きめつのやいば かっこいい たんじろう。 鬼滅の刃 (きめつのやいば)とは【ピクシブ百科事典】

赫刀とは何?また顕現条件は?日輪刀が赤く染まる時【鬼滅の刃(きめつのやいば)】

きめつのやいば かっこいい たんじろう

死の淵を垣間見た生き物はより強靭になると私は知っている 死を回避する為に、通常生きていく上では不必要だった感覚や力の扉が開かれるのだ。 扉を開けぬ者は死に、 扉を開いた者は、 妹の力に頼らず刀身を 赫 あかくした。 だが、及ばない。 遠く及ばないのだお前たちは、あの男には あの男の 赫刀 かくとうは、斬撃は こんなものではなかった。 6つ繋がった。 やっと半分 脳も心臓もぐるぐる動いてる 攻撃に押されて銅まで刃が届かない。 速すぎる。 肺を殴られてるみたいだ 四肢が引き千切られるように痛い 心臓が破裂する。 夜明けまで1時間ある。 1時間・・・ 集中しろ今この瞬間の1秒以外考えるな 剣が鈍る 手足が鈍る 1秒だ 1秒を繋げ 夜明けまでの1秒を繰り返せ。 が・・・ 無惨 むざんにとっては技の精度が 緑壱 よりいちとの差を感じてしまうものであったようです。 もう技の精度が落ちた。 赫 あかい刃もすぐ元に戻る 所詮此奴 しょせんこいつもこの程度。 当然だ、あんなもの そうそう生まれてなるものか その後2人の戦いは続き、ふと 無惨 むざんはあることに気づきます。 ? 何だ? 炭治郎 たんじろうは変わらず動きは精彩を欠いて遅い 人間ならば当然動いた分疲労が足枷となる 何故私はその疲弊しきった手負いの人間一匹に止めを刺せない?・・・と そしてようやくあることに気づきます。 違う 私も遅くなっているのだ そうでなければ1体1でここまで時間はかからない 2度も止めを刺し損ねない そしてすぐにその理由を推測します。 原因はあの女に違いない 取り込んだ 珠世 たまよの細胞に吐かせる。 お前は何をした? 私に使った薬は人間返りではなかったのか?と、 そして珠世の細胞は 無惨 むざんの問いに答えます。 「お前に・・・使った薬は・・・」 「人間に戻すもの・・・」 「それと・・・」 「言わない」 「無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」 その返事の瞬間 無惨 むざんは体内の 珠世 たまよの細胞をぐしゃ!っとにぎりつぶし 細胞に残る記憶を読みます。 そして上弦の弐の鬼、 童磨 どうまに吸収されてしまった鬼殺隊の元毒柱だった 胡蝶 こちょうしのぶが出てきます。 「薬は複数のかけ合わせにしましょう」 「分解されることは前提で進めるべきです」 「ひとつめは人間に戻す薬」 「そしてそれが効かなかった場合」 「残った薬がより強力に作用するよう細工をします」 「2つめは老化の薬が望ましいですね」 「 珠世 たまよさんが作ったこれなら1分で50年 無惨 むざんを老いさせることができる」 と、そこで初めて驚愕の事実を知ります。 そうか私は老化し続けていたのだ 老化の進行を食い止める為に私の力は削がれ 柱含めこの程度の鬼狩りの始末にてこずった。 珠世 たまよが私に薬を使ったのは何時間前だ 4時間・・・いや5時間近く前・・・ 薬が効き始めるまでの時間を差し引いたとしても 3時間以上作用していたと思われる つまり私は・・・ 9千年老いている!! もっと早く気づくべきだった 頭髪の色が戻らないこと・・・ と、今までの自分の異常な体の変化にその時初めて気づいた 無惨 むざんでした・・・ と、その時にカラスが「夜明ケマデ59分!! 」と叫びます。 もっと早く もっと正確に 繰り返せこの12のべ繰りを!! 夜明けまで!! 茶々丸 ちゃちゃまる、首を斬られても死んでなかったのですね!よかった!! 茶々丸 ちゃちゃまるの首を拾い上げ、胴体と引っ付ける 愈史郎 ゆしろうでしたが、 その様子を横から見ていた鬼殺隊の隊士達は驚き、 「その猫も鬼なのか?」と 愈史郎 ゆしろうに聞くと 愈史郎 ゆしろうは「決戦直前に鬼にできたんだ」 と返事しますが、すぐさま 「そんなことより何をボケッと見てる?」 「死にかけてる奴らの手当てをしろよ」 「本当にグズだなお前ら」 と、言うと隊士達は急いで救助に向かいます。 横たわる 伊之助 いのすけに 「大丈夫か猪!! 」 「血清打ってないの 我妻 あがつまと 猪と 栗花落 つゆりさんの3人だよなぁー!? 」 と言いながら 栗花落 つゆり カナヲを救助します。 そして、 愈史郎 ゆしろうは瓦礫の中で横たわる 悲鳴 ひめじまの手当てを始めますが 思ったよりも容態が悪いようです・・・ 「まずい・・・足はまずい・・・」 「仮に意識が戻ったとしても失血と平衡感覚の欠如で戦うことなど不可能だ」 「50分以上残してコイツがやられるとは・・・」 「 炭治郎 たんじろう1人では無理だ」 「 珠世 たまよさま・・・」 「 炭治郎 たんじろうを守ってください」 「何とか守ってやってください。 お願いします」 と、つぶやきます・・・ 場面は 炭治郎 たんじろう対 無惨 むざんの戦闘へとうつし、 必至に戦闘を繰り広げる 炭治郎 たんじろうは 「技は繋げばいいってものじゃないぞ」 「心臓と脳を正確に狙わなきゃ」 「もっと集中して透き通る世界に入るんだ」 と、思った矢先に 炭治郎 たんじろうの体に異変が起こります。 「見えない・・・!! 」 「酸欠・・・!! 」 とすぐさま自分の体の異変に気が付きます。 「落ちつけ!! 」 「匂いで捉えろ」 「大丈夫だ絶対できる!! 夜明けまで・・・」 その瞬間着地した左足がズルっとすべってしまい、攻撃を喰らってしまいそうになる 炭治郎 たんじろうでしたが そこへタイミングよく伊黒小芭内が駆けつけ蛇の呼吸の技を出し 炭治郎 たんじろうを救います。 炭治郎 たんじろうはその瞬間目が見えておらず、ただ誰かが助けてくれたとだけ把握してましたが 匂いをかぎ、次第に視覚が戻りはじめ助けてくれた人が着ている羽織の模様がだんだんと見え始めます。 そして、救ってくれたのが 伊黒小芭内 いぐろおばないであることを確認出来たと同時に 伊黒 いぐろが目を負傷し開いていないことを確認します。 炭治郎 たんじろうは 「 伊黒 いぐろさん両目が・・・!! 」 「俺を庇ったせいで」と言うと 伊黒 いぐろは 「違う!もっと前にやられた」 「お前は人のことばかりうるさい」と、 そんな 伊黒 いぐろに 炭治郎 たんじろうは 「 伊黒 いぐろさん俺が援護して戦います」 すると 伊黒 いぐろは 「俺は元々右目が弱視で殆ど見えなかった」 「お前の介添えなど必要ない」 「俺には鏑丸がついている」 としびれることを言ってくれます!めちゃくちゃかっこいいですね!! そうして 伊黒 いぐろは 無惨 むざんとの戦闘を繰り広げます。 目の見えていない 伊黒 いぐろはどうやって戦っているのでしょうか!? そう、蛇の鏑丸がしっかり状況判断をして 伊黒 いぐろがどちらに逃げればいいのか、 どう動けばいいのか合図を送っていたのです! そうして蛇の呼吸の技を出し戦う 伊黒 いぐろを見て無残は、 「蛇が状況を伝えている?」 「あのような畜生に私の攻撃が読まれているだと?」 と、鏑丸を攻撃しようとしますが、 炭治郎 たんじろうと 伊黒 いぐろの2人の攻撃に阻まれてしまいます。 そんな状況を見て無残は 「身体の欠損を想定して訓練していたとしても」 「あれ程の手負いの人間を一瞬で殺せないとは」 「老化薬の影響・・・」 「まだ分解できないのか、そちらの修復に体力を奪われる」とつぶやきます。 そして 炭治郎 たんじろうは 「みんなの攻撃が 無惨 むざんを弱らせているはずなんだ」 「 無惨 むざんの匂いは段々変化してる、それなのにまだこの強さ・・・!! 」 「酸欠を免れるのが精一杯で透明な世界に入れない」 「2対1でもまだきつい!! 」 「何とか現状を打破しないと」 「 伊黒 いぐろさんに何度も助けてもらった、俺も 伊黒 いぐろさんを助けなきゃ・・・」 と思いながら戦ううちに、ふと 無惨 むざんの体の変化をとらえます。 「?」 「何だ?あれ。 無惨 むざんの体・・・」 見ると、無残の体には無数の古傷が浮かび上がっていました! 傷・・・?古傷だ と 炭治郎 たんじろうはその浮かび上がった傷の正体をつきとめます。 「 緑壱 よりいちさんがつけた傷だ」 「治癒しなかったんだ、何百年もの間 無惨 むざんの細胞を灼き続けた」 「あの傷はそのまま 無惨 むざんの脆い所なんだ!! 」 「 緑壱 よりいちさんが俺たちを導いてくれる・・・・・・!! 」 夜の闇の中、照らされた道しるべ・・・ 次回はどうなるのでしょうか!? しかもめちゃくちゃ強いです!!! そして、蛇の 鏑丸 かぶらまるのクオリティが蛇を越えてますね! さらに、 伊黒 いぐろさんとの絆がぱないです!! 今まで普通にただのちょっと仲の良い蛇としか捉えていなかったのですが、 ごめんなさい。 だってかっこいいですよね!! それと、 茶々丸 ちゃちゃまるちゃんです! 生きててくれたんですね~! 本当に良かったです! でもまさか鬼になっていたとは思っていなかったです。 もしかしたら、今後活躍してくれるかもしれませんね!! そして残念なことに、どうか無事であって欲しいと願い続けた 悲鳴 ひめじまさんの左足でしたが・・・ 今週話の 愈史郎 ゆしろうの救助している様子で左足は欠損していることがほぼほぼ確定してしまいました・・・。 これがどういうことかと言うと、 時同じくしてやられてしまった 冨岡義勇 とみおかぎゆうさんの右腕も欠損してしまっている。 ということも同様にほぼほぼ確定となってしまったことです。 今週話では取り上げられていませんでしたが、おそらく近いうちに救助されている描写が出てくると思われます・・・。 なので、せめて弱視ではないほうは軽傷で済んでいて欲しいところです。 さて、次週話以降の考察ですが しばらくの間 伊黒 いぐろさんの加勢があったにせよ、 無惨 むざん対 炭治郎 たんじろう戦が続いていますので もうそろそろなにかしらの変化が出てくるのではないでしょうか? その1 無惨 むざんの古傷が浮かび上がってきたせいで、 無惨 むざんがあせり強引にでも体力の回復をしようとする。 例えば鬼殺隊の隊員達、特に栄養価の高い人である稀血の不死川実美とかを吸収して回復する。 (なんかセルとかブウみたいですいません) ただこれは外れて欲しいと思っています。 理由はセルとかブウなら叩いて吐き出して、吸収された人は無事!なんてことには鬼滅の刃はなりそうにないからです。 その2 新たな鬼の出現 例えば、無限城での戦闘以前から仕込んでいた 上弦の伍の鬼のストックが登場する。 女性達の中で流行り始めている鬼滅の刃の髪型【アニ髪】についてこちらに詳しく紹介しています!こちらも是非ご覧ください!.

次の

鬼滅の刃(きめつのやいば) ウエハース|シークレットカードをGETしたい! 箱買いした結果…

きめつのやいば かっこいい たんじろう

鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 大正版ビジュアル系代表のような宇随天元。 左目には、赤い丸と線を放射線状に描いた化粧をしています。 一見刺青 いれずみ のようにも見えますが、素顔になった場面ではこの模様はありませんでした。 素顔は非常に整った美形なんですが、宇随天元曰く 「地味なので不本意」だそうです。 そしてこの化粧については、今のところ特に何かの繋がりの意味は見当たりませんでした。 ただ考えられるのは、 パンクファッションは目から線が出るような化粧や丸い円を描く化粧が多いので、それを表したいのかなと。 この時代においての最新のファッションリーダーを表したいという願いが込められているのかもしれませんね。 宇随天元は弟もかっこいい?【鬼滅の刃 きめつのやいば 】 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 宇髄天元と共に、父親の厳しい訓練で見事生き抜いた2歳下の弟は、訓練によって父と同じ考え同じ言動をするようになりました。 要するに 「部下は駒。 妻は跡継ぎを生むためなら死んでもいい。 本人の意思は尊重しない」 「ひたすら無機質」 という考え方になっていました。 しかしは、これに疑問を感じます。 「あんな人間になりたくない」と、自身が生まれた忍び一族を脱出して、 うぶやしきかがや に拾われて鬼殺隊に入り、その後柱に上り詰めました。 宇髄天元の弟の情報は、現段階ではこれ以上の説明や登場はありません。 宇随天元の実家の忍びには、この弟以外の跡継ぎはいないようなので現在はその弟がこの一族を受け継いで新たな当主となっているのではないかと考えらえれます。 厳しい考え方や訓練の結果、父と同じように冷徹になってしまった弟と、それを疑問に思い一族を抜けた宇髄天元。 今後の展開としては、何かの出来事の中にこの忍び一族が登場する可能性がありますね。 その際に、この弟が登場して宇随天元との何らかのやり取りがあるということは確実なようですね。 今の段階で、上弦ノ伍が未だ登場していませんね。 これはまったくの予想ですが、 柱などの重要な人物の過去を知る人物の設定のため、伏線回収のタイミングまで登場させていないのでは。 鬼滅の刃は兄弟等の血の繋がりや師弟関係の絆や確執がよく登場します。 これは 鬼滅の刃の大きなテーマの一つです。 今までにも、過去や回想で存在自体は仄めかされているがまだ登場していない兄弟関係があります。 訳ありで家を出た宇随天元と、確執のあった実家や弟についてのエピソードは未だに分かっていません。 このままはっきりしないままで終わるという事は考えにくいですね。 何となく予想される展開としては、宇随天元の弟はその後鬼となってしまった(もしくは鬼にされてしまった?)という形で、弟と宇髄天元が再会するのではないかと囁かれています。 現在、宇髄天元は煉獄父と共に産屋敷家の護衛にあたっています。 宇髄天元は、『遊郭潜入大作戦編』で左手と左目を失う重傷を負いました。 その後、柱としての任務を全うすることは不可能と、当時のお館様である産屋敷耀哉に引退を申し入れ許可され第一線を退いています。 しかしもし弟が上弦ノ伍として現れれば、身体的には戦えない状態であっても、弟の征伐に向かうのではないかと考えられます。 鬼滅の刃では『兄弟』が大きなテーマになっていて、いくつも登場してきていますよね。 1: : 2: :カナエ:。 3:縁壱 : 4: : 獪岳 (兄弟弟子) と、兄妹や兄弟弟子関係がいくつか登場してきてますね。 ということで、 ここで 宇髄天元の弟が鬼殺隊側で共に戦うことも考えられますが、回想での弟の性格をみる限りそれは無いのかなと思います。 やはり鬼側となり宇髄天元と対決するという展開が予想されますが。 宇随天元は嫁もかっこいい?【鬼滅の刃 きめつのやいば 】 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 現代の日本では、一夫多妻は認められていませんが宇髄天元には妻が3人います。 鬼滅の刃は大正時代の日本が舞台になっています。 では大正時代は、一夫多妻が認められていたのかというと、そんなことはありませんでした。 しかし、宇随天元の家は代々続いてきた『忍び』の家系です。 戦国時代の風習を引き継いでいる家系では、それが許されていたということでしょうか。 本編を見ると、 宇髄天元の実家は一夫多妻制を大正時代になっても採用しており、15歳になった時点で3人の妻を持つことになっていたとのことです。 また、嫁選びについては性格など相性を考慮した上で一族の長が決定するらしく、宇随天元の3人の嫁も、宇髄天元との相性から選ばれた3人だったことが明らかにされています。 かっこよくて異性からもてそうな宇髄天元ですが、嫁たちとの結婚は恋愛結婚ではなかったようですね。 しかしこれを聞いて、女好きな善逸は嫉妬に狂っていましたね^^; そしてもっと詳しいエピソードを紹介したいのですが、本編中に宇随天元と奥さんとのシーンはあるのですがエピソードの数はそんなに有りません。 そもそも宇髄天元も『遊郭潜入大作戦編』でしかほぼ登場しないため、登場シーンはそれほど多くないのです。 しかし派手に派手にと言ったり、・・にはっきりとパワハラ発言したりしている宇随天元ですが、とても性格イケメンだと思われる所があります。 鬼殺隊の教えでは、何に引き換えても鬼の滅殺を第一と考えるよう教育されていますが、宇髄天元は3人の嫁の安全を第一に考えています。 大正時代の男性にしては、こういう考え方はとても新しいですし思いやりに溢れていますね。 ちなみに、3人のお嫁さんの名前は 須磨、 まきを、 雛鶴です。 3人とも宇髄天元と同じく元忍というか女なので 『くのいち』です。 夫である宇随天元の命を受けて、鬼の情報を掴むために自らの体を張って遊郭に入り潜入捜査していました。 しかし、だからと言って宇髄天元は嫁の事を何とも思っていないわけではありません。 命の優先順位の1番目として嫁たちに「お前ら3人」と発言しています。 そして嫁3人が鬼の潜入捜査に当たった際には「お前らが大事だから死ぬなよ」とも言っています。 そしてその嫁3人も宇髄天元に対して愛情を抱いているようでした。 この3人の嫁の性格はバラバラです。 須磨はかなり泣き虫で弱音をよく吐きます。 まきをは勇ましくテキパキとした性格です。 雛鶴はやさしくしっかり者です。 あえて共通点として上げると、• 二人とも体質的に耳が良く聞こえる。 髪の毛の色が派手である。 金と銀。 ということが挙げられます。 また、『遊郭潜入大作戦編』では炭治郎・伊之助と共にこの2人が作戦に参加しています。 『継子 』とは、文字通り『継承する子』という意味です。 つまり『跡継ぎ』です。 柱の中には、隊士の中から弟子を選んで採用し、柱が常に直接指導するということもあります。 柱から隊士が直接指導を受けることが出来るのは『柱指導』の時だけですが、 『継子 』として採用することで個人的に稽古を付けることが出来ます。 岩柱・悲鳴嶼行冥が不死川玄弥を、胡蝶しのぶが栗花落カナヲを 『継子 』にしたことが例として挙げられます。 しかし宇随天元は、勢いで我妻善逸・伊之助・炭治郎に対し「継子だ!」と言ったような雰囲気もあるので、本当に継子にするつもりではないのかもしれません。 ではどうして、我妻善逸・伊之助・炭治郎に対して言ったのに、我妻善逸だけに 『継子 』説があるのか? それは多分、宇随天元の使う『音の呼吸』が『雷の呼吸』の派生呼吸であることではないかと思われます。 もともと『音の呼吸』は宇髄天元が生み出したオリジナルの呼吸ですからね。 現在宇髄天元は、怪我により現役を引退しました。 だからこそ時間が出来て、 『継子 』を取るのではないかという声も上がってきているのではないでしょうか。 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 宇随天元は『遊郭潜入大作戦編』での怪我が重く、現役を引退しました。 残念なことに鬼殺隊の柱としての、あの勇ましくかっこいい姿を見ることは出来なくなりました。 しかしこれからも 鬼殺隊の教育係として、あのかっこいい宇髄天元が見られるということで再登場を楽しみに待っていましょう! 【鬼滅の刃 きめつのやいば 】は無料で読める?漫画村の星のロミってどんな人物? 入国管理局は、著作権法違反で日本当局から指名手配された日系ドイツ人逃亡者を逮捕しました。 星のロミさんは、日本の漫画の違法視聴サイト「」の支配人だったと伝えられています。 今現在、巷では漫画村の疑似サイトが発見されています。 データ削除は勿論のこと、ウィルス除去の架空請求も多数来ることもあります。 数年前よりも現在はしっかりとウィルスが仕込まれている状態です。 【鬼滅の刃 きめつのやいば 】はzip、rar、pdfなら違法ではなく読める? zip,rar,pdfをダウンロードして、圧縮ファイルを解凍した瞬間にスマホやパソコンがウイルスに感染するケースが最近すごく増えています。 とくにスマホはパソコンよりもウイルスに対する防衛意識が全体的に低いせいで結構被害者は多いんです。 今回は大丈夫だったとしてもこれまで、たまたま大丈夫だっただけです。 【鬼滅の刃 きめつのやいば 】を簡単・安心・安全に読む方法は? 鬼滅の刃を 書店で買わずに簡単に安心安全に読みたいところです。 そこで、私がしている簡単・安心・安全・お得に漫画を見る方法をお伝えします。 以前はでタダで読めましたよね。 でも 今は漫画村もだめ、zipやrar、pdfは危険で使えない…… ではもう簡単に読むことなんて出来ないの?って思いますよね^^; それが大丈夫なんです!! 鬼滅の刃を、 怪しげな違法サイトからではなく完全に合法でリスクもなく安心して読む方法があったんです。 データ容量を気にすることなく、中には丸ごと1冊無料で読めるものもあります! 「今週の無料の本」というページに行くと全ページ立ち読みできる漫画が陳列されています。 これはアプリでなくプラウザでも読めます。 なのでMacを使っている方には嬉しい対応です。

次の

鬼滅の刃 マイクロファイバータオル 我妻 善逸 (あがつま ぜんいつ) きめつのやいば 鬼滅の刃 グッズ :kmt

きめつのやいば かっこいい たんじろう

第10位 禰豆子が小さくなって逃げるシーン 第10位は炭治郎に逃げるように言われて走り出す禰豆子。 カナヲに狙われて切られそうになった瞬間、背を縮めて子供の姿に変身し「とててててて」と可愛らしい足音を立てて逃げ出します。 最終的には追い詰められてしまいますが、カラスの伝令で本部へ連れ帰るように命令が入り助かりました。 その頃冨岡としのぶは…… しのぶの継子カナヲは禰豆子を追いかけ仕留めようとしていましたが、その頃冨岡も禰豆子を逃がす為にしのぶをアームロックで食い止めていました。 そして2年前からの話で間を伸ばそうとしたところ、しのぶに「嫌われているといった事根に持ってます?」といわれかなりダメージを受けてしまいました。 第7位 天元が最後の言葉を言い残せなかったシーン 第7位は天元が最後の言葉を妻に残……そうとしたシーン。 大けがと毒により瀕死となってしまった天元は最後の言葉を妻たちに残そうとします。 しかし3人の妻のうちの1人が大騒ぎ!天元の言葉を遮ってしまい最後の言葉を告げる事も出来ないまま毒が回って喋れなくなってしまいました。 このシーンはコミカルに描かれていたので助かる気はしていましたが…… 天元を救った救世主は禰豆子 もはやこれまでかと天元もあきらめかけたその時、4人の元へひょっこりやって来たのは禰豆子でした。 禰豆子は天元に触れると毒を燃やす血鬼術で天元の身体から毒を消し去ってしまいます。 しかしその姿はまさに燃えている姿そのもので、一時は妻の1人に怒られてお尻を叩かれそうになりました(笑) 第6位 甘露寺が走り寄ってくるシーン 第6位は個人的に好きだったこのシーン。 刀鍛冶が暮らす里へやって来た炭治郎の元へ甘露寺が泣きながら走り寄ってくるのですが、その際に大きく開いた胸元を見て炭治郎が「乳房が零れ出そうです!」と注意します。 しかも2回も「危ない!!」と真剣に言っている所がなんだか笑える名シーンでした(笑) 第5位 禰豆子の覚醒シーン 第5位は禰豆子が炭治郎のピンチで大人の姿になって鬼化が進んでしまうシーン!体中に紋様のような物と血管が浮き出て、右の額からは鬼の証でもあるツノが生えてしまっています。 こうなった禰豆子はパワーだけでなく再生能力も飛躍的に向上するのですが、自我を失ってしまい本当の鬼になってしまいそうになります。 そんな禰豆子を落ち着かせたのは炭治郎の子守歌 鬼化が進み過ぎて炭治郎でも止められなくなってしまった禰豆子でしたが、天元に「子守歌でも歌ってやれ」といわれて炭治郎は昔母親が歌っていた子守歌を禰豆子に歌って聞かせます。 すると禰豆子はみるみる落ち着きを取り戻し、最終的に子供の姿に戻り涙を流しながら眠りにつきました。 第4位 鱗滝からの手紙を読み上げるシーン 第4位はお館様の前に柱が勢ぞろいしひざをついて話しを聞くシーン。 普段個性が強すぎてまとまりがほとんどない柱たちですが、お館様を前にするとビシッとまとまりを見せます。 この時は炭治郎と禰豆子の事についての話だったのですが、禰豆子の扱いに関して騒ぎ立てる一面もあったものの、お館様が指を口に当てるとぴたりと静まり返りました。 第3位 妓夫太郎兄妹の最後のシーン 第3位は妓夫太郎と堕姫の最後のシーン。 首を切られた2人は顔を向い合せるように転がり激しい口喧嘩を始めてしまいます。 喧嘩はエスカレートし、妓夫太郎はつい「お前なんか生まれて来なきゃよかった」と言いそうに……その時炭治郎は妓夫太郎の口をふさぎ、代わりに「嘘だよ」と言いました。 大泣きする堕姫。 それでも最後は一緒に…… 灰のように消えてしまい死んでしまった2人。 妓夫太郎は地獄へ行く覚悟をして歩き始めます。 そこへやって来た堕姫。 その姿を見ると昔の人間の姿になっていました。 これから地獄へと落ちていく妓夫太郎は堕姫に向かって「お前は反対の明るいほうへ行け」と告げます。 しかし泣きながらずっと一緒だと言って飛びつく堕姫。 2人はそのまま地獄へと仲良く落ちていきました。 第2位 禰豆子が冨岡から炭治郎を守るシーン 第2位は序盤で鬼化した禰豆子が炭治郎を必死に守ろうとするシーン!最初は鬼化の影響で炭治郎の命を狙っていたのですが、冨岡に気絶させられた姿を見ると一瞬の隙をついて炭治郎の元へ駆け寄ります。 この時冨岡も「食われる」と思ったのですが、禰豆子が取った行動は「守る」という行為。 これに驚いた冨岡は禰豆子を気絶させ、殺さずに見逃す事にしました。 第1位 煉獄の最後のシーン 第1位はやはり煉獄の最後のシーン。 現在のところ柱で唯一死んでしまったキャラクターですが、さまざまな名言を残して最後は笑顔で逝ってしまいました。 ちなみにこの笑顔は既に亡くなった母の姿を見て、自分がやるべきことを果たせたか尋ね「立派にできましたよ」と褒められたのを喜んで息を引き取ったシーンです。 名シーンランキングまとめ ここまでランキングを付けてきましたがいかがだったでしょうか?正直他にも沢山名シーンはあって悩みましたが1位は煉獄の最後にしました。 善逸や伊之助の名シーンを上げなくて怒られそうですが、今回はここまででご勘弁願います(笑).

次の