アルフォンソ ソリアーノ。 アルフォンソ ソリアーノとは

アルフォンソ・ソリアーノ(パワプロ2019 実在 1997年)

アルフォンソ ソリアーノ

日本プロ野球名球会(王貞治理事長=ソフトバンク球団会長)が頭を悩ませている。 ヤンキースのアルフォンソ・ソリアーノ外野手(37)が、大リーグ通算1994安打(米時間7月30日現在)をマーク。 実はメジャーデビュー前、広島に所属していた1997年シーズンで2安打を記録しており、日米通算2000安打となれば入会資格を満たすからだ。 外国人選手の資格については4月に会員となった横浜DeNAのアレックス・ラミレス外野手(38)を巡って議論が沸き起こったばかりだが、今回の難問の答えは…。 (宮脇広久) 「そりゃ入会資格はあるじゃろ。 彼が背番号74を付けて駆け回っていた姿は覚えとるよ」 こう断言するのは、ある広島OBだ。 ソリアーノは広島がドミニカ共和国に開設したカープアカデミー出身。 1996年には20歳で来日し広島入り。 翌97年に1軍で9試合に出場し17打数2安打(打率・118)。 その潜在能力で大いに将来を嘱望された。 ところが同年オフ、代理人の団野村氏と球団との間で年俸闘争が勃発し退団。 ヤンキース入りすると頭角を現し2002年に209安打、打率3割、39本塁打、41盗塁をマーク。 確実性・長打力・俊足を兼ね備えた強打者として鳴らした。 その後、レンジャーズ、ナショナルズ、カブスと渡り歩き、7月26日のトレードで10年ぶりにヤンキースへ電撃復帰。 イチロー外野手と同僚になった。 松井氏の引退セレモニーが行われた28日のレイズ戦では、復帰初本塁打とサヨナラ適時打を含む5打数4安打3打点と活躍し花を添えた。 そんなスラッガーが目前に迫った名球会の扉を開く資格とは、どうなっているのか。

次の

アルフォンソ・ソリアーノとは

アルフォンソ ソリアーノ

日本プロ野球名球会(王貞治理事長=ソフトバンク球団会長)が頭を悩ませている。 ヤンキースのアルフォンソ・ソリアーノ外野手(37)が、大リーグ通算1994安打(米時間7月30日現在)をマーク。 実はメジャーデビュー前、広島に所属していた1997年シーズンで2安打を記録しており、日米通算2000安打となれば入会資格を満たすからだ。 外国人選手の資格については4月に会員となった横浜DeNAのアレックス・ラミレス外野手(38)を巡って議論が沸き起こったばかりだが、今回の難問の答えは…。 (宮脇広久) 「そりゃ入会資格はあるじゃろ。 彼が背番号74を付けて駆け回っていた姿は覚えとるよ」 こう断言するのは、ある広島OBだ。 ソリアーノは広島がドミニカ共和国に開設したカープアカデミー出身。 1996年には20歳で来日し広島入り。 翌97年に1軍で9試合に出場し17打数2安打(打率・118)。 その潜在能力で大いに将来を嘱望された。 ところが同年オフ、代理人の団野村氏と球団との間で年俸闘争が勃発し退団。 ヤンキース入りすると頭角を現し2002年に209安打、打率3割、39本塁打、41盗塁をマーク。 確実性・長打力・俊足を兼ね備えた強打者として鳴らした。 その後、レンジャーズ、ナショナルズ、カブスと渡り歩き、7月26日のトレードで10年ぶりにヤンキースへ電撃復帰。 イチロー外野手と同僚になった。 松井氏の引退セレモニーが行われた28日のレイズ戦では、復帰初本塁打とサヨナラ適時打を含む5打数4安打3打点と活躍し花を添えた。 そんなスラッガーが目前に迫った名球会の扉を開く資格とは、どうなっているのか。

次の

アルフォンソ・ソリアーノ(パワプロ2019 実在 1997年)

アルフォンソ ソリアーノ

経歴 [編集 ] 広島時代 [編集 ] プロ野球選手としての経歴はのから始まる。 同球団が所有するの野球スクール「」で才能を認められ来日。 広島時代の背番号は 74。 はカープで二軍のウエスタンリーグで三塁と遊撃を守り、57試合に出場し、打率. 214(131打数28安打)、0、13。 に一軍登録され、9試合出場。 17打数で2安打。 身体が細いにもかかわらず、この頃からすでに振り回すバッティングフォームであった。 また足が遅いことで有名だったためあだ名は ロバと呼ばれていた。 広島で遊撃手として守った時が、人生で一番精神的に疲れたという。 当時を振り返り、「19歳(鯖読みをしており実際は21歳)だったんだ。 自分の手は震えが止まらずにいたよ。 誰も自分に向かってゴロを打って欲しくなかった。 ポロリと落とすってわかっていたからね」と語った。 は1997年の一年間、で、同じ釜の飯を食べた仲。 、球団は4万5000ドルを提示するも代理人のは18万ドルを要求したためを申し立てたが、球団の提示額を妥当と調停が下るも、それに納得しなかったため公示で退団。 ヤンキース時代 [編集 ] 1998年の9月29日にがソリアーノの保有権を持っていた広島に310万ドルを支払い契約を結んだ。 この一連の問題に関しては「カープに対しては恨みなどはない。 確かにいざこざはあったが、感謝している。 僕に初めてプロでプレーする機会をくれたチームだから」と語っている。 、AA級で89試合に出場。 305、15本塁打、24盗塁を記録し、マイナーリーグ版オールスター、ではMVPに選出された。 9月14日にはメジャーデビューを果たし、同月24日には自身メジャー初安打となる本塁打を放った。 この年、メジャーリーグでは9試合に出場した。 は開幕ロースター入りを果たした。 シーズン序盤には重要な局面で本塁打を放つなどし、スタメン出場の機会も増えたが、打撃・守備面の不安定さからメジャー定着には至らず、AAA級を中心にプレーした。 メジャーでは合計22試合に出場し、初盗塁も記録した。 のでも内野手として悪送球を連発したが、正が肩を痛めたため、守備には目を瞑って二塁手に抜擢された [ 要出典]。 158試合に出場し、打率. 268、18本塁打、73打点、リーグ3位の43盗塁を記録した。 新人王の投票では、に次ぐ3位に入った。 、リーグ1位となる128得点、209安打、41盗塁を記録し、球団新記録となる打数696、157三振を記録した。 本塁打が39と40本塁打に1本足りず40本塁打、40盗塁は逃したが、自身初となる、またを達成した。 オフのMVP投票では、に次ぐ3位に入った。 、打率. 290、38本塁打、91打点を記録し、、が記録した先頭打者本塁打のシーズン記録12本を更新する13本塁打を放った。 また、35盗塁を記録し、史上5人目となる2年連続で30本塁打、30盗塁を達成。 でヤンキースはに敗退。 シーズン中は不動のリードオフマンだったが、ポストシーズン中、特にこのワールドシリーズで不振に陥り、両チーム最多の9三振を喫してしまい、5戦目にはついにスタメン落ちした。 レンジャーズ時代 [編集 ] 2月16日にがヤンキースへ移籍した大型トレードに伴いへ移籍。 また、この移籍の際にこれまで生まれとされていたプロフィールが誤りで、実は生まれであることが発覚した [ 要出典]。 2004年5月8日の戦では、レンジャーズ球団史上初となる1試合6安打を記録した。 ではファン投票トップで選出され、先発二塁手として出場。 初回にから3ラン本塁打を放ち 、にも選ばれた。 にはレンジャーズ球団史上初、自身3度目の30本塁打、30盗塁(36本塁打30盗塁)を達成。 ナショナルズ時代 [編集 ] 2005年12月13日に、リーグ最低の得点力を改善するため、強打者を必要としたが と及びとの1対3の交換トレードでソリアーノを獲得。 ナショナルズの正には堅守のがいたため、ソリアーノはへされた。 開幕前の3月に開催されたのに選出された。 3月20日のオープン戦ではレフトの守備を拒否し、試合出場をした。 これに対して、球団側は契約違反であるとして「今後、指示に従わない場合は給料の支払いをストップする」などの強硬手段をとると通告した。 このため、一時は「がソリアーノとのトレードに関心」と報道される騒ぎになった。 結局、コンバートを受け入れたため騒動はひとまず落ち着いた。 シーズンでは俊足を活かした強打の1番打者として順調に本塁打と盗塁を積み重ねた。 8月18日の戦で30個目の盗塁を決め、39本塁打と合わせて自身4度目の30本塁打30盗塁を達成。 8月25日の戦で、通算200個目の盗塁を決め、MLB史上最速の929試合目で200本塁打200盗塁を達成し、にが記録した1053試合目での記録達成を更新。 9月16日の戦で、自身初、MLB史上4人目の40本塁打40盗塁を達成した。 また、も40本以上記録し、MLB史上初の40本塁打40盗塁40二塁打を同時に達成した選手になった。 本塁打数で初の40本台の大台に乗せ自己最多を更新した。 オフの10月29日にFAとなった。 ナショナルズは5年総額7,000万ドルで契約延長を打診したが拒否した。 カブス時代 [編集 ] 2006年11月20日にと当時史上5番目の大型契約である、8年総額1億3600万ドルの契約に合意した。 シーズン開幕からはにコンバートされたが、若手の中堅手などの成長もあり、4月終盤から左翼手を守ることになった。 6月に打率. 336、11本塁打、18打点を記録し、月間MVPを受賞した。 9月にはMLB記録となる7本の月間先頭打者本塁打を含む14本塁打を放ち、カブスの中地区優勝には貢献した。 は4月15日に左太腿裏を痛め故障者リスト入り。 4月は打率. 175・2本塁打・5打点と不調だったが、5月1日に復帰を果たし、5月は打率. 345・10本塁打・29打点と復調。 復調の理由をソリアーノは「自分ではよくわからないが、開幕直後はバットの振りがブレていたのが、今は投球に対して真っ直ぐにバットが出ているからだと思う」と語っている。 しかし、6月11日に死球を受け、左手骨折で故障者リスト入り。 シーズン2回の故障者リスト入りの影響でメジャー定着後最低の109試合にしか出場出来なかったが、29本塁打を放ち、9月6日の試合では1試合で3本塁打5打点を記録。 は、故障の影響で117試合の出場に留まりながらも9年連続で規定打席に到達した。 しかし、成績は自己最低と言っていい数字が残った。 得点・安打・打点・盗塁・打率・出塁率・長打率・塁打・OPS・死球・犠打・犠飛は自己最低ないし最低タイであり、出場試合数・打数・三塁打・本塁打は自己ワースト2位となる数字である。 は、4年ぶり・カブス移籍後では自身初となる140試合以上の試合に出場した。 しかし、本塁打は3年連続で20本台に留まり、盗塁もレギュラー定着後では自己最低の5盗塁に終わった。 は、自己最多の108打点を記録、32本塁打と5年ぶりに30本台に乗せた。 ヤンキース復帰 [編集 ] 7月26日にコーリー・ブラックとのトレードで、ヤンキースに復帰した。 その直後の8月27日には戦でメジャー通算400号となる28号ホームランを放ち、2013年のシーズンは打率. 255・34本塁打・101打点・18盗塁を記録。 2年連続で30本塁打と100打点をクリアした。 特に本塁打は、2009年以降5年連続で本数が増加している。 また、2ケタ盗塁を記録したのは、2008年以来5年ぶりの事であった。 は開幕ロースター入りし、5月12日にはヤンキースおよびレンジャーズでの通算安打数が1000本に達し、史上7人目となる両リーグで1000本安打を達成した。 しかし67試合の出場で、打率. 221と結果を残せず、7月6日にDFAとなった。 7月14日にとなった。 現役引退 [編集 ] 2014年11月4日、母国ドミニカ共和国で記者会見し、現役引退を表明した。 選手としての特徴 [編集 ] MLBの歴史の中で4人目の40-40 40本塁打40盗塁 の達成者。 右打席から一塁まで4. 0秒で走るスピードを誇り 、シーズン40盗塁以上を3度達成した。 詳細情報 [編集 ] 年度別打撃成績 [編集 ] 球 団 9 19 17 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 4 0. 118. 211. 118. 329 9 8 8 2 1 0 0 1 4 1 0 1 0 0 0 0 0 3 0. 125. 125. 500. 625 22 53 50 5 9 3 0 2 18 3 2 0 2 0 1 0 0 15 0. 180. 196. 360. 556 158 614 574 77 154 34 3 18 248 73 43 14 3 5 29 0 3 125 7. 268. 304. 432. 736 156 741 696 128 209 51 2 39 381 102 41 13 1 7 23 1 14 157 8. 300. 332. 547. 880 156 734 682 114 198 36 5 38 358 91 35 8 0 2 38 7 12 130 8. 290. 338. 525. 863 145 658 608 77 170 32 4 28 294 91 18 5 0 7 33 4 10 121 7. 280. 324. 484. 807 156 682 637 102 171 43 2 36 326 104 30 2 0 5 33 3 7 125 6. 268. 309. 512. 821 159 728 647 119 179 41 2 46 362 95 41 17 2 3 67 16 9 160 3. 277. 351. 560. 911 135 617 579 97 173 42 5 33 324 70 19 6 0 3 31 4 4 130 9. 299. 337. 560. 897 109 503 453 76 127 27 0 29 241 75 19 3 0 4 43 11 3 103 9. 280. 344. 532. 876 117 522 477 64 115 25 1 20 202 55 9 2 0 2 40 6 3 118 7. 241. 303. 423. 726 147 548 496 67 128 40 3 24 246 79 5 1 1 3 45 3 3 123 12. 258. 322. 496. 818 137 508 475 50 116 27 1 26 223 88 2 1 0 2 27 4 4 113 15. 244. 289. 469. 759 151 615 561 68 147 33 2 32 280 108 6 2 0 3 44 5 7 153 18. 262. 322. 499. 821 93 383 362 47 92 24 1 17 169 51 10 5 0 3 15 2 3 89 9. 254. 287. 467. 754 NYY 58 243 219 37 56 8 0 17 115 50 8 4 0 1 21 1 2 67 2. 256. 325. 525. 850 '13計 151 626 581 84 148 32 1 34 284 101 18 9 0 4 36 3 5 156 11. 255. 302. 489. 791 67 238 226 22 50 15 0 6 83 23 1 0 0 4 6 1 2 71 3. 221. 244. 367. 611 :1年 9 19 17 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 4 0. 118. 211. 118. 329 :16年 1975 8395 7750 1152 2095 481 31 412 3874 1159 289 84 9 54 496 68 86 1803 123. 270. 319. 500. 819• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [編集 ] MLB• :1回 (2002年) 表彰 [編集 ] MiLB• MVP:1回(1999年) MLB• :4回• :3回(2002年、2004年 - 2005年)• :1回(2006年)• :1回 () 記録 [編集 ] NPB初記録• 初出場・初先発出場:1997年8月5日、対18回戦()、7番・で先発出場• 初安打:1997年8月10日、対17回戦()、2回裏にから左前安打 MiLBの記録• 選出:1回(1999年) MLB初記録• 初出場:1999年9月14日、対11回戦()、8回表にの代走で出場• 初打席:同上、9回表に Paul Spoljaric ()から左飛• 初安打・初打点・初本塁打:1999年9月24日、対6回戦()、11回裏にから左越本塁打• 初先発出場:1999年10月3日、対タンパベイ・デビルレイズ12回戦()、1番・で先発出場• 100本塁打:2004年5月2日、対3回戦()、8回裏にから左中間越ソロ本塁打• 150本塁打:2005年7月23日、対12回戦()、6回裏にから左越ソロ本塁打• 1000安打:2006年6月29日、対トロント・ブルージェイズ3回戦()、6回表にから左中間二塁打• 200本塁打:2006年8月13日、対11回戦()、4回裏にから左越ソロ本塁打• 200盗塁:2006年8月25日、対13回戦()、3回表に二盗(投手:、捕手:)• 1000試合出場:2007年5月24日、対5回戦()、1番・として先発出場• 250本塁打:2008年5月16日、対7回戦()、2回裏にから左中間越3点本塁打• 1000三振:2008年5月30日、対4回戦(リグレー・フィールド)、3回裏にから空振り三振• 300二塁打:2008年8月13日、対アトランタ・ブレーブス5回戦(ターナー・フィールド)、4回表に Jorge Campillo ()から右中間越適時二塁打• 250盗塁:2009年4月12日、対3回戦()、3回表に二盗(投手:、捕手:)• 350二塁打:2010年5月30日、対3回戦(リグレー・フィールド)、4回裏にから左中間二塁打• 300本塁打:2010年6月11日、対1回戦((リグレー・フィールド)、2回裏にから中越2点本塁打• 1500安打:2010年9月3日、対ニューヨーク・メッツ5回戦(リグレー・フィールド)、4回裏にから左越2点本塁打• 1500試合出場:2011年5月10日、対セントルイス・カージナルス1回戦(リグレー・フィールド)、5番・として先発出場• 1500三振:2011年7月24日、対9回戦(リグレー・フィールド)、2回裏にから空振り三振• 400二塁打:2011年9月15日、対18回戦()、9回表にから適時左中間二塁打• 350本塁打:2012年6月8日、対1回戦()、1回表に P. Walters ()から中越2点本塁打• 1000打点:2012年8月18日、対シンシナティ・レッズ11回戦(グレート・アメリカン・ボール・パーク)、1回表にから左越2点本塁打• 450二塁打:2013年6月18日、対セントルイス・カージナルス4回戦()、1回表にAdam Wainwrightから左中間2点二塁打• 2000安打:2013年8月11日、対6回戦()、4回裏にから左越ソロ本塁打• 400本塁打:2013年8月27日、対トロント・ブルージェイズ15回戦(ロジャーズ・センター)、3回表にから左越ソロ本塁打 MLBその他の記録• 選出:7回 ( - )• 最多安打:1回 ()• :(2002年)• :4回 (2002年 - 、、)• 74 (1996年 - 1997年)• 66 (1998年)• 58 (1999年)• 53 (2000年)• 33 (2001年)• 12 (2002年 - 2014年) 代表歴 [編集 ]• 脚注 [編集 ]• Baseball Reference. com. 2017年10月27日閲覧。 [ リンク切れ]• 黒田 広島で同僚ソリアーノと再会. 東京スポーツ(2008年5月28日). 2016年12月22日閲覧。 ソリアーノ感激 「11年たってまさかアメリカで対戦するとは思わなかったよ。 今日みたいな投球ができれば、メジャーで成功できると太鼓判を押した」. 日刊スポーツ(2008年5月29日). 2016年12月22日閲覧。 The Baseball Cube. 2009年3月26日閲覧。 2008年1月30日閲覧。 2008年1月30日閲覧。 2008年1月30日閲覧。 2008年1月30日閲覧。 2008年1月30日閲覧。 2008年1月30日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』廣済堂出版、2006年、292頁。 978-4-331-51146-6。 Baseball-Reference. com. 2009年3月26日閲覧。 The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のよりアーカイブ。 2016年11月7日閲覧。 Ladson, Bill 2006年3月21日. MAJOR. 2009年3月26日閲覧。 MAJOR. JP編集部 2006年3月22日. MAJOR. 2009年3月26日閲覧。 2008年1月30日閲覧。 村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』廣済堂出版、2007年、383頁。 978-4-331-51213-5。 Carrie Muskat 2006年11月20日. 2016年11月7日閲覧。 澤田敏典 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 シカゴ・カブス/CHC チームに勢いをもたらしてきたが……」『』2008年8月号、、2008年、 15509-8、83頁。 Josh Vitale 2013年7月26日. MLB. com. 2016年11月7日閲覧。 時事通信社 2013年8月8日. 2013年8月8日時点のよりアーカイブ。 2016年11月7日閲覧。 Alex M. Smith 2014年7月6日. MLB. com. 2016年11月7日閲覧。 2016年11月7日閲覧。 スポーツニッポン 2014年11月5日. 2014年11月5日閲覧。 スカウティング・レポート『』2003年1月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-1、44-47頁。 注釈 [編集 ]• 2006年6月21日、対ボストン・レッドソックス3回戦ではNPB・MLB通算での1000本安打も記録• 2007年5月14日、対ニューヨーク・メッツ1回戦ではNPB・MLB通算での1000試合出場も記録• 2008年5月25日、対ピッツバーグ・パイレーツ12回戦ではNPB・MLB通算での1000三振も記録• 2010年8月31日、対ピッツバーグ・パイレーツ15回戦ではNPB・MLB通算での1500本安打も記録• 2011年4月26日、対コロラド・ロッキーズ5回戦ではNPB・MLB通算での1500試合出場も記録• 2011年7月19日、対5回戦ではNPB・MLB通算での1500三振も記録• 2013年8月7日、対シカゴ・ホワイトソックス3回戦ではNPB・MLB通算での2000本安打も記録 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、、、、、• MiLB. com (英語).

次の