設定しても表示されない原因と対処法を解説します。 センシティブな内容を表示する設定にしても、反映されるまでに時間がかかります。 明確に何時間後に反映されるみたいな情報は公式で確認できませんでしたが、大抵遅くても翌日には反映される場合がほとんどなので気長に待ちましょう。 見たいツイートがセンシティブだから設定したんだ!って人はいいねやブックマークで反映後に見られ流ようにしておくのがおすすめです。 年齢を設定していないから。 未成年だから。 🍬🍯さんがツイートしたようになっています。 年齢を上手くしてもセンシティブどうのこうの と、でてきます。 年齢の設定方法は以下の記事を参照してください。 iPhoneの方はアプリからセンシティブなツイートの表示設定はできないのでウェブ版のTwitterから設定してください。 ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。 引用: ツイートに対してユーザーから「 報告」があると、Twitter社がツイート内容を確認します。 その結果センシティブな内容だと判断した場合、 Twitter社が勝手に「センシティブな内容タグ」をツイートに設定します。 設定は問題ないのにセンシティブな内容としてツイートされてしまう方の多くはこのパターンです。 この場合、ユーザー側で設定変更して普通のツイートに戻すみたいなことはできません。 またTwitter社に問い合わせて、センシティブタグを外してもらうこともできません。 設定した覚えがないのに設定が変わっている!って方はこのパターンです。 過去のツイートで問題のあるものがないか確認しましょう。 引用: 暴力的、アダルトな内容にも関わらず、普通のツイートとしてツイートして、前の章のように「 Twitter社によりセンシティブな内容タグをつけられる」という行為を繰り返していると、Twitter社により「 センシティブな内容としてツイートという設定に固定される」ことがあります。 固定された場合、いかなる訴えをTwitter社にしても解除されることはありません。 一度センシティブな内容としてツイートされたものは、仮に設定を解除しても変更できません。

次の

Twitterのセンシティブを解除する方法・なぜか英語でわからない

ツイッター センシティブ 解除 iphone

Twitterセンシティブとは センシティブ=敏感、神経質などの意味があります。 Twitterでは不適切、不謹慎なツイートと判断された場合に「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。 」というエラー表示が出ることがあります。 はっきりとした基準はわかりませんが、恐らくアダルト系やグロテスクな内容など、他人が目にしたときに不快と感じる内容のものが、センシティブな内容と判断されるのでしょう。 もしこういった内容のツイートは見たくない…。 という方は、今回ご紹介するセンシティブ設定を行わないことをおすすめします センシティブ設定を解除する方法 センシティブ設定を解除するには、まず対象のツイート画面を開きます。 エラーメッセージの左下に[設定を変更]とありますので、こちらをタップして下さい。 Safari版のTwitterが開きますので、IDとパスワードを入力しログインをして下さい。 すると[プライバシーとセキュリティ]の画面が表示されます。 以上で設定は完了です。 Twitterアプリを再起動してツイートが表示されるか確認して下さい。 英語表記になってしまう場合の設定方法 Safari版Twitterを開くと、英語表示になってしまうケースがあるようです。 同じくSafari版から言語設定が行えますので、まずは設定を日本語に戻しましょう。 プロフィールアイコンをタップし、[Settings and privacy]を開きます。 次に[Account]を開いて下さい。 下にスクロールし[Language]をタップ、次の画面で言語の中から[Japanese-日本語]を選び[Sava]をタップしましょう。 以上で言語が日本語になっているはずです。 日本語になったら、上記で説明した通りプライバシーとセキュリティの項目からセンシティブの解除設定を行って下さい。 センシティブ設定しても見れない場合 設定したにも関わらずツイートが見れない!という方の原因として考えられるのが、アプリ内から間違った設定をしてしまっているケースです。 これは自身がツイートした内容がセンシティブな内容と判断された場合に、エラーを表示するという設定です。 つまりここにチェックをいれても他人のツイートはセンシティブな内容が~というエラー表示のままです。 自分以外のツイートを表示したい場合は、上記で紹介したSafariからの設定が必要です。 アプリ版からは分かりづらいため、こちらの設定を誤ってしてしまっている方も多いと思います。 最後に Twitterのセンシティブ設定解除方法と、設定してもツイートが見れない場合の対処法についてご紹介しました。 自由に好きな内容をつぶやくことが出来るTwitterですが、なかには不適切な内容も。 ユーザーを守るための機能ですが、表示されないツイートは内容が気になってしまいますよね。 ぜひ今回ご紹介した方法を参考に設定を行ってください!.

次の