ガクガク ブルブル 顔 文字。 行動いろいろ(一行AA)

スカートめくり(^O^)|自然|シニアコムブログ

ガクガク ブルブル 顔 文字

スマホの不具合について スマホの画面なのですが、三日前くらいから使用していると画面が上下に揺れるようになりました。 最初は時々チラチラとちらつく程度でしたが、昨日からはもう使用するのが困難になるくらい激しく揺れるようになってしまいました。 私はこういった機械に疎く、まったくわかりません。 機種はauで、LGのLGL22というものだと思います。 スマホはこれが初めてで、今年の三月頃にこれを持ちました。 それからは特になんの問題もなく使用できていました。 アプリなどはほとんどしていません。 ラインなどもやっていません。 基本は電話とメールと、あと少しSNSをやっていて、ほかはもっぱら小説を読むのに使っています。 小説を読むのに画面が揺れたり文字が潰れたりすると非常に困ります。 電源を落としたり、再起動させてみたりといろいろ試しました。 使うのを控えて改めて開くと、症状が緩和されますが、また除々に激しくなってきます。 やっぱりショップにいって修理するしかないのでしょうか? 数ヶ月しか使ってないので、修理はちょっとなぁと迷っています。 どなたか詳しいかた、機械オンチの私にもわかるように説明していただけるとすごく助かります。 よろしくお願いします。

次の

かわいい顔文字500選(*ฅ́˘ฅ̀*)!見てるだけでニッコリしちゃう可愛い顔文字(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)

ガクガク ブルブル 顔 文字

2020. 23 11:40 以下は、自分が独自に発見した新説である。 多分、未だ誰も言及したことはないと思う。 しかし、或る程度、自信を持って言える! 愛知県人は顔が四角い! テレビや写真で、人の顔を見ていて、 ときどき、「アレッ?」と思う、異貌の人がいる。 なんだか、妙に顔が四角いのである。 そう考えるうちに、或る法則を遂に発見した。 それが、その人たちは皆、愛知県人だ、ということである。 一つ一つ、例示しますね。 また、記憶していたが、今は忘れている人もいるかもしれない。 しかし、個人的に知り合った愛知出身の無名人の顔を見ていても、 皆、顔が見事に四角い! 愛知県人は顔が四角い。 しかし、それが100%そうかと言えば、さに非ず。 愛知県人は大別して、次の3タイプに分類されるらしい。 愛知県人は顔が四角い! これは何たる、大胆な仮説であろうか! 因みに、自分は名古屋を始め、愛知県には一度も行ったことがない。 だから、現地で実際にフィールドワーク調査はしてない。 だが、自分のこれ迄の知識を綜合すると、 必然的に、愛知県人は顔が四角い、という法則が成り立つ、 ような気がするのである。 その要因としては、名古屋を始め、愛知県人は、 他の都道府県との相互移動が少ないように思う。 何か、蛸壺みたいに、いつまでも同じ圏内に留まっているのである。 だから、そういった、顔の四角い遺伝的な形質が代々受け継がれ、 それは、現代も変わっていないのではあるまいか。 最後に断って置くが、これは決して「差別」では無い! ただ、その個性を尊重しているだけである。 それにしても、 愛知県人は顔が四角い という法則は、何たる、大胆不敵なる仮説であることであろう。 異論は当然あろうが、 自分としては密かに、この新説に自信を持っておる次第である。 日記カテゴリ.

次の

ガクブルの顔文字一覧

ガクガク ブルブル 顔 文字

2020. 01 05:42 「ハッカクレン」という山野草がある。 種類が多いようだが、日本では栽培品種として公園などに見かけます。 葉が大きくつやつやと美しく、観葉植物とばかり思っていたが・・・ ところが、数年前に花が咲いてるのを見かけた。 葉の下に咲くので気づかなかった。 そこで葉をめくって見ると、なんと大きな花が咲ていた。 遠くからでも葉を美しく見せて、昆虫を呼び込む戦法だと言う。 生存競争の激しい世界、植物も生存競争(子孫を残す)で様々な手段で進化してきたと言うわけですね。 大きな部類です。 動植物から見たら馬鹿な生き物だとあきれてるかも・・・ 2020. 02 05:11 えええ~~~!ってきました。 植物も子孫のために考えるのですね。 人間も安易に生きている人は考えないとね。 花の大きさはどれくらいなのかしら、 大きく見えますけどね。 2020. 02 01:02 なんて珍しい植物ですこと! 初めて見ました。 名前も・・・ 京都市植物園にも時々行くのですが会ったことが無いような・・・ 葉の下に花をつける目的は? 花粉を雨風で飛ばしてしまわないように? でも、昆虫は艶やかな葉を見て集まるの? 何だか不思議ですね。 2020. 01 17:48 ハッカクレン 面白い植物ですね。 01 11:14.

次の