チャイコフスキー 国際 コンクール。 XVI Международный конкурс имени П. И. Чайковского

第16回チャイコフスキー国際コンクール、ピアノ部門でカントロフが優勝、藤田真央は2位

チャイコフスキー 国際 コンクール

4年に1度、ロシアのモスクワ音楽院で開催される国際音楽。 エリザベート王妃国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノコンクールとあわせて世界3大ピアノコンクールと言われる、権威あるコンクールの一つ。 ロシアを代表する作曲家、ピョートル・チャイコフスキーの名前を冠している。 バイオリン、ピアノ、チェロ、声楽、バイオリン製作者の5部門がある。 1958年に、バイオリンとピアノのコンクールとして始まり、第2回 62年 のときにチェロ部門、第3回 66年 のときに声楽部門、第9回 90年 のときにバイオリン製作者部門が、新たに設けられた。 過去の受賞者には、ヴァン・ ピアノ部門 、ウラディミール・ ピアノ部門 などがいる。 日本人では、バイオリン部門で90年 第9回 に、2007年 第13回 に、声楽部門 女声 で1998年 第11回 に佐藤美枝子、ピアノ部門で2002年 第12回 に上原彩子が優勝している。 また、07年の第13回では、バイオリン製作者部門でが優勝。 2位に高橋明、4位に天野年員と上位を日本人が占めた。 審査は、著名なロシア人音楽家、音楽教授、音楽監督、過去のコンクール入賞者らによる国際審査員団によってなされる。 当初は申込者全員が出場できたが、02年 第12回 の開催から、事前にビデオ審査が行われることになった。 事前の審査を通過してコンクールに参加できるのは、声楽部門が80名、他の各部門は60名。 ただし、指定の国際コンクールにおいて1位入賞の経験がある人は、事前審査なしで参加資格が与えられる。 富岡亜紀子 ライター / 2009年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について.

次の

チャイコフスキー国際コンクール

チャイコフスキー 国際 コンクール

プロフィール [ ] 3歳からを始め、よりマスタークラスに入会。 数々のコンクールで優勝を果たし、の第12回ピアノ部門にて日本人として初めて、かつ女性として世界で初めての優勝を果たし、界のみならず各方面で話題を呼んだ。 に入学、卒業していないという、日本人ピアニストとしては異色の経歴を持つ。 以後、世界各地の著名なとの共演を重ねている。 また、日本人ピアニストとして初めてとレコード契約を結んでいる。 私生活では10月にの斎藤孝史と結婚。 2006年5月に出産。 現在は三児の母である。 来歴 [ ]• 3歳児のコースからに入会し、「幼児科」を修了の後、「ジュニア専門コース」に進む。 よりヤマハマスタークラスに在籍。 ピアノを、、に師事。 、の「第3回」A部門第1位。 、で行われた「第2回」ピアノ部門第2位入賞。 、ので行われた「第11回」のピアノ部門で、最年少セミ・ファイナリストとなる。 、第5回に参加。 ピアノアカデミーコンクールでは、アカデミー史上初のグランプリを受賞。 2000年、ので行われた「第7回」にて第2位及びピープルズ・チョイス賞、オーストラリア人作品賞、室内楽賞、ショパン賞、シューベルト賞、ドビュッシー賞、エチュード賞を受賞。 2000年、で行われた「第4回」にて第2位、及び日本人作品最優秀演奏賞を受賞。 、モスクワで行われた「第12回チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門において、女性として史上初めての第1位を獲得。 日本人としてもピアノ部門での第1位は初の快挙。 、と日本ツアーを行う。 2003年、のにてデビュー。 、と日本ツアーを行う。 2004年、指揮と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれる。 、指揮と日本ツアーを行う。 日本人ピアニストとして初めてEMIクラシックスとレコード契約。 の作品を収めた「グランド・ソナタ」をワールドワイドでリリース。 2005年、指揮のとの共演によるチャイコフスキーのを収めたCDをリリース。 、ロンドンのウィグモアホールにて2度目のリサイタルを行う。 現在では、日本国内はもとより世界各地の、リサイタルの他、、、、、、、、他の指揮のもと、オーケストラのソリストとしての共演も多い。 テレビ出演等 [ ]• NHK趣味百科 「」 (、)• (、)• (、) ディスコグラフィー [ ]• 2002年チャイコフスキー国際コンクール・ライヴ• ラフマニノフ:13の前奏曲 作品32• プロコフィエフ作品集• 上原彩子のくるみ割り人形• グランド・ソナタ• 生徒の一人として第7回放送の「を弾く」に出演し、「」と「」を演奏した。 番組内での講師はヴェラ・ゴルノスタエヴァ。 なお、この番組には現在として活動しているも出演しており、こちらはの「」から「飛翔」「なぜに」を演奏した。 外部リンク [ ]•

次の

第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサート|公演情報|音楽事務所 ジャパン・アーツ

チャイコフスキー 国際 コンクール

モスクワで開かれていた第16回チャイコフスキー国際コンクールの最終結果が27日発表され、ピアノ部門で日本の藤田真央さん(20)が2位に入賞した。 同コンクールの演奏部門で日本の出場者が上位に入賞するのは、2007年にバイオリン部門で優勝した神尾真由子さん以来12年ぶり。 同コンクールは世界3大コンクールのひとつとされ、開催は4年に1度。 チェロや金管、木管、声楽などの部門があり、バイオリン部門では米国籍の金川真弓さん(24)が4位となった。 藤田さんは、確かな技術と豊かな表現力で1次審査からコンクールの話題をさらった。 難曲として知られるラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏した最終審査は「自分らしい演奏はできたと思うが、会場の雰囲気にのまれて自分のもろさも出てしまった」と振り返ったが、観客のスタンディングオベーションは3分近くも続いた。 2位の結果に「びっくり。 演奏にお客さんも喜んでくれ、本当にうれしい」と笑顔を見せた。 藤田さんは東京都出身。 兄の影響で3歳からピアノを始め、現在は東京音楽大で学ぶ。 17年にはスイスで開かれる若手ピアニストの登竜門「クララ・ハスキル国際ピアノコンクール」で優勝した。 ピアノコンクールを舞台に若い演奏家たちの成長を描く恩田陸さんの小説を原作に、今秋公開される映画「蜜蜂と遠雷」では、主要キャストのひとりのピアノ演奏を担当する。 (モスクワ=石橋亮介).

次の