血 中 酸素 濃度 スマート ウォッチ。 スマートウォッチ iphone 対応 アンドロイド 血圧 血中酸素計測 心拍数 活動量計 着信通知 睡眠 スマートブレスレット 1.3インチ大画面 父の日 ギフト :watch

(追記有) SpO2(血中酸素濃度)センサーは日本では使用できない 薬事法上の制約

血 中 酸素 濃度 スマート ウォッチ

パルスオキシメーターの種類と選び方のコツとは もし、医師相談の下、パルスオキシメーターは多くの種類がありますので、しっかり把握して自分にあったものを選ぶようにしましょう。 目安はJISやISO規格 パルスオキシメーターは健康にとって体内の脈拍数や酸素濃度を測定するものなので、やはりその精度は選ぶ際の重要ポイントですね。 一般の人でも信頼して使えるものを選ぶには、 「 JISや ISOの規格を満たしているか」は第一の選ぶポイントです。 選ぶ際は、はじめにまず JISかISO規格であるか確認しましょう。 パルスオキシメーターの種類は色々!選ぶポイントは? 機能や見やすさはやっぱり大事 やっぱりどこにでも持ち運びしたいし、日常生活の中で使うものですから、ちゃんとした機能もあって、見やすいものが良いですよね。 だから、「使いやすい機能を見やすいディスプレイで見れる」ということは、とても大きなポイントになります。 「夜薄暗い場所では、見えずらい」ってなったら嫌ですよね? なので、• ディスプレーにちゃんとLEDバックライト機能がついているか。 文字は大きくはっきり表示されているか などはしっかり確認しておきましょう。 持ち運び便利な小さなサイズ 健康のためとは言え、毎日どこにでも持ち運ぶもの。 最近は、小型サイズのパルスオキシメーターも多く販売されています。 はこちら 今おすすめのパルスオキシメーター機能付きスマートウオッチ 価格が3680円という価格からは考えられないほど多機能でスタイリッシュな一品です。。 生活防水機能から健康管理機能まで万能な機能に加え、デザインもとてもシンプルでおしゃれなので、ショッピングから運動までこれ一つでOK。 女性に大人気の健康アイテムです。 値段は2000円台と格安ですが、生活防水の他、血圧、心拍計、歩数計など機能も充実しているので、あまりお金をかけなくても、安心して自分の健康管理ができます。 IPhoneやandroidにも対応しているので、データ管理も便利です。 JIS規格に基づく品質と健康データ管理に特化 計測データはアプリ外保存でき、グラフ化で健康管理、運動管理に最適です。 無条件30日間返品保証、アプリ無期限サポート付き なので 安心度NO. 1スマートウォッチと言えます。

次の

スマートウォッチは買うな!睡眠中の血中酸素飽和度SpO2がわかるSLEEPON【GO2SLEEP】

血 中 酸素 濃度 スマート ウォッチ

じいじ、ばあばに贈りたいスマートウォッチNo. アメリカで先行販売されている オムロンのスマートウォッチ「 HeartGuide」。 従来の血圧計と比べて、手首で簡単に血圧を測定することができます。 でも、数千円で買える血圧計に対して、HeartGuideは数万円。 果たして価格に見合うのでしょうか... ? 実際に試してみた米GizmodoのVictoria Song記者によるレビューがこちら。 サイレントキラーともいわれる高血圧。 アメリカではおよそ 3人に1人が高血圧で、年間1100人もの人が亡くなっています。 多くのウェアラブル機器によって、 心拍数を測ることは身近になりつつありますが、血圧に関してはそうではなく、医療機関でも従来の血圧計が用いられています。 そんななか登場したオムロンのHeartGuideスマートウォッチは技術的にも画期的で、ひとりで簡単に血圧を測定できます。 Omron HeartGuide Photo: Victoria Song Gizmodo これは何:血圧計スマートウォッチ 値段:500ドル 好きなところ:読みが正確。 使い方がわかりやすい 好きじゃないところ:ごついデザイン。 スマートウォッチとしての機能は不足している ボタンを押して、手を胸元でポーズ。 Photo: Victoria Song Gizmodo 使い方は、簡単。 上の画像のように胸元まで腕を持っていき、右側トップにあるボタンを押すと、あっという間に血圧が画面に表示されます。 正常域であれば緑色、高血圧であれば赤色の線がでるので視覚的にもわかりやすくなっています。 内側についているストラップで血圧が測れるようになっていて、データは専用アプリであるHeartAdvisorにも同期されます。 いままでの血圧計と実際に比べてみた 約4,000円で従来の血圧測定機を購入して、HeartGuideと比較してみました。 どちらも数分内で結果は出ましたが、HeartGuideのほうが従来の血圧計よりもずっと 手軽で、同じくらい 正確な数値が出ることがわかりました。 通常の血圧計とほぼ同じ結果に Photo: Victoria Song Gizmodo 従来の血圧計とほぼ同じ性能のものを持ち運べるともなれば、血圧を気にしている方々にとって新たな健康管理方法として役立つことが期待されます。 これまでお医者さんに診てもらっていたり、自宅に血圧計を置いておいたものがポータブルになることで、どこでもチェックできるようになるのは 大きな可能性だといえます。 高血圧の人に使ってもらった 私自身はありがたいことに健康なので、代わりにルームメイト(高血圧持ちで、家族にも心臓疾患を抱えた人がいる)に1週間使ってもらうことにしました。 彼は仕事の休憩中によくチェックしていたそうで、手首で血圧を確認できるのは かなり役立ったとのこと。 これを見るたびに 薬の服用を思い出したといいます。 また、安静時の脈拍が上がっていることにも気がついたので次回の診療で相談することにしたそうです。 Photo: Victoria Song Gizmodo 好きじゃないところ でも、ちょっと残念な点もあります。 私もルームメイトも同じように感じたのが、 デザインがごついということ。 もっと客観的な情報を記しておくと、直径48mm、厚さ1. 3cm超という大きさ(ちなみにでも46mm)にして、最近はスマートウォッチの軽量化が進んでいるなか重さは約116gと平均以上になっています。 ただ、私には大きくて、計測する際ちゃんと手首部分が包まれるようにちょっと押す必要がありました。 いっぽうで、私のルームメイトはかなり窮屈に感じていたようです。 S、Lサイズも今年後半にリリース予定となっています。 これは、サイズの違いによって血圧を計算するのに使用されるアルゴリズムが異なるため、ひとつひとつFDA承認のプロセスが必要となるのだとか。 それにしても、上着の袖に引っかかったり、タイピングがしづらかったり、睡眠中は腕につけていたくないので外したり...。 それに、正直言ってHeartGuideは おしゃれではないんですよね。 カーゴパンツにスニーカーを合わせたお父さんスタイルというか...。 (悪気はないんです。 ) スマートウォッチとしての機能性 もっとも、オムロンにとって 見た目の美しさが今回のスマートウォッチで追及したかったことではないのはわかっています。 それに、この血圧計という機能がもっとも普及しやすいのは、おそらく お年寄りの方々であることも指摘できます。 でも、そうなると約5万円支払う価値がどれほどあるのか... という問いに打ち当たります。 専用アプリで血圧の傾向やインサイトがわかる Screenshot: Victoria Song Gizmodo 血圧が測定できる機能は、素晴らしいです。 でもほかのスマートウォッチと比べると、 機能が充実しているほうではないともいえます。 オムロンHeartGuideにできることは、歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠パターンなどの計測。 電話着信やメール受信の通知も受け取れます。 面白いサードパーティ製アプリなどとの連携はありません。 おそらくこのデバイスで実際によく使うであろう唯一のアプリといえばオムロンのHeartAdvisorで、HeartGuideと連動して血圧の傾向を管理したり、日々の行動がどう健康に影響を与えるかといったインサイトを示してくれます。 バッテリー寿命に関しては、なんの文句もありません。 オムロンいわく、どのくらい頻繁に血圧を測るかにもよりますが、 週に2〜3回ほどの充電で済むと見込んでいるようです。 実際、1日に2度ほど血圧測定をしていましたが、3日は充電せずに済みました。 4千円 vs 5万円。 ひとりで血圧を測るのは大変な作業でもある Photo: Victoria Song Gizmodo 史上初ともいえる血圧を正確に測れるスマートウォッチ。 でも、血圧測定のほかに充実した機能がないことはたしかです。 これが初代バージョンだとして、もしオムロンが次世代バージョンを考えているとしたら、改善点がいくつかあると思います。 もっとコンパクトで、もっとデザイン性があって、もっと使えるアプリや通知機能も拡大して...。 でも現段階で、HeartGuideは お年寄りに贈るギフトとして最適だと思います。 もっと具体的なペルソナとしてはおそらく60歳以上の高血圧持ちで、簡単に血圧管理できる方法を探している人。 もちろんたとえばの話ではあるのですが。 (それに、私のルームメイトのような例外もありますね。 ) いずれにせよ、 HeartGuideのようなスマートウォッチ型の血圧計を求めていた人が多くいることは間違いないでしょう。 じつはも血圧管理機能があります。 が、センサーで読み取ったデータをもとに血圧を推定するもので、ベータ版、FDA認可なし。 家族に心臓疾患を経験された方がいたり、血圧が高い方がいたりする人にとって、オムロンのHeartGuideはギフトとして最適かもしれません。 ごついデザインが残念。 文字を打つのが大変。 Photo: Victoria Song Gizmodo メモ• ・血圧計として正確。 FDA認可。 ・歩数、距離、消費カロリー、睡眠といったデータの計測のほか、メール受信や着信通知も可。 ・バッテリーの持ちは、2〜3日ほど。 使い方によって変動あり。 ・ファッションとしてイマイチ。 人によって大きすぎる/小さすぎるという問題が発生する可能性あり。 S、LサイズはFDA認可待ち。

次の

HONOR Band 5レビュー

血 中 酸素 濃度 スマート ウォッチ

どうも、スマートウォッチ好きのDoga()です。 今回も、とある会社から試供品をご提供いただいたのでそちらのレビューをしたいと思います。 その製品が、すでにKickstarterにて資金調達を完了している「 」というスマートウォッチ。 あのアナログとデジタルのハイブリットスマートウォッチ「Withings」や、Garmin、Huaweiの元社員が設立した開発チームによって生まれたスマートウォッチだそうです。 まず、このスマートウォッチの何がすごいのかというと、 「血中酸素飽和度」を測ることができるということ。 血中酸素飽和度は、 血中のへモグロビンと結合した酸素量の割合を表す数字のようで、健康管理の指標として使われます。 血中酸素飽和度といえば、Apple(アップル)のApple Watchでも時期に搭載されることが噂されていましたね。 あのAppleでもまだ搭載を実現できていない血中酸素飽和度を先に搭載してしまったスマートウォッチということです。 次に、驚くのがその値段。 なんと、Kickstarterで今なら たったの49ドル(約5600円)なんです。 一般価格でも 79ドル(約9000円)ですよ? ただ、わかっています。 なんとなく不安な感じしかしないのは…。 「この値段で血中酸素飽和度も測れるスマートウォッチっておかしくないか?」でしょ? ということで、試してみましたよ。 その実力やいかに!? レッツハンズオン! 目次• その基本機能は以下。 通知機能(SMS、電話、メッセージアプリなど)• かかってきた電話を切る(出ることはできません)• 遠隔カメラシャッター機能(シャッターを切るのみ)• スマホを探す機能• 一般的なAndroid Wearのスマートウォッチとは違い、アプリを追加でインストールしたりすることはできず、本体に内蔵されているこれらの機能しか使えないということは事前に知っておくべき点でしょう。 また、文字盤の変更もデジタル表記とアナログ表記の2パターンのみです。 アレンジするとすれば、別売りで10種類ほど用意されているらしいバンドを取りかえるというくらいでしょうか。 開封の儀 さ、では開けていきましょう。 試供品ですので、パッケージのデザインが素っ気無いのはご勘弁を。 本体をクッションからバコッと抜くと、袋に充電用USBケーブルと、充電端子がビニール袋に入ってテープでとめられていました。 充電用の端子がなかなか珍しいつくりになっており、ハサミみたいになった端子を本体背面の受け側にはめて充電をするようです。 USBケーブルはだいたい30cmほどの長さでかなり短い。 本体背面の中心に見えるのが、心拍数や血中酸素飽和度を測るセンサーです。 小さいですね。 デザイン:個人的には好きなデザイン!一点を除いては…。 まずデザインに関して、個人的に 結構好きなデザインでした。 そもそも、ぼくは丸型の時計が大好きなので、大きすぎず、小さすぎずのこのFitOnの画面サイズと丸型デザインは大変気に入りました。 Apple Watch(42mm)と比べるとこんな感じ。 スポーツバンドのデザインや、ラバーの素材もグッド。 Apple Watchのナイキバンドを思わせるデザインですね。 しかし、外観のつくりに関して、ものすごく残念な点も。 それが、 本体がとにかく安っぽいということ。 具体的には、 スクリーンと サイドボタンです。 まず、スクリーンは、ガラス製というよりは、薄くて柔らかいプラスチックのような素材。 爪で叩くと、すごく安っぽい音がします。 ちなみに、タッチパネルではありません。 サイドボタンを押して画面を切り替えることとなります。 ディスプレイ(2. 43cm)はOLED(有機EL)のようで、発光は大変良いようです。 ただ、カラーはご覧のとおり、シンプルな単色ですので、特に「美しい!」と感じるものではありません。 むしろ、なんとなくレトロな印象さえ覚えます。 次にサイドボタンに関してです。 サイドボタンは3つ付いているのですが、使えるのはなんと 真ん中のボタンのみ。 これにはさすがに驚きました。 他の2つは装飾品で、押すことすらできません。 スクリーンに関しては、値段が値段ですから我慢できるのですが、このボタンに関してはむしろ逆効果だと思いましたね。 最初から1つで良かったんじゃないでしょうか…。 アプリ:使いやすくて良し 今回は検証用にAndroidを使ったのですが、専用アプリのUIや使い勝手に関しては大変良いものでした。 個人的には「iOSのヘルスアプリよりも使いやすいなー」なんて思っちゃいましたよ。 最初に性別や年齢、肌の色(センサー認識バロメーターの調整用かと)、1日の目標歩数などを設定します。 あとは、同ページ上でスクロールすれば、歩数、睡眠レベル、心拍数、酸素飽和濃度のグラフがひとめで確認できます。 そして、タブを切り替えればランニングモードと、本体の細かな設定ページが表示されるようになっています。 睡眠中は時間を確認しませんもんね。 これはバッテリーの節約にもなるし、なかなか賢い機能だと思いました。 総じて、アプリはよく作り込まれている印象でした。 アプリが今のところ英語しかないようなので、今後日本語版が出るといいですね。 本体の性能:スマートウォッチというよりもヘルストラッカー? 肝心の本体の性能について。 スマートウォッチとしては物足りず、ヘルストラッカーとしてならまずまずといった感じでしょうか。 まず通知機能は、Twitterやメールの件名の内容まで読むことができるのは嬉しいですね。 その代わり、通知が鳴ってすぐに表示が消えてしまうため、それを逃すとFitOn上では確認することができない点は残念です。 もう少し長く手元で確認できたらいいのに。 通知速度はバッチリです。 遅延もほぼありませんでした。 強めのバイブレーションで通知してくれます。 また、通知を受け取ることができるアプリもこうやって選択することができます。 LINEもありますよ。 次に心拍数に関して。 FitOnをApple Watchと同じ左腕につけて比較してみると、概ね近い数字が計測されましたので、 センサーの精度に関しては悪くないのではないでしょうか。 ただ、たまに つけていない状態でFitOnの方だけ急に数値が上がって、規定数値を超えたアラートが鳴ったりしていたのが少し気になりました…。 誤作動なのか、仕様なのか。 当然つけていない間はアプリ側に記録がされることはありませんのでご安心を。 背面のセンサーが作動している様子 血中酸素飽和度に関しても問題なく測れているようです。 残念ながら、 心拍変動数(HRV)のアルゴリズムに関してはまだ手を加えている最中のようで、こちらに関しては今のところなんとも言えません。 結論 3日ほど使ってみた結果です。 FitOnは、きっと スマートウォッチとして購入すると残念な気持ちになることでしょう。 文字盤をおしゃれにカスタマイズすることもできませんし、アプリを立ち上げることもできませんからね。 「もう少しスマートになってほしい…」という欲求が湧きあがります。 しかし、 ヘルストラッカーとして購入すれば、まずまずの出来栄えなんじゃないかなぁという感想をもちました。 そして、そう思わせてくれるのは、その価格によるところが大きいでしょう。 9000円ほどで、心拍数、心拍変動数、そして血中酸素飽和度を測れるデバイスというのは、市場ではそんなに多くないはずです。 バッテリーのもちも「4日」とアピールしている通り、かなり良いですし、(ぼくがいただいた試供品はまだ基準値には達していないようですが)防水機能も助かります。 FitOnのKickstarterでのキャンペーンは2017年11月19日まで実施されています。 試しに使ってみてもいいかもと思える人は、49ドル(5600円)でゲットしてみてはどうでしょうか? しかし、本当に「スマートウォッチ」がほしい人は、もっとカッコよくてしっかりしたものがたくさん出回っていますので、そちらを買ったほうがきっと幸せになれるはずです。

次の