ライオン キング 実写 日本 語 吹き替え。 【ミニオンズフィーバー】日本語吹き替え声優一覧!新キャラ見分け方も!【ミニオンズ2】

ライオン・キング|超実写映画/ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式

ライオン キング 実写 日本 語 吹き替え

アニメーション版『ライオン・キング』は、9億8000万ドルという興行収入を上げ、当時、世界一の記録を作った作品(現在は、『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー3』に次ぐ記録)。 実写版のメガホンをとるのは『アイアンマン』シリーズを手がけたジョン・ファヴロー監督。 主人公・シンバの声をドナルド・グローヴァー、幼なじみのメスライオン・ナラ役を歌姫・ビヨンセが務める。 プレミアム吹替版は、賀来、佐藤と亜生のほか、スカーを、ナラをが演じる。 解禁されたクリップは、ティモンとプンバァが初めて出会い、シンバが徐々に大人へと成長する過程を表現した歌唱シーン。 王座を狙う叔父スカーの策略によって、父・ムファサを失ったシンバにとって自然は過酷な環境。 くよくよするな)をモットーに、深い悲しみと孤独を抱えたシンバの心を癒やしていき、行動を共にする3人はより友情を深めていく。 佐藤は「プロの漫才師・ミキの亜生さんと日本のメンツにかけて、とにかく外せないと思いました。 この掛け合いの面白さをお客さんにも届けたいと思いながらやっていました」と並々ならぬ意気込みを語った。 亜生は「ハクナ・マタタ」を歌い「鳥肌が立ちました。 俺、『ライオン・キング』入ってもうたな!」と、興奮気味に振り返った。

次の

ライオン・キングとは (ライオンキングとは) [単語記事]

ライオン キング 実写 日本 語 吹き替え

シンバ役は賀来賢人! シンバ役の日本語吹き替え声優、賀来賢人さんのコメントです! 「言いたくて言いたくて…。 でも、絶対に言っちゃいけないお触れがあった」 「小さい子どももいるので絶対にシンバ役をやりたいと思っていたら、いただけた。 全身全霊でやらせていただきました」 オリコンニュースより 賀来賢人さんは、オーディションでシンバ役の日本語吹き替え声優を射止めたそうです! 賀来賢人さんにとって『ライオンキング』は小さいころから大好きな作品なんだそう。 全身全霊で演じ、歌いました。 今まで見た事の無い映像美、スケールになっています。 ティモン役はミキ亜生! ティモン役の日本語吹き替え声優、ミキ亜生さんのコメントです! 「ルミネの楽屋とかで『ハクナ・マタタ』をさりげなく歌って匂わせてました。 『どうした』と言われて、『なんでもないです』と」 「マネージャーが『亜生さん、ティモン役の声優決まりました! プンバァは佐藤二朗さんです!』と。 お兄ちゃんは『なんでや!』と言ってました」 オリコンニュースより 亜生さんが実写映画『ライオンキング』の主要キャラクター・ティモン役の日本語吹き替え声優を務めるということで、気になるのは兄の昴生さん。 亜生さんの大役をどう思っているんでしょう? 亜生さんに『ライオンキング』のティモン役に日本語吹き替え声優が決定したと伝えられたのは、タクシーに兄・昴生さんとマネージャーさんの3人で乗っていた時のこと。 昴生さんは亜生さんに、「三木一族の代表で頑張ってこい」と激励してくれたそうです! そして昂生さんと亜生さんの、こんな練習エピソードも! 昴生は練習相手も務めたそうで「お前はティモンの本質をわかってない」と助言もされたという。 「だいぶ、けいこをつけてもらいました」と笑った。 そして「これは売れましたね。 だって『ライオン・キング』ですよ。 4月に東京に出てきたんですけど、出てきてよかった」と幸せそうな笑顔を見せていた。 スカーの江口洋介は気になるけど。 実写!? — rinzo rinzo1979 亜生くん凄すぎる。 ライオンキングのティモン。 亜生くんティモンの声なん!!??🥺 ティモンの人形 持ってるてー!!!! ええー!!!!!やば 早く見たすぎ無理🤧🤧🤧💚💜.

次の

超実写版『ライオン・キング』、アニメ版に劣らず優れている「6つ」のポイント

ライオン キング 実写 日本 語 吹き替え

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。 さて最近、「映画は字幕?それとも吹き替えで観るべき?」みたいな議論があちこちで繰り広げられているようですが、個人的には「どちらもアリかな〜」と思っています。 以前は字幕で観ることが多かったんですけど、今は吹き替えで観るパターンも増えてるし、特に3D映画の場合は画面に集中できるので、吹き替えの方が観やすい場合もあるんですよね。 ただ、日本語吹替え版を選択する際に注意したいのが、 「声優は誰なのか?」という点でしょう。 もし、声優未経験の人気アイドルが主人公を演じている映画を知らずに観たりしたら、とんでもない目に遭うかもしれません。 実際、「日本語版の出来が悪くて映画に集中できなかった」という人もいるようで、出来ればそういう吹き替えは避けたいものですよねえ。 しかし、それらのヒーローが勢揃いする『』では、ブラック・ウィドウに 、ニック・フューリーに 、そしてに のが起用されたのである。 この突然の変更にファンは大激怒。 中でも『アイアンマン』から『』までの4作品でニック・フューリーを演じたの降板に対しては、「よりによって集大成となる『』で外すとは何事だ!」と不満を爆発させ、元の声優に戻す呼びかけを行ったところ、1000人を超える賛同者が集まったという。 だがファンの要望は聞き入れられることなく、結局、芸能人による吹き替え版で公開されてしまった。 さらに本作のソフトが発売される際にも、劇場公開版とオリジナル声優版の2種類を収録するようにディズニー・スタジオ・ジャパンへ申し入れたが無視されたため、「絶対にブルーレイは買わない!」とまで起こったらしい。 このようにのカスタマーレビューも荒れまくり、大量の批判コメントが書き込まれることになってしまった(作品に対する不満ではなく、「吹き替えをどうにかしろ」という内容が大半だったらしい)。 なお、『』の芸能人吹き替え問題は続編の『エイジ・オブ・ウルトロン』や『インフィニティ・ウォー』でも全く改善されることなく、現在も継続中である。 しかし、あまりにも棒読みすぎる演技に批判が殺到。 さらに『コージ苑』や『かってにシロクマ』などで知られるマンガ家のが、「キャスティングした奴はすべき」とでつぶやいたら「お前がしろ!」「麻里子様に謝れ!」と逆にAKBファンから総攻撃を食らうまで発生したらしい。 「TIME」。 人間の寿命が貨幣のようにやり取りされる世界という設定が大変面白い。 でも私が観たのは吹替え版で、ヒロインの吹替えが酷すぎて気になって面白さ半減。 ググってみたらがやってたのね。 これじゃ映画そのものも関わった人達も余りに気の毒。 キャスティングした奴はすべき。 演じる主人公:エリザベス・ショウの声を担当したのは。 その第一声を聞いた瞬間、全国の映画ファンが「やめてくれ!」と悲鳴を上げた…かどうかは分からないが、とにかく本作におけるの酷評は熾烈を極めたのである。 なんせ、声優初挑戦でハリウッド大作映画の主役を演じるという無謀さに加え、エリザベス・ショウのキャターにも声質が全く合っていない上に年齢も若すぎる との年齢差13歳 など、「人選ミスでしょ?」としか思えない配役に非難轟々。 中には「剛力さんはダンスが上手い」と擁護する者もいたようだが、残念ながらその才能は『プロメテウス』に1ミリも活かされていなかった。 このため、世間からは「ゴリ押し女優」とか「剛力出すぎ」など、大変なバッシングを受けていたらしい。 その劇場版が2007年に公開された際、なぜかプロの声優が担当していたテレビ版の主要キャストを全て変更し、 や、の田村淳やなど、お笑い芸人やタレントが多数起用された。 この変更についての日本支社は、「『日本人が理想とする明るく楽しい家庭』をテーマにそれぞれの配役を決めました」と理由を説明するものの、従来のファンからは「ウソつけ!」「そんなの知らねーよ!」などと批判が殺到。 新聞や雑誌でも報じられるほどの大騒動が勃発した。 その抗議活動は日増しにカレートし、オリジナル声優の復活を求める署名サイトやブログが次々と開設され、3000人を超える署名が集まり、ついには のがの日本支社を訪れて直談判するという、前代未聞の異常事態にまで発展したのである。 結局、劇場公開時には芸能人吹き替え版で上映されたが、ソフト化される際にオリジナル声優による吹き替え版が新たに製作され、DVDとブルーレイには劇場公開版とオリジナル声優版の2種類の日本語吹き替え音声が収録されることになった。 改めて言うまでもないが大変な不評で、演技が上手いとか下手とかの問題以前に、 「どこからどう聞いてもただのDAIGO」というヒドい有様だった。 なお、本作がテレビで放映された際も、「主人公の声が下手だと思ったらDAIGOじゃねーか」「吹き替えが下手くそすぎる」「声優に向いてない」「DAIGOマジひどいな」「下手過ぎて笑うwww」などの罵詈雑言でTLが埋め尽くされ、それを見たDAIGOがショックのあまり「旅に出ます」とつぶやくほどだった。 ここまでは良くある話だが、2017年にでTV初放送が決まった際、なんとは「違う俳優でアフレコし直そう」と決定したのである。 こうして、新たにとを起用し、「金ロー版吹き替え」を独自に制作。 ところが、これを知った玉木と木村の両事務所は「そんなにウチの俳優が気に入らないのか!」と激怒し、日テレ側との間に険悪なムードが漂う事態になってしまった(ちなみに金ローで放送したとの吹き替え版も評価はイマイチで、アフレコをやり直した成果ゼロ)。 しかも、その後に『』の公開が控えていたため、「う~ん困った!次の吹き替えを誰に依頼すればいいんだ?」と配給会社や宣伝担当者は大慌て(なぜ「プロの声優に依頼する」という発想が出て来ないのか…)。 こうしたゴタゴタの末、結局『炎の王国』では元通りとが吹き替えを担当することになったんだけど、せっかく時間とお金をかけて作った「山本&仲間の吹き替え版」はブルーレイに収録されることもなく、このまま封印されてしまうわけで「何やってんだよ!」としか言いようがない、トホホ。 中でも、「今世紀最悪の吹き替え」「ひどすぎて体が震える」など、ぶっちぎりの低評価を獲得している伝説的な吹き替えが『スーパール』だ。 本作は、2005年に放送が開始されたカのTVドラマで、日本でも2007年から放送されたが、2人の主人公のうち、1人をお笑コンビの のが演じたことで大問題が発生する(もう一人は俳優ので、こちらもひどかった)。 恐らく本人は真面目にセリフを読んでいるのだろう。 ワーナー・ホームビデオからシーズン1と2のソフトが発売された際も、信じられないほどの苦情が寄せられ、シーズン3からは別の声優に変えられてしまった。

次の