麻生区ハザードマップ。 土砂災害ハザードマップ

名古屋市:千種区防災マップ(千種区)

麻生区ハザードマップ

大規模な災害が全国で相次ぐ中、被害を予測してその被害範囲を地図化した「ハザードマップ」が改めて注目されている。 防災の備えとして市民に活用してもらおうと、川崎市が今月22日から、各区で土砂災害のハザードマップに関する説明会を開く。 「昨年8月の広島市で起きた土砂災害をきっかけに川崎の市民からハザードマップに関する問い合わせが増えた。 今年の台風18号の被害後にも問い合わせが増えている」。 そう話すのは川崎市まちづくり局宅地企画指導課の担当者。 ハザードマップは洪水や土砂災害、火山の噴火などの災害が発生した場合の被害規模や範囲のほか、避難ルートや避難場所などを地図上に示したもの。 全国の自治体で各種のハザードマップの作成が進んでいる。 2000年の有珠山の噴火や1988年の十勝岳の噴火ではハザードマップの活用が功を奏し、人的な被害を防いだとされている。 一方、マップが作成されたにも関わらず、生かされなかった災害もあり、周知方法や活用法が全国で課題になっている。 今回、川崎市が周知を図るのは土砂災害ハザードマップ。 市内では現在、川崎区を除く6区で計759区域が土砂災害警戒区域に指定されている。 特に丘陵地に囲まれた北部に多く、麻生区は302区域で最も多い。 多摩区は179区域で東生田に集中している。 開催日と会場は上記の通り。 先着順の定員を超えた場合は席の用意がない。 全6回とも同じ内容。 会場で配布するマップは開催地の区のもの。 問合せは市まちづくり局宅地防災担当(【電話】044・200・3035)へ。

次の

川崎市:土砂災害ハザードマップについて

麻生区ハザードマップ

2020年7月15日 2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日.

次の

神奈川県川崎市麻生区栗平のハザードマップ【地震・洪水・土砂災害】

麻生区ハザードマップ

大規模な災害が全国で相次ぐ中、被害を予測してその被害範囲を地図化した「ハザードマップ」が改めて注目されている。 防災の備えとして市民に活用してもらおうと、川崎市が今月22日から、各区で土砂災害のハザードマップに関する説明会を開く。 「昨年8月の広島市で起きた土砂災害をきっかけに川崎の市民からハザードマップに関する問い合わせが増えた。 今年の台風18号の被害後にも問い合わせが増えている」。 そう話すのは川崎市まちづくり局宅地企画指導課の担当者。 ハザードマップは洪水や土砂災害、火山の噴火などの災害が発生した場合の被害規模や範囲のほか、避難ルートや避難場所などを地図上に示したもの。 全国の自治体で各種のハザードマップの作成が進んでいる。 2000年の有珠山の噴火や1988年の十勝岳の噴火ではハザードマップの活用が功を奏し、人的な被害を防いだとされている。 一方、マップが作成されたにも関わらず、生かされなかった災害もあり、周知方法や活用法が全国で課題になっている。 今回、川崎市が周知を図るのは土砂災害ハザードマップ。 市内では現在、川崎区を除く6区で計759区域が土砂災害警戒区域に指定されている。 特に丘陵地に囲まれた北部に多く、麻生区は302区域で最も多い。 多摩区は179区域で東生田に集中している。 開催日と会場は上記の通り。 先着順の定員を超えた場合は席の用意がない。 全6回とも同じ内容。 会場で配布するマップは開催地の区のもの。 問合せは市まちづくり局宅地防災担当(【電話】044・200・3035)へ。

次の