ベルギー 王女。 レオポルド2世 (ベルギー王)

英王室に続け! 世界中から厳選した、美しきロイヤルキッズたち

ベルギー 王女

ベルギーの王室(要人来日日程 平成8年) > > 要人来日日程(平成8年) ベルギーの王室 Their Majesties King Albert II and Queen Paola H. Prince Philippe of Belgium 平成8年10月 1.王室の起源等 (1)立憲君主制の採択 ベルギーの国家独立は1830年であるが、独立後の政体に関しては、人民民主主義の急激な導入による革命行動の過激化及び社会体制の激変を恐れる保守・自由両陣営の意見が一致し、共和制ではなく、立憲君主制を採択することとなった。 (2)初代国王レオポルド1世の即位 このため、現ドイツ領ザクセン地方の領主ザクセン・コーブルグ・ゴータ公爵家の第8子レオポルド(1790年12月16日生まれ)が、1831年7月21日にブラッセルにおいて宣誓を行い、初代ベルギー国王レオポルド1世として即位した。 なお、ベルギーではこれを記念して毎年7月21日を建国記念日の祝日と定めている。 (3)外国王室との縁戚関係 同国王はかつて、早逝したイギリス王女シャルロットの夫君として英国籍を取得していたことがあり、また、同国王の姪が将来のヴィクトリア英国女王、同じく甥が同女王の夫君アルバート殿下となったことから、英王室とは極めて親密な関係にあった。 英王室そのものも、次のエドワード7世の治世下、従来のハノーバー家でなく一時サックス・コーバーグ・ゴータ家と呼ばれていたことがある(後にウインザー家と改称)。 また、1832年に同国王はフランス・オルレアン家のルイーズ・マリー王女と再婚し、仏王室とも縁戚関係となった。 さらに、第2代レオポルド2世以下の歴代国王も外国から妃を迎えており、ヨーロッパのほとんどの王室と縁戚関係がある。 2.王位の継承 (1)憲法上の継承規定 ベルギー憲法においては、長くレオポルド1世の男系の直系子孫にのみ王位継承を限っていたが、1991年の憲法改正により、女性王族にも継承が認められるに至った。 1993年にボードワン国王が崩御されたことに伴い、同国王の弟君アルベール殿下が第6代国王に即位した。 この結果、新しい王位継承順位は、アルベール殿下の御長男フィリップ殿下が第1位、御長女アストリッド殿下が第2位となった。 (2)歴代国王 歴代ベルギー国王は以下のとおりである。 初代 レオポルド1世 在位1831~1865年。 王妃:仏オルレアン家王女マリー・ルイーズ 2代 レオポルド2世 在位1865~1909年。 王妃:オーストリア大公女マリー・ヘンリエッテ 3代 アルベール1世 在位1909~1934年。 王妃:ババリア公女エリザベート 4代 レオポルド3世 在位1934~1951年。 王妃:スウェーデン王女アストリッド(1935年逝去)。 1941年 マリー・リリアン(元西フランドル州知事の息女)と再婚 5代 ボードワン1世 在位1951~1993年。 王妃:スペインのモラ・イ・アラゴン家ファビオラ 6代 アルベール2世 在位1993年~。 王妃:イタリアのルッフォ・ディ・カラブリア家パオラ 3.ベルギー国王の権限及び職務 (1)憲法上の権限 (イ)三権と国王の総括的関係 国王は議会(上下両院)とともに立法権を行使する権限を有する。 行政権は国王に属する。 司法権は裁判所が行使するが、裁判の判決等は国王の名において執行される。 (ロ)具体的権限 議会の会期終了宣言、両院の臨時会召集、両院の解散又は停会、首相の指名、連邦大臣等の任命・罷免、法律の認可・公布、勅令・規則の制定、軍隊の指揮、軍階級の授与、戦争・停戦宣言、連邦の国際条約締結、判事・司法官の任命、刑の減免、貨幣鋳造、貴族の称号の付与、等。 (2)国王の日常職務 上記諸権限に係る国王の職務は大別して署名、会見、演説及び巡幸の4つである。 このうち、署名については、法令の認可・公布を中心に月平均約1500件をこなされると言われている。 会見については、週1回(閣議開催後の月曜日)の首相との定例会見を始め、各大臣(外相が最も多い)、政財界の要人、団体関係者、外国賓客・外交団との会見を頻繁に行われる。 また、演説については、建国記念日やクリスマスの際に定例的に行われるものの他にも様々な機会に行われ、その発言内容は欧州統合や連邦化政策等の重要な政策課題・社会問題等に及ぶとともに、各方面に強い影響力を有している。

次の

シャルロッテ・フォン・ベルギエン

ベルギー 王女

2017年、にて はじめイギリスのトリニティ・カレッジに留学、その後アメリカの大学院に留学した。 帰国後の1980年にに任官した。 などに配属された後、1989年に空軍、2001年にはベルギー・・空3軍のに昇進した。 1999年12月4日、デュデケム・ダコ伯爵令嬢と結婚した。 2004年、ベルギー北部のの独立を目指すを念頭に置いて「一部の政党は、国をばらばらにしたいと考えている。 彼らは私を相手にすることになるだろう。 私は恐ろしくもなれる。 油断はしない」と語り、同党支持者を怒らせたことがある。 2013年7月3日、父は7月21日の建国記念日をもってフィリップ王子に譲位すると表明した。 当日、アルベール2世の退位布告への署名の後、フィリップは即位の宣誓を行い、予定通り第7代ベルギー国王に即位した。 用心深く付き合いづらい性格といわれ、とも呼ばれる国内の分離独立運動に対しては、寛大で友好的だった父アルベール2世のような政治的手腕を発揮できないのではという指摘もある。 アルベール2世が譲位に踏み切った背景には、国王としての年齢的な理由もさることながら、まだ自身の目の黒いうちに政治に関する経験の浅いフィリップに少しでも多くの政治経験を積ませるための配慮があり、2014年に予定されている次の総選挙の1年前というタイミングを選ぶに至ったとみる向きもある。 日本との関係 [ ] で行われた1999年12月の成婚式には、日本から 当時 と同 当時 が参列している。 2002年6月には夫妻で来日し、の対戦()を皇太子夫妻とともに観戦した。 2005年6月には賓客として来日した。 2012年6月に300人のベルギー人ビジネスマンを連れて夫妻で来日、日本とベルギーの経済関係の強化の働きかけを行ったほか、マティルド妃はの被災地を訪問した。 2016年10月11日から14日まで、マチルド王妃とともに国王として初来日(国賓)。 10月22日のに参列し、同日中に赤坂離宮でと会談を行った。 子女 [ ]• 王女(2001年 - )• 王子(2003年 - )• 王子(2005年 - )• 王女(2008年 - ) 系譜 [ ] フィリップ 父: 祖父: 曾祖父: 曾祖母: 女 [1] 祖母: [4] 曾祖父: ヴェステルイェートランド公 [2] 曾祖母: デンマーク王女 [3] 母: 祖父: 曾祖父: ルッフォ・ディ・カラブリア公 フルコ 曾祖母: () 祖母: () 曾祖父: ロッサーナ伯 アウグスト 曾祖母: リニョン伯女 マリーア・クリスティーナ• と(の廃王の娘)の次女。 皇后の姪にあたり、同とは母方の従姉妹同士となる。 国王の三男。 国王の次女。 長兄はデンマーク国王、次兄は国王。 [4]の次姉、[2]と[3]の次女が、ノルウェー国王妃。 系図 [ ] ()• 2013年7月22日閲覧。 ( 2013年7月3日 2013年7月5日閲覧)• 2013年7月21日. 2013年7月22日閲覧。 2013年7月4日. 2013年7月23日閲覧。 外務省公式ウェブサイト• 外務省公式ウェブサイト• 日本経済新聞 2016年8月15日. 2017年10月8日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 フィリップ ベルギー王 に関連する および があります。 (オランダ語) (フランス語) (ドイツ語) (英語)• - 地位の継承.

次の

ベルギーの王室(要人来日日程 平成8年)

ベルギー 王女

com/kylieellway) 王位継承者としての王女たち 現在、ヨーロッパで女王として在位しているのはイギリスのエリザベス女王、デンマークのマルグレーテ女王の2人です。 しかし、今後、続々と新女王が誕生する見込みです。 スウェーデン、オランダ、ベルギー、スペイン、これらの国々で、王女が第1位の王位継承者となっているのです。 ヨーロッパで王室のある国は7カ国あります。 その7カ国とはイギリス、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、ベルギー、スペインです(ルクセンブルク、モナコ、リヒテンシュタインの3公国は除く)。 7カ国のうち4カ国で新たに女王が誕生する見込みというのは少なからず、インパクトがあります。 スウェーデンでは、1980年、王位継承法の改正により、それまでの男子継承から、男女の区別のない長子継承に変わり、カール16世グスタフ国王の長女のヴィクトリア王女(1977年生まれ)が王位継承者となりました。 スウェーデン国民は史上初めての女王誕生に期待しています。 オランダでは、1983年、王位継承法が改正され、長子継承になりました。 二女、三女と女子が続いており、いずれにしても、オランダ次期国王は女王の可能性が高いです。 オランダでは、女王が戦前から3代にわたり続きました。 女王の国と言って良いでしょう。 ベルギーは男系男子にのみ、王位継承資格を認めてきましたが、1991年、ベルギー議会は男女同権の観点から、王位継承権者を長子継承とすることを決め、憲法が改正されました。 そのため、フィリップ国王の長子のエリザベート王女(2001年生まれ)が最上位の王位継承者です。 ベルギー国民は次期国王として史上初の女王が誕生すると期待を寄せています。 エリザベート王女は2014年、オランダ語、フランス語、ドイツ語の3カ国語で第1次世界大戦の100周年追悼スピーチを行うなど、才女としても知られています。 スペインの王位継承者はレオノール王女(2005年生まれ)です。 19世紀の8代目国王イサベル2世の以来の女王の登場となる見込みです。 レオノール王女は容姿端麗で、将来、美しい女王になると国民に期待されています。 スペインの王位継承は日本と同じく、原則として男系男子による王位継承しか認められていません。 しかし、日本と異なるのは、直系の男子がいない場合に限り、女王が認められます。 スペインではかつて、男女平等の観点から男子優先を廃止し、長子優先にしようとする動きが国会でありました。 レティシア王妃(当時は王太子妃)が男子を生み、長女のレオノール王女の継承順位が下がるのを防ぐため、早期に、法改正をすべきということでしたが、2006年にレティシア王妃の第2王女の懐妊が発表されたため、法改正は行われませんでした。 現在のところ、フェリペ6世現国王に男子がいないため、次期王は女王となる可能性が高いのです。

次の