ウーバーイーツ 副業。 ウーバーイーツ(Uber Eats)で副業!会社にバレずに稼げるって本当?

ウーバーイーツの確定申告を自分でやる!副業の税金・書き方を解説!

ウーバーイーツ 副業

ウーバーイーツ Uber Eats の 配達員を 副業として行う人は大勢いらっしゃいます。 これまでの出前、宅配とは異なり、 個人の方に宅配をしてもらうという点において、かなり画期的な仕組みをウーバーは実践しているということができます。 ウーバーイーツの宅配は、給与としてお金をもらうのではなく、 個人事業主としてお金をもらうことになります。 この点も特徴的であり、 事業所得または 雑所得の 申告(所得税の確定申告または住民税の申告)を必ず行わなくてはなりません。 アルバイトではなくて、 サイドビジネス型の副業と言えるのです。 平日は サラリーマンとして働いている方が、夜間に配達を行ったり、 週末起業の形式で働くこともできますね。 空いている時間で気軽に仕事をできるところも、ウーバーイーツが副業として人気となっている理由と言えます。 この個人事業主として支払を受けるという部分こそが、「 ウーバーイーツ(Uber Eats)の副業が会社にばれない理由」でもあるのです。 「 ウーバーイーツ(Uber Eats)の副業が会社にばれない理由 」として、個人事業主として報酬の支払を受けることを挙げましたが、何故個人事業主として支払われると、副業が会社にばれないのでしょうか。 まず、前提として、は、副業の住民税が会社に請求されてしまうところにあります。 個人事業主の場合には、会社での天引きではなくて、自宅に副業の住民税の納付書を送ってもらうことができるのです(選択制です)。 自宅に請求してもらう方法を 地方税法上は普通徴収と呼んでいます。 このようにすると、会社にはウーバーイーツに係る住民税情報は一切流れていかないので、本業先の給与計算の担当者も副業の存在に気が付くことができないのです。 住民税を普通徴収にすることができるのがウーバーイーツであり、だからウーバーイーツは会社にバレないのです。 所得税の確定申告又は住民税の申告の際に普通徴収を選択したとしても、必ず普通徴収になるとは限りません。 例えば、 ふるさと納税を行うと、普通徴収にできなくなることがあります。 十分に気を付けたいところです。 ふるさと納税をすると減税効果が大きく、多くの価値ある返礼品を限度額2,000円でもらうことができるため、多くの納税義務者が行っているのですが、 ウーバーイーツをしている正社員の方で、かつ、 本業の会社に内緒にしたいという方は、避けておいた方が無難です。 会社にバレると、 戒告などの不利益な処分を受ける可能性があります。 最悪な場合は 解雇もありうるでしょう(これらの罰則が適用されるのは、 就業規則上において、 副業禁止規定がある場合に限るでしょう)。 「 ウーバーイーツ(Uber Eats)をしていて、会社にバレるのは構わないけれど、 税務署にばれないように内緒にしたいのだけど、可能ですか?」という質問をされた方がいらっしゃいました。 残念ながら 回答はノーです。 このような考え方は 脱税になってしまいますので避けてください。 無申告、つまりは 確定申告をしないのであれば税務署にもバレないだろうなどとはお考えにならないでください。 確定申告をしなくても税務署や市役所・区役所にはバレるのです。 また、売上高を過少に申告して脱税するような行為も大変危険ですので避けていただきたいところです(こちらは 売上除外と税法用語では呼ばれており、罰金がかなり重くなります)。 ウーバーイーツで個人が儲けていることについては、既に税務署は目を付けています。 税務署はきちんとウーバーイーツの配達員が申告をしているかどうか、確認していくことでしょう。 後から税務署にばれると 罰則が適用されるのでお気を付けください。 ウーバーイーツの配達員の方は、事業所得または雑所得で申告を行うことになりますので、 必要経費の計上が認められています。 以下のような必要経費の計上が可能です。 ・ 自転車代(バイク代)・・・10万円以上のものは、減価償却という方法で必要経費に算入します。 修理代、ガソリン代等、車両関連費用も必要経費になります。 ・ 消耗品費・・・業務に関する備品代など。 会計のための文房具代など。 ・ 業務の関係者との飲食費・・・同業者との懇親会費など。 ・ ウーバーイーツ業務で発生した通信費・・・携帯代など。 ・ 配達用の服や靴の代金・・・私用の服は認められません。 ・ 自転車やバイクの保険代・・・念のために保険にご加入になる方も多いものです。 配達パートナー向けの保険は用意されていますが、配達後に帰る間に起きた事故は保証されないため、自転車保険・任意保険への加入がおすすめです。 ・ 税理士相談費用・・・相談料や確定申告の代行料など。 これらの経費の支払の証明となる書類、つまりは 領収書や レシートは必ず保存するようにしましょう。 また、売上高(収入金額)よりも必要経費が大きい赤字状態となると副業バレのリスクが生じてしまうため、 損失とはならないようにご注意ください。 万一、自転車やバイクで配達中に 事故などを起こしてしまった場合の病院の通院費用・治療費に関してです。 ウーバーイーツの仕事中の事故であれば必要経費になるとお考えになるかもしれませんが、実はこちらは必要経費にはなりません。 この場合には、医療費控除という所得控除税制の適用を受けることになります。 ただし、医療費控除を使用すると、普通徴収ができなくなり、 副業がばれる可能性があるのです。 医療費控除は、 本人以外の家族が適用を受けることもできるため、ご家族の方に所得がある場合には、その方に代わりに医療費控除を受けてもらうのも良い方法です。 なお、ご本人が医療費控除を使った場合でも、ウーバーイーツから発生する事業所得又は雑所得よりも医療費控除の額の方が小さく、確定申告で追加で住民税が生じるのであれば基本的にはバレません。 ウーバーイーツは、 20万円以下の場合には所得税及び復興特別所得税の 確定申告が不要であると聞いたことがある方もいらっしゃると思います。 それは確かに事実ですが、実はこの場合は、代わりに 住民税の申告をして、 ウーバーイーツの所得を市役所や区役所に報告しなければならないのです。 全く申告をしなくて良いと勘違いされているケースが多いのでお気を付けください。 副業で配達員をしたら、申告が必要だとご認識ください。 所得税や住民税などの税金に法律は非常に複雑であり、よくよく調べないと勘違いしてしまい、思わぬ ミスをしてしまうのです。 ちなみに、住民税率はウーバーイーツの副業から生じた所得金額の10%になるとお考えください。 住民税は一律10%の税率となっております。 宅配を行う 地域にも十分に注意しましょう。 さすがにこちらは大丈夫だと思いますが、 本業の会社の付近などは絶対に避けたいものです。 どんなに副業バレを防ぐために住民税対策などを行っても、実際に配達員をしている姿を会社の同僚や上司に見られてしまっては、副業していることがばれてしまいます。 自転車で配達をする姿は意外と目立つと言うことは考慮しておいた方が良いでしょう。 週末などは会社の同僚たちがどこに出かけているかもわからないので、人に見られるというリスク自体は完全には排除することはできません。 しかし、できる限り人が訪れないエリアで働くことをおすすめいたします。 更に、配達中はサングラスをしておくなど、ばれない工夫をしておくことをおすすめいたします。 初めてのウーバーイーツの確定申告は我々のような 税理士事務所(会計事務所)にご依頼になることをご検討されても良いかもしれません。 一度申告書をプロに作成してもらうと、 2回目以降はご自身でそれを真似して作成をすることができます。 参考となるプロが作成した以前の確定申告書があると安心感も違うかなと思います。 自転車やバイクの減価償却費の計算などは初年度の購入時に行うので、そのやや難しい計算を税理士事務所に行ってもらえるのも良いところです。 最初の申告の際に 節税策なども実行してもらっておけば、2回目以降は、やはり それを真似して節税策を実行することができます。 例えば、税理士事務所が必要経費のアドバイスをしてくれることで、節税できることもあるのです。 税理士報酬は最初はかかるものの、トータルで見ると金銭的にはお得であると言うことが多いものです。

次の

【確定申告】ウーバーイーツ確定申告の手順(準備編)【青色申告】

ウーバーイーツ 副業

また、街中のいたるところで「Uber Eats」のロゴが入ったリュックを背負い、自転車やバイクに乗っている人を見かけたことはありませんか? そう、彼らこそが今もっとも注目されている 副業の、 「ウーバーイーツ配達員」なんです! 配達員になるには、18歳以上で、スマホと配達に使用する自転車やバイクがあればOK。 タイムシフトを組む手間もなく、極端なハナシ、 自分の好きな時間に「1時間だけ」「1件だけ」でも働くことが可能なので、副業にピッタリ! 気になる報酬も、今回話をお聞きした ウーバーイーツ配達員のレジェンドである尾崎浩二さんによると、慣れれば 日給2万円以上、月給にして30万円以上稼ぐこともできるんだそう! 以前は渋谷区など都心の一部エリアしか対応していませんでしたが、現在は全国各都市で利用できるようになっています。 始めたあとに後悔しないためにも事前にチェックしてくださいね。 Q1:配達しても不在の場合は? A1:10分間待っても応答なしなら次へ ウーバーイーツには、配達時の引き渡し先に連絡をしても応答がない場合は「10分間待機」のルールがあります。 それを超えたらその場を離れてOKです。 Q2:バッグはタダで支給されるの? A2:毎週2000円が報酬から引かれます バッグはタダではなく、毎週配達料金から2000円がデポジットとして差し引かれます。 ただし、収入がない週は支払う必要はありません。 デポジットの支払は、合計8000円に達した時点で完了です。 Q3:自家用車で配達してもいい? A3:125cc以下の原付きバイクならOK 事業用ナンバーを取得した軽自動車または125ccを超えるバイクであれば、配達車両として登録することができます。 国の許可を受けていない白ナンバー車両で勝手に配達を行うのは、法律上NGです。 Q4:配達リクエストは無視したらどうなる? A4:アカウント停止になる場合もあります オンライン状態にしているのにもかかわらず、オーダーに応じないと応答率が下がり、運営側からアカウント停止とされることもあります。

次の

公務員がウーバーイーツ(Uber Eats)で副業は違法!懲戒処分の覚悟がありますか? | 公務員のおすすめ副業で福業!株・不動産投資・FX・アフィリエイト

ウーバーイーツ 副業

好きな時間に働いてお金を稼げる• 自転車か原付バイクがあれば始められる• 自転車か原付きバイクがないと始められない• 晴れている日は良いが雨の日の配達が大変• 在宅ワークではないので身体を動かす労働が必要 Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業をおすすめする3つのポイント• Uber Eatsに登録して活躍する人も多く注目されている副業• 日本でも宅配ドライバーのサービスがスタートして需要増• 好きな時間にでき身体を動かしてお金を稼ぎたい方にとっては天職 Uber Eats(ウーバーイーツ)とは Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業とは、自分の自転車や原付バイクなどを用いて、注文された料理をお店から注文社へ運ぶことでお金を稼ぐ方法です。 注文者として利用している方もいると思われますが、 オンラインフードデリバリーサービスの「Uber Eats」の配達パートナーが今回紹介する副業になります。 飲食店の宅配メニューを簡単に注文できるとして2016年9月29日にサービススタートした「Uber Eats」ですが、元々は、配車サービス「Uber」を世界規模で展開していたUberによるサービスになります。 補足になりますが、配車サービス「Uber」は欧米や中国、インドなどの海外ではタクシーに変わる交通集団として注目を集めており人気となっています。 そんなUberによるオンラインフードデリバリーサービス「Uber Eats」では 配達パートナーとして登録を行うことで副業が可能です。 副業としてUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事をしている人も増えています! 街を歩いているとUber Eats(ウーバーイーツ)のリュックを背負っている配達パートナーをよく見かけませんか? 最大の特徴としては、アルバイト(バイト)やパートのように勤務時間などが決まっていないため、 自分の好きな時に自由に働きお金を稼げるといった点になります。 また、自転車や原付バイクさえあれば始められるので 副業初心者にも始めやすい副業です。 仕事内容である、注文者への料理配達は専用アプリがあるため、道に迷わずに届けることができるので心配は必要ありません。 また困ったことやわからないことがある場合はUber Eatsスタッフによるサポートも充実しており、各都市には対面サポートがあるパートナーセンターもあるため安心して副業を行うことができます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるためには、サイトに登録することで始めることができます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の仲介サイトに登録しよう! Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして副業を始めるためには、配達パートナーの募集ページから登録が必要になります。 登録は簡単で「アカウント登録」「書類の提出」「アカウントの有効化」の3ステップで副業を始められます。 また、配達パートナーとして使用する「自転車」や「原付バイク」によって身分証明書や運転免許書の登録も必要になってくるので案内に沿って登録していくようにしましょう! Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの必要書類について• 自転車登録の場合:身分証明書、プロフィール写真• 原付バイク登録の場合:運転免許証、自動車損害賠償責任保険の証明書、ナンバープレート、プロフィール写真• 軽貨物またはバイク(125cc超)の場合:運転免許証、自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証、自動車損害賠償責任保険の証明書、任意保険または共済保険の証明書、ナンバープレート、プロフィール写真• 外国籍の方の追加必要書類:パスポート または 在留カード 3. 初歩的な注意点に注意しよう! Uber Eats(ウーバーイーツ)のパートナー登録が完了し、アカウントが有効化されたらすぐに仕事を始められます。 ですが、配達を始める前に初歩的な注意点を確認しておくと良いでしょう! Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めて、はや数年経ちます! 副業としてやっているので稼げる月とそうでない月の差はありますが、平均すると月に数万円程度の収入です。 サラリーマンとして平日勤務しているのですが、デスクワークが多いので何か身体を動かせる機会がないか探していたのがUber Eats配達パートナーを始めたきっかけになります。 ちょうど運動したいと思っていたのと、近年の副業ブームで私自信も副収入を得たいと思っていました。 実際にUber Eats配達パートナーをやってみると思っていた以上に自由に働くことができます。 平日にサラリーマンとして定められた勤務時間を働いていることもありますが、自由に働ける気軽さに感動したのを覚えています。 本業としてUber Eats配達パートナーをやれば、エリアやプロモーションにもよりますがインセンティブ次第でもっと稼げてしまうと思います! Q. Uber Eatsどのような作業をされましたか? Uber Eats配達パートナーの仕事は「注文者へ店舗から受け取った料理を届ける」ことです。 それ以外の仕事はなく、次から次へとデリバリーを行っていきます。 人によっては同じ作業の繰り返しなので飽きてしまう人もいるかもしれませんが、少なからず店舗から料理を受け取る時、料理を注文者に渡す時は接客になるので配達する度に刺激があります。 基本的に「Uber Driver」というスマホアプリに則って作業を進めていくので困ることもありません。 働きながら「よくできたシステムだな~」や「外国ってやっぱり進んでいるな~」なんて考えることもあります。 笑 Q. Uber Eatsで稼ぐにはどのくらい作業量が必要ですか? どの程度お金を稼ぎたいのかにもよります。 Uber Eats配達パートナーの報酬(収入)は歩合制なので、やればやるだけお金になるといった感じです。 例えば、私のように月に数万円程度であれば、平日に2時間~3時間副業を行う、もしくは休日にまとめて作業する形なら達成できると思います。 報酬(収入)は歩合制なので、中にはUber Eats配達パートナーの仕事をメインにして数をこなして稼いでいる人もいるようです。 Uber Eats配達パートナーの報酬(収入)は歩合制ですが、クエストというインセンティブがあったりブーストという曜日や時間によって配送料の倍率が変わるシステムがあるので、上手に仕事を行えば報酬(収入)もアップし、ある程度まとまったお金が稼げると思います! Q. Uber Eatsで成功して稼ぐコツはなんですか? Uber Eats配達パートナーで稼ぐコツは、とにかく配送料に掛け算される倍率の「ブースト」とインセンティブの「クエスト」が肝です。 数をこなせばこなすだけ報酬(収入)が増えていくという歩合制の仕事なので、1回あたりの配送料や基本料金が高くなればなるほど稼げるというわけです。 また、実際に働いてみるとわかると思いますが、平日よりも土日の方が配達リクエストが多く、Uber Eats配達パートナーの需要があります。 せっかく平日にUber Eatsの副業をしても注文者からの配達リクエストがなければお金は稼げません。 なので、配達リクエストが集中する土日や祝日にUber Eats配達パートナーの副業をすることで稼ぎやすくなると思います! Q. Uber Eatsは副業としておすすめですか? 自営業をしていますが、飲み屋で夜からの営業のため昼間気軽に働ける仕事がないか探していた時に見つけたのがUber Eats配達パートナーの副業でした。 Twitterのタイムラインで回ってきたのがきっかけだったのを覚えています。 Uber Eats配達パートナーの最大の魅力はなんと言っても「誰でも簡単に始められる」につきると思います。 僕のような自営業には「誰でもできる仕事」ってとても有り難く、また自由な時間で働けるのも大きな魅力でした。 いつでも始められるし、いつでも辞められる。 配達の仕事をしながら鈍った身体を動かして運動できますし、ストレス解消にもなります。 注文された料理を配達するとお客様に感謝されますし、学ぶことも多く、本業の自営業にも活かせています。 Uber Eats配達パートナーの副業を始めて良かったと思っています。 転職活動の合間にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの副業! サラリーマンをしていましたが、転職活動時のつなぎとして自由に働くことができるUber Eats配達パートナーの仕事を始めました。 主に都内の中心部で稼働していますが、思っていた以上に楽しく仕事ができ報酬(収入)を稼げています。 数回配達するとボーナスが出たりするのでゲーム感覚で配達できるのも楽しいです! また、自分の好きな時間、タイミングで配達をすることができるので時間の縛りがなく気楽に仕事ができます。 天候や自分の体調に合わせて働けるのでストレスはありません。 ただし、働くも働かないも全て自己管理になってしまうので怠け癖がつかないように注意が必要です。 今は転職活動をしているのもあり、本業がないため毎日稼働していますが本業に就いても副業としてUber Eats配達パートナーを続けていきたいと思っています! 中高年でもできる最適の副業はUber Eats配達パートナー! 50歳を間近にして副業に挑戦しようと思い、Uber Eatsの配達パートナーを始めました。 平日は会社に勤めているので、週末の空き時間を活用してできる副業を探していたところ、とある本で紹介されていたのがきっかけです。 「店舗で料理を受け取り」「注文者の元へ届ける」というシンプルな仕事内容が気に入り、ネットで調べても良い内容が多かったので「これなら自分にもできそう」と思い、勇気を出して始めてみました。 週末の土曜日のみ稼働しており、最初は苦労したのを覚えています。 「1日10件以上の配達はできるだろう!」と意気込んでいたのですが、思ったよりも身体が言うことを聞かず初日は5件程度の配達しかできませんでした。 慣れてからは、平均して1日10件以上は配達ができており、良い時は20件近く配達するときもあります。 自転車を持っていなかったので車両レンタルし、スマホホルダーとスマホバッテリー のみ用意して仕事をしています。 Uber Eats配達パートナーの副業を行いながら日々体力がついていっているのを実感します。 また、稼働時間が自分でコントロールできるので、自分のような中高年にも始めやすい副業だなと思います。 今後需要が伸びる副業のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに注目! TV(テレビ)や新聞、雑誌、インターネットなど様々なメディアで目にするようになった、オンラインフードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。 利用客が増えるのと同時に 配達パートナーの需要が伸びており求人募集しています。 「好きな時間に働ける」という気軽さから週末の副業として平日は会社に勤めている サラリーマンの副業として人気があります。 また、最近では女性のUber Eats配達パートナーも街でよく見かけるようになりました。 副業をしながら「自転車で料理を配達する」という仕事柄、 体力づくりにもなりお金を稼ぎながら運動することができます。 普段体を動かす機会がない方、デスクワークの仕事をしている方、純粋にお金やお小遣いを稼ぎたいと思っている方に Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの副業はおすすめです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録は誰でも簡単に行えるので副業におすすめです! 3日で5万円稼ぐ人や月に20万円程の収入を受け取っている人もいるようで時給換算すると、やる気次第で効率が良くお金が稼げる副業なのが理解できます。 これからもUber Eats配達パートナーの需要は伸びると予想されます。 また、海外ではオンラインフードデリバリーサービスがポピュラーなため、近年増えている訪日外国人数と比例して需要も伸びていくでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの副業は配達サポートのから登録することが可能です。 興味が出た方、気になっている方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

次の