いさ ぎ 魚。 シラウオとシロウオの違い

丹後の春を告げる魚・イサザ

いさ ぎ 魚

 シラウオとシロウオ しらうお(白魚)はシラウオ科、 しろうお(素魚)はハゼ科で、別の魚です。 名前が似ているし姿も近いので、 よく混同されますが関係のない別種なんですね。 しらうお(白魚) 白魚は江戸っ子になじみの深い魚でして、かの徳川家康がこの魚を大変好んだという記録があります。 佃島で白魚漁をさせたのが築地魚河岸のルーツですし、額に薄く見える紋様が葵の御紋に似ている事からトノサマウオで呼ぶ地方もあり(霞ヶ浦付近)、江戸っ子の食卓を描くのが巧みな池波正太郎の本にもよく登場します。 江戸前寿司でも昔から握られています。 今では軍艦巻きにのっける事が多くなりましたが、ネタの寸法に切った笹の上に行儀良く筏に並べてから握ります。 春になると産卵のために川に入り、昔は隅田川にも姿を見せ、江戸の春の風物詩だったようですね。 現在は霞ヶ浦や宍道湖、有明が主な産地で、中国・揚子江からの輸入が多いです。 また、漁獲後すぐに乳白色になってしまいます。 生は傷みやすいので、産地で釜揚げにしたものが多いですが、傷みやすい鮮魚よりも白い釜揚げの方が安全だし、味も良いです。 アマサギ、メソゴリの別名もあり、岩手や新潟ではワカサギの事をシラウオとかシロイオと呼ぶ様です。 他にシラオ、シラユ、シオレ等の地方名。 旬は冬から早春。 春を知らせる魚ですね。 しろうお(素魚) これも春を告げる魚の代表の一つで、旬は春。 イサギ、ドロメ、シラウオ、イサダ、ギャフ、シラヤ、ヒウオの別名があります。 シロウオの代表的料理は何と言っても博多の踊り食いでしょう。 生きたままのシロウオを二杯酢や黄身醤油でそのまま食べます。 博多の名物ではありますが、おいらは個人的に活き造りと同じくあまり好きではありません。 他の料理にした方が美味いと思います。 かき揚げとか卵とじです。 料理法はシラウオもシロウオもほとんど同じでして、椀種、酢の物、和え物、煮物、卵とじ、天ぷら、寿司の軍艦など。 熱々のご飯に、濃い出汁で似た白魚をツユごと混ぜ込み蒸らす白魚飯もあります。 関連記事•

次の

イサザ|北陸の魚介

いさ ぎ 魚

民宿磯魚(いさな)でございます。 名勝笹川流れにて海の恵みをご堪能ください・・・ 全国を泊り歩いて… 快適で素敵な民宿をOpenしてみました。 どうぞ いらっしゃいませ! こちらは宿前のほんのちょっとの景観です。。 粟島への夕日 ・・・ *宿は国定公園.笹川流れの南に位置しています。 もちろん目前は日本海 サラサラの砂浜。 黄金色に染まる夕暮れの海も楽しめます。 *海鮮好きもさながら女性からの評判が良いのも宿の特徴です。 やはり綺麗、清潔と高品質。 そして優しい気遣いが随所にある所でしょう。 *宿前の日本海で漁師(宿主)が 採りたて。 獲れたて。 捕まえたて地魚の 美味しさをゆっくりとお楽しみください。 緑豊かな季節になりました。 なんとまぁ。。 のんびりとした時がトコトコと 蒸気機関車のごとく海の上を動いているようで。 さて このコロコロウィルスは ただならないらしく 急いでも 易々と参ってくれないし かと言って 長いお付き合いもいただけない。 この所 以前の勢いも無くなったらしく。 少しづつだけど見えてきたような気がする。 宿は5月末まで自粛の予定です。 休むも休んだ。 何処に行く訳でもなし 漢ドラを 借りまくり 合間に漁具の作成。 でも漁はしてました。 黒鯛に大ヒラメ 真イワシ ホウボウ オコゼ マコカレイ カワハギ アイナメに墨イカまで 今が美味しい旬がずら〜り。 いつもならお客さんの笑顔が沢山の訳なんですが もう少〜しだと思います。 ウニ アワビ サザエ 岩カキ イ貝 初夏の美味しいもんが ドット揃います。 プリプリの岩ガキにコリコリのサザエ フワ〜リのトロ〜リのウニ 香り引き立つ プリッ コリッの山北・身厚アワビ。 変なウィルスには負けないぞ。 越後の国は旬を迎えて活性し 鮮度抜群の素材は 免疫を高揚。 奇岩 岩松が安らぎを醸し 美味と青葉景色でお待ちしております。 国定公園 名勝 笹川流れ ほのぼの漁師宿へ。 どうぞ 宿 磯魚へいらっしゃってくださいまし。

次の

新潟県笹川流れ 民宿磯魚(いさな)

いさ ぎ 魚

特徴 [ ] 成魚の全長は5-8cmほど。 頭が上から押しつぶされたように平たく、口は目の後ろまで裂ける。 体は半透明の黄褐色で、体側に不明瞭な黒褐色斑点が並ぶ。 第一背鰭後半部に黒点がある。 同属種の G. urotaenia に似るが、小型であること、体側の斑点が不明瞭なこと、尾柄が長いことなどで区別される。 田中茂穂によって記載された当初はウキゴリの Chaenogobius urotaenia isaza とされていた。 琵琶湖の固有種で、北湖に産する。 琵琶湖にはウキゴリも生息しており、イサザはウキゴリから種分化が進んだものと考えられている。 なお1964年(昭和39年)には(相模ダム)とで各1尾が記録されたが、これはの稚魚に混入するなどでされたものと考えられ、その後の繁殖も確認されていない。 生態 [ ] 成魚は昼間には沖合いの水深30m以深に生息するが、夜には表層まで浮上して餌を摂る。 琵琶湖の環境に適応し、ハゼにしては遊泳力が発達しているのが特徴である。 食性は肉食性で、幼虫などのやを捕食する。 産卵期は4-5月で、成魚は3月になると沖合いから沿岸に寄せてくる。 この季節はまだ水温が低いため他の魚類の活動が鈍く、卵や稚魚が捕食されないうちに繁殖を終わらせる生存戦略と考えられている。 オスは岸近くの石の下に産卵室を作り、メスを誘って産卵させる。 メスは産卵室の天井に産卵し、産卵・受精後はオスが巣に残って卵を保護する。 卵は1週間で孵化し、仔魚はすぐに沖合いへ出る。 しばらくは浮遊生活を送るが7月頃から底生生活に入り、成長に従って深場へ移る。 秋までに全長4. 5cmに達したものは翌年の春に繁殖するが、それに達しなかったものは次の年に繁殖する。 寿命は1年か2年で、繁殖後はオスメスとも死んでしまうが、メスには1年目の産卵後に生き残り2年目に再び産卵するものもいる。 人間との関係 [ ]• 版レッドリスト 要注目種 琵琶湖特産種のうえ、や(ブラックバス)による捕食が影響し個体数は減少している。 環境省のでは1999年版で「準絶滅危惧(NT)」として掲載されたが、危機的状況に陥ったという判断から2007年版では一気に「絶滅危惧IA類(CR)」に変更された。 もともとイサザの漁獲量は変動が大きい。 1950年代に一旦激減した後、1962-86年には160-590tまで回復したが、1988年以降に再び漁獲が激減、1993-95年には1t以下にまで落ち込んだ。 その後再び漁獲されるようになったが以前ほど漁獲されていない。 有効な保全策も不明とされている。 参考文献 [ ]• - 環境省自然環境局 生物多様性情報システム• 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』北隆館• 井田齋他『新装版 詳細図鑑 さかなの見分け方』講談社• 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海編『山溪カラー名鑑 改訂版 日本の淡水魚』(解説 : 高橋さち子).

次の