ダーク ソウル 2 マップ。 ダークソウル2攻略順を全体マップの繋がり添えて解説

06 最下層 < マップ付き攻略チャート

ダーク ソウル 2 マップ

不死街下層から最下層の鍵で扉を開け、階段を下ると[A]に出ます。 さらに階段を下ると亡者 剣 が見えますが、 不用意に近づかないでください。 階段を下って右後方に、もう1体の亡者 剣 が隠れています。 まずは、 階段を下りきらずに右後方にいる亡者 剣 を誘い出して倒しましょう。 続いて階段を下り、正面の亡者 剣 を倒し、引き返して行き止まりに落ちている名も無き戦士の大きなソウルを入手します。 再び引き返し、奥にいる亡者 剣 を倒します。 続いて、 隣の部屋へ入ってすぐの場所で立ち止まります。 階段横にいる亡者 剣 が階段を上って襲ってきますので、その場で迎え撃ちます。 さらに動かずにいると、部屋の奥 階段を下る方向 にいる亡者 松明 がこちらに気づいて近づいてきますので迎え撃ちます。 この部屋には、あと4体の亡者がいます。 亡者 剣 が2体と、亡者 松明 が2体です。 最も近い亡者 松明 は、 階段の上からライトクロスボウで狙撃できます。 少し階段を下ると、その左の亡者 松明 も狙えます。 階段を下まで下ると、その左の亡者 剣 も狙撃できます。 残る1体の亡者 剣 は奥にいますので、近づいて倒しましょう ライトクロスボウで狙撃することもできます。 この部屋からは、階段を下ってすぐの[B]から部屋の外に飛び降りることで、[C]の通路へショートカットすることができます。 ただし、ショートカットしてしまうと ラレンティウスを救出できませんし、貴重なアイテムも拾えません。 よって、今回はショートカットはしません。 次回以降の訪問では、[B]から[C]へショートカットしましょう。 続いて、[D]の階段を下ります。 階段の下に犬がいますので、下りきらずに 階段の途中からライトクロスボウなどで誘い出して倒します。 [D]の階段を下った先の[E]には、亡者コックが1体とお供の犬が1頭います。 お供の犬を狙撃すると亡者コックが気づいて一緒に襲ってきますので、 まずは亡者コックを誘い出しましょう。 巨大ネズミを倒すと、 確定で人間性を落としますので飛び降りて入手しましょう。 また、近くに、名も無き戦士のソウル、下水部屋の鍵が落ちていますので、それらも入手しておきます。 続いて[I]に向かいます。 [J]の通路に入ってしまうと、落とし穴がありますし、その先にはネズミの集団がいます。 [J]には入らずに、[I]を目指しましょう。 [I]に向かう途中には汚水の流れる下り坂があり、 ここに足を踏み入れると流されて滑り落ちてしまいます。 坂の途中には穴が空いており、穴に落ちてしまうと[U]に落下します。 [U]から[I]への道には闇霊カークや大ネズミの集団がいますので、[U]には落下しないようにしましょう。 坂の左端には穴は空いていませんので、左端を滑り落ちれば落下はしません。 下り坂を滑り下りたら、すぐ右の[I]から 通路に入ります。 長い階段を上ると[K]の扉がありますので、開いておきましょう。 [K]の扉を開いたら、 帰還の骨片を使って火継ぎの祭祀場へ戻ります。 大ネズミを倒したら、階段を右へ進んで[P] 階段と壁の間 に入ります。 この位置なら、 伝道者のソウルの矢は当たりませんので、ゆっくりとショートボウで狙撃しましょう。 ショートボウが能力値不足の場合は、ライトクロスボウで倒しましょう。 ショートボウの精密射撃で狙いをつけ、ライトクロスボウに持ち替えて狙撃します。 少しずれますので、微調整しながらライトクロスボウの矢が当たる位置を探しましょう。 近接武器で倒す場合は、盾を構えて近づいて攻撃を入れましょう。 伝道者を倒したら、その先にある楔石の大欠片を拾います。 途中、 木箱からネズミが飛び出してきますので倒しましょう。 大ネズミが3頭いた方へ戻ります。 その先の通路の入り口の横にネズミがいますので倒します。 ネズミを倒したら通路に入り、[Q]を目指します。 最初の分岐を右に曲がるとネズミがいますので倒します。 ネズミを追いかけて進みすぎると、 [V]への落とし穴に落下しますので注意してください。 次の分岐を左へ曲がると、その先にネズミがいますのでこれも倒します。 その先の名も無き戦士のソウルを入手したら、右へ進むと[J]です。 巨大ネズミを倒した場所です。 下り坂を滑り下り、 [R]には近づかずに[I]・[K]を経由して篝火に戻ります。 [V]の横の階段を上ると、正面の鉄格子の向こうにバジリスクが2体見えます。 左の1体には 鉄格子越しで攻撃できますので、攻撃を入れましょう。 すぐ横の細い通路に入り、名も無き戦士のソウルを入手して通路を抜けて左へ進みます。 もう1体のバジリスクがいますので倒しましょう。 通路を進み[W]へ出ます。 目の前にある大穴の先にバジリスクが1体いますので誘い出して倒します。 さらに、 大穴に飛び降りて下にいるバジリスクを3体倒します。 続いて、通路を奥へ進んで邪眼の指輪を入手したら、引き返して[X]の横の階段を目指します。 なお、[X]は落とし穴に落ちた時の落下地点であり、 別に何もありません。 [X]の手前にはバジリスクが3体います。 背を向けていますので、 背後から倒してしまいましょう。 バジリスクは耳が悪いようで、 音でこちらに気づくことはありません。 名も無き戦士の大きなソウルを入手し、階段を上ります。 大穴の先の通路に人間性が落ちていますので入手します。 なお、人間性の手前に落とし穴がありますので、 ダッシュジャンプやローリングで飛び越えましょう。 来た道を引き返して、[Y]へ向かいます。 [Y]に商人のドーナルがいますので、矢・ボルトが減っているなら補充しておきましょう。 なお、貴重な黄金松脂を販売していますので、ソウルに余裕があれば購入しておきましょう。 引っかきは、左の前脚でなぎ払いにくる攻撃です。 踏みつけは、左の中脚で踏みつけにくる攻撃で、三段目まで出してきます。 尻尾なぎ払いは、尻尾でなぎ払う攻撃です。 尻尾を切断した後も繰り出してきます。 尻尾なぎ払いは正面まで届きますので、正面にいても警戒が必要です。 上ジャンプ攻撃は、空中に浮かび上がってから押しつぶしにくる攻撃です。 空中で向きを変えて、さらに追尾します。 追尾時間が短いため、 正面にいなければこちらに届く心配はありません。 酸吐きは、広範囲に酸を吐く攻撃です。 触れると武器と防具の耐久度が下がります。 捕食は、前脚で掴み上げて文字通りムシャムシャと喰う攻撃です。 捕食は、 ガード不可です。

次の

DARK SOULS II ダークソウル2 攻略Wiki [PS4/Xbox One/PC(DirectX11)]

ダーク ソウル 2 マップ

マデューラから入り最後の巨人撃破まで• 川沿いに進んでいくとナイフを持った不死が2体ほど。 川の向こうには「雫石」が。 川は浅いので問題なく渡れる。 川を遡ったところ、洞窟内でもアイテムを拾える。 木の橋付近でも不死者が4体ほど。 一体は矢を撃ってくるので注意しよう。 橋から川を下流に進んでいくと、行き止まりで「故も知らぬ不死のソウル」が。 橋から坂を上っていくと木の根の隙間に入っていく。 ここのはしごを上ったところ、 a地点の丸い闘技場跡のような場所では、3体もの敵が同時に襲ってくる上、上から矢を撃ってくるものまでいる。 盾をかざしつつ慎重に戦おう。 ここの遺体で「人の像」や「折れた直剣」や「雫石」を入手できる。 なお、ここに座っている白い騎士、ハイデの騎士は一回攻撃すると動き回るようになり、再度攻撃すると襲ってくるようになる。 強いので最初にここを訪れた時点では手を出さないのが無難。 物理カットの強い盾があれば挑むのもいい。 b地点、闘技場から外に出たところでは、遺体とともにアイテムが見える。 ダッシュジャンプして飛び降りる。 先へ進むと通路に入る。 右の盛り上がった部分の先にある部屋には2体の不死がいるので注意。 進まないよう。 左へ進むと角でいきなり1体襲ってくる。 そのまま進むと、右の部屋にいた2体が出てくる。 少し進むと騎士の不死がいる。 武装しており、今までいたものより強い。 そのまま進むと屋外に出る。 ここは大量の敵がいるので注意。 特に火炎壷を投げてくるものに注意。 「バックラー」を拾える。 そこにいる槍持ちの敵はやや手強い。 攻撃動作が終わるまで俟つヒット&アウェイを徹底しよう。 c地点では下に飛び降りることができる。 ここでは多数の亡者下級兵がおり、アイテムがいくつか。 洞窟内にある「炎のロングソード」は序盤で入手できるものとしては強いので必ずとっておこう。 扉に入る。 篝火がある。 すぐそばには行商メレンティラが。 ここで購入できる「レニガッツの鍵」があれば、マデューラの鍛冶屋が利用できるようになるので、必ず購入しよう。 篝火のある部屋の梯子を降りて霧の先へ進んでいくのが進行ルートとなる。 ただし、道中は多数の敵がいる。 d地点には爆薬のつまったタルがある。 これを爆発させると壁が破壊されて篝火のある部屋へのショートカットになる。 近くに爆発壷を投げてくる敵がいるが、自分で火矢などで爆発させないと危険。 ハシゴを降りたところ、 eの壁に穴が開いており、そこに入るとバリスタで一斉に狙ってくる。 これは一撃で死亡しかねない威力なので注意。 ここには入らないほうがいい。 そのバリスタが飛んでくる屋内から正面の位置 f地点に、図太い姿のハンマーを持った敵、重鉄兵がいる。 この敵ははっきり言って強い。 無視してもいい。 その敵が見張っている場所の通路を過ぎて左に進むと巨大な剣がある。 ここで「ハルバード」と「高名な騎士のソウル」を入手できる。 その敵が見張っている通路の先に進むと霧がある。 ここに入ると、さきほどの篝火のあった部屋の穴から落ちたところに出る。 まず、直進して gの鍵を開けよう。 こちら側からしか開かない。 そうすると篝火からショートカットできる。 その扉の手前、右に下へと進む貨車がある。 これに乗り、進むとボスの「」との戦いになる。 最後の巨人を倒すと「兵の鍵」を入手できる。 主塔の篝火の2Fと、主塔の篝火から梯子で降りたところなどがこれで開く。 上記マップで3つある h地点がそれ。 兵の鍵入手後• 篝火のある屋内の階段を登ったところ、鍵を開けたところで宝箱。 「スモールレザーシールド」「修理の光粉」がある。 遺体では「ハンドアクス」「輝雫石」が。 さらに、そこを出たところで「エストのかけら」「小さいサインろう石」の入った宝箱がある。 緑衣の巡礼にエストのかけらを渡せばエスト瓶の回数が増える。 ボスがいる場所へと続く、下が炎が盛るエリアでも鍵を使って開けられる。 また、この付近から屋外へ出ると「王の証を示せ」という表示が出る黒い扉がある。 これはずっと後の不死廟で「王の指輪」を入手すれば開く。 ハンマーを持った重量級の敵がいたところの通路を過ぎて、右の階段下の扉も兵の鍵で開く。 ここを進んでいくと霧がある。 そこに入るとボスのとの戦いに。 そのまま進んでいく。 小さめの階段を登ったところで鳥の巣がある。 これを調べると巨大な鳥につかまれて忘却の牢の「離れの塔」の篝火のところへ移動する。 NPC関連• 親切なペイトと話すと白いサインろう石をくれる。 親切なペイトがいる地点の先、 h地点へと進むと柵が降りて戻れなくなる。 城壁側へ進めば戻れる。 戻ったらまたペイトに話しておこう。 イベントのフラグとなる。 地図描きケイルは i地点にいる。 何度も話すと「家屋の鍵」を入手できる。 マデューラの鍵のかかった家の扉を開けるために必要。 さらに何度も話しかけるとマデューラに移動する。 入手アイテム• 帰還の骨片&故も知らぬ不死のソウル• 故も知らぬ不死のソウル• 人の像• 折れた直剣• 名も無き戦士のソウル• ショートソード&名も無き戦士のソウル• バックラー• 故も知らぬ不死のソウル&たいまつ• 亡者王国兵の兜• 炎のロングソード• 故も知らぬ不死のソウル• 再生の指輪&たいまつ• 黄昏草• 楔石の欠片• 人の像• 緑花草• 故も知らぬ不死のソウル• 強いソウルの矢• 楔石の欠片• 生命の指輪&楔石の大欠片• 楔石の原盤• 緑花の指輪• 故も知らぬ不死の大きなソウル• ライトクロスボウ• 名も無き戦士のソウル&たいまつ• 鎧貫き&下級兵の兜• ハルバード• ラージレザーシールド&雫石• スモールレザーシールド&修理の光粉• ハンドアクス&輝雫石• 女神の祝福• エストのかけら&小さなサインろう石• ガーディアン装備一式 ヘルム以外• たいまつ• バスタードソード• 名も無き戦士のソウル&ひび割れた赤い瞳のオーブ• 黄昏草&緑花草• 高名な騎士の大きなソウル&狩人の帽子&レザーアーマー&レザーグローブ&レザーブーツ• ひび割れた赤い瞳のオーブ• 反逆の大盾.

次の

DARK SOULS II ダークソウル2 攻略Wiki

ダーク ソウル 2 マップ

あまりにもクソゲーすぎてシリーズファンの悪夢であった。 というわけではなく、ちゃんとした理由がありまして 同じフロム・ソフトウェア作のブラッドボーン。 多分ダークソウル2をプレイした方なら8割方プレイ済みだと思うのですが 宮崎氏の作るゲームではステージの繋がりが素晴らしい、というところがあります。 特にダークソウルのロードラン全景を海外ファンの方が作った3Dモデルはその出来も去ることながら、3Dモデルとして作り上げてなお、破綻しないステージの配置に宮崎氏のこだわりが感じられます。 当然ブラッドボーンの舞台もしっかりと作りこまれていて、座標的に別ステージで食い込んだりなどといったおかしなことはおきないように作られており、また背景の海や森の中に急に別ステージが出来ていたり、などといった異常事態はおきないようにしっかりと配置されています。 まぁそのステージの繋がりを意識する余り禁域の森からのヨセフカの診療所へ繋がる梯子がとんでもない長さになってしまったりもしていますが、これも一つの拘りなのでしょう。 さて、前置きは置いといてここからが本題。 宮崎氏は作り上げた世界。 箱庭がおかしくないように作り上げています。 しかしブラッドボーンには一部、ステージ構成がどうみてもおかしい。 更に時間軸すらおかしい世界があります。 狩人の夢、悪夢の辺境、メンシスの悪夢、そして古い狩人たちの悪夢であるDLCエリアたちです。 どのステージもヤーナム街周辺のしっかりとした配置と比べると、明らかにつながりがおかしい場所があったり、時間がおかしかったりします。 一番わかりやすいのはヤーナム街でも非常に背の高い建造物である時計塔、その時計塔のほぼてっぺんから外に出る漁村が海に囲まれた村が舞台であり、他のステージから見るとどう見ても海に囲まれているわけがない時計塔の周りはてっぺん付近以外海に埋もれており、海の下を見れば上層が海に沈んでいるのです。 世界観を非常に重要視する宮崎氏の作るゲームとしてはこれは非常に珍しいことでありますが、これはブラッドボーンにおける「夢」の世界では地理や時間軸、下手すれば現実で起きなかったことすら起きていたりするなど、あえてやっている演出です。 さて、ついにダークソウル2に戻ります。 ダークソウル2ではどう見てもステージのつながりがおかしいです。 ハイデの海底を進むと港にでたり、どう見ても上を見れば青空の土の塔からエレベーターを上ると溶岩に囲まれた溶鉄城があったり、何気エス・ロイエスの位置がかなりおかしくなったり(王のソウルはその土地に住む強い力を持つものに宿る=忘れられた罪人がイザリスの王のソウルを持っている、つまり混沌の炎があるエス・ロイエスがあった位置は罪人の塔周辺のあの海のど真ん中辺りになる) 他にも色々細かい部分で地理関係がおかしいゲームですが、ブラッドボーンが発売したことにより謎が解決しました。 ダークソウル2は悪夢だから色々おかしい これで結論が出ました。 どう考察しても破綻する設定の数々。 七色石でわかるステージの座標のガバガバ加減。 そもそも海底にある港、そこから出る船。 青空に浮かぶ溶岩に囲まれた城。 ダークソウル1であった設定をどう見ても忘れているとしか思えない新しく追加された設定。 あとなぜかタイマン厨のために調整して本来のゲームの遊び方である攻略と侵入をないがしろにした調整やらガバガバな設定を補完せずに更にガバガバな設定を追加したDLC。 ドヤ顔で出てきてちょっと考察すればわかるようなことをさも難解なように話して真のラスボスまで勤めたアン・ディール。 そしてこんなゲームが出ても仕方なくやって苦痛を味わい続けた一年間。 ええ、全て 全ては 悪夢のせいだったのだ。 ダークソウル2は悪夢だったのだ.

次の