ご 連絡 お待ち し て おり ます。 「ご連絡お待ちしております」の使い方・例文・言い換え|相手別

「ご連絡お待ちしております」の意味・目上の人への使い方

ご 連絡 お待ち し て おり ます

社会人として生活していると、「ご連絡お待ちしております」という言葉を使う機会が、たくさんあります。 相手に対し、返信を要求するメールの締めくくりとして、「ご連絡お待ちしております」という言葉で、相手の返信を促すこともあります。 「ご連絡お待ちしております」は、相手に対し、返信や回答を促すという意味で使用されます。 単に「ご連絡お待ちしております」だけだと、少し意味は弱く、回答の時期などを相手に委ねている感じを受けます。 強く促したいときには、「〜までに、ご連絡お待ちしております」と、期限を切って使うこともできます。 期限を切ると、相手に対して、上から発言しているようにも感じられますが、ビジネスシーンでは、スケジュールを明確にするのは当然のことなので、相手に対して、失礼なことではありません。 「ご連絡お待ちしております」は目上の人に使っても良いのか 「ご連絡お待ちしております」は、敬語であり、上司や先輩、取引先の相手など、目上の人に使っても、失礼にはなりません。 ただ、少し使い方を間違うと、とたんに失礼な言葉になってしまうので、気をつけて使いましょう。 また、「ご連絡お待ちしております」は、文法面から見ると敬語として正しいのですが、「目上の人に対して使うのは失礼」と考えている人もいます。 敬語の知識に欠ける人として一蹴することもできますが、誰にも不快な思いをさせないためには、文法よりも相手の捉え方を考えるべきでしょう。 「ご連絡お待ちしております」を目上に対して使ったら失礼な言葉と考える人に対しては、どの部分を失礼と感じているのか、推し量ったうえで、少し言葉を変えてみましょう。 「ご連絡」と「お待ちしております」の間に「を」を挟むだけでも、丁寧感は増します。 連絡お待ちしております 「ご連絡お待ちしております」を、「ご連絡」と「お待ちして」の二重の丁寧語と捉えて、「連絡お待ちしております」と言い換えてしまう人も、見受けられます。 また、故意でなくても、メールなどの文書に「ご連絡お待ちしております」と書くつもりが、タイプミスなどで頭の「ご」を落としてしまうこともあります。 こうして「連絡お待ちしております」を目上の人に使ってしまった場合、たった1字「ご」という文字に過ぎないのに、とたんに目上の人に対して使うと失礼な言葉になってしまいます。 「ご連絡」は、相手に対する敬意を示している丁寧語なので、「連絡お待ちしております」にしてしまうと、相手に対する敬意が欠けてしまいます。 「ご連絡お待ちしております」は、日本語として、正しい表現です。 「連絡」に「ご」をつけて「ご連絡」としているので、目上の人の行為を表しています。 「待っている」に「お」をつけていますが、目上の人の行為としてではなく、自分の行為を謙って表現する、謙譲語としての「お待ち」になります。 さらに「待っている」の「いる」を謙譲語「おる」にしています。 「ご連絡お待ちしております」は、目上の行為を敬う「ご連絡」を、自分が「お待ちしておる」という謙譲語で表現した、正しい敬語表現だということがわかります。 「ご連絡お待ちしております」をシンプルに言い換える 「ご連絡お待ちしております」を別の敬語で言い換える場合、「ご連絡ください」という、シンプルな言い回しにすることもできます。 シンプルすぎて、ぶっきらぼうな印象も受けますが、「ご連絡ください」は立派な敬語です。 余計な言葉を省いて、必要な情報のみを伝える、メール文書などの場合、シンプルな敬語である、「ご連絡ください」を使うのもおすすめです。 「ご連絡お待ちしております」をさらに丁寧に 「ご連絡お待ちしております」は敬語ですが、さらに言葉を重ねて、丁寧な言い回しにすることができます。 「ご連絡お待ちしております」のさらなる丁寧な使い方として、次のように言い換えることができます。 【文例】 ・ご連絡をお待ちしております ・ご連絡をお待ちいたしております ・ご連絡をお待ち申し上げております ・ご連絡をお願いいたします ・ご連絡いただけると幸いです ・ご連絡いただけると助かります 丁寧すぎると、くどい印象を与えることもあります。 また、「幸いです」など、言葉を柔らかくしすぎると、相手に「連絡が必要だ」という印象を与えられず、「気が向いたら連絡すればいい」と思われてしまう可能性もあります。 ほどよい言い回しを選んで使ってみましょう。 正しい敬語の知識を持たない人にも、間違いなく敬意が伝わる言い換えとして、「ご連絡のほど、何卒お願いいたします」を使っておくと無難です。 「何卒よろしくお願いいたします」という言い方もありますが、「よろしく」は目上の人に使うべきでないとされる場合もあります。 漢字の「宜しく」も、厳密には「よろしく」と同義にならず、格が落ちます。 敬語として誤解される言葉を省き、「ご連絡のほど、何卒お願いいたします」に留めるのが無難です。 面接時の使い方 面接時には、伝えたい内容を、シンプルな言葉遣いで、確実に相手に届くようにする必要があります。 もって回った「ご連絡のほど、何卒お願いいたします」という言い方を使うと、時代劇のセリフに聞こえてきます。 面接の最後に、相手からの連絡があることを期待している旨、伝えるのであれば、「ご連絡(一呼吸)お待ちしております」と述べ、深いお辞儀をすれば、丁寧な気持ちも、連絡を待っているという期待も、きちんと伝えることができます。 一呼吸置くところで、相手への敬意や誠意を表情や態度で表しましょう。 相手の目を見る、笑いかける、お辞儀をするといった行動をとると良いでしょう。 メール連絡時の使い方 メールの場合は、文書のみで相手に伝えるため、表情や動作を使って伝えるべき感情も文字にして伝えなければなりません。 あまりくどい文章も嫌われますが、最後の締めの文にあたる「ご連絡お待ちしております」は、丁寧すぎる言葉で伝えても問題ありません。 メールの締め文としては、「ご連絡のほど、何卒お願いいたします」や「ご連絡いただけるのをお待ちしております」「ご連絡、お待ちいたしております」など、少しくどい表現になっても丁寧に伝えましょう。 「ご連絡お待ちしております」は積極的に使えます 「ご連絡お待ちしております」は、日本語の正しい敬語として、プライベートでもビジネスでも、様々なシーンで使うことができます。 ここまでご紹介したように、ちょっとした違いで、敬語ではなくなってしまう場合もありますが、「ご連絡お待ちしております」と正しく使えば間違いはありません。 会話の中で使う場合は、「ご連絡(一呼吸)お待ちしております」という形で使うのがおすすめです。 対面の場合は、一呼吸のところで、相手の目を見たり笑顔を見せると、真剣な様子や相手の懐に飛び込む感じが表現できます。 文書で使う場合は、一呼吸を入れる代わりに「を」という文字を追加し、「ご連絡をお待ちしております」として、丁寧な感じを増して使うこともできます。 いずれの場合も、「ご連絡お待ちしております」を使いたい状況に沿った一工夫を加えながら、積極的に使ってみましょう。

次の

「お待ちしております」は敬語としてOK?ビジネスで役立つ例文も

ご 連絡 お待ち し て おり ます

「ご連絡いたします」は厳密には二重敬語だが、使っても問題なし 「ご連絡いたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 本来は誤用になりますが、 「ご連絡いたします」は慣習的に多く使われているため、使用しても問題ではありません。 ただ、相手によっては失礼な印象を与えてしまう恐れがあるので、注意して使用するようにしましょう。 「連絡します」ということを伝えたい場合、厳密には、 ・連絡いたします ・ご連絡します が適切です。 また、 「ご連絡いたします」の「いたします」は補助動詞なのでひらがなで表記するのが望ましいです。 「致す」とする際はそれ自身が動詞になる場合。 「至らせる・引き寄せる・尽くす」という意味で使うときは「致す」にします。 「いたす」とする際は補助動詞になる場合。 「お願いいたします・失礼いたします」などと使うときは「いたす」にします。 接頭語の「ご」「お」は色々な意味になるので注意 「ご連絡」は漢字だと「御連絡」と書きます。 「御」は音読みだと「ゴ」、訓読みだと「お」と読みます。 一般的に、「お」は和語につけて、「ご」は漢語につけるとされています。 「連絡」は音読みなので、「ご連絡」が適切です。 他にも、例えば「名前」であれば「お名前」、「説明」であれば「ご説明」となります。 また、「お返事」「ご返事」と2つの接頭語が対応する場合もあります。 「ご」と「お」は動詞に接続する場合、後に続く文章によって意味合いが異なります。 その他の「ご連絡」を含む表現 「ご連絡させていただきます」は不適切 「ご連絡させていただきます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「させて」=使役の助動詞「させて」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 もし、相手に許可を得ていたとしても「ご連絡させていただきます」は 二重敬語のため、不適切です。 「ご連絡申しあげます」は正しい敬語 「ご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「連絡申し上げます」は、取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「ご連絡申し上げます」の「申し上げる」は、「言う」の謙譲語としては使いません。 「ご〜申し上げる」という形では、「ご説明申し上げます」や「ご報告申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 ですので、「ご連絡申し上げます」は、謙譲表現「ご〜申し上げる」+丁寧語「ます」になり、二重敬語ではないため、目上の人に対して使うことのできる表現になります。 「ご連絡差し上げます」は避けるべし 「ご連絡差し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「差し上げる」=「与える」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「連絡差し上げます」は正しい表現ですが、 「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。 「ご連絡」のビジネスメールでの使い方と例文 「ご連絡〜」はビジネスメールで使われる機会が多く、特に目上の人へメールに対して使用するのが適しています。 「ご連絡いたします」「ご連絡申し上げます」は、自分から連絡をするときに使う言い回しです。 ・こちらから追って連絡いたします。 ・いつもお世話になっております。 ・検査の結果が分かり次第ご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。 ・先日の打ち合わせの件でお伺いしたいことがあり、連絡いたしました。 ・不良品の代替については発送日の確認が取れ次第、改めて連絡いたします。 ・その件については一旦確認をしてから、折り返し連絡申し上げます。 ・原因が判明次第、ご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。 ・このような事態になってしまったことについて確認でき次第、ご連絡いたします。 相手に連絡をお願いしたり催促するときに便利な例文集 相手に連絡をお願いしたり、催促する場合は、相手にできるだけ不快感を与えないよう、丁寧な言葉を使うことが重要です。 悪気がなかったとしても、相手は失礼に感じたり、きつい印象を持ってしまうことがあるので、注意してお願いするようにしましょう。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご連絡をお待ちしております。 ・お忙しいところ、恐れ入りますが、今週中にご連絡いただけましたら幸いです。 ・再度ご連絡申し上げておりますが、お返事をいただけておりません。 よろしくお願いいたします。 ・先日、新しいプロジェクトに関するお問い合わせをいただきましたが、その後はいかがでしょうか。 「ご連絡いたします」と「ご報告いたします」の使い分け 「報告」とは、「ある任務を与えられたものが、その遂行の経過・結果について述べること。 また、その内容」を意味しています。 「ご報告」は、上司や先輩など目上の相手に対して使います。 「ご連絡」は今現在も進行している事項を伝えるときに使い、「ご報告」は完了した事項を伝えるときに使います。 「ご連絡」はあくまでも物事の内容を簡単に伝えることを意味していて、「ご報告」は、物事の展開や結果などを伝えることを意味しています。 ・今年度の業績について、ご報告いたします。 ・先日の打ち合わせの内容をご報告いたします。

次の

お返事お待ちしておりますって英語でなんて言うの?

ご 連絡 お待ち し て おり ます

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 ・「謙譲語」目上の人に対して自分を謙っていう表現 ・「尊敬語」目上の人の動作に使用し、敬意を表現する ・「丁寧語」丁寧な表現をして目上の人への敬意を表す 誤って自分の動作に対して尊敬語を使用してしまったり、目上の方へ謙譲語を使用してしまうと失礼な印象を与えてしまいます。 例えば「上司にも申し上げておきます」は、自社側の上司に謙譲語を使用してしまっています。 正しくは「上司にも申し伝える」になります。 また一つの語に、敬語が二重で使用されている二重敬語も誤った表現です。 例えば、「伺わせて頂きます」は謙譲語の「伺う」と謙譲語の「頂きます」が使用されているので二重敬語です。 正しくは「伺います」となります。 目上の人へ連絡してほしい旨を伝えるには? 目上の人に連絡してほしいと伝えるには、「ご連絡お待ちしております」は正しい表現です。 まず「連絡」は目上の人の動作なので、「ご連絡」というのが適切です。 「待っている」は自分の行為ですので、目上の人に対して謙って表現する必要があります。 「待っている」は「待つ」と「いる」の二語で構成されています。 目上の人に対して謙って表現する「謙譲語」に直すと、「待つ」は「お待ちする」「お待ちいたす」となり、「いる」は「おる」です。 このように一語ごとに区切って考えると、「お待ちしております」は正しいとわかります。 「ご連絡お待ちしております」は一見二重敬語と思われがちですが、細かく分けると正しい敬語であることがわかりやすくなります。 「ご連絡お待ちしております」は、締めの文章としてビジネスメールの中で使いやすい言葉です。 検討や確認を促すために、メールの締めくくりに、「ご連絡お待ちしております」を使います。 「ご連絡お待ちしております」と締められていることで、連絡しなければと相手に意識づけることができます。 「ご連絡お待ちしております」の一文があるだけで読み飛ばされるだけのメールになってしまうところ、しっかり検討してもらえるメールになります。 「ご連絡お待ちしております」は、以下の例文のように、相手からの連絡を求める際に使います。 ご連絡お待ちしております 「ご連絡お待ちしております」に、別文章で、相手の行為を促すこともできます。 その際は最後に「ご連絡お待ちしております」で締めくくるという使い方がおすすめです。 例文 「ご連絡お待ちしております」は正しい敬語なので就職活動で就活生から企業に対しても使用できます。 ただ、正しい敬語にもかかわらず「ご連絡お待ちしております」は上から目線だと感じる人も中にはいます。 正しい敬語を使用しているのに、採用担当が正しい敬語を理解していないせいで失礼な印象がついてしまうのは悔しいです。 「ご連絡お待ちしております」を使用せず、正しい敬語の知識を持たない採用担当にも、きちんと敬意が伝わる言い回しとして、「ご連絡のほど、何卒お願い致します」を使用するといいでしょう。 ここで注意すべきなのが、「何卒よろしくお願いいたします」という言い方にならないよう気を付けることです。 これは厳密に言うと、「宜しく」と「よろしく」だと「宜しく」の方が格が落ちます。 そのため、誤解されてしまう言葉を省いた「何卒お願いいたします」という表現をします。 面接時の「ご連絡お待ちしております」の例.

次の