大手 町 さくら クリニック in 豊洲。 精神科外来・精神科訪問診療のさくらクリニック

大手町さくらクリニックin豊洲の口コミ・評判(10件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

大手 町 さくら クリニック in 豊洲

大きなオフィスビルの二階にあります。 婦人科を意識した看板かもしれませんが、近くのマンションからは最も近く、中学生の子どもも含めて家族でお世話になっていました。 私は毎年インフルエンザの予防接種で... 大きなオフィスビルの二階にあります。 婦人科を意識した看板かもしれませんが、近くのマンションからは最も近く、中学生の子どもも含めて家族でお世話になっていました。 私は毎年インフルエンザの予防接種でお邪魔していました。 ビルの中を歩いて端っこまでいくと、明るい診療所があります。 職員の方は手馴れたもので、スイスイと予防接種は終了し、忙しい朝の時間をムダにすることはありませんでした。 豊洲では選択肢のひとつとして十分に考えて良いクリニックだと思います。 看護師さんの対応にバラツキがあり、年配の方はとても親切で、 血液採取もとても上手でしたが、若い方のなかには、全く無表情で、 いやいや仕事してんのよと言わんばかりの嫌な感じの人が複数います。 看護師さんの対応にバラツキがあり、年配の方はとても親切で、 血液採取もとても上手でしたが、若い方のなかには、全く無表情で、 いやいや仕事してんのよと言わんばかりの嫌な感じの人が複数います。 健康診断の受診者がひっきりなしに来るので、医師も看護師もその対応で、 きっと忙しすぎるのでしょう。 健康診断で、かなり儲かっている医院だと想像しますが、 一般診療に来る気にはなれませんでした。 場所は駅から近く、とても便利なところにあります。 乳癌検診で何度か利用している。 待ち時間が短いので、会社の昼休み時間に受診できるからだ。 ただそれだけの理由で、手厚いサービスを期待しているのであればおすすめはしない。 触診も機械的で、医師も淡淡と仕事をこ... 乳癌検診で何度か利用している。 待ち時間が短いので、会社の昼休み時間に受診できるからだ。 ただそれだけの理由で、手厚いサービスを期待しているのであればおすすめはしない。 触診も機械的で、医師も淡淡と仕事をこなしているという印象である。 外来の患者もほとんどいないので、検診にきて、待合室で風邪やインフルエンザにうつる心配もほとんどない。 精算もすぐにやってくれたので、会計の待ち時間もなしである。 場所がわかりにくいのが難である。 婦人科検診のマンモグラフィ初体験しました。 これまで受けたことがなく、初めてなので少々緊張しながらでした。 オフィスビルの中にあり、最新のきれいな病院を創造していましたが、そんなことはなく、ごくご... 婦人科検診のマンモグラフィ初体験しました。 これまで受けたことがなく、初めてなので少々緊張しながらでした。 オフィスビルの中にあり、最新のきれいな病院を創造していましたが、そんなことはなく、ごくごく普通の穏やかな病院でした。 事前に電話予約をしておいたので、待ち時間も少なく、すぐに呼ばれました。 スタッフの方が、丁寧に説明してくださりスムーズに検査は終わりました。 やはり挟むのでそれは痛いですが、仕方ないですね。 後日検査結果を聞くための予約が、1か月以上先で驚きました。 検査結果のお話は女医さんですが、なんとなくやる気がないような流れ作業のような感じが気になりました。 特に問題はない、日本人女性に多いパターンです、というような言葉で説明いただきましたが、これまで別の病院(エコー)でしこりや、疑いがあるという診断を受けたことがあり、半年おきに検査を進められている事を話すと、少し真剣に画像を見てくれましたが、それでは判断しようがないので、もし気になるなら更なる検査を進められました。 マンモグラフィーと、エコーと両方やっているので、まず大丈夫だろうという最終判断にて終了しました。 半年に1度とはいきませんが、1年に1度は検査しようと思っています。 会社の健康診断で行きました。 場所が豊洲駅から近くて便利なので選びました。 健康診断で来る人が大半でした。 更衣室、ロッカーは今迄健康診断をした他の所と比べると格段にボロかったです。 更衣室中のロ... 会社の健康診断で行きました。 場所が豊洲駅から近くて便利なので選びました。 健康診断で来る人が大半でした。 更衣室、ロッカーは今迄健康診断をした他の所と比べると格段にボロかったです。 更衣室中のロッカーは少ししかないので直ぐに満杯になり、外の男性客が使用するロッカーに荷物を入れたのには驚きました。 健康診断自体は部門が別れていて、比較的にスムーズでした。 内科の問診はただ、聴診器をあてられただけで、先生と会話も無く終わりました。 他と比べるとあまりに機械的だと思いますが、時間は短く済みます。 婦人科検診を行わないならば、時間を短く健康診断をしたい方にはお薦めです。

次の

大手町さくらクリニックin豊洲の口コミ・評判(10件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

大手 町 さくら クリニック in 豊洲

それ以降の美容相談や形成外科手術のご相談等は事前に無料メール相談や電話で予約を頂いた方のみ可、事前完全予約制)。 ・ 再診の方は必ず診察券番号を備考欄に記載をお願いします。 注射のみでも必ず注射外来枠からご予約をお願いします。 ・保険診療で指定された 初診料・再診料(自費診療でも初診料・再診料1080円)がかかります( 3か月以上の受診がない場合は初診扱いになります)。 ・ お子様や赤ちゃんの同伴(スタッフが面倒を見ることはできません)や 患者さま以外の付き添いはできる限り控えてください(患者さま同士のトラブルが発生しました)。 また、 院内での飲食は厳禁です 当院の水サーバーのみ可)。 ・ 手術、レーザー処置、乳腺エコー検査などご希望でもまずウェブや電話でご予約いただき、まず診察して後日に手術、処置、エコー検査を予約する、という流れになります。 ・ 救急病院ではないため、ケガ・化膿性病変があり処置が必要な場合でも対応できませんのでご了承ください。 水曜日、土曜日、日曜日、祝日は電話対応は行っておりません。 またスタッフの人数によっては上記時間内でもすぐに電話対応できない場合もあります。 所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲4-1-2 豊洲TOSKビル502 電話番号 03-5859-0732 アクセス 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」より1分 診療科目 美容皮膚科 美容外科 乳腺外科 皮膚科.

次の

【公式】晴海3丁目クリニック|中央区の内科・消化器内科・内視鏡検査・健康診断

大手 町 さくら クリニック in 豊洲

半数以上が再発するがんという病気がん細胞はとても再発しやすく、手術を受け、がんがある程度進行していて、再発予防のために抗がん剤治療や放射線療法などの標準追加治療を受けた人でも半数以上は再発してしまう現実があります。 またステージが軽くても再発することがあり、一般的には5年以内に再発するケースが非常に高いですが、10年以上たってからも、再発することもありいつまでも安心できないのが 「がん」です。 がん細胞の性格として、• 無限増殖:成長が速く無限に増殖• 不死状態:がん抑制遺伝子の機能低下による細胞死を回避• 周囲浸潤:血管を新生して浸潤し多くの栄養供給• 安易転移:生き残りのため脈管経路を利用して他の場所へ がん細胞も生きるためにさまざまな性格で体内活動をしつづけるのです。 遺伝子治療なら「QOL 生活の質 」を維持し「ながら治療」も可能がんに対する治療の多くはQOLを低下させます。 とくに再発してしまうと抗がん剤治療が強くなりどうしてもQOLは低下してしまいます。 辛く苦しい抗がん剤治療を受けるならなるべく最大の効果を得たいのが常です。 がん遺伝子治療は抗がん剤が効き難い細胞にも耐性なく反応するので、抗がん剤との併用で治療効果が期待できます。 またがん遺伝子治療はもともと体の中に存在する「がん抑制遺伝子」を投与するので副作用が軽く少ないため、QOLを低下することがありません。 最近 QOLを維持しながら、仕事しながら、家事をしながらなど「ながら治療」が注目されています。 遺伝子治療もこのような「ながら治療」を可能にします。 標準治療と組み合わせることにより相乗効果を生み出す• 手術の前に、 転移防止やがん縮小を目的としてがん遺伝子治療を併用。 手術後の 再発予防として、がん細胞がもっとも少ないときにがん遺伝子治療を併用。 再発してしまい、抗がん剤や放射線の効果を高めるためにがん遺伝子治療を併用。 手術後の残存がん細胞の中には抗がん剤に対して耐性をもっているがん細胞もあり、抗がん剤でもすべて消すことは難しく再発を起こしてしてしまいます。 しかし、がん遺伝子治療を併用することにより 抗がん剤が効かなかった自然耐性を持つがん細胞にがん抑制遺伝子が直接入り込み、がん細胞の増殖を抑えたり、アポトーシス(細胞死)させたり、再発のリスクを低下させることができます。 三大標準治療を使っても 再発したがんは難治性再発となり、がん遺伝子治療のもつ 再発を防ぐ効果が期待できるという特性は 再発予防にも利点となります。 がん遺伝子治療は自然な抗がん剤で理にかなった治療がんの特性として代表的なものは「無限増殖・不死」であり、PTEN・p53・p16といった「がん抑制遺伝子」が効いていない状態です。 PTENの主な働きとしては増殖シグナルを抑制し、細胞の異常な増殖を防ぐ役目です。 p53・p16の主な働きとしては細胞死シグナルを亢進し、異常な細胞や不要となった細胞を死に導くことです。 抗がん剤も同様に 通常の抗がん剤は 細胞傷害型抗がん剤といわれ、がんの不死と闘います。 一方抗がん剤の中で 分子標的薬といわれるものは主にがんの増殖と闘います。 がん抑制遺伝子の p53やp16は障害を受けている細胞を排除するので細胞傷害型抗がん剤と、PTENは増殖を止めるので分子標的薬と相乗効果を示します。 このようにがん遺伝子治療は標準治療に追加する理にかなった治療です。

次の