天海 祐希 ダンス。 天海祐希、医療ドラマ好評 EDダンスは「武富士」振り付け師

【トップナイフ】天海祐希の手術着EDダンス動画がスゴイ!顔出しなしでも再生100万回へ?

天海 祐希 ダンス

天海祐希「宝塚時代の伝説」とは スタイルが良くて綺麗でかっこよくて それなのに全然気取っていなくて 人気度が高い、女優の天海祐希さん。 天海祐希さんが出演するドラマは視聴率が取れるんですよね~。 サバサバしていて性格が良さそうな印象がありますよね。 そんな天海祐希さんは、特に同性からの支持が高いんです! 天海祐希さんが元宝塚歌劇団のトップスターだったことは 有名なので、ご存知の方も多いはず。 宝塚上がりの女優さんは、芸能界に数多くいらっしゃいますよね。 どなたも凛としていて品があって素敵です。 元々みなさん、宝塚時代からとても人気のあった方々ばかりです。 その中でも 天海祐希さんの宝塚時代は 群を抜いて人気度が高かったのだとか! そして、人気度が高い大物ならではの伝説とやらが 多く語り継がれているのだとか…。 今回は、 その天海祐希さんの宝塚時代の伝説についてみていきたいと思います。 この学校を卒業した者たちが俗に言う「タカラジェンヌ」として 宝塚歌劇団の団員として舞台に立てるという仕組みになっているんです。 宝塚音楽学校は予科(1年生)と本科(2年生)と段階がある2年制の制度です。 この学校が何とも特徴的なんです! まず、 受験資格は15歳~18歳の容姿端麗な女性であること。 宝塚の舞台に立つに相応しい者ということですね。 もちろん厳しい3回もの面接や試験があるのですが 受験できるチャンスは一人4回までとなります。 毎年多くの受験者がいますが、入学できるのは数十名に絞られます。 学校に入る段階で相当厳しい関門になるわけなんですね~。 入学後してからは、宝塚歌劇団の一員として舞台に立つことを想定したレッスンがあり そして寮生活が義務付けられているため、寮に戻ってもまたレッスン。 更に礼儀作法なども徹底してしつけられるので 立派な人間になるための教育もされるようです。 並大抵の気力では続かなさそうですね…。 そんな厳しい学校生活を乗り越えて ようやくタカラジェンヌとなるわけですが 卒業する時の席次というのはステータスとして ずっと残るらしいのです。 ついつい説明が長くなってしまいましたが 天海祐希さんの音楽学校卒業時の席次というのが その学年のトップ、首席だったということなのです! 音楽学校を首席で卒業することは想像以上に至難の業でしょう。 でも天海祐希さんは、入学当初から群を抜いて優秀だったのだそうです。 一人だけ抜きんでた存在でかなり目立っていたのだとか。 音楽学校の関係者が天海祐希さんの母親に対して 「よくぞ生んでくださいました」と言ったそうですが こんな言葉を言わせたこと自体が既に伝説ですよね~。 その公演で、入団してわずか10か月程の 新人中の新人が 主役に抜擢されることなんて前代未聞の出来事だったようです。 新人の天海祐希さんが、自分より先輩たちの前に立ち演技をしたのです! この伝説は本当にすごいことらしく、天海祐希さん以外で このスピードで新人公演の主役になれる人はいまだに出てきていないらしいですよ。 しかし、話題になったのはそれだけではなくて トップスターになって僅か2年で、宝塚を退団することに!? せっかくトップスターになったのにたったの2年で辞めちゃうなんて… その潔さがまたかっこよく、天海祐希さんらしいということで 伝説となっているようですね。 この 大きな羽は退団する方がフィナーレで背負う習わしになっているそうですが 天海祐希さんはこの羽を背負うのは嫌だということで 背負わずにステージに上がったのだとか。 これって、結構すごくないですか? 退団時の習わしってことは お客さんも、天海祐希さんが その大きな羽を背負って出てくるものだろうと思っているのに それをあえて裏切ってしまうんですよ。 それも、そんなことが許されてしまうほどの人物だったということがわかりますよね。 本当に天海祐希さんならではの伝説だと思います。 退団時にはファンクラブの融資によって ファンが喜ぶような様々なイベント事があるそうなのですが 天海祐希さんが行ったのは派手なイベントではなく ファンクラブの方々全員に、同じワイングラスをプレゼントしたのだとか。 ファンクラブの中にも、 長年ファンであり続ける幹部クラスと まだファンクラブに入りたての方々との格差みたいなものがあるのですが そんなことなどお構いなしに、全ての方に同じワイングラスを送ったのです。 なかなか出来ることではないですよね~。 天海祐希さんのファンの方なら「彼女らしいね」と きっと納得してくれるのでしょうね。 ファンに注意するって…。 段取りが悪いファンを差し置いて自らが仕切ることもあったのだそう。 厳しく、感じ悪く取れるかもしれませんが それも全てファンとのゆっくり話す時間を作るため。 その時間を大事にするために、それ以外はさっさとしてよってことなんですね。 ファンにも媚びない、厳しい天海祐希さん。 そしてそれが通ってしまうんですから凄いですよね。 男役が外を歩くときはピンで髪を止める規則があったらしいのですが ピンをたくさんつける必要はないんじゃないかということで ピン不要と、ルールを変えたことがあるのだそう。 第三者的にみると、そりゃそうだろと思う事でも 組織の中にいると気付かない事や逆らえない事ってありますよね。 その中にいても冷静に判断できる天海祐希さんはやはり素晴らしいですね。 他にも、ファンの方の出待ちを控えるように促したのも天海祐希さんだそうです。 公演が終わってタカラジェンヌたちが帰るのは夜の10時過ぎ。 そんな時間に女性が外にいることの危険さ、夜に騒ぐのは迷惑になるという 一般的で冷静な判断から下した夜10時以降の出待ちの禁止令。 本当なら関係者側から出ても良さそうな意見を トップスターである天海祐希さん自らが発するかっこよさ。 やはり魅力ある方ですね~。 天海祐希「宝塚時代の人気度」について(動画あり!) ということで、多くの伝説を持つ天海祐希さんですが 宝塚時代の人気度は、本当に凄かったんです! 宝塚の男役として相応しすぎる上に ファンに媚びない塩対応、なのに心からファンを大事にする熱い人。 そんなイメージですよね。 みなさん、スタイルがいいですが 天海祐希さんは立っているだけでも本当にかっこいい! ここで、天海祐希さんだからこその 人気度がわかる動画をご紹介します。 宝塚を退団する時の映像です。 天海祐希さんの退団が 当時ワイドショーでこんな風に取り上げられたんですね。 天海祐希さんの人気度の高さが本当によくわかりますよね~。 Sponsored Link スポンサードリンク まとめ 現在も女優として、凛としたかっこいい女性を演じることの多い 天海祐希さんの宝塚時代について調べてまいりましたがいかがでしたでしょうか? 宝塚時代の伝説、どれも天海祐希さんならではのエピソードですよね。 活躍し続けられるのはやはり彼女の生まれ持った才能なんでしょうね。

次の

天海祐希、医療ドラマ好評 EDダンスは「武富士」振り付け師

天海 祐希 ダンス

天海祐希「宝塚時代の伝説」とは スタイルが良くて綺麗でかっこよくて それなのに全然気取っていなくて 人気度が高い、女優の天海祐希さん。 天海祐希さんが出演するドラマは視聴率が取れるんですよね~。 サバサバしていて性格が良さそうな印象がありますよね。 そんな天海祐希さんは、特に同性からの支持が高いんです! 天海祐希さんが元宝塚歌劇団のトップスターだったことは 有名なので、ご存知の方も多いはず。 宝塚上がりの女優さんは、芸能界に数多くいらっしゃいますよね。 どなたも凛としていて品があって素敵です。 元々みなさん、宝塚時代からとても人気のあった方々ばかりです。 その中でも 天海祐希さんの宝塚時代は 群を抜いて人気度が高かったのだとか! そして、人気度が高い大物ならではの伝説とやらが 多く語り継がれているのだとか…。 今回は、 その天海祐希さんの宝塚時代の伝説についてみていきたいと思います。 この学校を卒業した者たちが俗に言う「タカラジェンヌ」として 宝塚歌劇団の団員として舞台に立てるという仕組みになっているんです。 宝塚音楽学校は予科(1年生)と本科(2年生)と段階がある2年制の制度です。 この学校が何とも特徴的なんです! まず、 受験資格は15歳~18歳の容姿端麗な女性であること。 宝塚の舞台に立つに相応しい者ということですね。 もちろん厳しい3回もの面接や試験があるのですが 受験できるチャンスは一人4回までとなります。 毎年多くの受験者がいますが、入学できるのは数十名に絞られます。 学校に入る段階で相当厳しい関門になるわけなんですね~。 入学後してからは、宝塚歌劇団の一員として舞台に立つことを想定したレッスンがあり そして寮生活が義務付けられているため、寮に戻ってもまたレッスン。 更に礼儀作法なども徹底してしつけられるので 立派な人間になるための教育もされるようです。 並大抵の気力では続かなさそうですね…。 そんな厳しい学校生活を乗り越えて ようやくタカラジェンヌとなるわけですが 卒業する時の席次というのはステータスとして ずっと残るらしいのです。 ついつい説明が長くなってしまいましたが 天海祐希さんの音楽学校卒業時の席次というのが その学年のトップ、首席だったということなのです! 音楽学校を首席で卒業することは想像以上に至難の業でしょう。 でも天海祐希さんは、入学当初から群を抜いて優秀だったのだそうです。 一人だけ抜きんでた存在でかなり目立っていたのだとか。 音楽学校の関係者が天海祐希さんの母親に対して 「よくぞ生んでくださいました」と言ったそうですが こんな言葉を言わせたこと自体が既に伝説ですよね~。 その公演で、入団してわずか10か月程の 新人中の新人が 主役に抜擢されることなんて前代未聞の出来事だったようです。 新人の天海祐希さんが、自分より先輩たちの前に立ち演技をしたのです! この伝説は本当にすごいことらしく、天海祐希さん以外で このスピードで新人公演の主役になれる人はいまだに出てきていないらしいですよ。 しかし、話題になったのはそれだけではなくて トップスターになって僅か2年で、宝塚を退団することに!? せっかくトップスターになったのにたったの2年で辞めちゃうなんて… その潔さがまたかっこよく、天海祐希さんらしいということで 伝説となっているようですね。 この 大きな羽は退団する方がフィナーレで背負う習わしになっているそうですが 天海祐希さんはこの羽を背負うのは嫌だということで 背負わずにステージに上がったのだとか。 これって、結構すごくないですか? 退団時の習わしってことは お客さんも、天海祐希さんが その大きな羽を背負って出てくるものだろうと思っているのに それをあえて裏切ってしまうんですよ。 それも、そんなことが許されてしまうほどの人物だったということがわかりますよね。 本当に天海祐希さんならではの伝説だと思います。 退団時にはファンクラブの融資によって ファンが喜ぶような様々なイベント事があるそうなのですが 天海祐希さんが行ったのは派手なイベントではなく ファンクラブの方々全員に、同じワイングラスをプレゼントしたのだとか。 ファンクラブの中にも、 長年ファンであり続ける幹部クラスと まだファンクラブに入りたての方々との格差みたいなものがあるのですが そんなことなどお構いなしに、全ての方に同じワイングラスを送ったのです。 なかなか出来ることではないですよね~。 天海祐希さんのファンの方なら「彼女らしいね」と きっと納得してくれるのでしょうね。 ファンに注意するって…。 段取りが悪いファンを差し置いて自らが仕切ることもあったのだそう。 厳しく、感じ悪く取れるかもしれませんが それも全てファンとのゆっくり話す時間を作るため。 その時間を大事にするために、それ以外はさっさとしてよってことなんですね。 ファンにも媚びない、厳しい天海祐希さん。 そしてそれが通ってしまうんですから凄いですよね。 男役が外を歩くときはピンで髪を止める規則があったらしいのですが ピンをたくさんつける必要はないんじゃないかということで ピン不要と、ルールを変えたことがあるのだそう。 第三者的にみると、そりゃそうだろと思う事でも 組織の中にいると気付かない事や逆らえない事ってありますよね。 その中にいても冷静に判断できる天海祐希さんはやはり素晴らしいですね。 他にも、ファンの方の出待ちを控えるように促したのも天海祐希さんだそうです。 公演が終わってタカラジェンヌたちが帰るのは夜の10時過ぎ。 そんな時間に女性が外にいることの危険さ、夜に騒ぐのは迷惑になるという 一般的で冷静な判断から下した夜10時以降の出待ちの禁止令。 本当なら関係者側から出ても良さそうな意見を トップスターである天海祐希さん自らが発するかっこよさ。 やはり魅力ある方ですね~。 天海祐希「宝塚時代の人気度」について(動画あり!) ということで、多くの伝説を持つ天海祐希さんですが 宝塚時代の人気度は、本当に凄かったんです! 宝塚の男役として相応しすぎる上に ファンに媚びない塩対応、なのに心からファンを大事にする熱い人。 そんなイメージですよね。 みなさん、スタイルがいいですが 天海祐希さんは立っているだけでも本当にかっこいい! ここで、天海祐希さんだからこその 人気度がわかる動画をご紹介します。 宝塚を退団する時の映像です。 天海祐希さんの退団が 当時ワイドショーでこんな風に取り上げられたんですね。 天海祐希さんの人気度の高さが本当によくわかりますよね~。 Sponsored Link スポンサードリンク まとめ 現在も女優として、凛としたかっこいい女性を演じることの多い 天海祐希さんの宝塚時代について調べてまいりましたがいかがでしたでしょうか? 宝塚時代の伝説、どれも天海祐希さんならではのエピソードですよね。 活躍し続けられるのはやはり彼女の生まれ持った才能なんでしょうね。

次の

天海祐希のEDダンスに「キレッキレ」、古川雄大にも注目の声…「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」

天海 祐希 ダンス

エンディングで見せた天海さんらキャストのダンスと、古川雄大の出演も視聴者の注目を集めている。 東都病院脳神経外科の脳外科医で管理職的立場の深山瑤子役で天海さんが主演。 ずっと何事も一番が当たり前な人生を歩んできたが、実技は全然ダメな新人脳外科医の小机幸子役で広瀬アリス。 人の適材適所を見分ける能力に長けている脳神経外科部長の今出川孝雄役で三浦友和。 優秀な看護師・小沢真凛役で森田望智。 私生活が謎に包まれている看護師の犬飼剛役で福士誠治、医師たちの憩いの場となっているBAR「カサブランカ」のマスター・来島達也役で古川雄大らが出演する。 ご注意ください。 深山が勤務する東都総合病院に新たに3人の脳神経外科医が赴任。 今出川からそのまとめ役を押し付けられストレスを抱えていた。 そんな脳外科に赴任してきた幸子は、赴任早々緊急手術に立ち会うことになるも、深山から使えないと烙印を押されてしまう。 そんな中、深山は黒岩がオペを担当する脳腫瘍患者の妻・宅間みどり(堀内敬子)から「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急遽オペの中止を頼まれる。 深山が代わりにオペを担当することにしたが、手術する段になってまたもや手術の中止を求められる。 さらに手術してみると腫瘍だと思われたものが寄生虫の卵で…というのが今回のストーリー。 「穿頭しているときの骨煙や、アタッチメント付け替えるときにドリルに血が付いてるところがリアル」「手術シーンが医療ドラマの中ではかなりリアル」「リアルな演技や演出にしてるなぁって思った」など、リアルに描写された手術シーンに視聴者から絶賛の声が上がる。 またエンディングではキャストがテーマ曲に合わせてダンスを披露。 「天海さんのメリハリの効いたダンス、宝塚の時から好きだった」「天海さんのダンス、キレッキレ」「天海さんがキレキレで手足指先まで美しすぎ」などの声が上がるとともに、数々のミュージカルで人気を博す古川さんにも「地上波で古川さん見られるなんて、しかもダンスまで見られるなんて…幸せ」「EDのダンスにも加わってるし・・めっちゃ嬉しかった」といった声が続々と寄せられている。

次の