人の島に行く マイル。 20万JALマイルの使い道が決定!ハワイ(コナ)とホノルルに行く事が決定しました!

【あつ森】離島ツアーの種類一覧とレア島の行き方【あつまれどうぶつの森】

人の島に行く マイル

JALマイルで屋久島旅行が格安で行けるって本当? なんで JALマイルだとそんなにお得なの? でも飛行機に乗らないからマイルなんてゼンゼン持ってないし。 飛行機に乗らなくてもマイルが貯まる、そんな裏ワザがあるなら教えてよ。 という方へ向けてのご紹介です。 屋久島への直行便は、伊丹、福岡、鹿児島の3空港から。 航空会社はJAL系の会社、日本エアコミューター(JAC)のみとなります。 なので、屋久島旅行はJAL利用が主流。 そして、屋久島への直行便は座席数の少ないプロペラ機。 基本料金は比較的高めに設定されています。 さらに、屋久島への直行便(JAC)は、『先得割引き』や『株主優待割引き』でチケットをとっても、それほど安くならない路線なのです。 クリックできる目次• 先得割引適用でも36,980円。 この運賃をマイルにすると27,000マイルです。 ということは、簡単に考えるなら、27,000マイル=119,880円の価値があるってことですね。 もし、先得で割引を受けた場合でも36,980円分をマイルで支払えばその分の現金持ち出しはなくなるワケです。 これでも十分格安だといえますが、 注目したいのは、マイルは利用の仕方で、1マイルの価値が何倍にも化けるところなんです。 】なのです。 実際に我が家が利用した場合を で詳しくご紹介していますので、気になる方はこちらを先にご覧ください。 内容を読まなくてもタイトルで想像がつくと思いますが、『おともdeマイル』を利用して126,000円を浮かせたという例です。 内訳はトータル178,000円の家族の航空券を『10,000マイル+52,000円の現金持ち出し』だけで済んだという内容です。 ということは、 利用の仕方を変えれば、10,000マイル=126,000円になる。 ということです。 】 ということも可能です。 特に『JALパック』は固定タイプのパッケージツアーで、そもそも格安なのですが、マイルを利用すれば、ツアー全体の料金から、さらに割引きに利用できるということです。 でもいきなり『JALマイル』と言われても、普段から飛行機に乗らないから、あまり馴染みもないし持っていない・・・ではないですか? でも大丈夫です。 最近は『陸マイラー』(飛行機に乗らないでマイルを貯める人のこと。 )が増えてなのか、単に流行っているのか?とにかくマイルを飛行機に乗らないで貯めるということが一般的になりつつあり、貯めやすいサービスがどんどん増えています。 ですので、マイルを貯める方法の基本は、『飛行機利用の距離や金額に応じてマイルを貯める。 』ですが、 こちらでは『飛行機に乗らないウラ技で、マイルを貯める。 』ということに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。 とにかく普段の生活の中で効率よくマイルを貯められれば、飛行機なんか乗らなくたって、屋久島やへ格安で行くことが可能になりますし、屋久島のみならず毎年海外旅行だって夢ではありません。 はじめはポピュラーなものですが、だんだんマニアック(笑)になっていきます。 ご自身の『マイル貯めたい度。 』と『実践できること。 』に合わせてチョイスしていただければと思います。 もちろん、ウラ技レベルが上がるほど、早くマイルを大量に貯められます。 それでは順にご紹介していきます。 (フツウの方法) このマイルを貯めるために必要なことはまず JALに会員登録すること。 JALに会員登録することを、『JALマイレージバンク(JMB)』に会員登録すると言います。 ちなみに、マイレージとは貯まったマイルの事を指すのですが、ややこしいのでマイルのことだと思って大丈夫です。 JMB会員=JAL会員のこと。 (年会費無料) 『JALマイレージバンク(JMB)』に会員登録すると、 『お得意様番号』が発行されます。 それを利用して自分のマイルを把握して使えるようになります。 入会の仕方は、ネットでもすぐできますし、空港などで配布されている申込書に記入して申し込みもできます。 『JALマイレージバンク(JMB)会員』のカードの種類は2つで、『JMBカード』と『JMB WAONカード』があります。 『JMBカード』はシンプルなマイルを貯めるカードですが、『JMB WAONカード』であれば、「JALタッチ&ゴー」や「電子マネー」を使うことができるサービスが付いてきます。 どちらも年会費無料です。 どちらがいいかは、もちろん『JMB WAONカード』です。 利用の仕方は、• 『JMB WAONカード』に取扱店(イオンなど)でお金をチャージ(入金)して、電子マネーへ変換します。 支払いのときはチャージした『JMB WAONカード』を、レジに設置された読み取り機にかざせばOK。 この支払った電子マネーに応じて、マイルが貯められるというしくみです。 (200円=1マイル) このWAONの電子マネーを利用できるお店は『WAON加盟店』のみですが、加盟店がかなりたくさんあるので、普段の生活の中でコツコツ貯めることができます。 ただしこれだけだと、どこかへ行けるほどマイルを貯めるには、毎月20万以上の電子マネーを使わなければなりません。 ですので、『JMB WAONカード』にクレジット機能が付いた、年会費無料の をつくりましょう。 こちらならクレジットカード利用金額にも、200円につき1マイル貯まります。 クレジット支払いをうまく活用すれば 飛行機に乗らずともJALマイルをためられる、ノーコストでもっとも手軽な方法といえます。 ちなみに、毎月10万円利用したとして、1年で6,000マイル貯まるようになります。 年会費無料の『イオンJMBカード』でJALマイルを貯めてみたい方は、で詳しくご紹介してますので参考にしてみてください。 この方法は、 陸マイラーの間では鉄則のやり方ですが、いきなりクレジットカードを2枚つくるのは抵抗がある方もいらっしゃると思いますので、まずは『イオンJMBカード』を無料でつくるのがよいのでは。 (ウラ技レベル1) JALマイルを貯めるには『JALカード』は必須といっても過言ではないくらい、持っておいた方がよいクレジットカードです。 そしてこちらの方法は、飛行機に乗らずともJALマイルを貯める最近ポピュラーになりつつある方法と言えるでしょうか。 JAL公式サイトから申し込みする『 』をつくり、支払いをすることで、日々のお買い物の金額に応じて自動的にJALマイルをためる方法です。 最近は、光熱費や国民年金など、公的な料金の支払いも一部カードで支払えるようになったので、それを機にカードで貯める方が増えたように思います。 カード支払いできる光熱費や携帯電話などの通信費、コンビニでの買い物など、とにかくなんでも『 』に集結させて支払いします。 すると、支払い金額に応じてマイルがたまりますので、飛行機に乗らずともマイルをためられるワケです。 『なるほど、じゃあJALカードつくればいいんだ。 』 『ところでどんな種類があるの?』『年会費ってかかるの?』『その他のメリットは?』 と色々と疑問が浮かんでくると思いますので、JALカードについての詳しいことは、でご紹介しますので、詳しくはそちらをご覧ください。 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレスカード ここで考えていただきたいのが、必要なマイルを貯めるために、どのくらいカード利用して、どのくらいの時間がかかるのか?ということです。 すでにご紹介しましたが、東京から鹿児島の必要なマイルは『1人往復:15,000マイル』です。 鹿児島から屋久島へは『1人往復:12,000マイル』ということなので、 東京から屋久島まで、大人1人往復27,000マイル必要です。 例えばですが、『JALカード(普通)』で1年間、毎月50,000円支払いしても1年で3,000マイルしか貯まりません。 ちなみに、年会費を31,000円(税別)支払う一番グレードの高い『JALプラチナカード』利用で、同じ毎月50,000円支払いしたとしても6,000マイルしか貯まらなんです。 『ってことは、何年ためないといけないの!?』 そうなんです。 マイル利用で格安に飛行機に乗れるのは分かっているのですが、なかなか簡単に一般ピープル(死語!?笑)にはためられないのです。 なので、同じカード利用金額で、より多くのマイルが貯まる、還元率の高いカードを探すワケです。 先ほどご紹介した『 SPGアメリカンエキスプレスカード』は、今あるクレジットカードの中で、マイル還元率が最高レベルといえます。 はっきり言って年会費が31,000円(税別)と高額になります。 (JALプラチナカードと同じ年会費です。 ) なんで、2,000円(税別)の年会費の『JALカード』で唸っていた人が、そんな高額な年会費のカードを持ってるの?ですよね。 (笑) 実はこのクレジットカードをつくろうと言い出したのは主人の方で、最初はもちろん私は断固反対でした。 でも冷静になって主人の話を聴き、よくよく考えてみたら、『これは決して高くない。 いや逆にお得かも。 』となったワケです。 確かに実際に利用してみて全く後悔はなし。 『 SPGアメリカンエキスプレスカード』は、マイルを無制限で貯められたり、ANAやその他40社の航空会社のマイルの利用が可能だったり、とにかく『マイルが貯めやすい&利用しやすい』のです。 詳しくは、で特典をご紹介しています。 1年以内に屋久島へ行きたい&航空券に10万円以上使うご予定なら、ぜひご覧ください。 『まだあるの〜?』ですよね(笑)。 すいません。 航空券を格安で利用するウラ技なのでもう少しお付き合いくださませ。 『ポイントサイト』と聞いて『なんか怪しいヤツなんじゃないの?』と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、怪しいのは私も嫌いですので、そんなのはご紹介しません。 ポイントサイトには、確かに悪質なサイトもありますが、健全に運営されているのものちゃんとあります。 しっかり見極めれば大丈夫です。 心配な方はというものがあり、こちらの協会に加盟しているポイントサイトは大丈夫です。 協会の規定に沿って運営されています。 ここまでくると鬼ですね。 (笑) でも、世の中の『陸マイラー』(飛行機に乗らないでマイルを貯める人のこと。 )はこの方法で1年で10万マイル貯める人もいます。 そして我が家もこの方法でマイルを貯めています。 ポイントサイトの良いところは、お金がかからないところ。 ポイントを交換する手間がかかりますが、これでマイルが倍増します。 繰り返しますが、怪しいやり方ではありません。 笑)ポイントサイトは、企業の広告費で成り立っており、(収益をあげている。 )その一部をポイントとしてユーザーに還元しています。 ポイントサイトとしては、ユーザーにメリットがあれば、利用されるサイトになり、結果的に広告費を払っている企業(お店)にもメリットがあるのです。 ということで、『ならばガッツリ貯めてやろうじゃん!』という方は、で具体的な利用方法をご紹介していますので、こちらをご覧ください。 まとめ いかがでしたでしょうか?『マイルの裏ワザ的ため方』を段階別にご紹介しました。 屋久島は飛行機の料金が国内でもトップレベル。 なので、屋久島へマイルを利用して旅費を抑えるのは有効な方法といえます。 ぜひ、マイルを上手に使って、いえ貯めて!格安で屋久島へいらっしゃってください。

次の

フィジーへよく行く人は、どのマイレージプログラムに加算するべきか?

人の島に行く マイル

ガルーダのマイルを貯めていて、こんなことを思っていませんか? 「バリ島に何度か旅行しているが、全然マイルが貯まっていない」 「年に数回ジャカルタに出張しているが、あと何回行けば、特典航空券がもらえるの?」 「ガルーダよりも、デルタ航空と提携しているスカイチームのスカイマイルを貯めた方がいいと聞いた」 私も年に3回くらいバリ島に行っていて、当時、4年くらいずっとガルーダのマイルを貯めていましたが、なかなか特典航空券を獲得するまで貯まらないし、気がついたらポイントが期限切れで少なくなっていました。 バリ島に住んでいる日本人の知り合いに聞いてみたら、 「スカイチームのスカイマイルの方がいいよ」 と教えてもらいました。 しかし、調べていたら、 スカイマイルよりもお得にマイルを貯める方法を知りました! この記事を読むと、 デルタ航空のマイルは、あまりメリットがないということがわかります。 それよりもANAに変えた方がお得です。 では、その理由を詳しく解説していきます。 ガルーダ・インドネシア航空は「スカイチーム」で、デルタのスカイマイルを貯めることができる 航空業界では、各航空会社がコードシェア便やその他の業務で協力する体制ができています。 その航空会社同士で作る連合が航空連合で、スカイチームはそのひとつ。 2018年4月現在で20社の航空会社が加盟している。 ガルーダマイレージ GarudaMiles 会員の方は、同じ会員番号でスカイチームの会員としてマイルを獲得、利用できます。 スカイチームには独自のマイレージプログラムがあるわけではありません。 スカイチームに加盟するどこかの航空会社のマイレージプログラムに登録していれば、同じアカウントで、スカイチームに加盟する航空会社のマイルを獲得したり、利用することができます。 では、なぜ 「ガルーダではなく、デルタ航空のマイレージの方がいい」と言われているのでしょうか? スカイチームの航空会社のマイレージの紹介 まずは、ガルーダ・インドネシア航空を利用した時 日本とバリ島を往復 にマイルが貯められるスカイチームに属する20社のマイレージについて調べてみました。 日本語サイトあり。 日本語サイトあり。 サイトの一部しか日本語対応しておらず、マイル獲得や利用の手続きも英語なので不便。 その間に、1回でも利用すれば、マイルの有効期限は延長される。 日本語の説明がきちんとある。 英語でしか説明がないため、不確か。 日本語対応していない。 2年に1回以上、対象の便に搭乗すれば、マイルは生涯有効。 または対象の提携会社のクレジットカードを2年に1度利用すれば、マイルすべてが有効。 さらにそれまでの有効期限も2年間延長されます。 日本語サイトは充実。 2018年12月31日までに獲得したマイルは2019年1月31日までなら、特典と交換できる。 台北現地時間を基準。 期限切れのマイルは、毎月1日の午前0時に自動的に無効になります。 日本語サイトは充実。 期限が過ぎたポイントは自動的に失効します。 日本語説明あり。 特定の有効期間が設定されている一部のマイルを除きます また、会員のグレードにより、マイルの有効期限に違いがあります。 ゴールド/シルバー会員は有効期限が12ヶ月延長 その他マイルの延長プランもあります。 日本語サイトあり。 有効期限が切れた月の最終日に失効します。 英語でしか説明がないため、不確か。 2年に1回以上、対象の便に搭乗すれば、マイルは生涯有効。 または対象の提携会社のクレジットカードを2年に1度利用すれば、マイルすべてが有効。 さらにそれまでの有効期限も2年間延長されます。 2年に1回以上、対象の便に搭乗すれば、マイルは生涯有効。 または対象の提携会社のクレジットカードを2年に1度利用すれば、マイルすべてが有効。 さらにそれまでの有効期限も2年間延長されます。 10年目の12月31日までで失効となります。 日本語サイト充実。 5年目の12月31日までで失効となります。 日本語サイトなし。 2年に1回以上、対象の便に搭乗すれば、マイルは生涯有効。 または対象の提携会社のクレジットカードを2年に1度利用すれば、マイルすべてが有効。 さらにそれまでの有効期限も2年間延長されます。 英語でしか説明がないため、不確か。 日本語サイトあり。 有効期限は、搭乗日またはマイルパートナー 廈門航空が提携するお店やサービス で消費した日から4年目の12月31日まで有効。 例として、2018年6月13日に搭乗した場合は、2021年12月31日まで有効です。 最新の情報は各航空会社のページをご欄ください。 つまり、、、 獲得したマイルに有効期限がないのは デルタ航空だけ!そして日本語のサイトもあるので、この中では使いやすいです。 ガルーダ・インドネシア航空利用でデルタ航空の「スカイマイル」を貯める方法 ガルーダ・インドネシア航空を利用すると、デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」を貯めることができます。 ガルーダインドネシア航空とデルタ航空の2社は、どちらも航空連合のひとつであるスカイチームに属しているため、ガルーダ・インドネシア航空の利用で、デルタ航空のマイレージプログラム、デルタスカイマイルを獲得することができるのです では、どのようにして、ガルーダ・インドネシア航空の利用で、デルタ航空の「スカイマイル」を貯めるのかというと、、、 チケットの予約の時に、デルタ航空のマイレージプログラムに登録しているフリークエントフライヤー番号を入力したり、または、チェックインカウンターで伝えるだけです。 ただし、チケットのクラスによっては、マイルの獲得率が違うものや対象外のチケットもあるので注意が必要です。 2018年6月14日の時点 上記のように、チケットのクラスによってガルーダの方が獲得できるマイルが多い場合もありますし、少ない場合もあります。 多くの場合、デルタスカイマイルの方が加算率は低くなります。 ただし、各航空会社で 特典航空券を獲得するための必要マイル数が違っているので、最終的にどちらが早く、特典航空券を獲得できるかがより重要になります。 メリット2 デルタのショッピングWEBサイト「SKYMILES MARKETPLACE」でお買い物に使える。 海外の英語のサイトでお買い物をする感じなので、英語でのネットショピングに慣れていない方は難しいです。 チケットクラスによってはデルタではマイルが獲得できないものもある。 ガルーダ・インドネシアを利用して獲得できるデルタのマイル数 それでは、ガルーダインドネシア航空を利用して獲得できるデルタのマイル数を見てみましょう。 8433... 詳しくはの記事をご覧ください。 バリ島への特典航空券を獲得したい人にとっては、 ガルーダ・インドネシア航空を利用して、デルタのマイルを貯めるのは、マイルの有効期限がなくなるというメリットはありますが、効率が良くないのでオススメはできません。 しかし、有効期限もあるし、このままでは永遠に特典航空券はもらえないのがわかりました。 そして、デルタスカイマイルの方が期限もないので貯めやすいと知りました。 しかし、、、 ガルーダのマイルよりも獲得できるマイル数が減る可能性もあるし、やっぱり貯めたマイルも使いづらいことが判明。 そして、調べていくうちに、 新たな事実を発見! 実は、ガルーダ・インドネシア航空に乗るとANAのマイルを貯めることができます。 デルタのスカイマイルよりも、ANAのマイルを貯めた方が絶対にお得です。 さらに、 今、ガルーダのマイルが貯まっていても、今からANAのマイルを貯める方法に変えた方がいいです! 年に2〜3回、バリ島へ旅行するぐらいでは、ガルーダでバリ島の往復の特典航空券を獲得するのは、まず無理です.

次の

JALマイルでハワイ旅行が格安に!家族でビジネスクラスの特典航空券をゲット、ハワイまでの必要マイル数は?

人の島に行く マイル

いやいやいや、無理ですよ(笑)プラス宿泊代もかかるし、簡単に捻出できる人はそうそういないんじゃないですか?? JALの特典航空券を使って、世界一周航空券のコストを削減しよう! 目的地が遠くチケット代が高額な場合、航空券代を少しでもリーズナブルに抑えるために注目すべきポイントが 特典航空券です。 ここで、アライアンスという航空会社同士が加盟しているグループにも同じく注目する必要があります。 この旅程のメインエリアとなる南米内ではラン航空が最も路線ネットワークが豊富で、イースター島へ運航しているエアラインもラン航空のみとなっています。 JALはラン航空と同じくワンワールドに加盟していることから、JALの特典航空券には、 「ワンワールド加盟航空会社を2社以上組み合わせて1特典で8フライトまで利用可能」という項目があり、総旅程距離が5万マイル以内の旅程まで組むことができます。 また、片道でも利用が可能という点もポイントです。 往路はロサンゼルス、復路はマドリード経由にしてみたので、旅程上は世界一周になります。 この旅程の8フライトの合計マイル数は29,956マイル。 特典交換に必要なマイル数はエコノミー利用で15万マイルとなります。 南米三大人気スポット周遊<航空券代概算> 1. 15万JALマイル+サーチャージ&tax約10万円〜 2. ラパス〜ウユニ(アマゾナス航空往復):約JPY20,700〜 南米三大人気スポット周遊<旅行日数> 21日〜 南米三大人気スポット周遊にかかるコストは15万マイル+14万円~ 上記の方法でコストを見積もってみたところ、JALマイルを15万マイル使って特典航空券を利用できれば、航空券代は総額約14万円〜で行ける計算になりました。 ただ特典航空券に関しては、必ずしも希望の旅程で全区間発券できる保証がありません。 あくまでもリーズナブルに行くための参考にしてください! JALマイルの効率的な貯め方は「モッピー」を使う 10万マイル以上のマイルはフライトやショッピングで貯めようとすると気が遠くなりますが、モッピーを使うと効率的に貯めることが可能です。

次の